不妊に関する記事

不妊についての記事一覧です。医師によるコラムから不妊治療の実体験まで、不妊に悩む方に向けた記事が満載です。


排卵誘発剤は妊娠率を上昇させるのか? 誤解と使用時の注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#4】

排卵誘発剤は妊娠率を上昇させるのか? 誤解と使用時の注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#4】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、4回目では排卵誘発剤を一般的な不妊治療で使う際に知っておきたいことを取り上げます。


排卵誘発剤を使うと起きること【知っておきたい、体外受精の基礎知識#3】

排卵誘発剤を使うと起きること【知っておきたい、体外受精の基礎知識#3】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、3回目では排卵誘発剤の基礎知識を取り上げます。


体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載です。


知っておきたい、体外受精の基礎知識#1

知っておきたい、体外受精の基礎知識#1

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が数回に渡って詳しく解説します。


セックスレスからの不妊治療 - ある夫婦の体験談

セックスレスからの不妊治療 - ある夫婦の体験談

セックスレスであることに不満のない夫婦。だけど子供がほしい。悩んだ末、不妊治療の中でも「体外受精」という手段を選択した夫婦に話を伺いました。


妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠できるか、そして妊娠発覚後の生活が不安な女性に手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


出生前診断と着床前診断の違いや問題点は?診断技術の進化から考える

出生前診断と着床前診断の違いや問題点は?診断技術の進化から考える

「出生前診断」と「着床前診断」の違いについて、ご存知の方は多いかもしれません。今回のコラムでは、着床前診断の以前から行われていた出生前診断の歴史を紐解いていきます。倫理的な問題が絡んでいるともいえる技術だからこそ、技術ができるまでの背景を十分に理解してほしいと思うのです。


不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療に関するQ&Aをまとめた書籍『専門医が答える不妊治療Q&A』が登場。著者は、1999年に千葉市に不妊治療専門クリニックを開業後、18年間で累計1万3000例もの妊娠の実績を積み上げてきたベテラン産婦人科医・高橋敬一さん。不妊治療に関する正しい知識を学びましょう。


妊活しているのに……ストレスが妊娠に影響している?

妊活しているのに……ストレスが妊娠に影響している?

「妊娠したい女性にとってストレスはよくない」ということは、一般的にもよく知られていますし、感覚的にも「そうなんだろうな」ということはわかるかと思います。ストレスそのものや、ストレスを感じる仕組みなどを理解して、過剰なストレスを感じないよう、自分なりの工夫をしたいものです。


卵子凍結とは夢のような技術?妊娠の可能性と課題を知っておこう

卵子凍結とは夢のような技術?妊娠の可能性と課題を知っておこう

卵子凍結には医学的卵子凍結と社会的卵子凍結の2種類があります。後者はとくに医学的あるいは倫理的な観点から、まだまだ議論されるべきではないでしょうか。たとえば卵子凍結できる年齢制限や決して安くない費用、凍結されたままの卵子……卵子凍結における課題を考えます。


卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていきます。卵子の数が最も多い時期は、胎内にいるとき。月経が始まる頃には最多時の1/3ほどに減っていて、すべての卵子が失われる閉経へと向かっていきます。つまり、妊娠を考えるなら「卵巣の機能や残されている卵子の数」を、しっかり意識する必要があるともいえるのです。


女医流「不妊治療中のストレス」との付き合い方

女医流「不妊治療中のストレス」との付き合い方

不妊治療中はストレスがたまる人も少なくありません。不妊治療が実を結ばないストレスや、不妊治療と仕事との両立によるストレスなど、不安やイライラが募ってしまうことも。今回は不妊治療を経験した女医が、ストレスを解消・発散する方法をお伝えします。


不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩み、不妊治療を受ける夫婦の割合が増えている昨今。6組に1組の夫婦が不妊治療をおこなっている、ともいわれています。なぜ不妊に悩む人が増えているのか、産婦人科専門医の山中智哉さんが解説します。


不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩む人が珍しくない昨今。不妊の検査を受けたり、実際に不妊治療を始めたり、不妊治療の体験を綴る書籍やブログを読んだり……そんな方は少なくありません。今回は不妊に悩んだ時期を乗り越えて、二児の母となった医師・岡本彩さんの体験記をお届けします。


39歳妊婦のわたしが「39歳」「不妊治療」のキーワードから考えたこと

39歳妊婦のわたしが「39歳」「不妊治療」のキーワードから考えたこと

39歳で妊娠。「いつか、子どもができたらいいな」くらいの熱量だったから、自分は「不妊治療」とは関係がないと思っていた。しかし、『ひなこの39歳から始める不妊治療日記』を読んで浮かんできたのは、もしかすると不妊治療をしていたかもしれない自分の姿だった。


卵巣機能は年相応でも、妊娠できる保障はどこにもない【塩村あやか】

卵巣機能は年相応でも、妊娠できる保障はどこにもない【塩村あやか】

AMH検査を行った塩村あやかさん。あっけなく終わった検査の結果と、それを受けて気づいたことは――。


私はランクC?不妊検査を受けようと決めた日【塩村あやか】

私はランクC?不妊検査を受けようと決めた日【塩村あやか】

38歳半ばを迎えた塩村あやかさん。結婚については焦っていない。でも、子どもを産める年齢には限界がある……と不安をおぼえ、AMH検査への申込みを行いました。


まだ33歳だから妊娠できる、と思っていたけれど……人工授精と体外受精に駆け抜けた1年間

まだ33歳だから妊娠できる、と思っていたけれど……人工授精と体外受精に駆け抜けた1年間

産婦人科医の指導のもと、33歳でタイミング法を始めるも、3周期しても結果が出ない……。人工授精にステップアップしても、望む結果はやってこない。ハードルは高いけれど、より結果が出やすくなるならと体外受精に挑戦し、妊娠した「もぐもぐ」さんに、不妊治療に取り組んだ1年間を振り返っていただきました。


40代で母になる。18回もの人工授精、あきらめたら授かった(41歳)

40代で母になる。18回もの人工授精、あきらめたら授かった(41歳)

定義上、35歳以上で出産することを高齢出産といいますが、40代で妊娠・出産する人も少なくない昨今。とはいえ、20〜30代のときと比べると、妊娠しづらい現実もある。それでも子どもを諦めたくない。40代で妊娠・出産した女性の声を届けるシリーズ、始めます。


妊娠するためにはセックスをしないといけませんか?

妊娠するためにはセックスをしないといけませんか?

妊娠するためのセックスの第一ポイントはズバリ「頻度」。義務感よりも気持ちいいセックスができることが理想ですが、あまりしたくないカップルにはシリンジ法といった方法も。