結婚

結婚とは、好きあった者同士が生活すること。お互いに助け合って、補って、互いのことを心配して、協力し合って生活すること。

関連するキーワード

婚約 同性婚 晩婚化 プロポーズ 同棲

「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

昨日と今日で考えていることが変わるのが人間。でも、SNSに縛られて「自分のキャラがブレていないか」「設定から逸脱していないか」と、疲れている人も少なくない。でも、とっ散らかって気まぐれなのが私たち。それでいいんじゃないか。


夫が育児・家事をしない問題、簡単な解決策は「心に余裕を持つこと」【小田桐あさぎ 連載 #5】

夫が育児・家事をしない問題、簡単な解決策は「心に余裕を持つこと」【小田桐あさぎ 連載 #5】

「夫が育児をしない」「夫が育児に非協力的」といった声は世の中少なくない。でも、元から育児に協力的な性格の夫はいないし、夫婦間のコミュニケーション次第で、夫は育児を率先してやるようになるもの。夫が自発的に育児、さらには家事に参加するようになる方法を、小田桐あさぎさんが提案する。


女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

婚活で成功する方法。それは「能天気力」。婚活パーティーは言ってしまえば、この世で一番楽しくないパーティー。でも、その場を能天気に、自由にのびのびとふるまう女性こそ、パーティーでイイ男をさらっていくデキる女。いま、婚活女性がつけるべきは能天気力!


結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

焦り――結婚願望が強い、婚活中の女性につきものの感情。結婚したいのに、結婚できない……そうやって悩んだあげく、つらくなり、心身のバランスを壊してしまう人がいる。行き詰ったと思ったら、やり方を見直すこと。全体を見ることが婚活成功のコツなのだ。


「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

恋愛感情をもってから、平均約4年半といわれる「交際〜結婚」までの期間。20代の頃ならまだしも、アラフォーともなると、万一ゴールインできなかったとき「ムダな投資だった……」と愕然とするはず。その危険な投資を有効な方法に変えるのが"婚活"です。婚活は全力で恋ができる環境。そんな婚活で恋愛感情を放棄していませんか?


不倫する既婚女性はセックスレスが原因?単純に責められない複雑な事情

不倫する既婚女性はセックスレスが原因?単純に責められない複雑な事情

ドラマや漫画の中だけではなく、リアルの世界で取り沙汰されることが増えた不倫。既婚の男女ともに不倫にいたる原因の多くは、実はセックスレスである。だからこそ、夫婦になりたいと思ったとき、セックスの相性を無視するのは、怖いことかもしれない。


30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

30歳で離婚、34歳で再婚した私(大西明美)が結婚相談所を始めるまで

結婚相談所を経営する大西明美さんの連載です。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者・大西明美さん。今では婚活アドバイザーとして認知される彼女が、結婚相談所をそもそも始めた理由、彼女自身の結婚・離婚・再婚の体験談についてみていきます。


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん夫婦対談・後編「理想の妻・夫像を今すぐアンインストールすべき理由」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん夫婦対談・後編「理想の妻・夫像を今すぐアンインストールすべき理由」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に記載)と夫マサヒロさんの対談の続編。前編「“この人は異星人”だと思えば夫婦の会話は減らない」 に続き、後編では幸せな結婚生活を送るために必要なコミュニケーション法をより具体的にに掘り下げる。


それでも私たちは夫婦で一緒に働きながら暮らして生きていく

それでも私たちは夫婦で一緒に働きながら暮らして生きていく

ひとりでも楽しく、充実して生きていける現代。でも、あえて面倒で、他人とすり合わせながら生きていく「ふたり」を選んだ兎村彩野さん。連載「一緒に働いて、一緒に生きていく。」最終回では、命ある限りこれからも、ふたりで生きていくことを改めて考えます。


女性器の悩みやコンプレックスは解消できる

女性器の悩みやコンプレックスは解消できる

ある調査によると20〜40代女性の約6割が女性器に何らかの悩みやコンプレックスを持っている、と答えています。それが理由で男性との交際に進めず、望んでいるのに結婚・出産が叶わない女性も少なくありません。そんな女性器に関する悩みやコンプレックスは解消できます。喜田直江医師が解説します。


結婚=幸せ? ひとり生活を楽しむのも選択肢のひとつ

結婚=幸せ? ひとり生活を楽しむのも選択肢のひとつ

Project DRESS 編集長 池田園子著『はたらく人の結婚しない生き方』の出版を記念したイベントが開催。DRESS連載でもおなじみ、兎村彩野さんをゲストにお迎えし、女性の生き方をテーマに語っていただきました。


最悪の場合は慰謝料も……弁護士に聞く「嫁姑バトル」回避法

最悪の場合は慰謝料も……弁護士に聞く「嫁姑バトル」回避法

永遠のテーマとも言われている「嫁姑問題」。裁判沙汰になる場合も……。実は、解決のヒントは姑の心理を知ることと、夫にあるのです。数々の嫁姑バトルを見てきた弁護士による、嫁姑バトルを回避する方法を紹介します。


「結婚しなきゃ」の呪縛から解き放たれたとき、人はもっと自由になれる

「結婚しなきゃ」の呪縛から解き放たれたとき、人はもっと自由になれる

結婚は誰もがしなければいけないもの――それは思い込みかもしれません。自分に結婚という制度が合っているか否か、本当に望んでいるのか否か、素直に考えてみてください。結婚する・しない、それぞれのメリットやリスクを知ったうえで、自分らしい選択をすることこそ、後悔しない生き方になると思うのです。


一緒にご飯を作ると育つ夫婦の段取り力

一緒にご飯を作ると育つ夫婦の段取り力

買い物から調理、片づけまで……兎村彩野さんには夫婦で一緒にご飯を作る習慣があります。共同作業をすることで、どんないいことがあるのでしょうか。詳しく綴っていただきました。


人生をフルコースにたとえるなら、結婚はメインディッシュ

人生をフルコースにたとえるなら、結婚はメインディッシュ

時代が変わり、「結婚はしてもしなくても、個人の自由」との考えを持つ方も出てきました。それでも、NOZZE代表・須野田珠美さんが、結婚をすすめる理由は?


不倫の先にあるのは、心の疲弊と慰謝料。その恋のリスクを再確認

不倫の先にあるのは、心の疲弊と慰謝料。その恋のリスクを再確認

妻子ある人と関係を持ってしまったり、愛する夫に裏切られたりと「不倫」は数多くの女性を悩ませる恋。もしも自分が不倫相手になってしまったら、相手の不倫に気づいたら……どういう結末が待っているのでしょうか。取るべき行動を、知識のひとつとして心に留めておくといいかもしれません。


結婚とはご縁。がんばってするものじゃない。

結婚とはご縁。がんばってするものじゃない。

結婚相手は今のカレか、元カレか、まったく別の男性か……と悶々とする31歳女性。それぞれまったく違うタイプです。悩める女性に対し、タロットのお告げとは。マダム佑雪さんの連載「シモ8タロット占い」#22をお届けします。


【終了しました】池田園子編集長×兎村彩野さん『はたらく人の結婚しない生き方』出版記念トークイベントが開催決定!

【終了しました】池田園子編集長×兎村彩野さん『はたらく人の結婚しない生き方』出版記念トークイベントが開催決定!

婚活に悩む人、「早く結婚しなさい」に違和感を持つ人、そして結婚しない生き方を満喫中の人へ。書籍、軽食・ドリンクつきのイベントです。


離婚で後悔しないために……子ども、財産、慰謝料のことを知っておこう

離婚で後悔しないために……子ども、財産、慰謝料のことを知っておこう

離婚して後悔する人は後を絶ちません。そのときにベストな選択だからと離婚したはずなのに、子どもの親権をめぐって争ったり、復縁したくなったりすると、離婚したことを後悔してしまうはず。離婚で後悔しないための備えを弁護士に紹介していただきます。


「金と婚活と私!?」婚活イベントをレポート!

「金と婚活と私!?」婚活イベントをレポート!

婚活と切っても切れない「お金」。DRESSで連載中の婚活アドバイザー大西明美さんによるトークイベントが開催されました。