妊娠に関する記事

不妊、高齢出産、卵子凍結の技術から妊娠にまつわる医師による記事や、出産ストーリー、働くこととの両立、母になることへの戸惑いなど、妊娠に関するコラム・記事をお届けします。

妊娠に関連するキーワード

出産 不妊 高齢出産 卵子
>>妊娠に関連するキーワード一覧

セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスに悩んでいた状態から妊活を成功させ、子供を授かった夫婦がいます。結婚して数年、夫婦仲は良い方だけど、寝室を別にしてからセックスレスに……だけど愛する夫の子供がほしい。そんな夫婦にセックスレスから妊活へ到ったエピソードを伺いました。


不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療に関するQ&Aをまとめた書籍『専門医が答える不妊治療Q&A』が登場。著者は、1999年に千葉市に不妊治療専門クリニックを開業後、18年間で累計1万3000例もの妊娠の実績を積み上げてきたベテラン産婦人科医・高橋敬一さん。不妊治療に関する正しい知識を学びましょう。


妊活しているのに……ストレスが妊娠に影響している?

妊活しているのに……ストレスが妊娠に影響している?

「妊娠したい女性にとってストレスはよくない」ということは、一般的にもよく知られていますし、感覚的にも「そうなんだろうな」ということはわかるかと思います。ストレスそのものや、ストレスを感じる仕組みなどを理解して、過剰なストレスを感じないよう、自分なりの工夫をしたいものです。


妊娠糖尿病を防ぐ習慣とは?妊娠糖尿病を経験した女医が解説

妊娠糖尿病を防ぐ習慣とは?妊娠糖尿病を経験した女医が解説

妊娠糖尿病とは妊娠の影響で起こる糖尿病の症状を指します。妊娠中に初めて発症、発見される糖代謝異常の一種で、すぐに糖尿病に至るわけではないものの、産後の女性や子供が将来的に糖尿病にかかりやすくなる可能性も。妊娠糖尿病の原因や症状、かかりやすい人の特徴、治療、予防法などを、自身も妊娠糖尿病を経験した女医が解説します。


卵子凍結とは夢のような技術?妊娠の可能性と課題を知っておこう

卵子凍結とは夢のような技術?妊娠の可能性と課題を知っておこう

卵子凍結には医学的卵子凍結と社会的卵子凍結の2種類があります。後者はとくに医学的あるいは倫理的な観点から、まだまだ議論されるべきではないでしょうか。たとえば卵子凍結できる年齢制限や決して安くない費用、凍結されたままの卵子……卵子凍結における課題を考えます。


妊娠中から資格取得に励み、転職するまで~起業に至る道

妊娠中から資格取得に励み、転職するまで~起業に至る道

「出産後に働きたい!」と思い、妊娠中から資格取得に励んだ端羽英子さん。無事に米国公認会計士の資格取得に成功するも、面接で思うようにいきません。そんな端羽さんが強く望んだ日本ロレアルに転職できた理由とは――?


新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職~起業に至る道

新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職~起業に至る道

新卒でゴールドマン・サックスに入社、1年目で妊娠。同社が激務なこともあり、子育てとの両立は無理だと感じ退職。その後、知識をマッチングするサービス「visasQ(ビザスク)」で起業するまで経験を背景に、女性のキャリアについて端羽英子さんに語っていただきました。


卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていきます。卵子の数が最も多い時期は、胎内にいるとき。月経が始まる頃には最多時の1/3ほどに減っていて、すべての卵子が失われる閉経へと向かっていきます。つまり、妊娠を考えるなら「卵巣の機能や残されている卵子の数」を、しっかり意識する必要があるともいえるのです。


【出産ストーリー】39歳で妊娠した大泉りかさんの場合

【出産ストーリー】39歳で妊娠した大泉りかさんの場合

出産ストーリーは一人ひとり異なる。初産となる大泉りかさんの出産ストーリーを詳しくお届けする。難産ではなかったものの、壮絶な痛みや不安を乗り越えた出産ストーリーは、これから妊娠・出産する方にとって、参考になること、考えさせられることが多いはず。


