セックスに関する記事

夫婦間のお悩み、妊娠するためのセックスなど、セックスに関連する記事一覧です。

セックスに関連するキーワード

セックスレス 一徹 コンドーム
>>セックスに関連するキーワード一覧

セックスレスの原因は「婚活」⁉ 結婚前こそ大事なセックスレス対策

セックスレスの原因は「婚活」⁉ 結婚前こそ大事なセックスレス対策

ふわふわと美しいウエディングのイメージにほだされて「婚活」をきれいごとで済ませてはダメ。長い人生をパートナーと添い遂げるために、結婚前にこそセックスときっちり向き合って。愛しあって結婚したはずなのに……気づけばキスどころか夫と手を握ったことも数年間ない…そんなセックスレス夫婦にならないためにも、今できること。


セックス(H)への積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックス(H)への積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


夫婦ふたり、ハダカの付き合いについて本音で話そう【成功する結婚#8】

夫婦ふたり、ハダカの付き合いについて本音で話そう【成功する結婚#8】

私と夫が結婚前に受けた「プレマリッジ・セミナー」の内容をご紹介するこの連載も、残すところ3回になりました。今回のテーマは「性生活」について。夫婦における親密なコミュニケーションの形のひとつでありながら、実に既婚カップルの5割が「しない」選択をしているセックスについて考えてみます。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


コンドームを持ち歩く女性に見る、本当の意味での自立

コンドームを持ち歩く女性に見る、本当の意味での自立

コンドームを女性も持っておき、パートナーが着けようとしないなら「着けてね」とはっきり伝えること――それこそ性的に自立した女性ではないか。経済的、精神的な自立も大切だけれど、自分の心と体を守るため、性的な自立も大事にしなければならない考え方だと私は思う。


相手任せの人生を、もう私たちは生きてはいけない - 女性もコンドームを持とう

相手任せの人生を、もう私たちは生きてはいけない - 女性もコンドームを持とう

女性もコンドームを持ち歩こう――そんな習慣を伝えるシリーズ企画。3本目のコラムを寄稿してくれたのはユキ・クリヤマさん。私たちは、本当に自由に・しなやかに、そして時に強くしぶとく生きていくには、「この人のせいで、私の人生はこんな風になった」という言葉をネガティブに言うことは、もう卒業しなければならない――?


コンドーム、女性の私は持ち歩いてます

コンドーム、女性の私は持ち歩いてます

コンドームを女性が持つことについて皆さんはどう思いますか? ご存知の通り、コンドームは避妊目的だけでなく、恐ろしい性感染症予防にもとても役に立ちます。コンドームの準備を男性だけに任せるのではなく、女性もコンドームを持っておいて、大事な自分の体は自分で守る。それは常識であり、大人の女性のマナーでもあると私は思います。


女性がコンドームを持ち歩くのってどう思う?

女性がコンドームを持ち歩くのってどう思う?

いいなと思っていた男性と初めて一線を超えそうなとき、実に悩ましいのが「コンドーム」について。もちろんつけてするのが望ましいけれど、もしその場所にコンドームがなかったら、あなたならどうする?


セックス中に言い訳する男は出世しない【AV男優しみけん】

セックス中に言い訳する男は出世しない【AV男優しみけん】

AV男優しみけんさんによる本『SHIMIKEN's BEST SEX 最高のセックス集中講義』の刊行を記念して、しみけんさんをインタビュー。前編に続き、後編ではコンドームを着ける・着けない問題を中心に伺いました。「女性もコンドームを携帯しよう」としみけんさんが勧める理由は――。


セックスは体じゃなく、心ですると満たされ続ける【AV男優しみけん】

セックスは体じゃなく、心ですると満たされ続ける【AV男優しみけん】

AV男優しみけんさんによる本『SHIMIKEN's BEST SEX 最高のセックス集中講義』は、セックスの悩みを解決に近づけ、“心でおこなうセックス”をするための指南書です。本書の刊行を記念して、しみけんさんをインタビュー。女性の性の悩みを中心に伺いました。


