出産に関する記事

女性のライフプランにおいて、大きな比率を持つ「出産」という大イベント。早くに産んだ方がいい? リミットは? などのお悩みから、出産体験、そして産まないことを選択した夫婦の選択など、リアルな出産にまつわる情報が詰まっています。

出産に関連するキーワード

高齢出産
>>出産に関連するキーワード一覧

リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

35歳以上で初めて出産することを高齢出産といいます。今では高齢出産は珍しくなくなりましたが、リスクがあることには変わりありません。二児の母で内科医の筆者からみた高齢出産のメリットと、心にとどめておきたいリスク(デメリット)を解説します。


30代後半で妊娠。高齢出産が私の新しい人生を開いてくれた

30代後半で妊娠。高齢出産が私の新しい人生を開いてくれた

39歳で妊娠が発覚した作家の大泉りかさん。30代・40代での高齢出産はリスクが大きいと言われている世の中で、彼女は「アラフォーでの出産には、この年だからこそ良かった、と思えることもある」と考えています。壮絶な痛みや不安の先に見えた高齢出産のメリットとはなんだったのでしょうか。


妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠できるか、そして妊娠発覚後の生活が不安な女性に手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは……?これから妊娠を考える女性にぜひ手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


恋愛をしても女性ホルモンは出ません。 宋美玄医師による「大人女子のための“カラダのキモチ”セミナー」

恋愛をしても女性ホルモンは出ません。 宋美玄医師による「大人女子のための“カラダのキモチ”セミナー」

好評連載中の宋美玄先生のメディア向けセミナーが、ドコモ・ヘルスケアの主催で開かれました。これまで連載でも取り上げた内容と重複する点もありますが、復習としてまとめてみました。


妊娠糖尿病を防ぐ習慣とは?妊娠糖尿病を経験した女医が解説

妊娠糖尿病を防ぐ習慣とは?妊娠糖尿病を経験した女医が解説

妊娠糖尿病とは妊娠の影響で起こる糖尿病の症状を指します。妊娠中に初めて発症、発見される糖代謝異常の一種で、すぐに糖尿病に至るわけではないものの、産後の女性や子供が将来的に糖尿病にかかりやすくなる可能性も。妊娠糖尿病の原因や症状、かかりやすい人の特徴、治療、予防法などを、自身も妊娠糖尿病を経験した女医が解説します。


仕事って楽しい。「責任がある」と自覚すると仕事は面白くなる~起業に至る道

仕事って楽しい。「責任がある」と自覚すると仕事は面白くなる~起業に至る道

出産後に働き始めた会社で「仕事って楽しい!」と初めて実感した端羽英子さん。責任のある仕事を任せてもらえたからこそ、そう感じられるようになったと振り返ります。そんな中、夫の海外留学が決まり……。


新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職~起業に至る道

新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職~起業に至る道

新卒でゴールドマン・サックスに入社、1年目で妊娠。同社が激務なこともあり、子育てとの両立は無理だと感じ退職。その後、知識をマッチングするサービス「visasQ(ビザスク)」で起業するまで経験を背景に、女性のキャリアについて端羽英子さんに語っていただきました。


【出産ストーリー】39歳で妊娠した大泉りかさんの場合

【出産ストーリー】39歳で妊娠した大泉りかさんの場合

出産ストーリーは一人ひとり異なる。初産となる大泉りかさんの出産ストーリーを詳しくお届けする。難産ではなかったものの、壮絶な痛みや不安を乗り越えた出産ストーリーは、これから妊娠・出産する方にとって、参考になること、考えさせられることが多いはず。


産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後に体型戻しを望んでいても、産前とはまったく違う体型になってしまい、諦めモードになっている方もいるのでは。産後の体型戻しは、産後6ヶ月の過ごし方が重要です。二度の出産を経験した私が、半年以内に元の体型・体重にコントロールした体型の戻し方をご紹介します。


子なし夫婦の私、「産まない覚悟」が揺らぐとき

子なし夫婦の私、「産まない覚悟」が揺らぐとき

子なし夫婦として、夫とふたりで心地よく過ごしてきた筆者。産まなくても十分幸せ。でも、喉に引っかかるこの小骨は何だろう。結婚6年目で子作りを急かされた筆者が「産まない」とほぼ決めているのに、モヤモヤしてしまう理由は。


「多のう胞性卵胞症候群」の原因や治療は? 自身も経験した女医が振り返る

「多のう胞性卵胞症候群」の原因や治療は? 自身も経験した女医が振り返る

多のう胞性卵巣症候群の症状や原因、治療などを、自身も多のう胞性卵胞症候群 だと診断された女医の岡本彩さんが解説します。


計画出産を断念して生じた、ポジティブな「なるようにしかならない」思考

計画出産を断念して生じた、ポジティブな「なるようにしかならない」思考

計画出産とは事前に出産日を決めて、それに合わせて出産をする方法のこと。大泉りかさんも計画出産をおこない、年内に退院する予定を立てていた。しかし、体の状況から計画出産を断念し、自宅でいつものように年を越したそう。しかし、焦りはなく「なるようにしかならない」と落ち着いている。


妊婦さんへ伝えたい。「周りから気遣われるのが苦手」だと感じたら

妊婦さんへ伝えたい。「周りから気遣われるのが苦手」だと感じたら

妊娠後、体型が明らかに「妊婦」になってから、見知らぬ人からも気遣われる機会が増えた大泉りかさん。甘えてもいいんだと思う一方で、でもできるだけ普通に扱ってほしい。そんなモヤモヤを解消するには「自分ではなく、お腹の子が気遣ってもらっている」と考えること。周囲の優しさに戸惑うこともある妊婦さんは参考にしてみよう。


不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩む人が珍しくない昨今。不妊の検査を受けたり、実際に不妊治療を始めたり、不妊治療の体験を綴る書籍やブログを読んだり……そんな方は少なくありません。今回は不妊に悩んだ時期を乗り越えて、二児の母となった医師・岡本彩さんの体験記をお届けします。


女性器の悩みやコンプレックスは解消できる

女性器の悩みやコンプレックスは解消できる

ある調査によると20〜40代女性の約6割が女性器に何らかの悩みやコンプレックスを持っている、と答えています。それが理由で男性との交際に進めず、望んでいるのに結婚・出産が叶わない女性も少なくありません。そんな女性器に関する悩みやコンプレックスは解消できます。喜田直江医師が解説します。


卵巣機能は年相応でも、妊娠できる保障はどこにもない【塩村あやか】

卵巣機能は年相応でも、妊娠できる保障はどこにもない【塩村あやか】

AMH検査を行った塩村あやかさん。あっけなく終わった検査の結果と、それを受けて気づいたことは――。


私はランクC?不妊検査を受けようと決めた日【塩村あやか】

私はランクC?不妊検査を受けようと決めた日【塩村あやか】

38歳半ばを迎えた塩村あやかさん。結婚については焦っていない。でも、子どもを産める年齢には限界がある……と不安をおぼえ、AMH検査への申込みを行いました。


夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

31歳で未婚の母となった岡本さん。両親学級で「みんなにはお父さんがいるのにあなたにはいないんだね。ごめんね……」と涙した日もありました。気持ちを切り替え、母としてひとりの女性として、強く、凛として生きる岡本さんに、未婚の母という選択をテーマに寄稿いただきました。


最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

2年前、念願の子どもを授かり、未婚の母になる道を選んだ岩田笑子さん。妊娠を歓迎しなかった男性との同棲を早々に解消し、不安を抱えながらも娘を出産。父不在で子どもを産んだこと、母として、働く女性として奮闘する日々のことをリアルな言葉で綴っていただきました。