リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

35歳以上で初めて出産することを高齢出産といいます。今では高齢出産は珍しくなくなりましたが、リスクがあることには変わりありません。二児の母で内科医の筆者からみた高齢出産のメリットと、心にとどめておきたいリスク(デメリット)を解説します。


■戦略的・計画的に出産する女医たち

シドニイ・シェルダンの著書『女医』に「3分の1が結婚、3分の1が離婚、3分の1が独身」と書いてあったためか、わたし自身「女医は独身や子どもがいない人の割合が高い」というイメージがありました。

ところが、わたしの友人や同級生たちは、ほとんど(数えてはいませんが実感では8〜9割ほど)が20代で結婚し第1子を1〜2年以内に出産していき、驚きました。ひとりの出産で1年前後キャリアは中断しても、出産をとりあえず優先させた人が多い印象でした。

なぜ女医は戦略的・計画的に出産するのか? それは高齢出産のリスクやデメリットをよく知っているからなのかもしれません。

高齢出産とは、35歳以上で初めて出産する場合です。ちなみに昔は30歳以上で高齢出産とされていましたが、現在は初産の平均年齢が30歳です。40歳代で初めて出産する人も珍しくなくなりました。

周産期管理(妊娠中から出産までの母親と赤ちゃんの管理)や不妊治療が進歩したとはいえ、女性が出産するのに最も安全なのは、やはり20代なのです。高齢出産の主なリスクやデメリットを3つ紹介します。

■流産・早産・帝王切開の確率が上がる

流産は若い女性であっても妊娠の15〜20%に起こります。妊娠早期の流産は赤ちゃんの染色体異常が原因のことがほとんどです。確率の問題でもあり、流産を100%防ぐ方法はありません。

女性が40歳以上になると、流産の確率は約40%と高くなります。妊娠する確率も女性の年齢とともに下がります。これは、妊娠を希望してから出産するまでの平均期間が、女性が高齢だと長くなりやすいということです。

また、妊婦さんが高齢であれば、妊娠高血圧や妊娠糖尿病も増えます。治療をしても高血圧や糖尿病が進行してしまう場合、赤ちゃんに影響が出ます。早めに赤ちゃんを外に出してあげたほうがいいと判断されると、結果として早産や帝王切開になることもあります。

子宮筋腫などの合併妊娠が多いこと、若い女性に比べると難産が多いことも、高齢出産で帝王切開が増える原因です。

■赤ちゃんの先天異常が増える

染色体異常で有名なのはダウン症ですね。40歳以上の女性がダウン症の子どもを出産する確率は1%、100人にひとりです。30歳だと700分の1です。

ただし、女性の年齢にかかわらず、何らかの先天異常がある子どもが生まれる確率は4%ほどあります。一般の方が思われるより高いのではないでしょうか。

一見しただけでは先天異常がわからなかったり、障害があっても小さい頃に治療を終えて気づかれなかったりしますが、先天異常を持って産まれる赤ちゃんは意外と多いのです。

■妊婦自身の親が高齢である

若いうちに出産した人は、一般的に自分の親もまだ若く健康なので、祖父母に子育てを手伝ってもらいやすいです。

高齢出産すると必然的に自分の親も高齢になるため、中には育児と親の病気や介護が重なる人もいます。

ご自身やパートナーの親に子育てを手伝ってもらえそうになければ、出産前後のシッターサービスを利用するか、産後もしばらく入院できる病院・施設もありますので探しておいてもよいでしょう。

■一方で、高齢出産にはメリットもある

一方で、高齢出産はリスクやデメリットばかりではありません。

たとえば、「子育ては体力が必要だから若いうちに産め」という人がいますね。わたしの経験でいえば、不規則な生活をしていた20代のお母さんよりも、日頃からスポーツなどを楽しんでいた40代のお母さんのほうが体力がある、ということはありえます。

また、20代の親と違い、高齢出産する方は社会人経験が長い方が多いと思います。これまでに仕事などで培った忍耐力や柔軟性は子育てでは強みになります。

「予想外のことが起こる」「理不尽なことが起こる」といった場面は子育てにはつきものですが、苦手な上司やお客さんに比べればわが子はかわいいものです。

また、共働きの場合、20代の若い夫婦に比べて経済的に余裕がある夫婦が多いと思います。

高齢出産はデメリットばかりではありません。大切なのは「ひとりで抱え込みすぎない」こと。

母親だけで子育てをがんばろうとせず、まわりを信頼して頼ることも子育てに必須のスキルです。マラソンのような長距離走になるからこそ、人生経験を生かして楽しく子育てしたいものですね。

この記事のライター

1982年広島市生まれ。2007年大阪大学医学部卒業。人間ドックや健康診断など、「病気になるまえの健康管理」を専門にする医師。外国人のパートナーとの間にもうけた2児の選択的シングルマザーでもある。選択的シングルマザーとは、「...

関連するキーワード


高齢出産 妊娠 出産

関連する投稿


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


【海外で、産む】土地勘のない海外での産院探し

【海外で、産む】土地勘のない海外での産院探し

慣れない土地で病院にかかるだけでも不安なのに、ましてや出産。どうしよう。でもお腹の子どもの成長は私を待ってくれません。早く病院を見つけないと……焦りは募るばかりです。今回はマレーシアで病院を決めるまでの模様を詳しくレポートします。


「しても意味のない妊活」に振り回されないで

「しても意味のない妊活」に振り回されないで

妊活にも意味のあるものと、意味のないものがあります。妊活とは、不妊治療とまではいかなくても、妊娠しやすい体を作るという趣旨で使われるようです。今回のコラムでは、自身も不妊を経験した女医の視点から、さまざまな妊活の効果について検証します。


海外出産と日本での里帰り出産、どちらを選ぶ? 海外別居婚夫婦の悩み

海外出産と日本での里帰り出産、どちらを選ぶ? 海外別居婚夫婦の悩み

妊娠したのは嬉しいけれど、決めなければいけないことが……。それは、「どこで産むか」。私が働くのはフィリピン、夫はマレーシア、里帰り出産するなら日本。医療レベルや出産費用など、いくつかの項目で比較検討し、それぞれのメリット・デメリットを考えてみました。


「私」と「子育て」を引き替えにするのは、やめた

「私」と「子育て」を引き替えにするのは、やめた

夫とのふたり暮らしも仕事も楽しくて、なかなか次のステップに踏み切れない。当時、結婚3年目、28歳、フリーランスのライター。子供を産んで、失うもののことばかり考えてしまう。それでも妊娠を決めたときのことを書きました。同じ部分がある人の励みになったら、うれしいです。


最新の投稿


栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

和光アネックス(銀座)では、今が旬の栗をふんだんに使った、秋限定のスイーツを味わえる「マロンフェア」を10月1日〜31日まで開催します。毎年人気のマロンパイのほか、2種類の栗を贅沢に使用したパフェなど、秋の味覚を堪能できる美味しいスイーツが揃います。


オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

体に良さそうだけどお値段高めのオーガニック。でも、食べてみるとひと味違います! 美味しい味わいに驚かされるオーガニック・メニューやオーガニック・クッキング、アメリカと日本で相互認証もされているオーガニックの意味合いなど、日米を行き来するジャーナリストの小野アムスデン道子さんがご紹介。


男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

既婚の男性の不倫する理由なんて、どうせ性欲だけなんでしょ? と思う女性は多いですが、実際は切実な思いで女性を求めている人もいます。もちろん不倫は許されることではありませんが、なぜ妻以外の女性を求めてしまうのか、そこには家庭があっても満たされない「飢餓感」がありました。


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


MENU

DRESS部活