「ビッチ」じゃなくて「ティンカーベル」で良くない?【小野美由紀】

「ビッチ」じゃなくて「ティンカーベル」で良くない?【小野美由紀】

「ビッチ」は「性を奔放に楽しむ女」という意味で使われる。女性が自らをビッチと言うと、どこか自虐的な雰囲気が漂う。この呼名、なんとかならないものか。小野美由紀さんの連載【オンナの抜け道】#4では小野さんが考える、ビッチに代わる新しい呼称について綴ります。


セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスに関する相談を男女双方から受ける。その度に「まずは相手を休ませてあげて」と思うのには理由がある。セックスレスに到る根本の原因は「疲れ」ではないか。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第5回。


交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

最高のパートナーと出会う「オトナの恋愛」をしたいなら、頭・心・体という3つのチャンネルをフル活用することが大事です。一つひとつの活用法を詳しくご紹介し、最高のパートナーと出会う方法をご紹介します。


セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスに悩んでいた状態から妊活を成功させ、子供を授かった夫婦がいます。結婚して数年、夫婦仲は良い方だけど、寝室を別にしてからセックスレスに……だけど愛する夫の子供がほしい。そんな夫婦にセックスレスから妊活へ到ったエピソードを伺いました。


森林 原人さん×はあちゅうさん対談・後編「セックスとお笑いは似ている。受け手がのめり込んで、反応すればいいセックスになる」

森林 原人さん×はあちゅうさん対談・後編「セックスとお笑いは似ている。受け手がのめり込んで、反応すればいいセックスになる」

森林 原人(もりばやし げんじん)さんとはあちゅうさん対談の後編。男女にとって普遍的なお悩みのテーマともいえるセックス。今回も、8000人の女性とセックスをしてきた人気AV男優・森林 原人さんをゲストに迎え、セックスで幸福になるためのヒントについて哲学的観点で語っていただきました。


森林 原人さん×はあちゅうさん対談・前編「セックスだけ“外”で済ませてうまくいく夫婦もいる」

森林 原人さん×はあちゅうさん対談・前編「セックスだけ“外”で済ませてうまくいく夫婦もいる」

森林 原人(もりばやし げんじん)さんとはあちゅうさんの対談。男女にとって普遍的なお悩みのテーマともいえるセックス。それひとつで人は不幸になることも、幸せになることも。8000人の女性とセックスをしてきた人気AV男優・森林原人さんをゲストに迎え、セックスで幸福になるためのヒントについて哲学的観点で語っていただきました。


その一言が引き金に!?夫婦がセックスレスになる原因

その一言が引き金に!?夫婦がセックスレスになる原因

「実はセックスレスで」という夫婦やカップルは多い。原因や時期、タイミングは人それぞれ。今回はセックスレスに悩んでいた夫婦が、セックスレスになった原因や解消に到ったきっかけなどをご紹介する。


セックスレス予防のためにアラフォーが意識したい6つのこと

セックスレス予防のためにアラフォーが意識したい6つのこと

セックスレスに悩む女性は少なくない。もうアラフォーで女性としての魅力が……と、年齢をセックスレスの言い訳にしていないだろうか。最低限「女を捨てずにいる」ほか、アラフォー女性がセックスレスで悩まないためにしたいことを6つご紹介する。


不倫体質の女から、東大卒の不倫男へ【キス・オブ・ライフ #2】

不倫体質の女から、東大卒の不倫男へ【キス・オブ・ライフ #2】

河崎環さんによる「キス」をテーマにした連載「キス・オブ・ライフ」。第2回ではクールに不倫する女のストーリー。「私が女でい続けられるのは、あなたに入れられているから、じゃない。結婚に夢なんて持たず、他の女の夫を盗んで、優越感にひたっているから。自立しているから」。