恋愛/結婚/離婚

【DRESSな女の恋愛・結婚・離婚とは?】 恋愛も結婚もしたい。たとえ一度上手くいかなかったとしても、諦めずにつかみとりにいきたい。離婚から立ち直って再スタートしたい。幸せなパートナーシップを築きたい女性に向けたコンテンツをお届けします。

関連するタグ

離婚 結婚 恋愛 セックス 婚活 兎村彩野のコラム一覧

恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

年下男性が恋愛対象のあなたは“その辺のオンナ以上オカン未満”になれてますか

40代女性、バツイチ婚活がストレスに?

子供がいないと離婚しやすい?子なし夫婦の「かすがい」を考える

恋人を実家に連れて帰るのって、気が重い……

恋人を実家に連れて帰るのって、気が重い……

恋人を実家に連れていく――これは一般的に結婚を前提に付き合っています、と親に宣言するようなもの。それゆえ戸惑う思いも捨てきれない。元遊び人の筆者が「恋人を実家に連れて帰る」という人生初のアクションを描く短期連載「遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った」#1。決断するまでの逡巡の理由は……?


アラフォーへの「結婚しないの?」は攻撃でしかない。結婚タイミングに自由を

アラフォーへの「結婚しないの?」は攻撃でしかない。結婚タイミングに自由を

アラフォーともなると「結婚しないの?」と聞かれることも少なくない。でも、結婚するもしないも、本人たちの自由。タイミングだって人それぞれ。ドイツ人のアラフォー女性から勇気づけられたアラフォーの筆者が、結婚する・しない問題、結婚のタイミングを考えます。


結婚へのプレッシャーがストレスになっていませんか?

結婚へのプレッシャーがストレスになっていませんか?

「働くオンナのストレス相談室 #1」結婚へのプレッシャーがストレスになっているという女性からのご相談。子供はほしいけれど、今は仕事が本当に楽しいので、結婚すると独身に未練が残るのではないか? というお悩みに、ゲイの精神科医のTomyさんにお答えいただきました。


社内恋愛はリスクだらけ――わかっていても止められない社内恋愛の魔力

社内恋愛はリスクだらけ――わかっていても止められない社内恋愛の魔力

社内恋愛はリスクが大きい、とはわかっている。自分も相手も周りも気を使うし、揉めたときや別れたときにリスクは最大化する。つまりは、面倒なことだらけ。それでもなぜ人(私)は社内恋愛をしてしまうのか……。


別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた恋人のLINE IDを削除しますか? 別れた瞬間に削除する人もいれば、別れたあともずっと残しておくタイプの人もいます。今回の記事では「今後の関係」に焦点をあてながら「削除すべきタイミング」と「削除してはいけない場合」をみていきます。


結婚式までにダイエットで10kg落とすには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#2】

結婚式までにダイエットで10kg落とすには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#2】

結婚式までにダイエットや食事で10kg落としたい……。そんな私は最愛の彼から「結婚してください」の言葉をゲット。そこから始まる結婚式準備期間は、まさしく怒涛の日々。連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」として、理想とする結婚式の叶え方を模索していきます。


アラフォーは結婚を見据えない恋愛をしよう

アラフォーは結婚を見据えない恋愛をしよう

アラフォーの結婚確率は高くない。アラフォーで結婚を前提とした恋愛をするのは非常に難しいのだ。男性を「結婚できそうか」「結婚相手にふさわしいか」でジャッジするのはそろそろ終わりにしませんか? アラフォーからの恋愛は、もっと自由でいいはず。


一徹さん×川崎貴子さん「結婚して親になると“ときめき”がなくなるのは健全」後編

一徹さん×川崎貴子さん「結婚して親になると“ときめき”がなくなるのは健全」後編

夫婦関係とセックスレスについて、女性向けAVで活躍する人気男優・通称エロメンの一徹さんと、著書に『愛は技術』などがあるジョヤンテ代表取締役の川崎貴子さんの対談をお届け。締めくくりとなる後編では、夫婦間のときめきや不倫、そして「結婚とは何か」という大きなテーマまでじっくりと語られました。


年下彼氏との恋愛はあり――30代半ばの私が出した結論

年下彼氏との恋愛はあり――30代半ばの私が出した結論

年下彼氏と恋愛するなんて、長年年上派だった私には意外なことだった。年氏彼氏は恋愛対象外だった私が、初めて年下彼氏と付き合うことになったとき、その中で感じた年下彼氏ならではの良さや気をつけたことを振り返ってみる。


【恋愛上手はどっち?】今彼がデートで選んだのが元彼と訪れた店だったときの対応

【恋愛上手はどっち?】今彼がデートで選んだのが元彼と訪れた店だったときの対応

恋愛上手な女性は、こんなときどう対応しているのかを考えます。お題は「付き合っている彼がデートで選んだ店が、元彼と訪れたことのある店だったとき、どう対応するか」。正直に言うのが恋愛上手なのか、はたしてそうではないのか。


「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話

伊藤有紀、フリーライター。10年前に夫を交通事故で亡くしてから、ひとりで息子を育ててきた。50歳も目前になって、急遽婚活を開始することに。「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話をお届けします。