夫婦

夫婦に関する記事

一緒にいる時間が長い分、良くも悪くも付き合っていた頃よりこんな人だったんだ! なんて発見が増えてきて、理解できなかったり傷ついたりなんてことも。できるだけ長く一緒にいられるように、コミュニケーションのコツや、インタビュー記事を掲載しています。

夫婦に関連するキーワード

専業主婦 喧嘩 子なし夫婦
>>夫婦に関連するキーワード一覧

夫のことが好き? 当たり前である

夫のことが好き? 当たり前である

結婚は恋のゴールではあるかもしれないけれど、新たなスタートでもある。しかし、ただ一緒に過ごしているだけでは、夫婦関係というのは続かない。苦なく関係を続けていくにはどうすればいいのか考えてみた。


セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

フランス南部のニース。あるカップルの離婚訴訟がフランスだけでなく欧米を巻き込んで議論を呼びました。21年間の結婚生活中、妻(47歳)からのたび重なるセックスの願いを退けてきた夫(51歳)が、離婚慰謝料としておよそ1万ユーロ(約105万円)を払うよう判決を受けたのです。気になるのはその後の話……。


「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

家事は女性の仕事だ――そういう意見を持つ男性は、まだ世の中に少なからずいます。今回は、そんな男性が持つ偏った意見に疑問をぶつけ、夫婦ふたりが幸せな形になるためには、どうすれば良いのか考えてみました。


夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

「あるときを境に人間関係がギクシャクし始めた」という経験は、誰にでもあると思います。このような状況に出くわしたときは、風水が影響している可能性が高いです。ここでは仲良しで有名だった夫婦が急に険悪になり、そして風水の対策によって円満に戻った話をご紹介します。


男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

付き合いはじめはラブラブだったカップルや夫婦。ですが、一緒に暮らしているうちに、相手に対して不満を抱えることが多くなっていませんか? 今回ご紹介するのは、そんな不満を解消するために考えるたったひとつのこと。とある原則を実行すれば、お互いの不満は減っていくはず――。


”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

近年、ますます増加する日本のセックスレス。当然こうした状態にあっても、夫婦円満を築いている家庭はたくさんある。しかし、もしもセックスレスが原因で夫婦仲が悪くなってしまっていたとしたら――。今回は、コラムニスト・大泉りかさんにセックスレス解消のために大切な、”色気を出すタイミング”について綴っていただいた。


ウチの夫は家事ができない

ウチの夫は家事ができない

夫婦での家事分担はなかなか難しい。気がつけば「夫は何もしない」という場合も。そんな中で少しでも家事に取り組んでもらう方法を探っていきたい。これから長い人生を一緒に過ごしていくためにも。


それでも私は、夫との恋愛をやめたくない

それでも私は、夫との恋愛をやめたくない

「産後クライシス」という言葉があるように、子供ができてから夫婦関係が悪い方向へと進んでいくことがある。けれども、大泉りかさんはどれだけ子供がかわいくても、お互いが持つ「恋人」という役割を終わらせたくないと話す。いつまでも「恋人のような夫婦」を目指すために大泉さんが大切にしたいこととは――。


結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

人間関係をうまくやっていたくために必要なコミュニケーション能力。結婚前のカップルが受けるプレマリッジ・セミナーでも、非常に重要なトピックです。コミュニケーションの重要性をパートナーと共有し、トラブルになりやすい「火種」をあらかじめ知っておくことで、新婚カップルにありがちな口論を避けることができます。


セックスレスで離婚を考えている夫婦に知っておいてほしいこと

セックスレスで離婚を考えている夫婦に知っておいてほしいこと

性欲は人間の三大欲求の一つであるはずなのに、近年日本のセックスレス率は上昇するばかり。そして夫婦のセックスレスは、悪化すると離婚を招きかねません。今回は夫婦のセックスレスで離婚を考えている方に知っておいてほしいことをご紹介していきます。


