働き方に関する記事

大人女性の働き方は十人十色。ワーママから起業ストーリーまで、働く女性をテーマに幅広くお届けします。

働き方に関連するキーワード

人生計画 ワーキングマザー タスク管理 チームワーク
>>働き方に関連するキーワード一覧

【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第3回目では、数ある社会問題のどれを自分のミッションにしたらいいか、そのヒントを見ていきます。


育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

子育てに専念する道を選び、一度退職したお母さんたち。これからの時代、彼女たちが、自らの希望で再び、就労の機会を得るための、自治体独自の施策推進が求められている――。自らの経験を生かして支援を進めていきたい、と佐藤あつこさんが綴ります。


お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第3回では、脳外科医/ファッションデザイナーのDrまあやさんをお招きしました。


「好き」を仕事にする生き方――空間プロデューサー七種珠水さんに聞く

「好き」を仕事にする生き方――空間プロデューサー七種珠水さんに聞く

自分の好きを集めることで、心安らぐ部屋の作り方を教えてくれた空間プロデューサーの七種珠水(さいくさ たまみ)さん。実は彼女は、未経験の分野で、知識も人脈も経験も何もないところから起業したストーリーの持ち主です。今回は彼女が実践してきた、「好き」を仕事にする生き方についてお話しを伺いいました。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#2 すぐできる4つの方法

【誰でもできる、本業で社会貢献】#2 すぐできる4つの方法

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第2回目では、よくある悩みや疑問を元に、視点を変えて本業で社会貢献をする方法を探っていきます。


アラフォー再就職デビュー。職場の人間関係のカギは「年下男子」⁉

アラフォー再就職デビュー。職場の人間関係のカギは「年下男子」⁉

子育てや家庭が一段落するアラフォー世代。再就職したいと思っても「ブランクのあるアラフォーの再就職は難しい……」という話も聞きますよね。でも、それはちょっと前まで。ここ数年の人手不足で企業の熱い視線はブランクの長いアラフォー女性にも向けられつつあります。今どきのアラフォー再就職デビューの「職場の人間関係」に迫ります。


起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

自由な働き方はどうすれば実現できるのか。「月数万円、年数万円、という小さい仕事を複数持って生活する、というのはどうですか」と提案している本を読んで思い出したことがあります。複数の仕事を持つことを、「稼げないから副業」ではなく、「スキルや経験を得るためのセカンドビジネス」と考えてみるのはいかがでしょうか。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#1「公益経営」って何?

【誰でもできる、本業で社会貢献】#1「公益経営」って何?

社会貢献――最近よく聞く言葉ですが、セレブが多額の寄付をしたり、週末にボランティアをしたりと、普段の生活とは切り離したところにあると思っていませんか? そんなイメージを覆す「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説します。


医師で起業家のわたしの時間管理術

医師で起業家のわたしの時間管理術

時間管理術について、内科医として働きながら、セミナーやコンサル、執筆など、個人でいくつもの事業を展開する岡本彩さんに聞きました。シングルマザーとしてひとりで子育てしながら、なぜそこまでいろいろなことができるのか。その答えは「時間を買う」考え方にありました。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

新しいキャリアに向けて何をしたらいいかわからない……。そんな悩みを持つ女性は少なくないはず。24歳で女性向けメディア『4MEEE』の立ち上げに参画、フリーランスの経験を経て、現在は同社COOの坂梨亜里咲さん。先のことがわからない時でも「行動力」で道を切り開いてきた彼女に、自分のやりたいことを実現する秘訣を伺いました。


女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

内科医として働きながら、セミナーやコンサル、執筆など、個人でいくつもの事業を展開する岡本彩さん。なぜ医師という高収入な職業に就きながらも、収入を得るルートをいくつも構築しているのでしょうか。起業するまでに直面した大変な現実、起業後のリアルについて綴っていただきました。


ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画初回では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招き。前編に続き、後編をお届けします。


「私」の人生、あるいは「家族」の人生――働く母として思うこと

「私」の人生、あるいは「家族」の人生――働く母として思うこと

チェコの片田舎で、3姉妹を抱えてのフリーランス生活。海外で、自分らしく笑顔で子育てするためにはどうすればいいのか。わたしが思うことを書き綴りました。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコの片田舎で、3人の娘を抱えながらのフリーランス生活。リビングの片隅にあるスタンディングデスクがマイポジション!


今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

内閣官房シェアリングエコノミー伝道師「シェアガール」の肩書で普及活動をする石山アンジュさん。複数の肩書を持ち「限りなくフリーランスに近い、社員」という新しい形のパラレルキャリアを実現されています。自分のビジョンを実現するために必要な視点の持ち方など、多様化する社会で活躍し続けるためのヒントを伺いました。


21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

先日オープンした、21世紀を生きる女性のための会員制コワーキングスペース「SHEworks」。「お互いを高め合える仲間との出会い」と「ライフスタイルサポート」のふたつの特徴を持つ新感覚のワーキングスペースです。スペースのレポートと創業者インタビューをDRESS編集部がお届けします。


act dress
女性の電話相談 手相占い 不倫 年下彼氏