カルチャー/エンタメ

話題のドラマや映画のレビューや、芸能情報やブックレビューなど、カルチャー・エンターテイメントにまつわる記事をお届けします。展覧会情報などのアート関連もこちらからどうぞ。

カルチャー/エンタメに関連するキーワード

アート 映画 音楽 ドラマ ブックレビュー 俳優 女優 演劇 アイドル 展覧会情報
>>カルチャー/エンタメに関連するキーワード一覧

暑さを笑いで吹っ飛ばせ! 抱腹絶倒フレンチコメディ『ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走〜』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」

暑さを笑いで吹っ飛ばせ! 抱腹絶倒フレンチコメディ『ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走〜』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」

買ったばかりの新車で、バカンスに旅立ったコックス一家。ところが、“未来のシステム”搭載のその車が、出発してまもなく故障。時速160キロでハイウェイを大暴走していき……! 極限状態の中で、次々と明かされていく家族が抱える驚愕の秘密。果たして彼らの運命は? 元気をもらえる爆笑フレンチ・コメディから目が離せません。


『セシルのもくろみ』第2話あらすじ - 私は私らしくあればいい。「憧れのあの人」にならなくても

『セシルのもくろみ』第2話あらすじ - 私は私らしくあればいい。「憧れのあの人」にならなくても

『セシルのもくろみ』第2話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは真木よう子、吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子など。読者モデルとしてのし上がる決意をした奈央。気になる2話の展開は――。


『ウチの夫は仕事ができない』第2話あらすじ - 夫が叱られる現場を目撃した妻は……

『ウチの夫は仕事ができない』第2話あらすじ - 夫が叱られる現場を目撃した妻は……

『ウチの夫は仕事ができない』第2話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第2話では、改めて仕事をかんばる決意をした司だったが、また上司に怒られることに……?


映画『花戦さ』感想。花の力で世直しに挑んだ伝説の花僧・池坊専好の痛快エンタテイメント時代劇!

映画『花戦さ』感想。花の力で世直しに挑んだ伝説の花僧・池坊専好の痛快エンタテイメント時代劇!

戦国の世、京都・頂法寺六角堂に織田信長、豊臣秀吉といった天下人と関わりを持ち、茶人・千利休とも親交があった池坊専好という風変わりな花僧がいました。【シネマの時間】第10回は、痛快エンタテイメント時代劇、映画『花戦さ』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


『セシルのもくろみ』第1話あらすじ - 普通の主婦が読モデビュー。女同士のバトル勃発か

『セシルのもくろみ』第1話あらすじ - 普通の主婦が読モデビュー。女同士のバトル勃発か

『セシルのもくろみ』第1話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは真木よう子、吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子など。ごく普通の主婦だった奈央は、読者モデルとしてデビューすることに……。気になる1話の展開は――。


大切な人とは「家族」になれる -『幼な子われらに生まれ』が示す希望

大切な人とは「家族」になれる -『幼な子われらに生まれ』が示す希望

映画『幼な子われらに生まれ』を観た――。家族の条件って何だろう? 血のつながった両親と、その子どもたち? でも、あらゆる関係性が広く認められつつある現代、その条件はひとつだけではない。この作品は、誰もが持っている心の陰や弱さが、人生の重い枷ではなく、人生をより味わい深く幸せなものにしてくれることを教えてくれる物語。


故ジル・ローラン監督映画『残されし大地』が懐かしく、美しい

故ジル・ローラン監督映画『残されし大地』が懐かしく、美しい

映画『残されし大地』監督を務めたジル・ローランさんは、2016年3月22日、ブリュッセルのテロで、他31名の犠牲者と共に命を落としました。遺されたのは、彼が福島で出会った、故郷を思い、命を尊び、その土地とともに生きることを選んだ家族の物語。本作を紹介するとともに、監督の妻である鵜戸玲子さんに話を聞きました。


『ウチの夫は仕事ができない』第1話あらすじ - 理想の夫が実は“ダメ社員”?

『ウチの夫は仕事ができない』第1話あらすじ - 理想の夫が実は“ダメ社員”?

『ウチの夫は仕事ができない』第1話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉佑ほか。第1話では、最愛の妻に自分が「仕事ができない男」だということが露呈する。夫婦の選択は?


大人女子必見! 切なく優しい幸せ探しの旅『歓びのトスカーナ』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#16

大人女子必見! 切なく優しい幸せ探しの旅『歓びのトスカーナ』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#16

前作『人間の値打ち』が評判となり、イタリアの名匠の呼び声も高いパオロ・ヴィルズィ監督。最新作の『歓びのトスカーナ』では、精神診療施設から脱走を図ったふたりの女性の幸せ探しの旅を描きます。壮絶な過去により心に傷を負いながらも、旅を続けていく中でかけがえのない絆で結ばれるふたり。涙なくしては見られない心温まる感動作です。


ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」8月4日に開幕!

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」8月4日に開幕!