「不倫」と「浮気」の違いって? どんな男女が不倫にハマるのか

「不倫」と「浮気」の違いって? どんな男女が不倫にハマるのか

何をすれば「不倫」で、「浮気」とはどう違うのか。それは、夫婦という社会的に認められた立場であることが関係してきます。慰謝料の請求など、夫婦関係を破たんさせたと認められるものだからこそ、その責任は大きいものです。また、不倫にハマる男女にはどんな特徴があるのかも見ていきましょう。


夫婦のセックスレスを解消する、合理的な4つの方法

夫婦のセックスレスを解消する、合理的な4つの方法

今回は夫婦のセックスレスを解消する合理的な方法を4つご紹介していきます。性欲は人間の三大欲求のひとつであるはずなのに、近年日本のセックスレス率は上昇するばかり。日本の夫婦の間に一体何が起きているのでしょうか?


セックスレスの原因はどこにあるのか。日本夫婦が抱える性事情

セックスレスの原因はどこにあるのか。日本夫婦が抱える性事情

現代日本の少子化問題や、浮気や不倫と切っても切り離せないのが、セックスレス。性欲は人間の三大欲求のひとつであるはずなのに、近年日本のセックスレス率は上昇するばかり。一体何が日本の夫婦の間に起きているのでしょうか? 今回はセックスレスの実情とその原因を掘り下げていきます。


セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスに関する相談を男女双方から受ける。その度に「まずは相手を休ませてあげて」と思うのには理由がある。セックスレスに到る根本の原因は「疲れ」ではないか。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第5回。


夫婦喧嘩の仲直りにプレゼントは不要。妻がほしいのは言葉

夫婦喧嘩の仲直りにプレゼントは不要。妻がほしいのは言葉

夫婦喧嘩後に何かプレゼントして、仲直りを試みるのはずるい。妻たちがほしがっているのは物ではなく、言葉なのに、どうしてそれをわかってもらえないのか。


夫婦のLINEのやりとり。熟年になっても男と女でいるために

夫婦のLINEのやりとり。熟年になっても男と女でいるために

恋愛の賞味期限は、3年5年だなんて説に多くの女性がうなずくくらいに恋心は熱しやすく冷めやすいものです。だれかを好きになって、彼も好きになってくれて、二人の思いが通じ付き合いがスタートする。もしかすると、その瞬間が恋愛のピークかもしれません。今回は、熟年夫婦になっても恋愛感情が続いている夫婦の方々にお話をお伺いしました。


不倫からの「略奪愛」が成功した例にみる「本気で結ばれるための覚悟」

不倫からの「略奪愛」が成功した例にみる「本気で結ばれるための覚悟」

不倫相手のことを本気で好きになってしまい、このまま奪ってしまいたいと思う女性もいるでしょう。しかし、結婚している相手と結ばれるには、相当に苦しい道のりが待っています。略奪愛を叶えるには、「未来だけを見る」覚悟が必要です。実際に不倫からの略奪愛が成功した例をもとに、結ばれるための覚悟についてお話します。


夫婦ふたりの老後を想像し始めた

夫婦ふたりの老後を想像し始めた

夫婦ふたりきりで暮らしていると「老後はどうするの?」とよく聞かれる。「子供がいないと大変だよ」と言う人もいる。もちろん、夫婦二人の老後のことは、考えていないわけではない。じゃあ具体的には……? 少しずつ、小さなことから、夫婦二人の未来を決め始めた。


働く女性と結婚するということ

働く女性と結婚するということ

働く女性と結婚することは、どういうことか。結婚に対する価値観の変化にともない「家事育児は女性がするもの」という古風な考えが変化していきています。男性も今までの概念や変な男の沽券にこだわるのはやめて「ニュータイプな生活」を受け入れてみては?


良質な夫婦喧嘩をする夫婦は、仲直りのきっかけを押さえている

良質な夫婦喧嘩をする夫婦は、仲直りのきっかけを押さえている

夫婦喧嘩にも「質」がある。仲直りのきっかけを知っている夫婦は、良い夫婦喧嘩をするものだ。相手のことをよく知り、自分を知ってもらうための良い機会ともいえる夫婦喧嘩。仲直りをするきっかけを押さえた上で、やるときは派手にやろう。