生き方に関する記事

生き方とは、その人の人生を決めるものでもあり、もしも自分が亡くなる時には、悔いの無いような生き方をしたいと人は思うものでもあります。

生き方に関連するキーワード

コンプレックス 価値観
>>生き方に関連するキーワード一覧

美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

「哲学」と聞くと、「人生論」というイメージがあると思いますが、SNSもアンチエイジングも格差社会も哲学だ、と言われたら、だいぶ印象が変わりませんか? 実は案外私たちの身近にある哲学。自分自身の生活や生き方に、哲学を取り入れるヒントになる本をご紹介します。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

自分の思い描いた理想に近づけていない、自分が望まないことばかり起きてしまう。そんな人は自分をコントロールし、理想や目標へ近づく方法を知らないだけかもしれません。そこで今回は、自分をコントロールし、うまくいくように自分を導くセルフプロデュースについてご紹介します。


おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

「独身だと老後が孤独」とは本当でしょうか。診察を通じて多くの高齢おひとりさま女性と接している内科医の私。その考えは違うのでは、と思うようになりました。配偶者がいようといまいと、最後はひとりになる女性が多いです。生涯おひとりさまでいる女性のなかにも、人に囲まれ、大切にされる方も少なくないからです。彼女たちの共通項とは。


「プチ依存先」を増やせば孤独を受け入れられる【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

「プチ依存先」を増やせば孤独を受け入れられる【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

文筆家の小野美由紀さん、フランスで活躍しているラブジャーナリストの中村綾花さんが「女性がひとりで生きていく」をテーマに対談をスタート。最終回では「ひとりで生きていくためには」を中心に話していきます。


結婚しても「ひとり」であることからは、絶対に逃れられない【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

結婚しても「ひとり」であることからは、絶対に逃れられない【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

文筆家の小野美由紀さん、ラブジャーナリストの中村綾花さんが「女性がひとりで生きていく」をテーマに対談をスタート。中村さんは結婚してから、さらに「孤独」について考える機会が増えたようで――。


2017年、世間を騒がせた4組の結婚発表

2017年、世間を騒がせた4組の結婚発表

2017年ももうすぐ終わり。今年も、世間を騒がせた結婚発表が多数あった。今回は、ネット女子たちの間で話題になった結婚報道を、彼女たちのリアルな声と共に振り返っていこう。


家族という檻に苦しむ日本女性【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

家族という檻に苦しむ日本女性【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

「『家族』ってワードに死ぬほど縛られてますね、日本は。すべて家族でまかないきらなきゃいけない」


2017年、世間を騒がせた6人の女たち

2017年、世間を騒がせた6人の女たち

2017年ももうすぐ終わり。今年もたくさんのニュースが世間を騒がせましたね。今回は、ニュースの主役になった女性たちにフォーカス。それに対するネット女性たちの反応と共に、振り返っていきましょう。


「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

イラストレーター/アートディレクターの兎村彩野さんが2018年1月から新連載「家で働く。」をスタート。連載前に「家で働く。」をテーマに選んだ背景や「家で働く。」を実践してきた日々を振り返ります。


「自分を変えたいのに変われない」を解決する簡単なアプローチとは

「自分を変えたいのに変われない」を解決する簡単なアプローチとは

変わりたいと思って目標を立てたのに、なぜかいつもと同じ自分になってしまう。そんな経験はありませんか? 今の自分をベースに考えてしまうと、変わることはなかなか難しい。であればいっそ、自分のことですが、「赤の他人」のことだと思って考えてみてはいかがでしょうか。


死を意識する子どもたちに寄り添った心理学者――伝えたのは「なぜ?」という問いを捨てること

死を意識する子どもたちに寄り添った心理学者――伝えたのは「なぜ?」という問いを捨てること

穏やかで静かな気持ち、何かを責め立てるような落ち着かない気持ち。今あなたがほしいのは、どちらですか? 西洋科学とシャーマンの知恵を融合させた独自の方法で人々を癒してきたアメリカの心理学者が、重い病の子どもたちの問いから得た知恵を教えてくれました。答えの出ない問いの闇にはまったら、このやりとりを思い出してください。


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


「いい年して年甲斐もなく」という時代遅れな言葉が人を老化させる

「いい年して年甲斐もなく」という時代遅れな言葉が人を老化させる

「いい年して年甲斐もなく」この言葉を周りの人から言われるのではないかと、したいことをできずにいる人は多いのではないだろうか? 年相応に生きることを世間に強いられていると感じる人も多いだろう。しかしその言葉こそが人の可能性を封じ込めて、人を老けさせてしまっているように思う。


同性に愛されるしなやかな人とは

同性に愛されるしなやかな人とは

できれば誰からも嫌われたくない。いろんな人から好かれたい、と思う。しかし、どうすればいいのか。同性に好かれるような人になるために必要なことは実はとても簡単なことなのだと思う。


自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

西加奈子さんの作家生活10周年記念作品『サラバ!』(西加奈子/小学館文庫)の文庫版が、今秋発売されました。上中下3巻に渡る長編ながら、読みやすい文章と鮮やかな人間描写で、ワクワクしながら読み進められる作品です。現代を生きる私たちに訴えかけてくる、作品からの力強いメッセージをご紹介します。


「女」を捨てた女が「受付嬢」として働いたらこうなった

「女」を捨てた女が「受付嬢」として働いたらこうなった

アイデンティティと言う言葉がある。自己同一性と訳されるが、自分は何者であるかという自覚。自覚をして、どう生きていくか。個人的にいうと、私は「女」としてのアイデンティティが強い。つい10年前までは、「女を捨てたキャラ」だった私が、あることで「女としての自覚」を手にした。きっかけは、「受付嬢」として働いたことだった。


男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

鳥飼茜先生が描く『ロマンス暴風域』は、さえない非常勤美術教師の「サトミン」が風俗嬢の「せりか」と恋に落ちるストーリー。特にラストの展開はハラハラが止まらない。今回は、男女の性の差について切り込む作品の多い鳥飼さんに、男性が風俗に行く理由や、男性はなぜあざとい女性に夢見がちなのかを聞いた。


結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚への焦りを感じる女性は数多くいるかと思います。しかし、そうした焦燥感は、結婚への道のりをより遠くしてしまうのです。今回は、結婚への不安を感じるあなたに「焦り」との向き合い方をお伝えいたします。