記事総数:26

公開済みの記事


「終活」は30代からでも早すぎない――大切なモノを見つめなおす時間を

「終活」は30代からでも早すぎない――大切なモノを見つめなおす時間を

34歳でこの世を去った、フリーアナウンサーの小林麻央さん。若くして亡くなってしまうこともあるんだ、と麻央さんの生涯に自分を重ねた方も多いかもしれません。人間いつかは必ず「死」を迎えます。必ずくるその日のために、少しづつ準備を始めませんか?


アラフォーからの恋愛は「積極的な姿勢」が出会いをもたらす

アラフォーからの恋愛は「積極的な姿勢」が出会いをもたらす

既婚組が多くなってくる大人の恋愛。「素敵だな」と思った男性にパートナーがいた、なんて経験をされた方もいるかもしれません。それに昔のように合コンに参加する時間もあまりない。では、アラフォー女性はどのようにして出会いをつくっているのでしょう? 今回は実際に男性との出会いをつくりだした方々にお話を聞いてみました。


「自分から誘える女性」になれば、人生がさらに楽しくなるかもしれない

「自分から誘える女性」になれば、人生がさらに楽しくなるかもしれない

最近めっきりお誘いがない、男性と親しくなるきっかけがない……そんなあなたは「誘われ待ち」をしているのかも。今の時代は、女性は誘われるのを待つより、自分から誘う方が断然お得。スマートな誘い方を身につけてはどうでしょう。


あなたのLINEは大丈夫? 

あなたのLINEは大丈夫? 

大人の女性に求められるのは、年齢を重ねただけ成熟され、磨かれた「大人力」なのかもしれません。そんな大人力を身に着けた女性は、好きな相手とどのように恋に落ちていくのか。LINEの使い方から覗いてみた。


【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】後半は、スタンプの使い方について。日本で誰かと文字でコミュニケーションをとるとき、「LINE」の存在は欠かせません。今や誰もが使う「LINE」だからこそ、ダサくならないように、気をつけたいもの。あなたのLINEは大丈夫?


女性がコンドームを持ち歩くのってどう思う?

女性がコンドームを持ち歩くのってどう思う?

いいなと思っていた男性と初めて一線を超えそうなとき、実に悩ましいのが「コンドーム」について。もちろんつけてするのが望ましいけれど、もしその場所にコンドームがなかったら、あなたならどうする?


ダブル不倫(W不倫)の終わらせ方。大切なのはお互いの覚悟を知ること

ダブル不倫(W不倫)の終わらせ方。大切なのはお互いの覚悟を知ること

軽い気持ちで足を踏み込んだが最後、別れを切り出すにも慎重にならざるを得ないダブル不倫(W不倫)。今回は、こっそりと関係を終わらせることに成功した経験者に、お話をお伺いしました。


相手に裏切られ……。ダブル不倫(W不倫)の悲しい結末

相手に裏切られ……。ダブル不倫(W不倫)の悲しい結末

結婚している身であるにも関わらず、他の既婚男性と関係を持ってしまうダブル不倫(W不倫)。今回はダブル不倫がきっかけで、仕事や家庭がボロボロになってしまった方にお話を伺いました。


私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

ドラマ『あなたのことはそれほど』の主人公、渡辺 美都のダブル不倫(W不倫)の理由は「初恋の人が忘れられない」でしたが、実際は……。過去にダブル不倫を経験した方に話を伺いました。


ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

バレたら泥沼化必須の、世の中で一番リスキーな恋愛、それが「ダブル不倫(W不倫)」。頭ではよくない、てわかっていても……。ダブル不倫に足を踏み入れてしまった人にはこんな特徴がありました。


​『バチェラー・ジャパン』出演女性に学ぶ男の落とし方:森田紗英編

​『バチェラー・ジャパン』出演女性に学ぶ男の落とし方:森田紗英編

『バチェラー・ジャパン』とは、Amazonプライム・ビデオで配信されている、恋愛リアリティショー。一言でいうなれば、それはひとりのハイスペック男を巡る、25人の女性たちのバトルロイヤル。今回はそんなシビアな戦いを、残り2人まで勝ち抜いた、森田紗英に注目したい。


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


「おばさんの定義」決定版 - これをしちゃうとおばさん確定

「おばさんの定義」決定版 - これをしちゃうとおばさん確定

「おばさん」にはなりたくない、と思う女性は多いのでは。「おばさんの定義」を知って、おばさん化を防いで。


【ダサいLINEチェック】脱・おじさん系コミュニケーション

【ダサいLINEチェック】脱・おじさん系コミュニケーション

日本で誰かと文字でコミュニケーションをとるといったら「LINE」の存在は欠かせません。そんな誰もが使う「LINE」だからこそ、ダサくならないように、気をつけたいもの。あなたのLINEは大丈夫?


セックスレスからの不妊治療 - ある夫婦の体験談

セックスレスからの不妊治療 - ある夫婦の体験談

セックスレスであることに不満のない夫婦。だけど子供がほしい。悩んだ末、不妊治療の中でも「体外受精」という手段を選択した夫婦に話を伺いました。


モラハラ男との別れ方。まずは「自覚」することから

モラハラ男との別れ方。まずは「自覚」することから

モラハラ男と付き合っているけれど、別れ方に悩んでいる……。そんな人は自分が今被害に遭っているのだと、自覚することからスターとする必要があります。モラハラ男と訣別した女性に話を聞きました。


「おばさんくさい」と思わせない人になる

「おばさんくさい」と思わせない人になる

できることなら「おばさんくさい」と思われたくないですよね。若作りをしたいわけではないけれど、若々しくきれいな自分でありたいもの。「おばさんくさい」とは無縁になるための心がけを5つご紹介します。


セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスに悩んでいた状態から妊活を成功させ、子供を授かった夫婦がいます。結婚して数年、夫婦仲は良い方だけど、寝室を別にしてからセックスレスに……だけど愛する夫の子供がほしい。そんな夫婦にセックスレスから妊活へ到ったエピソードを伺いました。


男捨離のすすめ - 既婚男性と恋愛中のあなたへ

男捨離のすすめ - 既婚男性と恋愛中のあなたへ

どの男性よりも自分をお姫様のように扱ってくれる……ということを言い訳に、裕福な既婚男性とズルズルと関係を続けていないだろうか。今回はそんな男性との「男捨離」について考えたい。


「おばさんくさい」人は見た目じゃなくて、発する言葉で損してる

「おばさんくさい」人は見た目じゃなくて、発する言葉で損してる

同じように年を重ねていても、「おばさんくさい」人とそうじゃない人がいる。その差というのは実は見た目より言動。発する言葉の内容によって、人はどんどんおばさんくさくなってしまう。そんなことにならないよう「おばさんくさい」言葉は封印を。


act dress
手相占い 不倫 年下彼氏