不妊に関する記事

不妊についての記事一覧です。医師によるコラムから不妊治療の実体験まで、不妊に悩む方に向けた記事が満載です。

不妊に関連するキーワード

不妊治療
>>不妊に関連するキーワード一覧

妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠できるか、そして妊娠発覚後の生活が不安な女性に手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


出生前診断と着床前診断の違いや問題点は?診断技術の進化から考える

出生前診断と着床前診断の違いや問題点は?診断技術の進化から考える

「出生前診断」と「着床前診断」の違いについて、ご存知の方は多いかもしれません。今回のコラムでは、着床前診断の以前から行われていた出生前診断の歴史を紐解いていきます。倫理的な問題が絡んでいるともいえる技術だからこそ、技術ができるまでの背景を十分に理解してほしいと思うのです。


不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療に関するQ&Aをまとめた書籍『専門医が答える不妊治療Q&A』が登場。著者は、1999年に千葉市に不妊治療専門クリニックを開業後、18年間で累計1万3000例もの妊娠の実績を積み上げてきたベテラン産婦人科医・高橋敬一さん。不妊治療に関する正しい知識を学びましょう。


女医流「不妊治療中のストレス」との付き合い方

女医流「不妊治療中のストレス」との付き合い方

不妊治療中はストレスがたまる人も少なくありません。不妊治療が実を結ばないストレスや、不妊治療と仕事との両立によるストレスなど、不安やイライラが募ってしまうことも。今回は不妊治療を経験した女医が、ストレスを解消・発散する方法をお伝えします。


不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩み、不妊治療を受ける夫婦の割合が増えている昨今。6組に1組の夫婦が不妊治療をおこなっている、ともいわれています。なぜ不妊に悩む人が増えているのか、産婦人科専門医の山中智哉さんが解説します。


不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩む人が珍しくない昨今。不妊の検査を受けたり、実際に不妊治療を始めたり、不妊治療の体験を綴る書籍やブログを読んだり……そんな方は少なくありません。今回は不妊に悩んだ時期を乗り越えて、二児の母となった医師・岡本彩さんの体験記をお届けします。


39歳妊婦のわたしが「39歳」「不妊治療」のキーワードから考えたこと

39歳妊婦のわたしが「39歳」「不妊治療」のキーワードから考えたこと

39歳で妊娠。「いつか、子どもができたらいいな」くらいの熱量だったから、自分は「不妊治療」とは関係がないと思っていた。しかし、『ひなこの39歳から始める不妊治療日記』を読んで浮かんできたのは、もしかすると不妊治療をしていたかもしれない自分の姿だった。


卵巣機能は年相応でも、妊娠できる保障はどこにもない【塩村あやか】

卵巣機能は年相応でも、妊娠できる保障はどこにもない【塩村あやか】

AMH検査を行った塩村あやかさん。あっけなく終わった検査の結果と、それを受けて気づいたことは――。


私はランクC?不妊検査を受けようと決めた日【塩村あやか】

私はランクC?不妊検査を受けようと決めた日【塩村あやか】

38歳半ばを迎えた塩村あやかさん。結婚については焦っていない。でも、子どもを産める年齢には限界がある……と不安をおぼえ、AMH検査への申込みを行いました。


まだ33歳だから妊娠できる、と思っていたけれど……人工授精と体外受精に駆け抜けた1年間

まだ33歳だから妊娠できる、と思っていたけれど……人工授精と体外受精に駆け抜けた1年間

産婦人科医の指導のもと、33歳でタイミング法を始めるも、3周期しても結果が出ない……。人工授精にステップアップしても、望む結果はやってこない。ハードルは高いけれど、より結果が出やすくなるならと体外受精に挑戦し、妊娠した「もぐもぐ」さんに、不妊治療に取り組んだ1年間を振り返っていただきました。


妊娠するためにはセックスをしないといけませんか?

妊娠するためにはセックスをしないといけませんか?

妊娠するためのセックスの第一ポイントはズバリ「頻度」。義務感よりも気持ちいいセックスができることが理想ですが、あまりしたくないカップルにはシリンジ法といった方法も。


男性も早く子どもを作った方がいいですよ

男性も早く子どもを作った方がいいですよ

先日産婦人科医の大きな学会があり、久しぶりに大勢の産婦人科医に会いました。夜のパーティーでは、学会で一番偉い先生に「この人日本で一番有名な産婦人科医」と外国からのお客様に紹介され、光栄(?)でした。


「卵子老化」って言うな!

「卵子老化」って言うな!

トンデモ斬りコーナーとなっていたからだ問題担当大臣のブログですが、ちょっとここらでDRESS本誌と連動してみたいと思います。11月号と現在発売中の12月号で「卵子凍結」についての記事があって、結構濃い内容なんでぜひチェックしてください。


何でも冷えのせいにしていませんか?

何でも冷えのせいにしていませんか?

うだるように蒸し暑いのに、建物に入ればエアコンがガンガン効いている・・、それがすっかり「日本の夏」になってしまいました。長袖スーツに靴下と靴をはいたおじさんたちが汗だくにならないようなエアコンの温度設定では、半袖ワンピに素足にサンダルの女子は手足が冷えてしまいますよね。「冬よりも夏の方が冷える!」という人は結構多いのではないでしょうか。


卵子の時間を止めたいですか?

卵子の時間を止めたいですか?

女性にとってどうしてアラフォーが悩ましい年齢なのか、その理由の一つは生殖年齢の限界がアラフォーだからでしょう。男性は50歳でも子どもが作れるのに、女性には無理。自分の卵子で妊娠したい(遺伝的に自分の子どもを産みたい)のであれば、アラフォーが限界だというのは以前も書いた通りです。この点においては生物学的に男女は不公平だと言えるでしょう。


妊娠のリミットは42歳、45歳? 妊娠の確率

妊娠のリミットは42歳、45歳? 妊娠の確率

女性が妊娠できるリミットの年齢を42歳と定義したのはなぜか。今回は、年齢ごとに不妊治療をして妊娠できる確率とともに、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしました。