自分を成長させる恋愛をする人が、よい結婚・よい人生をつかみとる

自分を成長させる恋愛をする人が、よい結婚・よい人生をつかみとる

恋愛は自分を成長させるプロセスのひとつ。恋愛を通して自分自身をどれだけ深く掘り下げることができるかが、結婚を成功させる鍵です。恋愛を通して成長したい人向けに、クリアするべき3つの課題をお伝えします。


■恋愛は自分と向き合う、自分を成長させるプロセス

「とりあえず結婚したい」。そういった理由から婚活をする方は多いと思います。

その気持ちもわかりますが、結婚前に恋愛を通して自分と徹底的に向き合うことが、よい結婚生活を通して、よい人生を送るために何よりも大事だと私は思います。

結婚が目的で結婚してしまったら、そこで目標達成。その後、妊娠に出産、お受験と次の目標を掲げてひとつずつ達成しても、常に心に満たされない何かが残ります。

なぜなら、結婚も出産もお受験もそれは人生の通過点であって、自分の命を費やす本当の目的でも、命が喜ぶ本当の願望でもないからです。

私は恋愛の目的とは自分の本当の願望や本心に気づくことだと思っています。自分はこの人生で何を望んでいるのか、どんなライフスタイルを送りたいのか、どんな人と一緒に生きていきたいのかを明確にすることです。

つまり、恋愛とは自分自身を深く知っていくプロセス。恋愛は相手に向き合っているようで、自分自身と向き合っているということでもあるのです。

その過程で相手の嫌なところが見えたら、自分にもその部分があると思うこと。相手の素敵なところが見えたら、自分にも同じように素敵な部分があると認めること。

■恋愛を通して成長するために、クリアしたい3つのミッション

それぞれの恋愛には、ミッションがあります。ミッションとは、人生で学ぶ課題です。そのミッションをクリアしない限り、次の素敵なステージに進めません。

結婚する前に、是非ともクリアしたいミッションは大きく3つあると思います。

(1)執着を手放す

これは、束縛をしないということです。「この人でないといけない」「これでないといけない」と思うことは、視野を狭め、あらゆる可能性を否定し、相手と自分の自由を奪うことです。

究極どちらでもいい、何でもいい、という何事にもとらわれない軽やかな気持ちこそ、相手のありのままを受け入れるベースになります。

(2)自己犠牲を払わない

これは、我慢をやめるということです。自分を愛するとは、自分のエネルギーを弱めないという選択をすることです。

自己犠牲という我慢は、自分のエネルギーを下げるだけでなく、私がこれだけやっているんだから、それに気づいてほしい、ありがとうと言ってほしいと相手に期待し、相手に然るべき態度を強要することになります。これは相手のエネルギーも下げることにもなります。

(3)今あるものを大事に育てる思考を持つ

これは、熱しやすく冷めやすい根本原因に気づくということです。つまり、不足に注目するのをやめて、今あるものに目を向け、そこに価値を見出し、大事に育もうとする意識です。

■感情が動かない恋愛では成長もしない。時間がムダなだけ

誰かを好きになると、自分がコントロールできない感情が動き出します。この感情がすべての成長の源です。

にも関わらず、多くの人はこのコントロールできない感情を恐れて、ひとりの人と向き合わないように仕事を忙しくしたり、複数の人と同時に関係を進めたりして、ひとりにかかる割合を減らそうとします。

彼以外は見るなということではなく、彼氏がいる状態で他の男性とデートしてもいいのですが、彼氏と会いながら他の人のことを考えたり、他の男性とデートしながら彼氏と比べたりしないことが大事です。

なぜなら、適当に付き合っていても、感情が動かないから。感情が動かない恋愛は、ただの時間のムダです。

恋愛の目的は自分の真の願望や本心に気づくことだと言いましたが、人は手に入れたいものが明確になれば、必ず手に入れることができると思います。でも、常に現在に不満を抱えている人がいるのは、手に入らないのではなく、手に入れたいものがわかっていない状態だから。

自分の願望に気づくために一番大事なのは、目の前の人に100%意識を向けること。徹底的に目の前の人に向き合い、自分の揺れ動く感情を感じるということです。

そのときこそ、自分を知り、自分を成長させるチャンスです。恋愛を通じて、自分が成長していくことを楽しめるようになってください。

さらに、相手を受け入れ愛することで、自分を受け入れ愛することのできる女性に自分を磨いていきましょう。 女性が自分自身を認め、愛にあふれる存在になることこそが、社会を良くする方法だと私は信じています。

■3月20日にセミナーを開催します!

3月20日(月・祝)14時〜@都内 女性限定セミナーを開催します。

恋愛、結婚、パートナーシップ、自分の才能を活かす仕事、夢の叶え方、これからの女性の生き方など盛りだくさんの内容で私が今考えていることを話します。詳細はメルマガやブログでお伝えします。

【メルマガ登録がまだの方は是非登録してくださいね!】
女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓
https://goo.gl/JVwBdc

【Podcast聴いてください!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」
ここから無料で聞けます↓
http://apple.co/2erZ4RX

この記事のライター

1980年東京生まれ、聖心女子大学卒。クイックエステBeautiQ(ビュティック)創業者。 自己実現と出産育児を自由に選択でき、内面も外見も美しい女性があふれる社会作りをモットーに、28歳で起業し、日本初の女子大生ベビーシ...

関連するキーワード


恋愛 結婚

関連する投稿


「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」をご存知ですか? その名の通り、DNAを用いた婚活方法。自身の遺伝子を検査し、遺伝子レベルで「相性」を調べてくれるのだとか。いま話題を集めるDNA婚活について詳しく聞いてきました。


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

「30代になった。そろそろ結婚を……」女性がそう思っていても、彼は同じように考えてくれているのか? むしろ、結婚なんてしたくないと否定的かもしれない。そんな彼に「結婚したい」と思わせるための方法を3つアドバイスします。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活