1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. 男女の友情、結局成り立つ? 成り立たない?

男女の友情、結局成り立つ? 成り立たない?

Share

男女の友情は成り立つのか。答えの出ない“永遠の課題”とも呼べるこのトピックについて、格闘家・青木真也さんが持論を綴ります。

男女の友情、結局成り立つ? 成り立たない?

男女の友情は成り立つのであろうか。
“賃貸or持ち家論争”と並んで、散々繰り返されてきたこの話題。答えが出ないからこそ、堂々巡りを繰り返して皆を楽しませてきた話題なのではないだろうか。人それぞれに論があっていいと思うし、それぞれの考えを聞くのは面白い。

僕の考えとしては、男女の友情は成り立つと思っている。
ただ、これはお互いに一定のおおらかさがないと難しい。男女で友情を成立させるのは簡単ではないし、男女ともに懐の深さが求められるような気がする。なぜ、男女の友情が成り立ち難いか。僕の考えを記していこう。

■「男女の友情は成り立たない」と言われる理由は

「男女の友情は成り立たない」とされる理由のひとつに、友人関係から男女関係が地続きなことがある。

友人としての人間関係が恋愛に発展するケースは多いと思う。僕の経験上も最初は友人として付き合いを始めて、そこから恋愛関係になったことがほとんどなので、友人関係と恋愛関係は地続きだと思っている。お互いに都合よく人間関係のスイッチを変えられるほどに器用ではないから、男女の友人関係は難しいのかもしれない。

ただ、恋愛関係を経て、その後も友人として関係が続いていくケースもあるし、これを理由に「男女の友情が成立しない」とするのは無茶がある。もう一歩腹を割って話す必要があると思うのだ。

■「セックスしたら友情は終わるのか」問題

そうだ。男女関係を考えたときに「セックス」がある。

男女ともに性欲はある。そして僕はセックスをセックス以上にも以下にもとらえていないので、その後も変わらずに友人関係を継続していけることが多い。セックスはそれ以上でも以下でもないから、セックスの有無を大きく考える必要もないと思っている。

男性と女性の違いかもしれないが、女性の方が好意がないとセックスに発展しない割合が多いと感じる。「一方は好きだったからセックスした、でも片方は友人関係のつもりだった」という揉めごとはよく聞く話だ。互いの主張は相容れないので着地することがなく、結果として友人関係すらも遠めになる。

このあたりの価値観は、互いにコミュニケーションをとって言語化して、感覚を共有しておかないとトラブルを招くので注意が必要だ。だけれども、実際にそこまで話せる関係を構築するのは容易ではない。

セックスをしつつも友人関係を保つのは難しい気もするけれど、そもそもただの友人関係であっても濃く付き合えるメンバーなど何人もいない。それで友人関係が崩れるのであれば、その程度の関係なのだとも言えるから、そこまで難しく考える必要もない気がする。やっぱり考えれば考えるほどに「男女の友人関係は成立する」と思えてくる。

■「友情」とか「恋愛」は一旦横に置いて

僕は男女の友情は成立すると思っているし、実際に男女関係なく仲良くしてくれている友人がいる。先日は、友人の結婚式に新婦側として出席してきた。
「出会い方やタイミングによっては交際していたのかなと思うけれど、今は友人関係が成り立っている」という方もいる。タイミング次第で関係性は変わるので、「男女の友人関係は成り立つ or 成り立たない」の2択で決めつけるのはそもそも難しい。

友情とか恋愛は一回横に置いておいて、ただ人を愛して尊重していけばいい関係が築けるのではないかと思うし、男女の友情も成り立つのではないだろうか
出会う人皆と友情が築けるわけではないけれど、関係性のレッテルにこだわらず、確かな繋がりを大事にして生きていこう。

男女の友情は成り立つ。おれたちはファミリーだ。

青木真也さんの連載バックナンバー

高野聡美(SARAMI)が格闘技者として美しい3つの理由

三浦彩佳が格闘技者として美しい3つの理由

古瀬美月が格闘技者として美しい4つの理由

黒部三奈が格闘技者として美しい4つの理由

平田樹が格闘技者として美しい4つの理由

家族じゃなくて“ファミリー”と生きていく。家庭を壊した僕が決めたこと

『あなたが好きなことをしたらいいよ』

さみしさに襲われていた僕が、さみしさを受け入れるようになった話をしたい

独りになった僕は、家族の元へ帰った。愛して赦した先に、幸せが待っている

僕たちはみんな大人になったけど、今も恋にドキドキして、悩んで、苦戦して、笑ってる

愛すことで生きる力が湧いてくる

他人のことなんてわからない、が前提

心と身体は裏切り合うことがあるから

東京で消耗した大人たちへ

『セックス後の賢者モード』は悪いことばかりじゃない、と思う理由

結婚恋愛セックス。全部切り離せたら苦しむ人は減ると思う

“勝負前”セックスするかしないか問題を考える

生きづらさを払拭する『在り方』

私がどんなときでも太らない理由

世間から認められなかったとしても、恋をする自由はある

ひとりのクリスマスイブ、行きつけのカレー屋に救われた話

Share

青木 真也

プロ格闘技選手。1983年静岡県生まれ。修斗ミドル級チャンピオン。DREAM、ONEライト級チャンピオン。格闘技選手としての活動だけでなく、執筆、プロレス、講演など活動中。格闘小作農として地道に活動しています。著書に『ストロ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article