カルチャー/エンタメ

話題のドラマや映画のレビューや、芸能情報やブックレビューなど、カルチャー・エンターテイメントにまつわる記事をお届けします。展覧会情報などのアート関連もこちらからどうぞ。

カルチャー/エンタメに関連するキーワード

読書 アート 映画 音楽 ドラマ 能楽 ブックレビュー 俳優 女優 小説
>>カルチャー/エンタメに関連するキーワード一覧

偏見は、ある。『隣の家族は青く見える』はそんな偏見を乗り越えるためのドラマ

偏見は、ある。『隣の家族は青く見える』はそんな偏見を乗り越えるためのドラマ

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。テーマはズバリ、“妊活”。さらに、ゲイカップルや子育て家族、子どもはいらないと主張する家族などが入り乱れるハートフルなヒューマンドラマです。先日から後半戦に突入しましたが、ここで前半5話までの展開をおさらいしておきましょう。


映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』感想。人生は美しい色であふれている

映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』感想。人生は美しい色であふれている

【シネマの時間】第23回は、世界中の映画祭で観客賞を受賞した感動作。映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』をお送りします。カナダで最も有名な画家モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは? 2018年3月3日(土)より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか全国ロードショー公開です!


『ラ・ラ・ランド』の音楽チームが贈る興奮が再び!『グレイテスト・ショーマン』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#38

『ラ・ラ・ランド』の音楽チームが贈る興奮が再び!『グレイテスト・ショーマン』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#38

19世紀半ばのアメリカで、ショービジネスの原点を築いた伝説の興行師P.T.バーナムを描いたオリジナル・ミュージカル『グレイテスト・ショーマン』がついに公開されます! ヒュー・ジャックマンを主演に迎え、全9曲のミュージカル・ナンバーを『ラ・ラ・ランド』の音楽チームが手がける本作は、誰もが楽しめるエンタテイメント作品です。


『隣の家族は青く見える』3話。子を持ちたくない女と子を引き取る男、価値観の違うカップルの悲劇

『隣の家族は青く見える』3話。子を持ちたくない女と子を引き取る男、価値観の違うカップルの悲劇

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。おしゃれなコーポラティブハウスを舞台に、さまざまな価値観を持つ4組のカップルを描くドラマです。特にポイントになっているのが「子ども」の存在。先週放送された第3話では「子どもを作らない」と宣言しているカップルに焦点が当たりました。


映画『欲望の翼 デジタルリマスター版』感想。ウォン・カーウァイ監督初期の傑作が13年ぶりにスクリーンに甦る!

映画『欲望の翼 デジタルリマスター版』感想。ウォン・カーウァイ監督初期の傑作が13年ぶりにスクリーンに甦る!

『恋する惑星』『ブエノスアイレス』などで知られるウォン・カーウァイ監督。第2作目にして各国の映画祭でセンセーションを巻き起こし、世界的な注目を浴びるきっかけとなった名作映画『欲望の翼』!【シネマの時間】第22回は、2月より全国公開中の『欲望の翼 デジタルリマスター版』をご紹介します。


「面白い文章を書けない」コンプレックスがあるあなたへ【Drまあや】

「面白い文章を書けない」コンプレックスがあるあなたへ【Drまあや】

誰にでもコンプレックスはあるもの。コンプレックスとどう向き合うと良いのか、コンプレックスへのネガティブな気持ちを軽くするにはどうすれば良いのか。Drまあやさんが「コンプレックス」をテーマに書く連載、今回は「文章での伝え方」に焦点を当ててお届けします。


プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

フランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日。 東京都美術館で2018年4月14日(土)~7月8日(日)まで。


トランスジェンダーの主人公が新たな人生を歩き出す『アバウト・レイ 16歳の決断』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#37

トランスジェンダーの主人公が新たな人生を歩き出す『アバウト・レイ 16歳の決断』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#37

エル・ファニング、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドン。映画ファンなら観逃せない3人が親子3世代を演じる『アバウト・レイ 16歳の決断』がいよいよ公開となります。身体は女の子、心は男の子のトランスジェンダー・レイが、16歳になり新たな人生を踏み出そうとする本作は、観る者をほっこりとさせてくれる、普遍的な家族の物語です。


「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

小泉今日子さんが2月1日、自身のサイト上でかねてから恋愛報道があった、俳優の豊原功補さんとの「恋愛関係」を認め、さらに豊原さんは離婚しておらず、いまも家族がいることを報告したことがニュースになっている。実質的には不倫関係にあると考えられるが、そこに「不倫」の文字はなかった。


『隣の家族は青く見える』2話。ラブラブ夫婦でも不妊治療には男女の意識の差が歴然!

