対談・インタビューに関する記事

DRESS編集部が行った、対談・インタビュー記事一覧です。


挑戦する人生は面白い。アメリカ永住権が当選した家族に聞く「移住の理由」

挑戦する人生は面白い。アメリカ永住権が当選した家族に聞く「移住の理由」

もしアメリカの永住権が得られるグリーンカードが当選したら、あなたはどうしますか? アメリカに移住すれば、今の生活がガラリと変化することは間違いありません。永住権抽選プログラムの当選を機に、家族4人で2年前にポートランドへやってきた高木家の挑戦とは。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


介護をしながら、やりたいことを諦めない人生【山田あしゅら】

介護をしながら、やりたいことを諦めない人生【山田あしゅら】

『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』(主婦と生活社)を発売した人気介護ブロガー・山田あしゅらさんへのインタビュー。後編では、突然やってくる介護への向き合い方、介護にどう備えるかについて伺いました。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画初回では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招き。前編に続き、後編をお届けします。


「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

組織やチームの二番手として活躍する人の仕事術に迫る【ナンバー2の仕事術】。第1回目は、月間3000万人以上の読者が訪れるウェブメディア『東洋経済オンライン』の副編集長・吉川明日香さんに話を伺った。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


自分のニーズに気づくと、息苦しい環境から抜け出せる~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

自分のニーズに気づくと、息苦しい環境から抜け出せる~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談をスタート。今だから気になる日本の恋愛について、いろいろなお話をお伺いした、3回に渡る本対談。第3回のテーマは「息苦しい環境から抜け出す方法」です。


銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第2回のテーマは「銀座ママから盗んだモテるためのテクニック」です。


フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第1回のテーマは「フランスから見た日本の不倫と婚活」です。


付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を発売した恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之さんに、大人の恋愛にまつわるインタビューを実施。後編では大人女性が抱えやすい悩みとその解決策を伺いました。


モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんに、「男女間のコミュニケーションを心地よくするには?」というテーマで対談していただきました。


結婚は生存戦略のひとつ。だから決断を下せなくて悩んでしまう【桃山商事】

結婚は生存戦略のひとつ。だから決断を下せなくて悩んでしまう【桃山商事】

これまで恋愛相談を受けた人数は1000人以上。9月、『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を発売した恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之さんに、大人の恋愛にまつわるインタビューを実施。前後編でお届けします。


ありのままの胸を好きになるために――大きなバストを美しく見せるランジェリーブランド「ivyy」原田奈津美さん

ありのままの胸を好きになるために――大きなバストを美しく見せるランジェリーブランド「ivyy」原田奈津美さん

小さくても、大きくても、女性にとっては悩みの種になりやすい“バスト”。生まれ持った自分の体をそのまま愛せればいいのだけど、なかなか難しいことも。今回は、胸の大きな人に寄り添うブランド「ivyy」を立ち上げた、原田奈津美さんにインタビュー。自身のバストに悩んだ経験や商品開発の経緯、ブランドが掲げるメッセージを伺いました。


「人生のすべてを捧げて初めてトップに立てた」女子プロレスラー・紫雷イオの覚悟

「人生のすべてを捧げて初めてトップに立てた」女子プロレスラー・紫雷イオの覚悟

女子プロレスラーとして活躍する紫雷イオさん(スターダム所属)。女子プロレス界をリードするトップ選手のひとりです。頂点に立つ人の強さやしなやかさの秘訣は――。インタビュー前編をお届けします。


女性は地方移住で幸せになれる? 田舎暮らしの実態を3人の女性に聞いてみた

女性は地方移住で幸せになれる? 田舎暮らしの実態を3人の女性に聞いてみた

インターネットの普及により、場所を問わず仕事ができるようになってきた現代。国も企業に対してテレワークの推進を行うなど、地方移住への障壁は下がりつつあります。そこで今回は実際に都会から地方へ移住した3人の働く女性にインタビュー。地方移住の良い面、悪い面、両方について正直にお答えいただきました!


ダイエットの「我慢」「辛い食事制限」という考え方は今すぐ捨てる【森拓郎】

ダイエットの「我慢」「辛い食事制限」という考え方は今すぐ捨てる【森拓郎】

運動指導者・森拓郎さんによる本『森拓郎の読むだけでやせる言葉』は、さまざまなダイエット方法が溢れる世の中において、本質的な知識や情報を記し、一生続く食習慣を提案してくれる一冊。今回は著者である森さんへインタビュー。前編に引き続き、後編では具体的な食事の取り方や、ダイエットが引き起こすストレスへの対策などを伺いました。