ワークスタイル

【DRESSな女のワークスタイルとは?】 会社員でも、自営業でも、起業家でも。真似したい仕事の習慣やキャリアづくり、海外で働くことなど、より柔軟に、楽しみながら仕事をしたい女性に向けたコンテンツをお届けします。

ワークスタイルに関連するキーワード

経沢香保子 安藤美冬 キャリア 社会問題 働き方 ワーキングマザー
>>ワークスタイルに関連するキーワード一覧

【ストレス】仕事の電話に出るのが怖い……

「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

【駐妻のリアル #1】駐妻のセレブ生活 vs 積み上げたキャリア、どちらを選ぶ?

顎関節症の原因はストレス? - 顎のカクカクで悩むあなたへ

過敏性腸症候群の治し方

過敏性腸症候群の治し方

「働くオンナのストレス相談室 #2」職場の人間関係がきつい時に、我慢し続けるべきかどうかと悩む女性のお悩み。お腹がなったり、ガスが溜まったりする「過敏性腸症候群」とどう付き合うべきか、治し方とは。今回は、ゲイの精神科医のTomyさんに答えいただきました。過敏性腸症候群の治し方は、ストレスとうまく付き合うこと。


好きな仕事で独立するということ【独立するまで 独立してから #6】

好きな仕事で独立するということ【独立するまで 独立してから #6】

会社を辞めて独立して仕事をしたい、自分らしく働きたい、と考える方もいるのでは。できるなら、好きな仕事で独立したい。そんな夢を実現した諸戸佑美さんが、独立して仕事をすること、について綴ります。


「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

仕事と家庭の両立なんて無理だ。そう思う女性の方もいるかもしれない。仕事・家事・子育ての3つを完璧にやり遂げよう、なんて思わなくていい。そんなの無理。だから、手抜きしてもいい家事では、適度に力を抜く。まぁ、いっか。そう開き直るゆるやかさも大事だと、貴田加野さんは語ります。


リーダーには「いいトリマキ」が欠かせない【塩村あやか 連載 #5】

リーダーには「いいトリマキ」が欠かせない【塩村あやか 連載 #5】

塩村あやかさんは都議会議員として、女性リーダーを身近にたくさん見てきました。女性リーダーに必要な「いいトリマキ」について考えます。


ベーシックインカム導入は難しくても、すべての人が生活しやすい国は作れるんじゃないか

ベーシックインカム導入は難しくても、すべての人が生活しやすい国は作れるんじゃないか

ベーシックインカム(最低限所得保障)とは、政府が全国民に対し、毎月一定額を支給する制度のこと。スイスで制度導入に関する国民投票がおこなわれて話題になった。個が満たされ、企業が動き、国が豊かになるために、本当は何が必要なのか。


男性は育児休業を取得しづらい。代わりに選んだ「育休的起業」から見えてきたもの

男性は育児休業を取得しづらい。代わりに選んだ「育休的起業」から見えてきたもの

男性で育児休業の取得を検討する人はまだ稀。当然男女ともに取得できる育休ですが、デメリット的な側面が目立つのも事実。そんななか、西村創一朗さんは育休を取得する代わりに、会社を辞めて起業。自身の選択を「育休的起業」と名づけ、実践しています。


地方に移住して自由になれた――宮崎に移り住んで気づいたこと

地方に移住して自由になれた――宮崎に移り住んで気づいたこと

地方に移住して、新しい環境で自分らしく仕事をする、働き世代の女性たち。都会から地方移住する人を支援する自治体も増えています。東京から宮崎へ移住した女性にインタビューをおこないました。


瞑想は5分でいい。いつも心を穏やかにする習慣のすすめ【安藤美冬 連載】

瞑想は5分でいい。いつも心を穏やかにする習慣のすすめ【安藤美冬 連載】

近年、瞑想の素晴らしさが働く人たちの間で再発見されるようになっています。気になるけれど、やり方がわからない。そんな方向けに、日々の暮らしに瞑想を取り入れている安藤美冬さんが、瞑想の方法や瞑想を習慣にして変わったことを教えてくれました。


「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる

「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる

ブログ記事「私の離婚の理由」が爆発的にヒットし、その後出版したKindle本『私の離婚の理由』でも注目を集めた起業家・植村絵里さんの連載がスタート。自らが経営者となり、上司がいなくなった植村さんが、自分で自分を育てるために「戦略的にやっていること」は?


働き方改革をやる企業に必要なのは、従業員が安心・豊かさを永続的に得られる仕組み作り

働き方改革をやる企業に必要なのは、従業員が安心・豊かさを永続的に得られる仕組み作り

政府が「働き方改革」を推進している。多様な働き方を実現し、格差の固定化を回避するなど、さまざまな目的が含まれている。不安定で先の見えない時代、私たちはどう働く、ひいては生きていくとよいのか。企業はそれにどう対応すべきなのか。「従業員が安心して働き続けられる会社」を目指す三浦拓郎さんが考える。


会社員と料理教室講師……パラレルキャリアがもたらしたスキルと感謝(島村真由美)

会社員と料理教室講師……パラレルキャリアがもたらしたスキルと感謝(島村真由美)

近年少しずつ耳にする機会が増えた「パラレルキャリア」。一言でいうと「二足のわらじを履く」が近いかもしれません。本業を持ちながら別の活動も行い、自分らしい生き方を実践する女性、島村真由美さんに話を聞いてみました。