シングルマザーに関する記事

一口にシングルマザーといっても、経緯も必要な支援も十人十色。子供の教育機会や社会的な格差が生まれないような社会を望みます。

シングルマザーに関連するキーワード

未婚の母という生き方
>>シングルマザーに関連するキーワード一覧

離婚後でも養育費は請求できるって本当?弁護士に聞いてみた

離婚後でも養育費は請求できるって本当?弁護士に聞いてみた

子どもを持つ女性が離婚後、養育費が支払われなかった、養育費を請求し損ねた……といった声をよく聞きます。養育費は受け取って当然のお金です。子どものためにしっかり受け取るためのポイントを押さえておきましょう。


自分にとって「今一番の最善」を選択する人生を【未婚の母という生き方 #4】

自分にとって「今一番の最善」を選択する人生を【未婚の母という生き方 #4】

独身で幸せな人、結婚して幸せな人、離婚して幸せな人、子どもを持って幸せな人……幸せの形は人それぞれだと気づいたJunさん。1年前に未婚の母になりました。自分も子どもも幸せで過ごせるなら、父母が揃った家族でなくてもいいし、そのときどきで最善の選択をしていけばいい――自らの経験を振り返り、思いを綴っていただきました。


子どもに幸せになってほしいなら、まずは母自身が幸せになろう【未婚の母という生き方 #3】

子どもに幸せになってほしいなら、まずは母自身が幸せになろう【未婚の母という生き方 #3】

40歳で未婚の母となった小檜山知萌子さん。産むという決意は固かったものの、ひとりで育てられるか不安に苛まれた時期も。そんな不安を乗り越えたのは、複数の収入源を作る仕組みを整えたときのことでした。


夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

31歳で未婚の母となった岡本さん。両親学級で「みんなにはお父さんがいるのにあなたにはいないんだね。ごめんね……」と涙した日もありました。気持ちを切り替え、母としてひとりの女性として、強く、凛として生きる岡本さんに、未婚の母という選択をテーマに寄稿いただきました。


再婚を考えているあなたへ〜思春期のお子さんがいる女性編

再婚を考えているあなたへ〜思春期のお子さんがいる女性編

離婚が珍しくなくなった昨今、再婚を希望して婚活する人も増えています。今回は思春期のお子さんを連れて再婚を考えるときの心構えについて、須野田珠美さんがレクチャーします。


再婚するまで 再婚してから #1 子どもの「この人にパパになってほしい」直感は正しい

再婚するまで 再婚してから #1 子どもの「この人にパパになってほしい」直感は正しい

一度目の結婚は残念ながらうまくいかなかったけれど、再婚して幸せに過ごせているーー。心地よい再婚生活を送る方に寄稿いただく企画が始まります。第1回目はフリーライターの千葉こころさん。お子さんが本質を見抜いたおかげで、穏やかで素敵な男性と出会えたと振り返ります。


再婚を考えているあなたへ〜小学生までのお子さんがいる女性編

再婚を考えているあなたへ〜小学生までのお子さんがいる女性編

離婚が珍しくなくなった昨今、再婚を希望して婚活する人も増えています。今回は子連れで再婚を考えるときの心構えについて、須野田珠美さんがレクチャーします。


許容できるリスクは、リスクではない。私が会社をつくるまで~起業に至る道

許容できるリスクは、リスクではない。私が会社をつくるまで~起業に至る道

ビザスク・端羽英子さんの全5回に渡る短期連載も最終回。「やらない後悔よりは、やる後悔」をモットーに過ごしている端羽英子さんが、起業当時の思いや未来について綴ります。


40歳で再婚目指すなら、セフレと付き合ってる場合じゃない!~【シモ8タロット占い】

40歳で再婚目指すなら、セフレと付き合ってる場合じゃない!~【シモ8タロット占い】

再婚を希望する40歳シングルマザー。1〜2ヶ月に1度会う44歳男性とは体の関係があるものの、彼は結婚相手候補になり得るのか……? 悩める女性に対し、タロットのお告げとは。


終わりを知っているふたりの暖かな二度目の結婚

終わりを知っているふたりの暖かな二度目の結婚

はじめまして、エッセイストの紫原明子と申します。結婚や離婚、シングルマザーをテーマにしたコラムをお届けします。 先日テレビを見ていたら、爆笑問題の田中裕二氏と再婚した山口もえさんが出ていた。田中氏にも離婚歴があり、ふたりは共に、二度目の結婚とのこと。


38歳、それぞれの選択

38歳、それぞれの選択

あけましておめでとうございます。今年もDRESSとこのコラムをご愛読いただきますようよろしくお願い申し上げます。からだ問題担当大臣として、アラフォー女性の「生殖」についていろいろ書いて来ましたが、私も今月で38歳になります。個人差はあれど37と38の間で妊娠する力がぐっと下がりますから、「もう産まなくていいの?