記事総数:33

公開済みの記事


アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォーともなると、お肌の状態や体型のたるみなど、気になるところがたくさん! ただ美容に使えるお金には限りがあるため、「何をするか」は厳選しなくてはなりません。そこで今回はアラフォーの女性に聞いた、「お金をかけてよかった美容」をご紹介します。


アラフォーからでも遅くない! 出会いも期待できるスポーツアクティビティをご紹介

アラフォーからでも遅くない! 出会いも期待できるスポーツアクティビティをご紹介

今回はアラフォーからでも気軽に始められて、年を重ねても楽しめる、スポーツアクティビティをご紹介します。まったくの未経験でも、40歳から始めれば、60歳で「経験年数20年」の大ベテラン。せっかくの人生、新たな趣味を持ってみませんか?


アラフォー独身でマンションを買うってこんな感じ

アラフォー独身でマンションを買うってこんな感じ

人生のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を大きく左右する住環境。できれば条件の良い場所に住みたいけれど、ピンとくる物件に巡り合うのはなかなか大変。そこで今回は、アラフォー×独身の筆者がマンションを購入するに至った経緯についてご紹介します。


あなたの”しんどい恋愛”を解消する4つの視点

あなたの”しんどい恋愛”を解消する4つの視点

彼・夫と一緒にいても、イライラしてばかり。デート時の会話もイマイチ盛り上がりに欠けるし、LINEの返事もなかなか返ってこない。最近は休日も気づくとバラバラ行動。もし心当たりがあるのだとしたら、それはあなたのちょっとした心がけ次第で変わるかも。


湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

老化の兆しがくっきりと現れ、気の滅入ることが増えるアラフォー世代。そんなアラフォー世代を楽しく乗り切るヒントが、湯山玲子さんの著書『四十路越え』の中にあります。


「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「既婚・未婚」「子あり・子なし」「フルタイム・パートタイム・専業主婦」……などなど。女性の生き方は掛け合わせの数だけ、大きく異なります。自分と違う組み合わせの人をみて、羨んだりしたことはないですか?


人生の満足度をステータスだけで決めない。「おひとりさま」を楽しむ秘訣

人生の満足度をステータスだけで決めない。「おひとりさま」を楽しむ秘訣

結婚・出産をしないと決めた、とあるアラフォーの「おひとりさま」女性。世間の厳しい目を多少感じつつも、今のところハッピーに過ごしているそう。今回はそんな彼女に「おひとりさま」を楽しむコツを聞きました。


「終活」は30代からでも早すぎない――大切なモノを見つめなおす時間を

「終活」は30代からでも早すぎない――大切なモノを見つめなおす時間を

34歳でこの世を去った、フリーアナウンサーの小林麻央さん。若くして亡くなってしまうこともあるんだ、と麻央さんの生涯に自分を重ねた方も多いかもしれません。人間いつかは必ず「死」を迎えます。必ずくるその日のために、少しづつ準備を始めませんか?


アラフォーからの恋愛は「積極的な姿勢」が出会いをもたらす

アラフォーからの恋愛は「積極的な姿勢」が出会いをもたらす

既婚組が多くなってくる大人の恋愛。「素敵だな」と思った男性にパートナーがいた、なんて経験をされた方もいるかもしれません。それに昔のように合コンに参加する時間もあまりない。では、アラフォー女性はどのようにして出会いをつくっているのでしょう? 今回は実際に男性との出会いをつくりだした方々にお話を聞いてみました。


「自分から誘える女性」になれば、人生がさらに楽しくなるかもしれない

「自分から誘える女性」になれば、人生がさらに楽しくなるかもしれない

最近めっきりお誘いがない、男性と親しくなるきっかけがない……そんなあなたは「誘われ待ち」をしているのかも。今の時代は、女性は誘われるのを待つより、自分から誘う方が断然お得。スマートな誘い方を身につけてはどうでしょう。


あなたのLINEは大丈夫? 

あなたのLINEは大丈夫? 

大人の女性に求められるのは、年齢を重ねただけ成熟され、磨かれた「大人力」なのかもしれません。そんな大人力を身に着けた女性は、好きな相手とどのように恋に落ちていくのか。LINEの使い方から覗いてみた。


【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】後半は、スタンプの使い方について。日本で誰かと文字でコミュニケーションをとるとき、「LINE」の存在は欠かせません。今や誰もが使う「LINE」だからこそ、ダサくならないように、気をつけたいもの。あなたのLINEは大丈夫?


女性がコンドームを持ち歩くのってどう思う?

女性がコンドームを持ち歩くのってどう思う?

いいなと思っていた男性と初めて一線を超えそうなとき、実に悩ましいのが「コンドーム」について。もちろんつけてするのが望ましいけれど、もしその場所にコンドームがなかったら、あなたならどうする?


ダブル不倫(W不倫)の終わらせ方。大切なのはお互いの覚悟を知ること

ダブル不倫(W不倫)の終わらせ方。大切なのはお互いの覚悟を知ること

軽い気持ちで足を踏み込んだが最後、別れを切り出すにも慎重にならざるを得ないダブル不倫(W不倫)。今回は、こっそりと関係を終わらせることに成功した経験者に、お話をお伺いしました。


相手に裏切られ……。ダブル不倫(W不倫)の悲しい結末

相手に裏切られ……。ダブル不倫(W不倫)の悲しい結末

結婚している身であるにも関わらず、他の既婚男性と関係を持ってしまうダブル不倫(W不倫)。今回はダブル不倫がきっかけで、仕事や家庭がボロボロになってしまった方にお話を伺いました。


私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

ドラマ『あなたのことはそれほど』の主人公、渡辺 美都のダブル不倫(W不倫)の理由は「初恋の人が忘れられない」でしたが、実際は……。過去にダブル不倫を経験した方に話を伺いました。


ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

バレたら泥沼化必須の、世の中で一番リスキーな恋愛、それが「ダブル不倫(W不倫)」。頭ではよくない、てわかっていても……。ダブル不倫に足を踏み入れてしまった人にはこんな特徴がありました。


​『バチェラー・ジャパン』出演女性に学ぶ男の落とし方:森田紗英編

​『バチェラー・ジャパン』出演女性に学ぶ男の落とし方:森田紗英編

『バチェラー・ジャパン』とは、Amazonプライム・ビデオで配信されている、恋愛リアリティショー。一言でいうなれば、それはひとりのハイスペック男を巡る、25人の女性たちのバトルロイヤル。今回はそんなシビアな戦いを、残り2人まで勝ち抜いた、森田紗英に注目したい。


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


「おばさんの定義」決定版 - これをしちゃうとおばさん確定

「おばさんの定義」決定版 - これをしちゃうとおばさん確定

「おばさん」にはなりたくない、と思う女性は多いのでは。「おばさんの定義」を知って、おばさん化を防いで。


act dress
手相占い 不倫 年下彼氏