1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 新春。取り巻くすべてを楽しみながら、新しい自分を見つけてゆく

新春。取り巻くすべてを楽しみながら、新しい自分を見つけてゆく

Share

イラストレーター・ヤベミユキさんが街で見かけた素敵なひとを紹介する、『素敵なひとの素敵な生活』。今回は、新春の初詣で出会った、ピンクのコートで晴れやかなレイヤードスタイルを楽しむひと。今年は彼女のように、新しい自分に出会い、変化を楽しんでいきたい。

新春。取り巻くすべてを楽しみながら、新しい自分を見つけてゆく

街を歩いていて目を惹くあの人。なぜその人にひかれるのか、そこに感じられるのは背後にあるライフスタイル。 その人から感じられる素敵な生活を想像してみた。

■新しい年、人混み、揺れるスカート。取り巻くすべてを楽しむひと

新春、初詣の人混みの中、晴れやかな配色でレイヤードコーデを楽しむ彼女に目がとまった。

くすみピンクのコートに手に持った真っ赤なりんご飴の配色が綺麗。
インナーに着たビンテージブラウスには音符の模様が描かれていて、りんご飴をほおばる彼女の笑顔を引き立てる。

座ってめくり上げられたコートの下からは、ベージュのシフォンスカートがオーロラの様に揺れ、絶妙な見せ加減が普段からレイヤードコーデを楽しんでいるのを感じさせる。

新しい年も、人混みも、揺れるスカートも、自分を取り巻くすべてを楽しんでいる彼女。
きっと今年も新しいファッションを楽しむのだろう。

そんな彼女のように、新しい自分を楽しめたらどんなにいいだろう。

■新しい自分と出会い、不必要なものを手放す

そう、たとえば
いつもとまるきり違うサイズ感を楽しんでみる。

たまたま着てみた彼のカッターシャツの、少しごわごわとした綿の質感が絶妙に気分にフィットして、この春のメインコーデになるかもしれない。(そうなったら彼に返すことなく、そっと自分のクローゼットにしまうだろう)

一年で一番白く澄んだ冬の肌に、あえてトロピカルなイエローのアイシャドウをのせてみる。
日焼けした肌にのせてハッピーにしあげるのもいいけれど、真冬の肌だと発色が際立ち幻想的なムードに仕上がる。

まぶたにイエローなら眉毛とまつ毛にはくすんだボルドーを乗せて、新鮮な配色を楽しむのもいい。
メイクがうるさくならない冬の肌だから、様々なカラーを楽しめる。

葉が落ちた枝物の造形美を楽しんでいた昨今だが、そろそろ春に向けて芽吹いていく植物を育てるものいい。
植物が芽を伸ばし育っていく様子は、新しい自分が生まれ、育つ様を表しているようで活力が湧く。

1日では変わらないように見えても、実は少しずつ変化している自分が、植物を通して感じられるだろう。


ところで今年の目標は立てただろうか。

何か新しいことを始めるならば、一つひとつ小さなことから始めて定着させていきたい。
あれもこれも始めてしまうと負担になり結局辞めてしまう。

1カ月に一つずつでいい。
今年の終わりには12の新しい自分を手に入れているのだから。
なんてことを考えながら、スマートフォンを触れた右手が無意識にSNSを開いていることに気づく。

またやってしまった。

新しい自分と出会ったら、今の自分に深みが出て魅力が増すだろう。
しかし、不必要なものを手放さなければ、ぐちゃぐちゃに混ざるだけだし、器にも時間にも限りがある。

今年は新しい自分を育てるために、SNSで時間を潰す自分を手放すと決めたのだ。

まずはここから。
それが定着したら、春の洋服を買いに行こう。
あの彼女のように、着ていてワクワクするような一着を探そう。

そんなことを考えながら、自分の中で小さい何かが芽吹くのを感じた。

Share

ヤベ ミユキ

イラストレーター。美容、アパレル業界を経てイラストの世界へ。前職のキャリアを活かしたファッション、美容イラストを描いています。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article