妊娠/出産/家族

【DRESSな女の妊娠・出産とは?】 女性医師や医療関係者による妊娠や妊活、出産に関するコラムなど、妊娠・出産したい女性のヒントとなるコンテンツをお届けします。

関連するタグ

子育て 産婦人科 妊娠 夫婦 婦人科 家庭

「多のう胞性卵胞症候群」の原因や治療は? 自身も経験した女医が振り返る

計画出産を断念して生じた、ポジティブな「なるようにしかならない」思考

子宮頸がんワクチン、大人女性への子宮頸がん予防効果は?【赤池智子連載 #5】

女性器の悩みやコンプレックスを治療で克服した4人の女性たち

しんどい親になりたくない

しんどい親になりたくない

「親がしんどい」「親が重たい」と、しんどい親に苦しめられる子供は少なくない。まっとうな親の感覚とはいったいどんなものだろうか。


家庭円満、夫婦円満の秘訣は、管理職時代に学んだ「信頼して任せること」

家庭円満、夫婦円満の秘訣は、管理職時代に学んだ「信頼して任せること」

家庭円満や夫婦円満でいるコツって何だろう。パートナーや子供が思い通りにいかないからと、イライラしていては円満でいられるわけがない。でも「他人は自分の思い通りには動かない」が大前提だと理解してコミュニケーションを図れば、案外うまくいくもの。小田桐あさぎさんが自身の管理職時代に学んだことから振り返る。


妊婦さんへ伝えたい。「周りから気遣われるのが苦手」だと感じたら

妊婦さんへ伝えたい。「周りから気遣われるのが苦手」だと感じたら

妊娠後、体型が明らかに「妊婦」になってから、見知らぬ人からも気遣われる機会が増えた大泉りかさん。甘えてもいいんだと思う一方で、でもできるだけ普通に扱ってほしい。そんなモヤモヤを解消するには「自分ではなく、お腹の子が気遣ってもらっている」と考えること。周囲の優しさに戸惑うこともある妊婦さんは参考にしてみよう。


「ヒダ、大きくない?」女性器の悩みやコンプレックスを深刻化させる一言

「ヒダ、大きくない?」女性器の悩みやコンプレックスを深刻化させる一言

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

月経時に布ナプキンを使うと「生理が軽くなる」「子宮が温まる」「出血量が減る」などの効果が期待できる、と信じている女性たちがいます。Web上には布ナプキンの作り方や洗い方などの情報がズラリ。でも、その効果って本当? それとも眉唾? 宋美玄先生が解説します。


不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩む人が珍しくない昨今。不妊の検査を受けたり、実際に不妊治療を始めたり、不妊治療の体験を綴る書籍やブログを読んだり……そんな方は少なくありません。今回は不妊に悩んだ時期を乗り越えて、二児の母となった医師・岡本彩さんの体験記をお届けします。


子宮頸がんのこと、誤解していませんか?【赤池智子連載 #4】

子宮頸がんのこと、誤解していませんか?【赤池智子連載 #4】

子宮頸部にできるがん「子宮頸がん」はDRESS世代で多く見られるがん。だからこそ、正しい知識や情報を手に入れておきましょう。


乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

37歳のときに乳がんになり、7年に渡ってホルモン療法を行ってきた、フリーライターの北林あいさん。乳がんと闘病中の小林麻央さんのこと、乳がんの患者さんと接するときのこと……自身の体験から考えることを伺いました。


最悪の場合は慰謝料も……弁護士に聞く「嫁姑バトル」回避法

最悪の場合は慰謝料も……弁護士に聞く「嫁姑バトル」回避法

永遠のテーマとも言われている「嫁姑問題」。裁判沙汰になる場合も……。実は、解決のヒントは姑の心理を知ることと、夫にあるのです。数々の嫁姑バトルを見てきた弁護士による、嫁姑バトルを回避する方法を紹介します。


子どもができると夫婦だけで外食しなくなる!?キッズラインが【先着1000組 夫婦デートにベビーシッタープレゼント】

子どもができると夫婦だけで外食しなくなる!?キッズラインが【先着1000組 夫婦デートにベビーシッタープレゼント】

ほとんどの夫婦は二人でごはんを食べたいと思いながら、食べていない!? このギャップを埋めるために、キッズラインが、先着1000組の夫婦に「ベビーシッター無料体験」をプレゼント。


ベビーシッター代は母子を幸せにする必要経費【小田桐あさぎ 連載 #3】

ベビーシッター代は母子を幸せにする必要経費【小田桐あさぎ 連載 #3】

「子どもをベビーシッターに預けて夫とデート」。そんな発言をした女性芸能人が以前炎上した。しかし、ベビーシッターに子どもを見てもらうことは、悪いことだろうか? むしろ、必要なこと。そう考える小田桐あさぎさん流ベビーシッター活用術は参考になる。