年下男性との恋を育むコツは「3つの感情」を刺激し続けること

年下男性との恋を育むコツは「3つの感情」を刺激し続けること

年下男性×年上女性の組み合わせは珍しくなくなった昨今。年下男性にアプローチしたい女性、年下男性からアプローチされる女性も少なくないはず。年下男性との恋愛における注意点や考え方を植村絵里さんがコラムに綴ってくれました。


私のエステサロンに通う男性客のお話を聞いていると、「年上の女性が好き」という方が最近とても多いです。 実際に私の周りでも年下男性と付き合っている女性も多く、この私も過去に最大で8歳年下の男性と付き合ったことがあります。

その彼とは別れているため、関係が上手くいかなかったわけですが、今となればその理由がよくわかります。 今回は、年下男性との付き合い方のコツから、恋愛で学ぶべき大切なことをお話していきます。

■なぜ、男性は年上女性が好きなのか?

男性は程度の差こそあれ母性を求めています。そして必ずどの男性の中にも理想の女性像があります。それは彼が人生で一番初めに好きになった女性。

お母さんや幼稚園の先生や初恋の女性など、新しい女性に出会ってもその面影を追い求め、どこか似ている空気感を持つ人を好きになります。

その理想の女性に共通することは、自分を認めて包容してくれること。なぜなら、男性にとって一番大事なことは、自分のプライドが傷つかないことだからです。

現代の女性、とくに男性より年下の女性は、その男性を立てるという視点がすっかり抜け落ちて、わがままで甘え放題な傾向があります。それが恋愛と思っている若い女性も多く、男性はずっと自分がリードし続けなくてはいけないのか、と思うと付き合う前から疲れてしまっています。

一方、年上女性は、経験や知識が豊富で話していて楽しい。一緒にいて成長を感じられ、また自立しているように見えるから、男性は年上の女性とならラクに自分らしくいられるのではないかと勘違いをします。

男性が「自分らしく」というのは、否定されることなくありのままを受け入れて認めてもらえること。応援してもらえること。つまり理想の女性が自分にしてくれたことです。

■年下男性だけじゃない。すべての男性が感じたい3つの感情

年下男性の抱く理想とは逆に、年上女性もまた、年下の彼氏に対して甘えたい、癒やされたいと思っています。社会で仕事をがんばっている自分の話を聞いてほしい、労ってほしい、認めてほしいと望んでいます。

つまり、二人が同じことを同時に相手に満たしてもらおうとしている。これが年下男性と年上女性が上手くいかない一番大きな理由です。

すべての男性が望んでいることは「美しくて賢い女性に精神的に満たされ、男としてのプライドを保ちたい」ということです。それは、相手が年上だろうが年下だろうが関係ありません。

さらに、すべての男性が感じたい3つの感情があります。

1つ目は、認められたい。(ありのままの自分を受け入れてほしい)
2つ目は、存在意義を感じたい。(自分は役に立つ、必要とされる男だと感じたい)
3つ目は、ステイタスを感じたい。(自分は特別で1番であると感じたい)

年齢に関係なく、この3つの感情を刺激されると男性はたまらなく心地いいと感じます。一時期だけモテる女性は、外見が魅力的や媚びるのが上手というのがありますが、男性から長く愛され続け、そばにいてほしいと思われる女性は「心地よさ」という刺激を与えます。

男性は、この3つの感情をいつも満たしてほしいと思っていますし、そう感じさせてくれる人を大切に守りたいと思っているのです。

■年下男性と付き合うときにやってしまいがちなNG行為

年下男性と付き合う年上女性が陥りやすい罠は、「見下す」「頼りないと感じる」「年下だからと諦める」ことです。年下という事実が、この3つのネガティブな気持ちを女性の中に助長させるのは確かですが、年齢に関係なく、この3つすべては男性が最も嫌うこと、男としてのプライドを傷つけられることです。

また、年下の彼氏を育てようとすることも、実は彼のプライドを傷つけ、彼の力を奪うことにつながります。たとえば、彼に対し仕事に関係する人を紹介したり、仕事のアドバイスをしたりすることは、そのときは喜んでいる様子に見えても、男性の原動力となるエネルギーは満たされず、仕事ができるようにはなりません。

男性は育てるものではなく、自らの力で目覚めてがんばるようにエネルギーを注ぐ関わり方をすることです。いつもニコニコして、彼のいいところをたくさん認め、ありのままを受け入れてあげることです。

女性から過度に期待されずに、愛情のエネルギーを注がれることで、男性性がより強く目覚め、内側から挑戦しやり抜く態度が醸成されてくるものです。女性は男性を育てるのではなく、がんばってもらうように関わることが、男性がより男性らしく社会で活躍し、女性が女性らしくキラキラ輝く方法です。

女性の愛情とは、相手を理解し、共感し、受け入れることで、女性自身の調子がいいときは、彼のことをわかってあげたい、気持ちを察してあげたい、気遣ってあげたい、お世話してあげたいと思うものです。しかし、これと同じことを男性に求めても無理です。

「私のことをわかってほしい」「言葉にしなくても気持ちを察してほしい」「不安にならないように気遣ってケアしてほしい」と望んでも決して満たされることはありません。ただし、ひとつの例外を除いては。

■年下男性に「3つの感情」を常に感じさせ続ける

その例外とは、女性がまず先に、彼のわかってほしい、察してほしい、ケアしてほしいを満たし、男性が重要視している3つの感情を常日頃からシャワーのように感じさせてあげることです。

そうすると、男性はこの「心地よい刺激」を手放さそうとしなくなり、それを保つために初めて努力をしようとします。つまり、どうやら彼女の気持ちを察してあげることが必要らしいぞと彼が思うまで、辛抱するしかありません。

私も男性と付き合う中で、私の仕事にもっと興味を持ってほしい、私のがんばっている話を聞いてほしいと望んできましたが、それは叶わぬ夢だと悟りました。あなたの仕事に興味を持ち、あなたの活躍を心の底から無条件で応援してくれる男性は、この世の中にあなたの父親だけです。

でも、諦めないでください。目の前の男性を満たし続ければ、同じようにあなたを満たしてくれる日がやってくるはず。

残念なことに、その彼があなたを満たしてくれなかったとしても、彼にそのように関わり続けた努力は、決してムダにはなりません。男性が満たされたい3つの感情を満たそうとする態度は、人の良いところを見る優しい眼差しと、男性に頼れるいい意味で力の抜けた、精神的に丸みを帯びた穏やかな女性に導いてくれます。

会う度に美しく!

植村絵里の恋愛相談 〜男はみんな5歳児である〜
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhi-cun-hui-lino-lian-ai-xiang/id1160301352?mt=2

この記事のライター

1980年東京生まれ、聖心女子大学卒。クイックエステBeautiQ(ビュティック)創業者。 自己実現と出産育児を自由に選択でき、内面も外見も美しい女性があふれる社会作りをモットーに、28歳で起業し、日本初の女子大生ベビーシ...

関連する投稿


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

甘え方がわからないけれど、大好きな人に甘えたい! 話を聞いてほしい! ずっと一緒にいたい! けれど、ちっとも男性はその気持をわかろうとしてくれません。ここでは「そもそも甘えとは?」を学ぶことで、男女の恋愛観を考えます。大人らしく「賢く甘える」秘訣もご紹介します。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活