リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

35歳以上で初めて出産することを高齢出産といいます。今では高齢出産は珍しくなくなりましたが、リスクがあることには変わりありません。二児の母で内科医の筆者からみた高齢出産のメリットと、心にとどめておきたいリスク(デメリット)を解説します。


■戦略的・計画的に出産する女医たち

シドニイ・シェルダンの著書『女医』に「3分の1が結婚、3分の1が離婚、3分の1が独身」と書いてあったためか、わたし自身「女医は独身や子どもがいない人の割合が高い」というイメージがありました。

ところが、わたしの友人や同級生たちは、ほとんど(数えてはいませんが実感では8〜9割ほど)が20代で結婚し第1子を1〜2年以内に出産していき、驚きました。ひとりの出産で1年前後キャリアは中断しても、出産をとりあえず優先させた人が多い印象でした。

なぜ女医は戦略的・計画的に出産するのか? それは高齢出産のリスクやデメリットをよく知っているからなのかもしれません。

高齢出産とは、35歳以上で初めて出産する場合です。ちなみに昔は30歳以上で高齢出産とされていましたが、現在は初産の平均年齢が30歳です。40歳代で初めて出産する人も珍しくなくなりました。

周産期管理(妊娠中から出産までの母親と赤ちゃんの管理)や不妊治療が進歩したとはいえ、女性が出産するのに最も安全なのは、やはり20代なのです。高齢出産の主なリスクやデメリットを3つ紹介します。

■流産・早産・帝王切開の確率が上がる

流産は若い女性であっても妊娠の15〜20%に起こります。妊娠早期の流産は赤ちゃんの染色体異常が原因のことがほとんどです。確率の問題でもあり、流産を100%防ぐ方法はありません。

女性が40歳以上になると、流産の確率は約40%と高くなります。妊娠する確率も女性の年齢とともに下がります。これは、妊娠を希望してから出産するまでの平均期間が、女性が高齢だと長くなりやすいということです。

また、妊婦さんが高齢であれば、妊娠高血圧や妊娠糖尿病も増えます。治療をしても高血圧や糖尿病が進行してしまう場合、赤ちゃんに影響が出ます。早めに赤ちゃんを外に出してあげたほうがいいと判断されると、結果として早産や帝王切開になることもあります。

子宮筋腫などの合併妊娠が多いこと、若い女性に比べると難産が多いことも、高齢出産で帝王切開が増える原因です。

■赤ちゃんの先天異常が増える

染色体異常で有名なのはダウン症ですね。40歳以上の女性がダウン症の子どもを出産する確率は1%、100人にひとりです。30歳だと700分の1です。

ただし、女性の年齢にかかわらず、何らかの先天異常がある子どもが生まれる確率は4%ほどあります。一般の方が思われるより高いのではないでしょうか。

一見しただけでは先天異常がわからなかったり、障害があっても小さい頃に治療を終えて気づかれなかったりしますが、先天異常を持って産まれる赤ちゃんは意外と多いのです。

■妊婦自身の親が高齢である

若いうちに出産した人は、一般的に自分の親もまだ若く健康なので、祖父母に子育てを手伝ってもらいやすいです。

高齢出産すると必然的に自分の親も高齢になるため、中には育児と親の病気や介護が重なる人もいます。

ご自身やパートナーの親に子育てを手伝ってもらえそうになければ、出産前後のシッターサービスを利用するか、産後もしばらく入院できる病院・施設もありますので探しておいてもよいでしょう。

■一方で、高齢出産にはメリットもある

一方で、高齢出産はリスクやデメリットばかりではありません。

たとえば、「子育ては体力が必要だから若いうちに産め」という人がいますね。わたしの経験でいえば、不規則な生活をしていた20代のお母さんよりも、日頃からスポーツなどを楽しんでいた40代のお母さんのほうが体力がある、ということはありえます。

また、20代の親と違い、高齢出産する方は社会人経験が長い方が多いと思います。これまでに仕事などで培った忍耐力や柔軟性は子育てでは強みになります。

「予想外のことが起こる」「理不尽なことが起こる」といった場面は子育てにはつきものですが、苦手な上司やお客さんに比べればわが子はかわいいものです。

また、共働きの場合、20代の若い夫婦に比べて経済的に余裕がある夫婦が多いと思います。

高齢出産はデメリットばかりではありません。大切なのは「ひとりで抱え込みすぎない」こと。

母親だけで子育てをがんばろうとせず、まわりを信頼して頼ることも子育てに必須のスキルです。マラソンのような長距離走になるからこそ、人生経験を生かして楽しく子育てしたいものですね。

この記事のライター

1982年広島市生まれ。2007年大阪大学医学部卒業。医師。外国人のパートナーとの間にもうけた2児のシングルマザーでもある。 予防医学と訪問診療にたずさわりながら、個人でセミナーやコンサルティング、執筆などもしています。

関連するキーワード


高齢出産 妊娠 出産

関連する投稿


偏見は、ある。『隣の家族は青く見える』はそんな偏見を乗り越えるためのドラマ

偏見は、ある。『隣の家族は青く見える』はそんな偏見を乗り越えるためのドラマ

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。テーマはズバリ、“妊活”。さらに、ゲイカップルや子育て家族、子どもはいらないと主張する家族などが入り乱れるハートフルなヒューマンドラマです。先日から後半戦に突入しましたが、ここで前半5話までの展開をおさらいしておきましょう。


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


『隣の家族は青く見える』3話。子を持ちたくない女と子を引き取る男、価値観の違うカップルの悲劇

『隣の家族は青く見える』3話。子を持ちたくない女と子を引き取る男、価値観の違うカップルの悲劇

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。おしゃれなコーポラティブハウスを舞台に、さまざまな価値観を持つ4組のカップルを描くドラマです。特にポイントになっているのが「子ども」の存在。先週放送された第3話では「子どもを作らない」と宣言しているカップルに焦点が当たりました。


出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

外資系企業勤務の私が出産後も仕事を継続する上で一番のハードルになるのが、出張について。今回は先輩ママに「いったいどうしているの?」をテーマにお話を聞きました。


排卵誘発剤の種類と使うときの注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#6】

排卵誘発剤の種類と使うときの注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#6】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、6回目では「排卵誘発剤」の「注射薬」のしくみを説明します。


最新の投稿


全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第9回目では全身に効果があり、身体を活性化する「ダウンドッグのポーズ」です。全身がストレッチされて、緊張が解けて疲労感も取れやすくなるポーズです。


40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代からのブラジャーの選び方をご紹介します。30代後半頃から気になる胸の変化。年を重ねていけば変化することは、当然のことなのかもしれませんが、できれば年齢より老けて見えたくない、と思う方は多いのではないでしょうか。40代から変わるブラジャーの選び方を意識するだけで、バストの悩みは少なくなるはずです。


大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

リッチなテクスチャーでハリのあるやわからでなめらかなお肌へ導く、アンブリオリスの「アンブリオデルム モイスチャークリーム」。朝晩のお手入れ時の保湿クリームだけではなく、メイク前の下地クリームとしてお使いいただくと艶やか素肌の仕上がりになります。


女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

「レズ風俗」があるとご存じですか。多くの女性には未知の世界かもしれません。2007年に女性専用レズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」をオープンした御坊さんの著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』から、レズ風俗とは何か、どんな女性が利用しているのかなど、まったく知らない人にとっての“気になる”を紹介します。


ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイへ行ったら買い物やグルメを存分に楽しみたい――そんな人へおすすめなホテルが、ワイキキ クヒオ通りの中心にある「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ」。オフィスビルとして使われていた建物が、2017年1月、22階建てのスタイリッシュなデザイナーズホテルとして生まれ変わりました。