「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる

「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる

ブログ記事「私の離婚の理由」が爆発的にヒットし、その後出版したKindle本『私の離婚の理由』でも注目を集めた起業家・植村絵里さんの連載がスタート。自らが経営者となり、上司がいなくなった植村さんが、自分で自分を育てるために「戦略的にやっていること」は?


はじめまして。青山でエステサロンを経営する、植村絵里と申します。店舗は「植村ビル」という私と同じ苗字のついたビルの2階にあります。

■「戦略的自社ビル」の裏側

人はこれを見て「青山に自社ビルを所有するスゴい人」と想像してくれますが、これは「戦略的自社ビル」という私の戦略で、私と同じ苗字がついたビルの1フロアを借りているだけでオーナーでもなんでもありません。

「自社ビルですか?」と聞かれたら事情を説明しますが、私に事実を確認してくる人なんてほとんどいません。宅急便のお兄さんまで私がこのビルのオーナーだと勝手に思い込んでいます。

戦略的自社ビルの利点は2つあります。入れ替わりの激しいエステ業界で自社ビルを構えていると思われることは、顧客や取引先への安心感の演出に大いに役立ちます。

また、10分1000円クイックエステという奇抜な業態を掲げたこともあり、開店当初は他社からの覆面視察が多かったのですが、実家の持ちビルの1フロアでお嬢さまがおままごと感覚でやっている程度だと思われた方が気がラクというのもありました。

戦略的自社ビルというのは、競争から離れて自分のペースでお客さまとの信頼を築き、ひっそりと丁寧に事業をやらせていただくために考えた私の事業戦略なのです。

■「戦略的気配り」実践のすすめ

「戦略的◯◯」つながりで、私がもうひとつ意識的に実践していることがあります。それは、他者の本音をデータとして蓄積し、それを活用してかわいがられる人になるという「戦略的気配り」と言うものです。

28歳で起業してから、私には上司という存在がいなくなりました。自由の身を喜べたのは束の間で、ほどなく社会で私の教育に責任を持つ人がいないという恐ろしい事実に気づきました。

あるとき、仕事をご一緒させていただいた先輩女性から、取引先担当者に対する小言を聞きました。その内容は私も過去に犯したことがあるような一見些細なことで、「それはご本人にも伝えるのですか?」と質問すると、「言いませんよ。でも、次の案件では声をかけません」とお答えになり、私は笑顔で相槌を打ちながら背筋が凍る思いをしました。私はこのとき、何も指摘されないから「自分は大丈夫」と思うことは大きな間違い、ということを自覚したのです。

■人の本音は人間関係の教科書

本音は本人には直接伝えられない、これが人の気持ちを察することを難しくしている原因です。「気配り」とは先回りして他者の気持ちに配慮し、これができると「信頼できる人」という印象を植えつけることができる人間関係を円滑にする技術ですが、いくらこれを身につけようと意識しても、自分の頭で想像できる他者の気持ちは、所詮自分の想像の範囲を超えないのです。他者の本音というのは大概、自分の想像のずっと外側にあるものです。

上司のいない私にとって人の本音は、人間関係の教科書です。とくに、人を見てきた量と質が圧倒的に多い、20も30も年が上の第一線で活躍している諸先輩のそれは、明確な定義のない常識と非常識の境界線を測るものさしと言えるようなものです。

私は、いつもできるだけ人の本音が聞ける距離を確保し、その一つひとつを自分が注意されているつもりで聞き、メモに残して、自分ゴトのように深く反省し、日常の中で意識して「戦略的に気配りする」ことを自分に課しています。

■必要なのは一時的な気配りより、習慣化された気配り

知っている、わかっている、ときどきできる、意識すればいつでもできる、無意識にできる、この5段階はまったく異なるステージです。初めのうちだけ、気が利く態度ができる人はいくらでもいますが、あたりまえのことを、いつもどんなときも、どれほど親しくなっても変わらずにできる人はなかなかいません。そして、一時的に気配りができることより、習慣化していることが人の信頼を得るために何よりも大事なのです。

教養と知識を身につけるのに本を読むことは大事ですが、本で学べることには限界があります。しかし、謙虚に人と向き合い、外界から語りかけられるさまざまな人の本音を自分ゴトとして受け入れると、誰もが自分にとって貴重な情報や知恵を教えてくれることに気づきます。

一人で生きていくなら、気配りなんて面倒くさいものは必要ありません。でも、人生の結果は、自分の【時間×エネルギー】と他者の【時間×エネルギー】の掛け算の総和です。つまり、他者の資源をどれだけ自分に掛け算してもらえるかで結果が決まります。

■今の態度が未来の自分を作る

そのためにどれだけ他者からかわいがられ、目をかけてもらえる人に自分を育てるかが人生で最も大事なのです。戦略的気配りは、他者の本音を理解し、先回りして人の喜ぶことを実践して、相手の懐に入るために、上司がいない私が編み出した自分で自分を育てる人生戦略なのです。

はじめは何でも戦略的でいいのです。気配りもはじめは人にかわいがられるための戦略でも、そのようにいつも振る舞っていれば、時間と共に自然に身につき、自分のあり方が変わっていきます。人の印象に過去も育ちも関係ありません。今のあなたの態度が未来のあなた自身を作るのです。

さて、あなたはどんな戦略を実践しますか?

この記事のライター

1980年東京生まれ、聖心女子大学卒。クイックエステBeautiQ(ビュティック)創業者。 自己実現と出産育児を自由に選択でき、内面も外見も美しい女性があふれる社会作りをモットーに、28歳で起業し、日本初の女子大生ベビーシ...

関連する投稿


【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第3回目では、数ある社会問題のどれを自分のミッションにしたらいいか、そのヒントを見ていきます。


電車でマナーが悪い人にイラッとしたら「移動」する【大人の上手な怒り術#1】

電車でマナーが悪い人にイラッとしたら「移動」する【大人の上手な怒り術#1】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。身につけると生きやすくなり、イライラするストレスから解消される効果も期待できます。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする本連載では、アンガーマネジメントのレッスンを毎月2回ご紹介します。


育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

子育てに専念する道を選び、一度退職したお母さんたち。これからの時代、彼女たちが、自らの希望で再び、就労の機会を得るための、自治体独自の施策推進が求められている――。自らの経験を生かして支援を進めていきたい、と佐藤あつこさんが綴ります。


お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第3回では、脳外科医/ファッションデザイナーのDrまあやさんをお招きしました。


同性に愛されるしなやかな人とは

同性に愛されるしなやかな人とは

できれば誰からも嫌われたくない。いろんな人から好かれたい、と思う。しかし、どうすればいいのか。同性に好かれるような人になるために必要なことは実はとても簡単なことなのだと思う。


最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい