今すぐできる。運がいい女になる7つの習慣

今すぐできる。運がいい女になる7つの習慣

運気アップを願うなら、良い習慣を自分のものにすることから。日々の習慣、行動で未来の自分は作られていきます。「運気を上げる方法」なんてないんです。実際に動いて、習慣を身につけましょう。他者とモノと自分を大切にする三方良しの「運がいい女」になる7つの習慣や特徴をご紹介します。


私、植村絵里が実践している「運がいい女になる7つの習慣」をご紹介します。難しいことはひとつもありません。今すぐ取りかかれることばかり! あたりまえのことだけど、つい疎かにしがちかもしれません。新年、という新しいことを始める絶好の機会に、見直してみませんか?

■1.依頼は喜んで受ける

「これは自分にできるかな?」と少し不安に思う依頼でも、「喜んでやらせていただきます!」と自信を持って受けること。

自分の実力を自分で評価するのは傲慢な考え。相手の役に立てるかは相手が決めることだから。せっかく依頼してくれたのに自信のなさでお断りしたら、成長のチャンスの逃すだけでなく、相手の期待も裏切ることになります。

期待されたものが現在の自分の実力より大きくても、期待された姿に頑張って近づこうとする過程で力がついていき、気づいたらそれが自分の実力になっているもの。だから、依頼は喜んで受けましょう(陰で思いっきり努力を)!

受けた限りは最高のものを出せるように、寝る暇も惜しんで自分に負荷をかけて可能性を伸ばす。乗り越えられない壁はそもそも与えられないものだから。

■2.すぐに返信する

メッセージを開いたときが返事をするベストタイミングと肝に命じること。

「既読スルー」、これは相手のエネルギーと時間を奪う行為。相手の気持ちと時間を尊重するなら、完璧な答えより素早い反応が何より大事。

あなたからの反応が早ければ早いほど、相手は嬉しいし、ストレスがないし、助かります。

後でゆっくり返信しようと思っていても、次から次にタスクは増え続け、時間は止まってくれません。だから、メッセージを見たらすぐに返信。なんでもいいからまずリアクション。

運勢とは、勢いを運ぶと書きます。運はスピードに乗ってやってくるのです。

■3.本物を使う

日常生活の中に壊れやすくて扱いづらい「本物」に触れる機会を増やすこと。

プラスチックの食器は割れなくて便利。ポリエステルはシワになりづらく自宅で簡単に洗える。モノを乱暴に扱うつもりはなくても、こういう便利なものに囲まれると無意識のうちに、モノの取り扱いが雑になり感謝の気持ちが薄れてきます。

シルクのブラウスを着たらシミをつけないように食べ方に気をつけたり、陶器の食器を持ち上げたら割れないように丁寧に静かに置きます。

すべてのモノを常日頃から大切に扱えるなら言うことなしですが、実際は、所作は「心」が決めるのではなく、使う「モノ」で決まります。プラスチックだから少しくらい乱暴でもOK。高価な陶器は慎重に扱う、というように。

だから、少ない数でいいから日常から本物を使い、本物に触れるようにしてみる。まず、「お客さま用」と棚の奥にしまってある食器を今日から自分用に使ってみる。1枚何千円もするお皿を毎日洗っていると、自然とモノの扱い方が変わり、それがモノを丁寧に扱う美しい所作につながります。

■4.メモ魔になる

自分の記憶力を過大評価しないこと。

「こんな素晴らしい話、忘れるはずない!」と思っていたのに、翌日になると何を聞いたのか思い出せないという経験は誰にでもあるはず。

せっかくのいい話を自分の人生で活かすために、打ち合わせ、会議だけでなく、飲みの席などにもメモを持参し、心に響いた言葉はその場ですぐに書き残す。そして、翌日に必ず読み返して、心に響いた内容を再確認し、この話をきっかけにしてどんな行動を起こすかを決めること。

いい話を聞くだけでは人生は変わりません。人生を変える方法はたったひとつ――行動することだけです。

■5.知恵を循環させる

いい話を聞いたら、自分の中だけにおさめないで、身近な大切な人にも同じ話を伝えること。

それぞれが持っている経験や知識を共有し合い、その知恵を他人が使い、実践することで知恵が浄化され、より高度な知恵に昇華される。

さらに、知恵を授けてくれた人にフィードバックを返せば、また新しい知恵を伝授してくれる。

そうやって知恵を伝達し、利用し、循環させていると、自分のところに常に素晴らしい知恵や情報が集まってきます。

そして、いい情報は常に、いい人に乗ってやってきます。知恵を循環させる人は、いい人もいい情報も引き寄せるのです。

■6.「いただきます」を忘れない

食前の「いただきます」という挨拶を忘れないこと。栄養はサプリに頼らず命あるものからいただくこと。

食べるという行為は、カラダに必要な「栄養」だけでなく、命という地球の「エネルギー」をカラダに取り込むことだから。

「いただきます」の意味は、「肉や魚や野菜の命を、私の命にさせていただきます」というそれぞれの食材への感謝の気持ち。食べることは、自分のカラダに取り込んだ命のぶんも、精一杯生きる使命を担うこと。

毎食時にこの「いただきます」という感謝の気持ちを絶やさない人は、食欲が自然に落ち着き少量でしっかり満足できるようになります。これこそが、自分が最も健康で、心地良く動ける、美しい体型になる秘訣です。

