「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」「結婚したいけど出会いがない」と不満を言う女性、素敵な男性と付き合って、ますます成熟していく女性――両者の違いは何か? なぜ、いい男は皆結婚しているのか? どうすれば素敵な独身男性と出会い、パートナーになれるのかを紐解いていきます。


■「いい男は結婚している」、まずはそれを認めて

「素敵だな」「この人とお付き合いできたらいいな」と思う人が結婚していた――。それは珍しいことではありません。

男性は守るものがあって初めて力を発揮できるという特質があるから、独身男性と比べて、自分以外の守るもの(パートナーや家族など)がある男性は、余裕があり格好よく見えるのはあたりまえ。

そして、私たち女性が、本来の力に目覚めた覚悟と責任感のある男性を本能的に素敵だと感じるのはとても自然なことです。

もちろん結婚してなくても、覚悟と責任を持って人生を創造的に生きている男性はいます。そのタイプの男性は、結婚している男性と同じように、どっしりとした余裕を感じさせる、安定した雰囲気を持っています。

しかし、平和で安全で軍隊もないこの恵まれた国の環境で、普通にしていれば人並みの生活が保障されているのに、わざわざ「結婚」ではない責任を自らに課し、果敢に自分の可能性に懸けて生きる力のある男性はとても希少な存在です。

ある意味で、日本において絶滅危惧種のような「男性本能に目覚めた、まだ結婚していない素敵な男性」に出会い、そんな彼から好かれようというのは、一筋縄ではいかないことが容易に想像できます。

■運命のパートナーを見つける探知機、錆びついてませんか?

しかし、望みがまったくないわけではありません!

女性は皆、自分が幸せになるための直感を持っています。それは言い換えると、運命のパートナーを見つける探知機です。

しかし、このレーダーをうまく使いこなせずに、新規の男性との出会いだけを繰り返していると、最終的に行き着くところは、「皆いい人だからひとりを選べない」という境地。

そりゃそうです。あなたに意地悪をしたり、傷つけようと思って近づいてきたりする男性なんて、ほとんどいませんから。

自分のことを好きになってくれた男性の中から付き合う相手を選ぶのではなく、自分から好きになった人から「好きバック」(好き、を返してもらう)してもらう。

それを目指すための努力なくして、キラリと輝く何かを持った、無条件に心惹かれる自分だけの王子様に出会おうなんて無理な話です。

■相手の結婚ステータスはとりあえず無視。ときめく心を取り戻すのが先決

そこで、私からの提案です。

錆びついた幸せレーダーを動かすための強行手段として、ここはひとまず相手の結婚ステータスは無視して、自分が素敵だと思った人を、本気で好きになってみるのはどうでしょうか(※だからといって、決して不倫を勧めるわけではありません)。

相手が既婚者だったら、一夫一妻制のこの国では正式にお付き合いができないのは覚悟の上。しかし、相手が結婚しているとわかった瞬間から、その人を素敵だと思う気持ちにまで蓋をしてしまうとどうなるか。

自分の直感が、一体何に対してトキメキを感じるのかがわからなくなり、心が乾いた鈍感な人になってしまう可能性があると思うのです。

誰かを好きになるとき、心はとても柔らかくなっています。同じ風景なのに目に入るものが輝いて見えたり、同時に傷つきやすくなってちょっとしたことで心が揺れたり……恋をしている人の感受性はとても豊かになります。

こういう自分の気持ちを素直に感じきらないまま、無理に自分を奮い立たせて、「結婚してない男性」の中から相手を探そうとしても何もうまくいきません。

密かに思いを寄せる恋愛だとしても、寂しさや切なさや嫉妬や執着など、さまざままな感情を通して、自分のエゴと次々と対峙していく体験は決してムダになりません。

理不尽な恋愛の中でも、自分が惨めにならずに、美しく生きていくために、自分の心に湧き上がる感情をどのように昇華させていいかと悩み抜く体験を通して、女性として、人として大きく成長し、心が進化していきます。

そうやって、少し荒療治ではありますが、ときめく心と自分が幸せになるための直感を取り戻すことが先決です。こういう経験は、一見遠回りに見えて、実は自分の幸せを見つける一番の近道なのです。

■運命の相手が既に結婚している、のは珍しいことではない

私も一度結婚を決意し、離婚を経験しているからこそ、言えることがあります。

それは、あなたの好きになった目の前の人が本当の運命のパートナーだとしても、あなたと出会ったときに彼が既に違う女性と結婚しているケースはおおいにあり得ることです。結婚はそのときのタイミングや流れ、いろいろな状況で決断するものでもあるから。

でも、もしその人があなたにとっての本当の運命の相手なら、出会って1年以内で何かしらの動きがあるものです。一度結婚したらわかりますが、子どもがいる場合は特に、すぐに離婚することは難しいものです。

それでも、1年以上経って何も進展がないなら、「彼が運命の人」と思いたい気持ちに執着しているだけなので、きっぱりと諦めて次に進むこと。

人を不幸にして自分が幸せになる――それは絶対に成り立ちません。だから、もし好きになった相手にもう誰かがいるのなら、そこを壊すようなことを絶対にしてはならないのです。それは大切な自分の幸せな未来のためです。

そして、もし心からその人のことが好きなら、一生思い続けてください。長い人生、どこかのタイミングで一緒になれる可能性はあります。それが80歳のときかもしれないけれど。