2001年より3年おきに横浜で開催する国際アート展・横浜トリエンナーレ。「島と星座とガラパゴス」をテーマに世界の今を考える。全38組のアーティスト+1プロジェクトが参加し、8月4日(金)~11月5日(日)まで開催。


フィギュアスケートの魅力がぎっしりつまったアイスショー「プリンスアイスワールド」の世界

フィギュアスケートの魅力がぎっしりつまったアイスショー「プリンスアイスワールド」の世界

才能あふれる選手が次々と登場し、目が離せないフィギュアスケートの世界。氷の上を滑る姿をライブで観てみたい……! と思ったことはありませんか? そんなときにおすすめなのが、スケートの多面的な魅力が味わえるアイスショー「プリンスアイスワールド」です。


「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を7月5日から国立新美術館と森美術館で開催。

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を7月5日から国立新美術館と森美術館で開催。

国立新美術館と森美術館、国際交流基金アジアセンターが、2017年7月5日(水)から10月23日(月)まで、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展1980年代から現在まで」を開催。ASEAN(東南アジア諸国連合 )設立50周年にあたる2017年、東南アジアの現代美術を紹介する、史上最大規模という注目の展覧会です。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です!サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏の物語!【シネマの時間】第9回はこの映画の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


フランス映画祭 2017 ~仏映画のスターたちがルノーに乗って登場~

フランス映画祭 2017 ~仏映画のスターたちがルノーに乗って登場~

ルノー・ジャポンは、6月22日(木)から開催中の「フランス映画祭2017」に、今年も協賛。フランス映画祭2017団長を務めるフランスの国民的大女優、カトリーヌ・ドヌーヴをはじめ、昨年に引きつづきイザベル・ユペールなどの豪華な顔ぶれが来日、オープニングセレモニーの会場を華やかに彩りました。


「没後40年 幻の画家 不染鉄(ふせん・てつ)展」が東京ステーションギャラリーで7月1日より開催。

「没後40年 幻の画家 不染鉄(ふせん・てつ)展」が東京ステーションギャラリーで7月1日より開催。

1891年生の日本画家は40年前に亡くなりましたが、ユニークな経歴で、独特の視点の作品は高く評価されてきました。没後40年にして東京初の回顧展が7月1日から8月27日まで開催されます。


ダンス公演『ふしぎの国のアリス』――「たいくつ」を「どきどき」に変えてくれる不思議な世界へ

ダンス公演『ふしぎの国のアリス』――「たいくつ」を「どきどき」に変えてくれる不思議な世界へ

身体の動きで感情やストーリーを表現していく「マイム」にセリフを取り入れ、ダンサブルで不思議な空間をつくりだすパフォーマンスカンパニー、カンパニーデラシネラ。新国立劇場で初演された「ふしぎの国のアリス」は、演じ手の身体と美術の絡み合う独特な美しさ、エスプリの効いた演出が印象的な、子供も大人も楽しめるダンス作品です。


子供を大切にできない社会に未来はない『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』から学ぶ、世界の育児-「映画は、微笑む。」#15

子供を大切にできない社会に未来はない『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』から学ぶ、世界の育児-「映画は、微笑む。」#15

6月24日(土)よりアップリンク渋谷、ユジク阿佐ヶ谷にて公開となるドキュメンタリー『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』。日本ユニセフ協会の協力でおくる本作品は、専業主”夫”の家庭や、同性婚の家族、里親家族など、世界9カ国の家庭の育児事情を通じて、この社会にとって本当に大切なことを浮かびがらせます。


『母になる』第10話(最終回)あらすじ – 「我が子にとっていい母、であればそれでいい」

『母になる』第10話(最終回)あらすじ – 「我が子にとっていい母、であればそれでいい」

『母になる』第10話(最終回)のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは沢尻エリカ、藤木直人、中島裕翔など。麻子を追いかけたものの間に合わなかった結衣。気になる10話の展開は――。


至高の愛か、ただの不倫か。衝撃の結末を迎える、映画『昼顔』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#14

至高の愛か、ただの不倫か。衝撃の結末を迎える、映画『昼顔』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#14

2014年夏に放送された連続ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』。待望の続編となる映画『昼顔』がいよいよ今週末より劇場公開されます。平日昼間に夫以外の男性と恋に落ちる主婦のことを「昼顔妻」と呼び、社会現象にまでなった本作。ドラマ版のラストで引き裂かれた紗和(上戸彩)と、北野(斎藤工)。ふたりの愛のゆくえは――?


映画『おとなの恋の測り方』感想。「オトコの価値は、何で決まる?」突極の選択に、彼女が出した答えとは?

映画『おとなの恋の測り方』感想。「オトコの価値は、何で決まる?」突極の選択に、彼女が出した答えとは?

アカデミー賞俳優ジャン・デュジャルダンが贈る”逆身長差”フレンチ・ラブストーリー映画『おとなの恋の測り方』が6月17日(土)より全国で公開されます。【シネマの時間】第8回は、監督のローラン・ティラール氏にアートディレクターの諸戸佑美さんがインタビュー! 制作秘話や魅力を語っていただきました。