■7.60兆個の細胞を意識して手当てする

1日1回必ず、自分のカラダにちゃんと触れて「手当て」をすること。

人から放たれる「オーラ」とは、自分を構成する60兆個の細胞の輝きの度合い。オーラ全開の人というのは、60兆個の細胞すべてがイキイキして、その人の味方をしてくれているということ。

元気がないときやオーラが低下しているときは、必ずと言っていいほど、外界にばかり意識が向いているとき。「自分なんて……」と落ち込んだときこそ、足の指の一本一本を丁寧にマッサージすると、文句ひとつ言わずにカラダを支えてくれている、2cmほどの小さな小指の存在に気づきます。その小指もあなたの大切な一部なのに、「私なんて……」というときはその存在をすっかり忘れています。

自分を認めるとか、自分を愛するというのを難しく感じている人が多いですが、自分の内側を愛する前に、まず、自分のカラダのパーツ、一つひとつに目を向けて撫でてあげる。細胞は不思議なことに、意識を向けて手をかけてあげればあげるほどキラキラと輝き出します。目には見えないけど、感じることができる、美しく輝いている人のオーラの正体は、60兆個の細胞が喜んで自分の味方になっている状態のことだから。

■最後に:カタチから入ろう

3つ目の「本物を使う」という習慣にもあるように、常に意識するのは難しいけれど、カタチから入ってみると、気づいたときには良い習慣や美しい所作が身についているものです。だから、良い習慣を身につけたかったら、まずカタチから入るのをおすすめします。素敵なノートを選んだり、上等なマグカップに変えてみたり、新年は身の回りのモノをワンランク格上げするいい機会になりますね。

私は今年から、普段着を着物にすることにしました! 洋服から着物にするだけで、私という人間の中身は変わってないのに、手の動きや歩き方がゆっくり丁寧になります。これもカタチから入って、自分の中身を変える方法です。

環境に適応するという人間の特徴を上手に活用して、自分を取り巻くモノや人や衣服や住居などの環境を戦略的に変えて、気づいたら習慣化しているという状態を作り出し、自分が理想とする女性に無理なく自然に近づける毎日を過ごしてくださいね。

皆さんにとって、素敵な一年になりますように。

会うたびに美しく!

この記事のライター

1980年東京生まれ、聖心女子大学卒。クイックエステBeautiQ(ビュティック)創業者。 自己実現と出産育児を自由に選択でき、内面も外見も美しい女性があふれる社会作りをモットーに、28歳で起業し、日本初の女子大生ベビーシ...

関連するキーワード


人生

関連する投稿


生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生き方や働き方、もっと身近なもので言うと、ファッションやメイクもそうだ。どんなことでも、他人に迷惑をかけない範囲ならば、何を選んだっていい。生きづらい世の中、他人に無関心になる優しさを誰もが持てば、皆が少しずつ生きやすくなるんじゃないかと思う。


専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

生き方や働き方は誰もが自由に選択できる、はずなのに……。何を選んでも何かしら非難される気がするのは、気のせい? 特に昨今否定されがちな専業主婦という生き方に注目し、本当に「ダメな選択」なのか、考えてみたい。


信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

東京都狛江市を拠点に活動する主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」による公演「幾星霜 RETURNS」を観た。昨年9月に上演された「幾星霜」の再演。そして、2017年5月には「幾星霜 OKAWARI」として、コマエンジェルが銀座博品館劇場に進出する。


地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

どこで生きるか。それは、何の仕事をするか、誰と生きるか、といった課題と並んで大きく人生を左右する選択。自分の価値観にあった望む生き方ができる場所はどこだろう? それに悩んだ女性は、何を思い、どういう結論を出したのか……?


『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

いよいよ春ですね。桜とともに過ごすこの季節は、私たちの生活に多くの「変化」を運んできます。そうした変化の中において、もしかしたらあなたの心はちょっぴりくたびれているかもしれません。今日はそんなあなたに、花咲く季節にふさわしいある物語から、心の中の「傷ついた少女」を癒してくれる優しい言葉をお届けします。


最新の投稿


新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断(NIPT)を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスク、他の診断方法(羊水染色体検査や絨毛染色体検査など)との違いなどを山中智哉医師が解説します。


普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

ミキモトのパールネックレスといえば「一生モノ」の代名詞。そのジュエリーは、長い歴史に裏打ちされた技術と志があるからこそ、色褪せることなく未来に向かって輝き続けるのかもしれません。愛おしさすら感じる素敵な雑貨をセレクトして紹介する連載「愛しい雑貨」2回目では、そんなミキモトのパールネックレスを取り上げます。


【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

約650年の歴史を誇る日本の伝統芸能、能楽。最近、能楽が女性の間でブームになっています。とはいえ「能は観たことがないし……」と敷居が高いと感じている人も多いのでは? そんな方には、7月29日(土)に行われるイベント「能楽カフェ×体感する能『黒塚』」がおすすめ。DRESS限定、終演後の能舞台ツアーも開催!


結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

私は「結婚が怖い」と回避して回避して30代になった。そんな私が、内田樹先生の『困難な結婚』と出会い……ちょっと結婚に対する意識が前向きに変わったので、紹介させてください。


狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

初めて能楽堂へ訪れる方へおすすめなのが、横浜能楽堂で定期開催している「横浜狂言堂」。狂言の世界へはじめの一歩を踏み出してみませんか? 通常、狂言は能とあわせて演じられますが、横浜狂言堂では狂言だけをピックアップし、1回の公演で2曲楽しめるのが魅力。直近では6月11日に開催されます。