1. DRESS [ドレス]トップ
  2. セックス
  3. ハプニングバーの体験談。料金は? 危なくない? 10年通った私が教えます

セックス

ハプニングバーの体験談。料金は? 危なくない? 10年通った私が教えます

Share

今回ご紹介するのはハプニングバーの体験談です。名前を聞くことはあっても、その全貌を知る機会はなかなかない「ハプバー」こと「ハプニングバー」。ハプニングバー歴10年のAV監督・鈴木リズさんが、ハプニングバーの楽しみ方や注意点をお伝えします。

ハプニングバーの体験談。料金は? 危なくない? 10年通った私が教えます

後腐れのない一夜の経験、さまざまな性的嗜好を持った人々との出会いが叶う。しかも女性は無料、完全女性上位、危険な行為や望まない行為は一切なしの安全な環境。

こんな夢みたいな場所が、通称「ハプバー」と呼ばれる「ハプニングバー」です。

今回は、ハプニングバー歴10年の私、鈴木リズが、初心者のアナタにハプニングバーの体験談をお話しします。

■ハプニングバーの基礎知識

ハプニングバーは、さまざまな性的嗜好の男女が集まり、初対面での突発的なハプニングを楽しむ場所です。

実は首都圏には、これまでアナタが見たことも聞いたこともないようなめくるめく光景が日夜繰り広げられるハプニングバーが複数存在します。1軒1軒個性があり、にぎわう日時や客層、料金にも違いがあります。

私はひとりで行くことが多いですが、「女性同士」「男性同士」「単独」「カップル」、20歳以上ならどんな人でも入店できます。

周りにハプニングバー経験者がいれば、その先輩にアナタに合ったバーを紹介してもらうのが一番。
そういった方が身近にいない場合は、それぞれのバーのウェブサイトで告知されているイベントを参考にするとバーの個性が見えてきます。

ハプニングバーって、何時頃に行くもの?

早めの時間に無料で飲酒して出ていく女性が多い20時前後、終電を諦めた人たちが集まる深夜1~2時頃が特に盛り上がる時間帯です。バーの内部はかなり暗いので、普段より濃い目のメイクで自分のモチベーションを上げていきましょう。

ハプニングバーではどんなイベントが開催されている?

「緊縛イベント」「カップル割引イベント」「レディースデイ」「ポールダンスイベント」「コスプレイベント」「ヤングデー」等、お店によってさまざまなイベントがあります。自分の趣味趣向に合わせて選んでみましょう。

特別な性的嗜好がなくても行っていい?

まったく問題ありません。何もせずに退店しても良いですし、お店に集う人の話を聞いているだけでも世界が広がります。まるで海外旅行のような非日常を楽しめるのがハプニングバーなのです。

■いざ入店! 入店時の流れを把握しておきましょう

勇気を出してバーのドアを開けてみると、そこには簡素な受付があります。
登録用紙に「氏名」「住所」「性別」「年齢」などの必要事項を記入して、サイン。顔写真付きの身分証明書も提示します。

料金は、入会金と入場料を支払います。店によって差はありますが、単独男性の場合、入会金と入場料を合わせて2万円程度。女性は入会金の数千円のみ、というケースが多いです。入場料には飲み放題も含まれています。
なお、カップルで来店すると入場料がぐんと安くなります。

登録が終わるとスタッフさんがバーについての説明をしてくれますので、きちんと聞きましょう。

入店後は荷物をロッカーに預けます。携帯電話の持ち込みはNG。持ち込み発覚次第、出入禁止になるバーがほとんどなので、忘れずにロッカーへしまいましょう。

中は薄着の人が多く、室温設定も高めなので、ジャケットなどの上着もロッカーに預けてしまうほうが得策です。身軽でいた方がこの後断然気楽なので、私物はなるべくロッカーに預けるようにすると良いでしょう。

Share

鈴木 リズ

様々な女性を美しくエロく演出することに日夜奮闘している桃太郎映像出版所属の女流AV監督。レズビアン出身のバイセクシャル。SM癖、露出癖あり。プライベートの経験人数は200人オーバーの猛獣系女子。 AV OPEN2017〜あ...

Latest Article