対談・インタビューに関する記事

DRESS編集部が行った、対談・インタビュー記事一覧です。


「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

組織やチームの二番手として活躍する人の仕事術に迫る【ナンバー2の仕事術】。第1回目は、月間3000万人以上の読者が訪れるウェブメディア『東洋経済オンライン』の副編集長・吉川明日香さんに話を伺った。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


自分のニーズに気づくと、息苦しい環境から抜け出せる~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

自分のニーズに気づくと、息苦しい環境から抜け出せる~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談をスタート。今だから気になる日本の恋愛について、いろいろなお話をお伺いした、3回に渡る本対談。第3回のテーマは「息苦しい環境から抜け出す方法」です。


銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第2回のテーマは「銀座ママから盗んだモテるためのテクニック」です。


フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第1回のテーマは「フランスから見た日本の不倫と婚活」です。


付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を発売した恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之さんに、大人の恋愛にまつわるインタビューを実施。後編では大人女性が抱えやすい悩みとその解決策を伺いました。


モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんに、「男女間のコミュニケーションを心地よくするには?」というテーマで対談していただきました。


結婚は生存戦略のひとつ。だから決断を下せなくて悩んでしまう【桃山商事】

結婚は生存戦略のひとつ。だから決断を下せなくて悩んでしまう【桃山商事】

これまで恋愛相談を受けた人数は1000人以上。9月、『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を発売した恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之さんに、大人の恋愛にまつわるインタビューを実施。前後編でお届けします。


ありのままの胸を好きになるために――大きなバストを美しく見せるランジェリーブランド「ivyy」原田奈津美さん

ありのままの胸を好きになるために――大きなバストを美しく見せるランジェリーブランド「ivyy」原田奈津美さん

小さくても、大きくても、女性にとっては悩みの種になりやすい“バスト”。生まれ持った自分の体をそのまま愛せればいいのだけど、なかなか難しいことも。今回は、胸の大きな人に寄り添うブランド「ivyy」を立ち上げた、原田奈津美さんにインタビュー。自身のバストに悩んだ経験や商品開発の経緯、ブランドが掲げるメッセージを伺いました。


「人生のすべてを捧げて初めてトップに立てた」女子プロレスラー・紫雷イオの覚悟

「人生のすべてを捧げて初めてトップに立てた」女子プロレスラー・紫雷イオの覚悟

女子プロレスラーとして活躍する紫雷イオさん(スターダム所属)。女子プロレス界をリードするトップ選手のひとりです。頂点に立つ人の強さやしなやかさの秘訣は――。インタビュー前編をお届けします。


女性は地方移住で幸せになれる? 田舎暮らしの実態を3人の女性に聞いてみた

女性は地方移住で幸せになれる? 田舎暮らしの実態を3人の女性に聞いてみた

インターネットの普及により、場所を問わず仕事ができるようになってきた現代。国も企業に対してテレワークの推進を行うなど、地方移住への障壁は下がりつつあります。そこで今回は実際に都会から地方へ移住した3人の働く女性にインタビュー。地方移住の良い面、悪い面、両方について正直にお答えいただきました!


ダイエットの「我慢」「辛い食事制限」という考え方は今すぐ捨てる【森拓郎】

ダイエットの「我慢」「辛い食事制限」という考え方は今すぐ捨てる【森拓郎】

運動指導者・森拓郎さんによる本『森拓郎の読むだけでやせる言葉』は、さまざまなダイエット方法が溢れる世の中において、本質的な知識や情報を記し、一生続く食習慣を提案してくれる一冊。今回は著者である森さんへインタビュー。前編に引き続き、後編では具体的な食事の取り方や、ダイエットが引き起こすストレスへの対策などを伺いました。


健康的なカラダを目指すなら、安易なダイエット情報に惑わさてはいけない【森拓郎】

健康的なカラダを目指すなら、安易なダイエット情報に惑わさてはいけない【森拓郎】

『森拓郎の読むだけでやせる言葉』は、読むだけで効果あり! と大好評の著者オリジナルの名言を集め、さらにわかりやすい解説を加えたダイエット指南書です。今回は著者・森拓郎さんに本書の刊行を記念してインタビュー。世の人々が抱えるダイエットに関する悩みについて、厳しく、優しく、そしてわかりやすくアドバイスをいただきました。


バカにされ続けたプロレス人生。元祖アイドルレスラーが、トップに立つまで - 女子プロレスラー・桜花由美の生き様

バカにされ続けたプロレス人生。元祖アイドルレスラーが、トップに立つまで - 女子プロレスラー・桜花由美の生き様

桜花由美さんはプロレスリングWAVEを率いる女子プロレスラー兼会社役員。2001年にデビューし、今年で16周年を迎えるベテランです。まさにDRESS世代ともいえる桜花さんにプロレスのこと、これからの夢のこと……いろいろとインタビューさせていただきました。


セックス中に言い訳する男は出世しない【AV男優しみけん】

セックス中に言い訳する男は出世しない【AV男優しみけん】

AV男優しみけんさんによる本『SHIMIKEN's BEST SEX 最高のセックス集中講義』の刊行を記念して、しみけんさんをインタビュー。前編に続き、後編ではコンドームを着ける・着けない問題を中心に伺いました。「女性もコンドームを携帯しよう」としみけんさんが勧める理由は――。


セックスは体じゃなく、心ですると満たされ続ける【AV男優しみけん】

セックスは体じゃなく、心ですると満たされ続ける【AV男優しみけん】

AV男優しみけんさんによる本『SHIMIKEN's BEST SEX 最高のセックス集中講義』は、セックスの悩みを解決に近づけ、“心でおこなうセックス”をするための指南書です。本書の刊行を記念して、しみけんさんをインタビュー。女性の性の悩みを中心に伺いました。


慶大→博報堂のエリートコースから外れて。プロレスラー・三富政行の選択

慶大→博報堂のエリートコースから外れて。プロレスラー・三富政行の選択

慶大、博報堂出身という、異色の経歴を持つプロレスラー・三富政行。「安定」「エリート」の道を手放し、あえて「普通」ではない道へ進んでいった彼をインタビュー。自分らしい生き方を選択し、今どう感じ、どう生きているのか迫りました。


「銀行員を辞めたことに1ミリの後悔もない」女子プロレスラー・雪妃真矢の決断

「銀行員を辞めたことに1ミリの後悔もない」女子プロレスラー・雪妃真矢の決断

女子プロレスラーとして活躍する雪妃真矢さん(アイスリボン所属)は、自身のキャリアを大きく転換した人のひとり。銀行員からプロレスラーへ、大胆な人生の選択をしたように思えます。その決断に到った背景や思いをインタビューしました。


理想ばかり追いかけて決められない「のび太系男子」の生態 - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(前編)

理想ばかり追いかけて決められない「のび太系男子」の生態 - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(前編)

『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)には「のび太系男子」と名付けられたアラフォー男性の興味深い生態が書かれています。彼らの実態を著者の稲田豊史(いなだ とよし)さんに前後編に渡ってインタビューしました。