産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後に体型戻しを望んでいても、産前とはまったく違う体型になってしまい、諦めモードになっている方もいるのでは。産後の体型戻しは、産後6ヶ月の過ごし方が重要です。二度の出産を経験した私が、半年以内に元の体型・体重にコントロールした体型の戻し方をご紹介します。


不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩み、不妊治療を受ける夫婦の割合が増えている昨今。6組に1組の夫婦が不妊治療をおこなっている、ともいわれています。なぜ不妊に悩む人が増えているのか、産婦人科専門医の山中智哉さんが解説します。


40代で母になる。二度の妊娠・出産で気づいた命の尊さ(42歳)

40代で母になる。二度の妊娠・出産で気づいた命の尊さ(42歳)

40代の妊娠・出産にはリスクも多い。流産の確率は40%を超えるとも。だが、数々の経験や思慮を経て、それを受け止める人生経験や知恵があるのも40代。40代で母になるということ、二度の高年齢妊娠で経験した悲しみや喜びから得たものとは。


「大切にしたいこと」妻となり、母となり、手放すことで気づいた価値観

「大切にしたいこと」妻となり、母となり、手放すことで気づいた価値観

大切にしたいことは何か。結婚、妊娠、出産、子育て……女性たちに押し付けられた「こうあるべき」を手放すことで、自身の価値観がクリアになった――そう語るのは染矢明日香さん。母となり3ヶ月が経った今、本当に大切にしたいこと、というテーマで思うことを寄稿いただきました。


妊娠したいなら3つの習慣を実践して、授かりやすい体作りから【百木ゆう子 連載 #3】

妊娠したいなら3つの習慣を実践して、授かりやすい体作りから【百木ゆう子 連載 #3】

「妊娠したい」と思っても、自然に授かることの方が難しい昨今。妊娠しやすくなるための体質改善をおこなってみませんか。自然に妊娠しやすい環境を整えるために取り組みたい3つの生活習慣をご提案します。


「多のう胞性卵胞症候群」の原因や治療は? 自身も経験した女医が振り返る

「多のう胞性卵胞症候群」の原因や治療は? 自身も経験した女医が振り返る

多のう胞性卵巣症候群の症状や原因、治療などを、自身も多のう胞性卵胞症候群 だと診断された女医の岡本彩さんが解説します。


計画出産を断念して生じた、ポジティブな「なるようにしかならない」思考

計画出産を断念して生じた、ポジティブな「なるようにしかならない」思考

計画出産とは事前に出産日を決めて、それに合わせて出産をする方法のこと。大泉りかさんも計画出産をおこない、年内に退院する予定を立てていた。しかし、体の状況から計画出産を断念し、自宅でいつものように年を越したそう。しかし、焦りはなく「なるようにしかならない」と落ち着いている。


妊婦さんへ伝えたい。「周りから気遣われるのが苦手」だと感じたら

妊婦さんへ伝えたい。「周りから気遣われるのが苦手」だと感じたら

妊娠後、体型が明らかに「妊婦」になってから、見知らぬ人からも気遣われる機会が増えた大泉りかさん。甘えてもいいんだと思う一方で、でもできるだけ普通に扱ってほしい。そんなモヤモヤを解消するには「自分ではなく、お腹の子が気遣ってもらっている」と考えること。周囲の優しさに戸惑うこともある妊婦さんは参考にしてみよう。


不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩む人が珍しくない昨今。不妊の検査を受けたり、実際に不妊治療を始めたり、不妊治療の体験を綴る書籍やブログを読んだり……そんな方は少なくありません。今回は不妊に悩んだ時期を乗り越えて、二児の母となった医師・岡本彩さんの体験記をお届けします。


誰も、何も教えてくれない。だから自ら動くうちに、母になる。

誰も、何も教えてくれない。だから自ら動くうちに、母になる。

上の人からいろいろ教わる学校や会社とは違い、自分で動かない限り、誰も何も教えてくれない妊娠・出産に関する諸々。単に「無事に出産する」以外に自分の望むことがあるなら、それらはすべて、自分から行動しなければ、誰も察してくれないし、叶えてもくれない――。


選択が増えれば、悩みも増える【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

選択が増えれば、悩みも増える【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

「かも」しれなかった結婚、出産。人生で何が大切なことかは、その人が決めるもの。