1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 妊娠/出産/家族
  3. 布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

Share

月経時に布ナプキンを使うと「生理が軽くなる」「子宮が温まる」「出血量が減る」などの効果が期待できる、と信じている女性たちがいます。Web上には布ナプキンの作り方や洗い方などの情報がズラリ。でも、その効果って本当? それとも眉唾? 宋美玄先生が解説します。

布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

「自然派」な人たちの間で人気の布ナプキン。化学繊維でできた通常のナプキンでなく、コットンでできた布ナプキンをあてることで、肌触りが良くなる、かぶれにくい、というメリットは考えられます。ところが、気になるのは、布ナプキンを使うことで「生理が軽くなる」「子宮が温まる」のように信じている人がいること。


これって本当なのでしょうか。月経は受精卵が着床するためにスタンバイしていた子宮内膜というふわふわの組織が剥がれ落ちることで起こります。月経による痛みは、子宮内膜が剥がれ落ちたときに出るプロスタグランジンという物質と、それによる子宮収縮によってもたらされます。

■「布ナプキンで痛みや出血量が減る」は眉唾

生理用ナプキンは膣の外側にあてるものなので、子宮の中で起こることとは無関係です。なので、布ナプキンで痛みや出血量が減ると言われると「眉唾」ですね。


(補足)
通常のナプキンを有害だとしたい人たちは、それが石油からできているため、高分子ポリマーや有毒物質が皮膚から吸収されるとかいろいろ言っていますが、化学繊維でできた洋服も肌に触れますし、高分子ポリマーは分子量が高すぎて皮膚から吸収されるということはありません。
ちなみに、通常の皮膚よりも膣粘膜のほうが、高分子ポリマーや有毒物質を吸収しやすいからナプキンは危ないとネットに書かれているのも見ましたが、ナプキンが触れるのは外陰部であって膣粘膜ではありません。それに、そもそも「石油からできた有毒物質が〜」というのは経皮毒というデマ(有名)ですから。


しかし、「生理が軽くなる」と言われるとそれは主観なので、そう感じる人がいてもおかしくありません。


■月経コントロールや布ナプキン信者の「独自の理論」に振り回されないで

Share

宋 美玄

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

関連記事

Latest Article