恋愛

関連するキーワード

デート 不倫 イケメン 恋人 出会い 占い 嫉妬 年下男性

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


年下男性との恋を育むコツは「3つの感情」を刺激し続けること

年下男性との恋を育むコツは「3つの感情」を刺激し続けること

年下男性×年上女性の組み合わせは珍しくなくなった昨今。年下男性にアプローチしたい女性、年下男性からアプローチされる女性も少なくないはず。年下男性との恋愛における注意点や考え方を植村絵里さんがコラムに綴ってくれました。


妻から、自殺未遂をした夫へ【キス・オブ・ライフ #1】

妻から、自殺未遂をした夫へ【キス・オブ・ライフ #1】

河崎環さんによる「キス」をテーマにした連載がスタート。キスには恋愛や性愛のキスだけでなく、親が子にするキス、海外の挨拶としてのキス、出会いのキス、別れのキス、いたわりやねぎらいのキス……いろいろあります。各々の人生のワンシーンを印象的に切り取るキス、読むと思い出される情景があるかもしれません。


結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

焦り――結婚願望が強い、婚活中の女性につきものの感情。結婚したいのに、結婚できない……そうやって悩んだあげく、つらくなり、心身のバランスを壊してしまう人がいる。行き詰ったと思ったら、やり方を見直すこと。全体を見ることが婚活成功のコツなのだ。


「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

恋愛感情をもってから、平均約4年半といわれる「交際〜結婚」までの期間。20代の頃ならまだしも、アラフォーともなると、万一ゴールインできなかったとき「ムダな投資だった……」と愕然とするはず。その危険な投資を有効な方法に変えるのが"婚活"です。婚活は全力で恋ができる環境。そんな婚活で恋愛感情を放棄していませんか?


不倫する既婚女性はセックスレスが原因?単純に責められない複雑な事情

不倫する既婚女性はセックスレスが原因?単純に責められない複雑な事情

ドラマや漫画の中だけではなく、リアルの世界で取り沙汰されることが増えた不倫。既婚の男女ともに不倫にいたる原因の多くは、実はセックスレスである。だからこそ、夫婦になりたいと思ったとき、セックスの相性を無視するのは、怖いことかもしれない。


30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載です。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者・大西明美さん。今では婚活アドバイザーとして認知される彼女が、結婚相談所をそもそも始めた理由、彼女自身の結婚・離婚・再婚の体験談についてみていきます。


スイーツ真壁ことプロレスラー真壁刀義「そろそろ結婚したいね」

スイーツ真壁ことプロレスラー真壁刀義「そろそろ結婚したいね」

真壁刀義選手といえば、スイーツ好きで知られる人気プロレスラー。スイーツ探訪ネタも多いブログは大人気。プロレスのことはもちろん、好きな女性のタイプや結婚観など、いろいろお話を伺いました。


「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載】

「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載】

素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうこともある。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイをお届けします。


「私はモテる」と思い込んだもの勝ち

「私はモテる」と思い込んだもの勝ち

私はモテない、と思い込むより、私はモテると思い込んだほうが、コミュニケーションがスムーズになる。周囲のモテる女友達のふるまいから、小島慶子さんはそう気づいて――。


結婚に焦りすぎると重い女に【シモ8タロット占い】

結婚に焦りすぎると重い女に【シモ8タロット占い】

20代のときに片想いをしていた男性と再会した37歳女性。高収入、高学歴の彼をなんとかモノにしたい……。悩める女性に対し、タロットのお告げとは。


既婚者の元彼から連絡がくるとき

既婚者の元彼から連絡がくるとき

交際していたのは20年も前の話。そこまで月日が経っているのに、未だに戸惑いと懐かしさと少しの切なさも入り混じった感情が込み上げる。数年に一度誘われて会っていた元彼。彼から約6年ぶりに突然電話が来た――。


開催決定!cafeglobe×DRESS 共催イベント  両メディア編集長が語る「女を磨くパートナーシップの築き方 ~恋愛・結婚・離婚・再婚について~」

開催決定!cafeglobe×DRESS 共催イベント  両メディア編集長が語る「女を磨くパートナーシップの築き方 ~恋愛・結婚・離婚・再婚について~」

"現代の働く女性"に向けて新たな価値観や情報を発信しているWebメディア「cafeglobe」との共同イベントの開催が決定!両メディア編集長が自身の体験談、取材で得た情報を交え「パートナーシップ」について熱く語り合います。読者招待の無料イベントです!


すべての恋愛は自分をつくる。だから、妥協の恋愛はやめよう。

すべての恋愛は自分をつくる。だから、妥協の恋愛はやめよう。

「仕事と恋愛は両立できる?」そう尋ねる人がときどきいるけれど、実はそのふたつは深いところでつながっている。本当に好きな相手と素晴らしい恋愛をするなかで、人は自らを磨く努力を怠らなくなり、結果、人生も輝き始めるから。


花の香りで嗅覚を磨けば、恋愛感度は上がる。

花の香りで嗅覚を磨けば、恋愛感度は上がる。

女性には男性の体臭を本能的に嗅ぎ分けられる力がある。それを上手く活用すれば、相性のいい相手を察知しやすく、恋愛感度も上げられる。日常的に花の香りを嗅ぐことから始めてみよう。


書き出したから彼と出会い、人生が変わった。結婚相手に求める100の条件(#1〜#10)

書き出したから彼と出会い、人生が変わった。結婚相手に求める100の条件(#1〜#10)

大学進学と同時に「結婚相手に求める100の条件」を定めた大岩仁実さん。文章として書き出すことで本当に必要なもの、実は不要なものがクリアになり、見事理想通りの男性を射止め、家族3人幸せな暮らしを満喫している。「思考は現実化する」を体現した彼女の例を参考に、書き出すことから始めよう。


仕事も恋愛も美も全部手に入れる。年収1000万円超の輝く女性に学ぶ8つの哲学

仕事も恋愛も美も全部手に入れる。年収1000万円超の輝く女性に学ぶ8つの哲学

働く女性にとって年収1000万円超は夢、なんかじゃない。しかも、恋愛や結婚、美しさ、趣味も……女性がほしいものをすべて手に入れながら、高収入は実現できる。先輩の哲学から学ぼう。


結婚する人生 しない人生 #3 「今日の正解」を積み重ねた先に、僕たちの結婚はあるかもしれないし、ないかもしれない。

結婚する人生 しない人生 #3 「今日の正解」を積み重ねた先に、僕たちの結婚はあるかもしれないし、ないかもしれない。

長く同棲していると「なんで結婚しないの?」と聞いてくる人は後を絶たない。でも「いま結婚していない理由」というものがあって、それはふたりにしかわかり得ないことなのだ。


男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に植物を贈りたい……そう思って「流行ってるし」と気軽に観葉植物を選んでいませんか? 実はそれ、男性にとっては負担かも。じゃあ何を贈ればいいの? 白かピンクの「あじさい」がおすすめな理由、ご紹介します。


利用価値のある女【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

利用価値のある女【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

仕事ができる女ほど人脈やコネクションを期待されてしまい、そんな思惑をわかりつつも利用価値アピールをしてしまう女ごころ。


act dress