不倫に関する記事

不倫とは、既に結婚して配偶者がいるにも関わらず、別の人と恋愛関係を持つこと。関係の程度については人によって認識がさまざまですが、例えば配偶者が自分以外の異性(恋愛対象となりうる人物)と二人きりで出かける、手を繋ぐ、キスをする、性的関係を持つなどがあります。

【特集】社内不倫やダブル不倫に悩む女性たちへ

不倫に関連するキーワード

既婚者
>>不倫に関連するキーワード一覧

既婚男性が不倫を止めようと思う3つの瞬間

既婚男性が不倫を止めようと思う3つの瞬間

公にできない不倫の恋は、独身者同士の恋愛に比べると、どうしても不安定な付き合いになります。特に男性が既婚者の場合は、独身女性の気持ちに関係なく「終わらせようかな」と思う瞬間が訪れるものです。一度心が離れると、再び戻ることは考えにくいのが不倫。実際にどんな瞬間に既婚男性は不倫を止めようと思うのか、ご紹介します。


不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第5回では、不倫関係におけるイライラを解消する方法について解説してもらいます。


「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

小泉今日子さんが2月1日、自身のサイト上でかねてから恋愛報道があった、俳優の豊原功補さんとの「恋愛関係」を認め、さらに豊原さんは離婚しておらず、いまも家族がいることを報告したことがニュースになっている。実質的には不倫関係にあると考えられるが、そこに「不倫」の文字はなかった。


35歳の独身女性が不倫で本当に失ったもの

35歳の独身女性が不倫で本当に失ったもの

独身女性が既婚男性と不倫関係を持つのは、リスクの高いこと。バレたときの結末は、男性との関係が終わることだけでなく、社内不倫なら立場が悪くなるなど、良い方向に転ぶことはまずありません。そして、忘れてはいけないのが人の気持ち。社内の人間だけでなく、友人の信頼まで失ってしまう不倫の怖さについてお話します。


2017年は不倫な一年? 世間を騒がせた4つのスキャンダル

2017年は不倫な一年? 世間を騒がせた4つのスキャンダル

今年も週刊誌がこぞって著名人の不倫を追いかけ、撮られた本人や釈明に追われた一年だった。うんざりするほど報道された不倫スキャンダルの中でも、特に話題にあがった4つを紹介する。


不倫相手の愛情を試しても、幸せな結果にはならない

不倫相手の愛情を試しても、幸せな結果にはならない

不倫相手の愛情がわからなくて、つい試すような行動を取ってしまう独身女性もいるかもしれません。ですが、既婚男性からすれば、不倫だからこそ安定した関係の築けない女性はいずれ別れを考えることになり、結局関係の終わりを迎えるきっかけになることも。愛情を試しても、結局不倫の関係が良い方向に向かうことはないというお話です。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


不倫相手が本気になったとき、独身女性がとるべき道とは

不倫相手が本気になったとき、独身女性がとるべき道とは

自分は遊びのつもりだったのに、不倫相手のほうが本気になってしまった。勝手に離婚なんかされても困るし、どうしよう……。既婚者がのぼせ上がると暴走しやすく、独身女性のほうは一方的に表舞台に引っ張り出される危険性もあります。そんな事態になったら、何とかして彼から一度距離を取る方法を考えましょう。


不倫の対象になりやすいかがわかる心理テスト

不倫の対象になりやすいかがわかる心理テスト

「不倫の対象になりやすいか」がわかる心理テストをご紹介します。人倫に反する行為でありながらも、どこか甘美で人の心を惑わす「不倫」。自分だけは絶対にない! と思っている女性ほど、実は不倫にハマってしまうことも。あなたは大丈夫ですか……? 


愛されたいのに、愛されない女のセックス事情

愛されたいのに、愛されない女のセックス事情

セックスだけを特別視する男女関係に、幸せはやってくるのだろうか。作家の大泉りかさんは、「セックスの相性が良くて別れられないと漏らす女性は、自分だけを愛してくれない男性に不満を持つ人ばかりだ」と話します。では、そこから脱するためにはどうすれば良いのでしょうか――。


既婚女性が不倫で失ったものは、夫ではなく自分の居場所だった

既婚女性が不倫で失ったものは、夫ではなく自分の居場所だった

不倫していることを簡単に他人に話してしまうのは危険です。秘密を守ると言っても、口の軽い人は罪悪感を抱くことなく、ほかの人に話してしまいます。不倫を嫌悪している人に知られてしまえば、それは友情だけでなく居場所までを失う危機に。ある女性は、不倫をしていることが仲間に知られたことで、大切な空間をなくしました。


不倫相手に本気になった既婚女性が、それでも離婚できなかった理由

不倫相手に本気になった既婚女性が、それでも離婚できなかった理由

不倫相手を本気で好きになってしまった既婚者の彼女ですが、夫に離婚を切り出すことはできませんでした。それは、自分が夫に与える痛みの大きさに気がついたから。「許されない恋」は確かに興奮するけど、それより夫を不幸にするダメージのほうが大きいと気がついたとき、彼女は現実に戻ります。


既婚者を本気で好きになると、独身者のほうが不自由になる

既婚者を本気で好きになると、独身者のほうが不自由になる

既婚女性と不倫を続ける独身男性。遊びのはずが、気がつけば本気で好きなっていた。そのとき、男性が感じるのはプライドと恋心に挟まれる苦痛です。男性に限らず、既婚者を好きになれば独身側のほうが不自由になります。それは愛情に縛られるから。ですが、先はありません。そんな関係から抜け出すヒントは、現実を見ることにあります。


『フリンジマン』第4話あらすじ - 「悪い男」になれない男

『フリンジマン』第4話あらすじ - 「悪い男」になれない男

『フリンジマン』第4話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。詠美の元カレに別の女性がいると発覚。気になる4話の展開は――。


「バレるならするな、するならバレるな」浮気・不倫バレ社会を見て思うこと

「バレるならするな、するならバレるな」浮気・不倫バレ社会を見て思うこと

浮気や不倫もお酒の「飲んだら乗るな〜」と同じ理論。浮気や不倫は発覚すると、パートナーや関係者を傷つけ、その後の関係を大きく変化させることになります。決して勧めはしませんが、もしするなら相応の覚悟を持って、そもそもバレないよう、誰も傷つけないよう、事実を墓場まで持っていくくらいの気持ちでやるべきなのです。


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


31歳の人妻が不倫に走った理由は、「秘密」という高揚感だった

31歳の人妻が不倫に走った理由は、「秘密」という高揚感だった

好きな人と結婚して、幸せな結婚生活を送っていた。でも、周りで不倫を楽しんでいる人を見て、自分も興味を持ってしまった。夫以外の男性と肉体関係を持つのは高揚感があって、ハマってしまったけど……。最後、彼女に残されたのは虚しさとリスクだけでした。簡単に不倫に走ることで何を失うか、お伝えします。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


『フリンジマン』第2話あらすじ - 妻、夫の「不倫未遂」に遭遇!?

『フリンジマン』第2話あらすじ - 妻、夫の「不倫未遂」に遭遇!?

『フリンジマン』第2話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。愛人の原石を見つけた田斉。このまま彼女の部屋に行けるのか。気になる2話の展開は――。