不倫に関する記事

不倫とは、既に結婚して配偶者がいるにも関わらず、別の人と恋愛関係を持つこと。関係の程度については人によって認識がさまざまですが、例えば配偶者が自分以外の異性(恋愛対象となりうる人物)と二人きりで出かける、手を繋ぐ、キスをする、性的関係を持つなどがあります。

【特集】社内不倫やダブル不倫に悩む女性たちへ

不倫に関連するキーワード

既婚者
>>不倫に関連するキーワード一覧

不倫には中毒性があるからやめられない

不倫には中毒性があるからやめられない

「不倫なんてやめてしまいたい」。そう思っても、ズルズルと関係を続けてしまうのは、独身男性との恋愛では感じることのできない強い情熱が不倫という関係で生じるからです。ですが、不倫関係を続けることは、社会人としても大きなリスクを抱えることになります。「人の道に外れた」恋は、決して楽な道ではありません。


【不倫対策ドリル#2】不倫する男性の特徴「劇場型猿」タイプ

【不倫対策ドリル#2】不倫する男性の特徴「劇場型猿」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「劇場型猿」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載第2弾です。


私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

ドラマ『あなたのことはそれほど』の主人公、渡辺 美都のダブル不倫(W不倫)の理由は「初恋の人が忘れられない」でしたが、実際は……。過去にダブル不倫を経験した方に話を伺いました。


「不倫」と「浮気」の違いって? どんな男女が不倫にハマるのか

「不倫」と「浮気」の違いって? どんな男女が不倫にハマるのか

何をすれば「不倫」で、「浮気」とはどう違うのか。それは、夫婦という社会的に認められた立場であることが関係してきます。慰謝料の請求など、夫婦関係を破たんさせたと認められるものだからこそ、その責任は大きいものです。また、不倫にハマる男女にはどんな特徴があるのかも見ていきましょう。


不倫がバレるきっかけは? 社会生活が終わりを迎える瞬間

不倫がバレるきっかけは? 社会生活が終わりを迎える瞬間

最近は映画監督と元NHKキャスターとのダブル不倫が報道され騒ぎになりました。こうした不倫はどのようにして相手の奥さんや周囲にバレるのでしょうか。今回は不倫がバレるきっかけについてお話します。


不倫がバレたときの対処法5つ

不倫がバレたときの対処法5つ

ドラマ『あなたのことはそれほど』でも描かれ騒がれている”不倫”というトピック。もしかしたら、より私たちの生活に身近な存在となりつつあるのかもしれません。今回はそんな不倫がバレたときにとるべき行動や考え方をご紹介します。


ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

バレたら泥沼化必須の、世の中で一番リスキーな恋愛、それが「ダブル不倫(W不倫)」。頭ではよくない、てわかっていても……。ダブル不倫に足を踏み入れてしまった人にはこんな特徴がありました。


【不倫対策ドリル#1】不倫する男性の特徴「据え膳ワンチャン」タイプ

【不倫対策ドリル#1】不倫する男性の特徴「据え膳ワンチャン」タイプ

貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えします。


不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫をすると私たちにとって「一番大切なもの」がなくなってしまいます。それはなぜなのか、なくすとどうなるのか。いい女.botさんが寄稿します。


不倫相手と別れ、独身男性と恋愛するために必要なこと

不倫相手と別れ、独身男性と恋愛するために必要なこと

不倫相手と別れたあと、なかなか独身男性と新しい恋愛ができない、上手くいかないという悩みを抱える女性がいます。それは、「開放感」より「喪失感」の方が勝っているから。いつまでも終わった恋愛にしがみつくより、外の世界に目を向けてみると、新しい刺激が溢れています。本当の「開放感」を得て、新しい恋愛に踏み出しましょう!


「不倫だけどひとりよりマシ」という言い訳が幸せを遠ざける。信じるべきなのは「男」ではなく「自分」

「不倫だけどひとりよりマシ」という言い訳が幸せを遠ざける。信じるべきなのは「男」ではなく「自分」

不倫をする理由に、「ひとりよりマシだから」と答えるアラサー女性。ドライな感情かと思いきや、その裏では「孤独が怖い」という不安を抱えていました。不倫は楽な関係に見えて、成就することのない気持ちばかりが溜まります。そんな彼女が信じるべきなのは、既婚の彼ではなく自分自身なのです。


不倫からの「略奪愛」が成功した例にみる「本気で結ばれるための覚悟」

不倫からの「略奪愛」が成功した例にみる「本気で結ばれるための覚悟」

不倫相手のことを本気で好きになってしまい、このまま奪ってしまいたいと思う女性もいるでしょう。しかし、結婚している相手と結ばれるには、相当に苦しい道のりが待っています。略奪愛を叶えるには、「未来だけを見る」覚悟が必要です。実際に不倫からの略奪愛が成功した例をもとに、結ばれるための覚悟についてお話します。


実話からみる「社内不倫」がアラサー女子にもたらす3つのリスク

実話からみる「社内不倫」がアラサー女子にもたらす3つのリスク

一日の中でもっとも長く、また濃い時間を過ごす会社。身近な同僚や上司とついそんな関係に……なんて女性もいるでしょう。ですが、「社内不倫」こそアラサー女子にとって不幸な恋愛。バレたときのリスクは想像以上に大きいです。軽はずみな付き合いが将来を台無しにしてしまう危険性について、実際にあったことも含めてお話します。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もうやめたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方なのです。


不倫の4つの実話エピソード - 不倫の終わりは突然に!?

不倫の4つの実話エピソード - 不倫の終わりは突然に!?

不倫の終わりは突然訪れます。それは、ほとんどの場合既婚者の彼の方に「事件」が起こったから。こちらではどうしようもない事情では、手も足も出せずにそのまま終了、なんてパターンはよくある話です。どんな理由で別れてしまったのか、実際にあった4つの実話エピソードをご紹介します!


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


男捨離のすすめ - 既婚男性と恋愛中のあなたへ

男捨離のすすめ - 既婚男性と恋愛中のあなたへ

どの男性よりも自分をお姫様のように扱ってくれる……ということを言い訳に、裕福な既婚男性とズルズルと関係を続けていないだろうか。今回はそんな男性との「男捨離」について考えたい。


既婚者の元彼から連絡がくるとき

既婚者の元彼から連絡がくるとき

結婚した元彼から連絡が来た。交際していたのは20年も昔の話。そこまで月日が経っているのに、未だに戸惑いと懐かしさと少しの切なさも入り混じった感情が込み上げる。数年に一度誘われて会っていた元彼。彼から約6年ぶりに突然電話がきた――。


一徹さん×川崎貴子さん「結婚して親になると“ときめき”がなくなるのは健全」後編

一徹さん×川崎貴子さん「結婚して親になると“ときめき”がなくなるのは健全」後編

夫婦関係とセックスレスについて、女性向けAVで活躍する人気男優・通称エロメンの一徹さんと、著書に『愛は技術』などがあるジョヤンテ代表取締役の川崎貴子さんの対談をお届け。締めくくりとなる後編では、夫婦間のときめきや不倫、そして「結婚とは何か」という大きなテーマまでじっくりと語られました。


不倫する既婚男性は「オープン型」「完全犯罪型」に大別できる

不倫する既婚男性は「オープン型」「完全犯罪型」に大別できる

浮気心をもった既婚男性。貴重なアラサー、アラフォーの時期を彼らに捧げるほど、不倫のROIは高くありません。それでも不倫の道に進みますか?自称・品川区で愛人にしたい女No.1が今回はオープン型・完全犯罪型、2パターンに分けられる不倫男性の生態を暴きます。