『隣の家族は青く見える』2話。ラブラブ夫婦でも不妊治療には男女の意識の差が歴然!

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。テーマはズバリ、“妊活”。さらに、ゲイカップルや子育て家族、子どもはいらないと主張する家族などが入り乱れる、ハートフルなヒューマンドラマです。2話から大きな展開があったようですが……。


俳優・木村拓哉の再生が見られる作品に注目――『~BG身辺警護人~』

俳優・木村拓哉の再生が見られる作品に注目――『~BG身辺警護人~』

「武器を持たず、人を護る民間の警護人」であるボディーガード=BGが、命を懸けて依頼人を守る、木村拓哉主演のヒューマンアクションドラマ『~BG身辺警護人~』のレビューをあのふたりの掛け合いでお届けします。


母強し! 『スリー・ビルボード』は予想がつかない必見のサスペンス 古川ケイの「映画は、微笑む。」#36

母強し! 『スリー・ビルボード』は予想がつかない必見のサスペンス 古川ケイの「映画は、微笑む。」#36

第90回アカデミー賞、作品賞にノミネートされた映画『スリー・ビルボード』。娘を失った母親が、娘を殺した犯人を必ず見つけ出そうと、ある3枚の広告を出したところから、思わぬ事件が次々と起こります。強く、怒り狂った母親が、最後にたどり着く予想だにしない結末とは――? オスカー女優フランシス・マクドーマンドの怪演は必見です!


映画『ナチュラルウーマン』――私らしく、私を生きる愛の物語!

映画『ナチュラルウーマン』――私らしく、私を生きる愛の物語!

自分らしく幸せに生きるとは? 【シネマの時間】第21回は、パワフルでエモーショナルな愛の物語! 映画『ナチュラルウーマン』をお送りします。『グロリアの青春』のセバスティアン・レリオ監督が、差別や偏見に負けず凛々しく純粋に生きるトランスジェンダーの女性を描いた話題作です!


名画に学ぶ――『ティファニーで朝食を』編

名画に学ぶ――『ティファニーで朝食を』編

不朽の名作と呼ばれている映画には、世代を超えて愛される理由があります。『ティファニーで朝食を』を観たことがありますか? 名画にまつわるエピソードの数々。今だからこそわかる名画の魅力があります。


「きれい」だった能楽が「楽しい」に変わるまで【和のお稽古体験談】

「きれい」だった能楽が「楽しい」に変わるまで【和のお稽古体験談】

素人ながらに芸道を学ぶ……それはいったいどのような世界なのでしょうか。今回は、お稽古を始めて今年で12年目という、会社員のユウコさんにお話をお聞きしました。実際に社中会で能を上演した経験もあるというユウコさんがお能を始めたきっかけは、「好きな役者さんがお能の稽古をしていると聞いたから」という意外な理由でした。


『隣の家族は青く見える』リアルな不妊治療と偏見、だけどハートフル!

『隣の家族は青く見える』リアルな不妊治療と偏見、だけどハートフル!

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。テーマはズバリ、“妊活”。さらに、ゲイカップルや子育て家族、子どもはいらないと主張する家族などが入り乱れる、ハートフルなヒューマンドラマです。どこかコメディっぽくもありますが、はたしてどんなドラマなのでしょうか?


切り絵で作られた繊細なランジェリーにうっとり

切り絵で作られた繊細なランジェリーにうっとり

繊細で美しいアート、切り絵。先日、切り絵で作られたランジェリーたちを見て、あまりの美しさに魅了されてしまいました。後日、切り絵作家・佐川綾野さんの切り絵体験教室に参加。その模様をレポートします。


「落語」という男社会で道を開く――日本初の女流落語家・露の都さんインタビュー

「落語」という男社会で道を開く――日本初の女流落語家・露の都さんインタビュー

華やかな着物で高座に上がり、噺ひとつで客席に笑顔が咲く――。日本初の女性落語家として活躍する露の都(つゆのみやこ)さん。男の世界であると言われていた落語界に入門し、今年3月で芸歴44年を迎える。女性としてどのように仕事に向き合ってきたか、話を聞いた。


「能楽」で好奇心の扉を開く。素敵なあなたにすすめたい和の習い事

「能楽」で好奇心の扉を開く。素敵なあなたにすすめたい和の習い事

日本の伝統的なエッセンスがたくさん詰まった伝統芸能「能楽」。じつは「観る」だけでなく、お稽古ごとして「習う」こともできるということをご存知でしょうか?


「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が2018年2月24日から国立西洋美術館で開催。

「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が2018年2月24日から国立西洋美術館で開催。

日本スペイン外交関係樹立150周年を迎える2018年、「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が東京と神戸で開催されます。