記事総数:32

公開済みの記事


『ウチの夫は仕事ができない』第6話あらすじ - 初・夫婦ゲンカで見えてきたこと

『ウチの夫は仕事ができない』第6話あらすじ - 初・夫婦ゲンカで見えてきたこと

『ウチの夫は仕事ができない』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第6話では初めての夫婦ゲンカが勃発してしまい……。


『ウチの夫は仕事ができない』第5話あらすじ - 会社でも家でもウジウジしている場合じゃない

『ウチの夫は仕事ができない』第5話あらすじ - 会社でも家でもウジウジしている場合じゃない

『ウチの夫は仕事ができない』第5話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第5話では、仕事でも家庭でも「はっきりと自分の意見を言わなければならない」という局面に立たされる。


自分の夫が「仕事ができない人」だったら、妻は絶望するのか

自分の夫が「仕事ができない人」だったら、妻は絶望するのか

見た目もよくて、仕事もできて優しくて……できればパーフェクトに近い男性と結婚したい、と世の女性は思うのだろうか。たとえば、たくさんある理想の中から、「仕事ができない」ことが発覚してしまったら、そのとき妻はどうするのだろうか。


『ウチの夫は仕事ができない』第4話あらすじ - 妻に飽きられているかも……焦る夫

『ウチの夫は仕事ができない』第4話あらすじ - 妻に飽きられているかも……焦る夫

『ウチの夫は仕事ができない』第4話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第4話では仕事ができない夫に対し、世の妻たちは厳しいということを知り、焦り出す司だったが……。


ウチの夫は家事ができない

ウチの夫は家事ができない

夫婦での家事分担はなかなか難しい。気がつけば「夫は何もしない」という場合も。そんな中で少しでも家事に取り組んでもらう方法を探っていきたい。これから長い人生を一緒に過ごしていくためにも。


『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第3話では、司はコンペに企画を出すことになり、ステップアップを期待するが……。


「死」の瞬間に、わたしは何を感じるのだろう

「死」の瞬間に、わたしは何を感じるのだろう

必ず誰もが「死」を迎える。その瞬間について考えたことがあるだろうか。恐怖? それともその未知の瞬間を迎えることにワクワクする人もいるのだろうか? 誰も知らない世界だからこそ、抱くイメージはさまざまだ。


『ウチの夫は仕事ができない』第2話あらすじ - 夫が叱られる現場を目撃した妻は……

『ウチの夫は仕事ができない』第2話あらすじ - 夫が叱られる現場を目撃した妻は……

『ウチの夫は仕事ができない』第2話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第2話では、改めて仕事をかんばる決意をした司だったが、また上司に怒られることに……?


綺麗なおっぱいは、女性も魅了する

綺麗なおっぱいは、女性も魅了する

「色気がある」という言葉はよく聞くが、女性から見て色気があるのはどんな女性なのだろうか。そして、それは一朝一夕で手に入れられることなのか。色気だなんて手の届かないところにあるような気がしてしまうけれど、実は自分の中にすでにあるものなのかもしれない。


『ウチの夫は仕事ができない』第1話あらすじ - 理想の夫が実は“ダメ社員”?

『ウチの夫は仕事ができない』第1話あらすじ - 理想の夫が実は“ダメ社員”?

『ウチの夫は仕事ができない』第1話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉佑ほか。第1話では、最愛の妻に自分が「仕事ができない男」だということが露呈する。夫婦の選択は?


パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

のろける人があまりいない。それはのろけると相手の気分を害してしまうと思っているからではないだろうか。ならば謙遜して、自分が本当は思ってもいないようなことを言うのが正義なのだろうか。


「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

結婚しなくちゃいけない、と思ってしまっている。結婚するために出会って、恋をして。でも、その恋は、10代や20代のときの恋よりも楽しいものだろうか。結婚するまで続く、生活のパートナー探し。


かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

世の中には「かまってちゃん」な人たちがいる。気がつくと自分がなっている場合も。決して、かまってちゃんになるのは悪いことではない。ただ、常軌を逸すると、当然のことながら「みっともない女」になってしまう。


君も私も本当は「ぶりっこ」

君も私も本当は「ぶりっこ」

「ぶりっこ」というのはいつの時代も同性から冷たい目を向けられることが大半だ。しかし、かわいいこぶりっこはしていなくても、「○○ぶっている」女性は多い。そうやって擬態しないと、なんとも生き辛い世の中なのだ。


こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた人は多い、というより、皆何かしらこじらせて、それでも生きている。それを見ていると、ずっと真っ直ぐ育っていける人なんて、いないと思う。真っ直ぐ伸びているつもりでも、気づけば曲がっている。曲がるのも個性だし、曲がりながら伸びることもまた成長だ。


「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」スタイルより、小遣い制を選んでいる夫婦の方が多いようだ。しかし、子なし夫婦としてはそちらより、夫婦別財布のほうが何かとトラブルも少ないし、自由が利くと感じている。将来的にはやはり小遣い制のほうがよかった、と後悔するのだろうか。夫婦別財布とお小遣い制について考えてみた。


生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生き方や働き方、もっと身近なもので言うと、ファッションやメイクもそうだ。どんなことでも、他人に迷惑をかけない範囲ならば、何を選んだっていい。生きづらい世の中、他人に無関心になる優しさを誰もが持てば、皆が少しずつ生きやすくなるんじゃないかと思う。


褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒められると誰だって嬉しい……はずだった。でも、微妙に違和感を覚えるときはないだろうか。褒められ上手、褒め上手になるための、日常の些細な心がけを提案したい。


人はなぜ他人を結婚させたがるのか

人はなぜ他人を結婚させたがるのか

どうして赤の他人から結婚する・しないについて、ああだこうだと言われ続けなければならないのだろうか。もっと他人の人生について無責任であってもいいのでは、と思う。誰かの「しなくてはならない」が私たちを息苦しくさせる。


嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

誰かを羨ましいと思うのは人として当然の感情のひとつだ。しかし、それが行き過ぎると自分の心に黒い影を落とすようになる。単なる嫉妬心をなくすには、どうすればいいのか。羨ましいという感情で、自分を磨く方法を考えてみた。


act dress
手相占い 不倫 年下彼氏