■男性は「自然な成り行き」に夢とロマンを見ている

男性が一番嫌いなことは、「強制力」と「依存」です。

夢とロマン、自由を燃料にして生きている彼らは、外からの強制力でしなければならないことが増えて自分の行動を制限されることと、誰かに依存されて身動きができなくなることを嫌がります。

だからといって、男性は女性を守りたくないわけでも、家族を養いたくないわけでも、仕事をがんばりたくないわけでもありません。普通の男性なら、大切な人を守りたいし、養いたいし、仕事だってもっとがんばりたいと思っています。

実は、男性も私たち女性が白馬の王子様を待っているのと同じく、「守りたい」と自然に思わせてくれる、たったひとりの女性との出会いを待っています。

なぜなら、男性も本能的に、守るものを持つことで自分の中から自然に力が湧き、男としての力がより一層発揮されると知っているからです。

このとき強制力と依存が嫌いな男性にとって最も大事なのは、この人と一緒の未来が自然とイメージできるかどうか。彼らは「自然な成り行き」に夢とロマンを見るのです。

だからこそ、自分が好きになった人から、好意を返してもらう方法はひとつしかありません。あなたが相手にとって、自然と力が湧いてくる「守りたい女性」になることです。どんな男性でも共通して求めているのは、心のきれいな自立した女性です。

ひとりでもきちんと前向きに生き、どんな人に対しても同じ態度で、思いやりを持って接することができる、笑顔のかわいい、心の穏やかな、内面も外面も美しく磨きをかけた女性。

男性にそんな一面を感じさせることができたら、どんな男性でも自分の残りの人生をこの女性と一緒に創造的に生きていきたいと思うものです。

■30日間1日10個モノを捨てる――幸せになる直感を磨くレッスン

直感を磨き、男性の求める女性像を知ったら、あとは行動するのみです。自己探求やトラウマの解消など、自分の本心を探る自分探しは大切ですが、それをすればパートナーに巡り会えるわけではありません。

最も効果があり、今日からはじめられる心のきれいな自立した女性になる方法をご紹介します。30日間1日10個、自分の家から不要なモノを捨てること。

はじめは髪の毛1本でも、ティッシュ1枚でもいい。とにかく1日10個捨てることを続けてみてください。その過程で、自分にとって必要なものと不要なものを判断するセンサーと決断力を磨くことができます。

同時に、現実世界でモノを捨てるという行動は、潜在意識の中に溜まった、済んだ過去の記憶、いらない感情を捨てることにつながります。

傷ついたこと、怒りを感じたこと、悲しかったこと、寂しかったこと、そのような記憶は、本人は忘れているつもりでも、自分を生きづらくする原因になります。

30日間1日10個、目の前から不要なものを排除し、目に見える現実に変化をもたらすことで、劇的な効果があります。

新しい出会いや幸せ、豊かさが舞い込むには、新しいスペースが必要です。自分の身の回りの状態と心の状態は比例します。汚い家に住む心がきれいな女性はいません。

掃除が行き届き、整った家に暮らす女性はやっぱり心も整って穏やかです。そういう女性には必ず、幸せな未来が待っています。

■植村絵里の情報発信のご案内

ポッドキャスト:植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である」
http://apple.co/2erZ4RX

ブログ:「Beautiful Wisdom」
http://beautifulwisdom.jp

メルマガ:「会うたびに美しく」
http://beautifulwisdom.jp/about/1/

Facebook:植村絵里
https://www.facebook.com/uemura.eri

Instagram:eripeco
https://www.instagram.com/eripeco/


DressProjectでのコラム連載の過去記事:

vol.1「「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる」
https://p-dress.jp/articles/2616

vol.2「今すぐできる。運がいい女になる7つの習慣」
https://p-dress.jp/articles/2646

vol.3「年下男性との恋を育むコツは「3つの感情」を刺激し続けること」
https://p-dress.jp/articles/2772

vol.4「自分を成長させる恋愛をする人が、よい結婚・よい人生をつかみとる」
https://p-dress.jp/articles/3052

vol.5「女性が仕事をする意義は、次世代に生きる知恵を伝えることにある」
https://p-dress.jp/articles/3289

vol.6「美しい人に聞く、植村絵里さんの6のきれい習慣 #6 起業家」
https://p-dress.jp/articles/3290

vol.7「女37歳。自分主催・ご招待の誕生日パーティを開催して気づいたこと」
https://p-dress.jp/articles/3801

この記事のライター

1980年東京生まれ、聖心女子大学卒。クイックエステBeautiQ(ビュティック)創業者。 自己実現と出産育児を自由に選択でき、内面も外見も美しい女性があふれる社会作りをモットーに、28歳で起業し、日本初の女子大生ベビーシ...

関連するキーワード


恋愛 結婚

関連する投稿


「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」をご存知ですか? その名の通り、DNAを用いた婚活方法。自身の遺伝子を検査し、遺伝子レベルで「相性」を調べてくれるのだとか。いま話題を集めるDNA婚活について詳しく聞いてきました。


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

「30代になった。そろそろ結婚を……」女性がそう思っていても、彼は同じように考えてくれているのか? むしろ、結婚なんてしたくないと否定的かもしれない。そんな彼に「結婚したい」と思わせるための方法を3つアドバイスします。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい