「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる

「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる

ブログ記事「私の離婚の理由」が爆発的にヒットし、その後出版したKindle本『私の離婚の理由』でも注目を集めた起業家・植村絵里さんの連載がスタート。自らが経営者となり、上司がいなくなった植村さんが、自分で自分を育てるために「戦略的にやっていること」は?


はじめまして。青山でエステサロンを経営する、植村絵里と申します。店舗は「植村ビル」という私と同じ苗字のついたビルの2階にあります。

■「戦略的自社ビル」の裏側

人はこれを見て「青山に自社ビルを所有するスゴい人」と想像してくれますが、これは「戦略的自社ビル」という私の戦略で、私と同じ苗字がついたビルの1フロアを借りているだけでオーナーでもなんでもありません。

「自社ビルですか?」と聞かれたら事情を説明しますが、私に事実を確認してくる人なんてほとんどいません。宅急便のお兄さんまで私がこのビルのオーナーだと勝手に思い込んでいます。

戦略的自社ビルの利点は2つあります。入れ替わりの激しいエステ業界で自社ビルを構えていると思われることは、顧客や取引先への安心感の演出に大いに役立ちます。

また、10分1000円クイックエステという奇抜な業態を掲げたこともあり、開店当初は他社からの覆面視察が多かったのですが、実家の持ちビルの1フロアでお嬢さまがおままごと感覚でやっている程度だと思われた方が気がラクというのもありました。

戦略的自社ビルというのは、競争から離れて自分のペースでお客さまとの信頼を築き、ひっそりと丁寧に事業をやらせていただくために考えた私の事業戦略なのです。

■「戦略的気配り」実践のすすめ

「戦略的◯◯」つながりで、私がもうひとつ意識的に実践していることがあります。それは、他者の本音をデータとして蓄積し、それを活用してかわいがられる人になるという「戦略的気配り」と言うものです。

28歳で起業してから、私には上司という存在がいなくなりました。自由の身を喜べたのは束の間で、ほどなく社会で私の教育に責任を持つ人がいないという恐ろしい事実に気づきました。

あるとき、仕事をご一緒させていただいた先輩女性から、取引先担当者に対する小言を聞きました。その内容は私も過去に犯したことがあるような一見些細なことで、「それはご本人にも伝えるのですか?」と質問すると、「言いませんよ。でも、次の案件では声をかけません」とお答えになり、私は笑顔で相槌を打ちながら背筋が凍る思いをしました。私はこのとき、何も指摘されないから「自分は大丈夫」と思うことは大きな間違い、ということを自覚したのです。

■人の本音は人間関係の教科書

本音は本人には直接伝えられない、これが人の気持ちを察することを難しくしている原因です。「気配り」とは先回りして他者の気持ちに配慮し、これができると「信頼できる人」という印象を植えつけることができる人間関係を円滑にする技術ですが、いくらこれを身につけようと意識しても、自分の頭で想像できる他者の気持ちは、所詮自分の想像の範囲を超えないのです。他者の本音というのは大概、自分の想像のずっと外側にあるものです。

上司のいない私にとって人の本音は、人間関係の教科書です。とくに、人を見てきた量と質が圧倒的に多い、20も30も年が上の第一線で活躍している諸先輩のそれは、明確な定義のない常識と非常識の境界線を測るものさしと言えるようなものです。

私は、いつもできるだけ人の本音が聞ける距離を確保し、その一つひとつを自分が注意されているつもりで聞き、メモに残して、自分ゴトのように深く反省し、日常の中で意識して「戦略的に気配りする」ことを自分に課しています。

■必要なのは一時的な気配りより、習慣化された気配り

知っている、わかっている、ときどきできる、意識すればいつでもできる、無意識にできる、この5段階はまったく異なるステージです。初めのうちだけ、気が利く態度ができる人はいくらでもいますが、あたりまえのことを、いつもどんなときも、どれほど親しくなっても変わらずにできる人はなかなかいません。そして、一時的に気配りができることより、習慣化していることが人の信頼を得るために何よりも大事なのです。

教養と知識を身につけるのに本を読むことは大事ですが、本で学べることには限界があります。しかし、謙虚に人と向き合い、外界から語りかけられるさまざまな人の本音を自分ゴトとして受け入れると、誰もが自分にとって貴重な情報や知恵を教えてくれることに気づきます。

一人で生きていくなら、気配りなんて面倒くさいものは必要ありません。でも、人生の結果は、自分の【時間×エネルギー】と他者の【時間×エネルギー】の掛け算の総和です。つまり、他者の資源をどれだけ自分に掛け算してもらえるかで結果が決まります。

■今の態度が未来の自分を作る

そのためにどれだけ他者からかわいがられ、目をかけてもらえる人に自分を育てるかが人生で最も大事なのです。戦略的気配りは、他者の本音を理解し、先回りして人の喜ぶことを実践して、相手の懐に入るために、上司がいない私が編み出した自分で自分を育てる人生戦略なのです。

はじめは何でも戦略的でいいのです。気配りもはじめは人にかわいがられるための戦略でも、そのようにいつも振る舞っていれば、時間と共に自然に身につき、自分のあり方が変わっていきます。人の印象に過去も育ちも関係ありません。今のあなたの態度が未来のあなた自身を作るのです。

さて、あなたはどんな戦略を実践しますか?

この記事のライター

1980年東京生まれ、聖心女子大学卒。クイックエステBeautiQ(ビュティック)創業者。 自己実現と出産育児を自由に選択でき、内面も外見も美しい女性があふれる社会作りをモットーに、28歳で起業し、日本初の女子大生ベビーシ...

関連するキーワード


働き方 コミュニケーション

関連する投稿


女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性政治家の佐藤あつこさんの連載がスタート。民間企業での勤務を経て専業主婦となり、政治家へと転身した佐藤さん。働く女性、母親、妻と、いくつもの顔を持つ佐藤さんならではの視点で、政治・社会問題について、わかりやすく綴っていただきます。


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

フィリピンで就職しようと決めた、当時33歳・無職の私。将来を悲観して落ち込みもしましたが、「人生の夏休み」とばかりに自分の時間を謳歌した結果、選んだ道は「フィリピンで働く」でした。


心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

約半年間の産休・育休を経て、保育園が決まらぬまま5カ月で早期復職したショップジャパン広報部の板野可奈子さん。管理職として、新米母として、時間に追いつくのに必死で目まぐるしい、リアルなワーママの姿を不定期連載で綴っていただきます。


働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

子供から大人まで幅広く愛される製品を数多く生み出し続けているカルビー株式会社。たくさんの人の笑顔を作り出すために奔走する同社コーポレートコミュニケーション本部 広報部 広報課 課長の野原 和歌さんにこれまでのキャリアとこれからの働き方について伺いました。


最新の投稿


「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

投資を始めようと思ったら、NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)と個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を活用すれば税制面で有利です。ただ、投資初心者にとって、両方スタートするのは難しい……。どちらを最初に選ぶべきか、比較してみましょう。


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!