結婚に関する記事

結婚とは、好きあった者同士が生活すること。お互いに助け合って、補って、互いのことを心配して、協力し合って生活すること。

結婚に関連するキーワード

婚約 再婚 同性婚 晩婚化 プロポーズ 同棲 結婚相手の条件
>>結婚に関連するキーワード一覧

40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40歳を過ぎても「結婚したい」と望まれる女性の特徴とは一体なんなのか。結婚という決断を下さずに、女性との恋愛関係を続ける男性が多い中、40歳以上で結婚をした女性たちの何が男性の心を掴んだのでしょうか。40歳を過ぎてから結婚した、3人の大人女性にお話をお聞きしました。


「ハイスペックな男と結婚したい」と言える女になる

「ハイスペックな男と結婚したい」と言える女になる

仕事ができて稼ぎのいい、いわゆる「ハイスペックな男」は当然、婚活市場において相変わらず人気である。とくに女が強くなったこの時代、キャリアを重ねるほど、「自分よりも能力のある男がいい」という人は多い。まあ、わからんでもないけれど――。


共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

従来の結婚観にとらわれず、夫婦で自発的に共働き&子なしという選択をする「DINKs(ディンクス)」。今回はDINKsという夫婦の形と、登場から30年経ったその現状について紹介したい。


花嫁が後悔しないために。式場探しで気を付けるべきポイント【NEO花嫁の結婚式奮闘記#10】

花嫁が後悔しないために。式場探しで気を付けるべきポイント【NEO花嫁の結婚式奮闘記#10】

結婚式プロデュース会社を解約し、また振り出しに戻った結婚式場探し。結婚式場探しには、見逃せないチェックポイントと心得ておくべきコツがあるのです。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#10をお届けします。


「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」「結婚したいけど出会いがない」と不満を言う女性、素敵な男性と付き合って、ますます成熟していく女性――両者の違いは何か? なぜ、いい男は皆結婚しているのか? どうすれば素敵な独身男性と出会い、パートナーになれるのかを紐解いていきます。


結婚後、お金が増えるのはどっち? 夫婦が直面する5つの選択肢

結婚後、お金が増えるのはどっち? 夫婦が直面する5つの選択肢

結婚して生活スタイルが変わると、当然それまでの生活とは違った支払いが生じたり、お金の自由がきかなくなったりするもの。今回は、そんな結婚生活において、お金を増やすのに欠かせない5つの選択についてお話しします。


”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

テレビで話題のドラマ『あなたのことはそれほど』。女性にとって愛される方と愛する方,どちらが幸せなのかは永遠のテーマです。今回は、結婚歴15年以上の”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”をした男性ふたりにインタビュー。結婚して15年以上経った今、どちらが幸せなのでしょうか?


結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

人間関係をうまくやっていたくために必要なコミュニケーション能力。結婚前のカップルが受けるプレマリッジ・セミナーでも、非常に重要なトピックです。コミュニケーションの重要性をパートナーと共有し、トラブルになりやすい「火種」をあらかじめ知っておくことで、新婚カップルにありがちな口論を避けることができます。


付き合っている彼に結婚を意識させる5つの方法

付き合っている彼に結婚を意識させる5つの方法

「彼とは長く付き合っているのに、結婚の具体的な話がない……」そういう女性は意外と多いのではないでしょうか? 今回は、付き合っている彼に結婚を意識させる5つの方法をご紹介します。


ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

奇跡的な出会い、そしてお付き合いを経て結婚することになったふたり。結婚式やハネムーンをプランニングする傍ら、パートナーシップについて話し合う機会を持つことができれば、結婚生活が始まってからもハッピーにやっていける確率が上がります。そうした機会を与えてくれるプレマリッジ・セミナーの内容を連載でお届けします。


「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」スタイルより、小遣い制を選んでいる夫婦の方が多いようだ。しかし、子なし夫婦としてはそちらより、夫婦別財布のほうが何かとトラブルも少ないし、自由が利くと感じている。将来的にはやはり小遣い制のほうがよかった、と後悔するのだろうか。夫婦別財布とお小遣い制について考えてみた。


海外遠距離恋愛中の彼からプロポーズされたら進めたい4つのタスク

海外遠距離恋愛中の彼からプロポーズされたら進めたい4つのタスク

インドネシアのジャカルタで、彼からプロポーズされました。海外就職したときには結婚願望はこれっぽっちもなく、好き勝手に生きていくつもりだったので、青天の霹靂です。結婚するためには何をすればいいのでしょうか。私たちが進めた4つのタスクをご紹介します。


「いつまでも堂々と独身でいられる時代」が来たッ!

「いつまでも堂々と独身でいられる時代」が来たッ!

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私はあなたと結婚したい」こんなセリフを使用したゼクシィのCMが大反響を得ている。女は早く結婚すべきものという鎖から解かれ、「救われた」と言う独身女性もいるほどだ。


もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

結婚式プロデュース会社への不信感は募るばかり。度重なるモヤモヤに堪忍袋の緒が切れ、ついに信頼貯金がゼロに……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#9をお届けします。


トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

アメリカ新大統領トランプ氏と奥様のメラニアさんの年の差は25歳。フランス新大統領マクロン氏と奥様のブリジットさんの年の差も25歳。この男女が逆転した歳の差婚を、あなたはどう感じましたか……?


母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母親の結婚観に影響を受けて、結婚に前向きになれず、「結婚が怖い」と、回避志向になる女性も少なくない。「母も一人の身勝手な女なんだな」と冷静に気づいたとき、母から受けた“結婚観”を、「自分の幸せ・人生に対して、結婚って必要? どんな結婚ならいいの?」と、ゼロから再構築することから、始めよう。


「結婚が怖い」と言ってもいいですか

「結婚が怖い」と言ってもいいですか

相手が誰であれ、いわゆる「結婚」が怖い。幽霊よりも怖い――そう語るユキ・クリヤマさん。自らを「結婚回避思考」になっていると分析し、結婚回避思考になる要因を5つ挙げる。うち2つを細かく見ていきたい。


不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

相場の倍近く費用がかかる結婚式プロデュース会社と契約したものの、その対応に疑問を感じる私。なんとか無事に進めたいと祈るものの、担当者とのやりとりにモヤモヤが膨らんでいくばかりで……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#8をお届けします。


パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだと分かりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、現代の結婚観にこそ問題があるのかもしれない。今回は複数人と同時交際を行う「ポリアモリー」とともに、“婚外”で性関係を持ってもいいとして、注目を集める「オープン・マリッジ」という結婚の形について掘り下げていく。


人はなぜ他人を結婚させたがるのか

人はなぜ他人を結婚させたがるのか

どうして赤の他人から結婚する・しないについて、ああだこうだと言われ続けなければならないのだろうか。もっと他人の人生について無責任であってもいいのでは、と思う。誰かの「しなくてはならない」が私たちを息苦しくさせる。