1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第5話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第5話

Share

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。<第5話>

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第5話

●第5話の登場人物
伊藤有紀(いとうゆき/49歳・フリーライター・50歳目前にして婚活を開始) 
矢野瑛子(やのえいこ/48歳・婚活マナー教室講師・有紀の親友)




●ここまでのあらすじ 
わたしは伊藤有紀、仕事はフリーライター。10年前に夫を交通事故で亡くしてから、ひとりで息子を育ててきました。息子・陽向(ひなた)が大学生になったのを機に、婚活を開始。婚活会話教室で講師を務める親友・瑛子のアドバイスで、まずはマッチングサイトPairs(ペアーズ)に登録。49.9歳。ちょいぷよのわたしに下された、次なる指示とは。

■婚活するなら「ぽっこんお腹ベルト」今すぐ外しなさい!

 Pairs(ペアーズ)に登録したし、アポ入れする結婚相談所(しかも2社)も決まったし。なんだか一気に事が運んだぞ。がんばったなぁ……。達成感に酔いしれながら鴨しゃぶにパクつくわたしを、突然、未曽有の悲劇が襲った。
「あっ、やっ、何すんのよ!」
「何すんのじゃないわよ、何?これ!」婚活鬼コーチこと、親友の瑛子大先生が、油断しきったわたしのおなかを、むぎゅ、とばかりに掴んだのだ。ユニクロの防寒パンツ「極暖」の上にぽよんと載っかった、わたしの脂肪ベルトを、である。
「推定体脂肪率36%ってとこだね。この軽肥満女めが~」


「な、こわ。なんでわたしの体脂肪率知って……」
「やっぱりか。有紀のことだから、『肥満っていっても軽、だし』なんて呑気に構えてんでしょ。いい? 数値の問題じゃないの。お腹ぽっこーんって出た女に惚れる男がどこにいるのよ。婚活する気があるなら、痩せなさい。まずはその脂肪ベルトを外す! 今すぐ!」
 前からうっすら思ってたけど、瑛子ってやっぱりドSの女王様?
「わかりましたよう。でもね、今すぐなんて無理だよ。そんな簡単に痩せられるなら、誰も苦労しな……」
「いいからメモする! わたしが言った通りにする! 軽肥満くらいなら、あっという間に痩せるから」
 マジですか? 半信半疑のままメモした、瑛子先生のダイエットご指示は以下の通りであった。

■朝昼は好きに食べてOK! 1週間で薄いお腹を作る婚活緊急ダイエット法

 ダイエットドリンクを使う、オリジナルの置き換えダイエット法(だそうです)。


1) ダイエット開始は夜から。その夜だけ、ちょっと苦しいけど夕食をダイエットドリンクのみとする。8時までに飲み終え、それ以降はもしお腹が空いても、お茶か水を飲んで耐える。
2) 翌日から本格的にダイエット開始。といっても、朝昼は好きなように食べて良い。パスタだろうとステーキだろうと自由。パフェもケーキも食べてよし。ただし夕方4時まで。100歩譲っても5時まで。
3) 夕食はダイエットドリンク + パンまたはおむすび1個。


「ステーキもパフェも食べていいダイエットなんてある? こんなんで痩せられる気、しないけど……」
 おそるおそる尋ねると、瑛子の答えはこうだった。
「軽肥満くらいの女性って、過食を続けた結果、胃拡張気味になってるみたいなんだよね。だから最初の夜を乗り越えた段階で、もう胃がキュッと締まるっていうか。それまでより早く満腹感がくるみたいよ。だから、日中は好きなだけ食べていいって言われても、まぁ普通の量で満足できるわけ。ギャル曽根じゃない限りね。で、夜はダイエットドリンクでカロリー抑えるじゃない? そうすると、1日に摂取するカロリーが、自然に少なく抑えられるわけ。成人女性の標準摂取カロリー1800kcalを下回れば、必然的に痩せるからね。この方法、ウソみたいに簡単よ。まあ騙されたと思ってやってみて」


 納得できたような、でもどこか狐につままれたような気持ちのまま、言われるまま、わたしはメモを取った。
「あ、ねぇ、この夕食にパンかおむすびっていうのはなんで? 炭水化物ってダイエットの大敵じゃないの?」
「有紀、それ古いし。ダイエットドリンクって基本栄養素満たすようにできてるんだけどね。唯一足りないのが炭水化物なわけ。炭水化物を足さないと、筋肉量を維持できないのよ。筋肉が減ると一時的には痩せたように見えるんだけど、代謝が下がるから、脂肪を燃やせない身体になっちゃうわけ。一時的に痩せて見える、でもすぐ太っちゃうっていうリバウンドは、これが原因なんだよ」

 なるほどなぁ。瑛子、ダイエットアドバイザーにもなれそう。なんて博学なんだろう。だから48歳にして、小気味良いほどスレンダーな体型を維持できてるわけね。デキる女はちゃんと勉強してる。これ、どんなジャンルに関しても言えることかもね。

■体重計禁止 見た目重視できれいに痩せる

「あ、それと、大事なポイントね。体重は計らないこと」
「え、なんで? 体重計らなきゃ、痩せたかどうかわからないじゃない」
「あのね、自分が痩せたかどうかわからない女がいる? いつもの洋服着たらわかるでしょ、キツいか緩いか。ダイエットって、つい数字ばかり追いかけちゃうけどさ。数字が減っても、見た目がいい感じにならなきゃ意味がないわけ。だからヘルスメーターの数字じゃなく、鏡に全身映してみて、洋服着てみていい感じになるように持ってくのよ。ああ世話が焼けるなぁ、もう」

 へへ、ごめんね、と愛想を振りまくわたしに、瑛子はさらなる追い討ちをかけた。
「明日からダイエット始めるでしょ? で、1週間後、銀座に出てくること。Fの本店行くからね。最強の戦闘服、買ってもらいます」

 せ、戦闘服!? 



(第6話へつづく)

バックナンバーはこちらから
第1話(https://p-dress.jp/articles/2082
第2話(https://p-dress.jp/articles/2083
第3話(https://p-dress.jp/articles/2087
第4話(https://p-dress.jp/articles/2149
第6話(https://p-dress.jp/articles/2197
第7話(https://p-dress.jp/articles/2226
第8話(https://p-dress.jp/articles/2252
第9話(https://p-dress.jp/articles/2277
第10話(https://p-dress.jp/articles/2343
第11話(https://p-dress.jp/articles/2382
第12話(https://p-dress.jp/articles/2405
第13話(https://p-dress.jp/articles/2425
第14話(https://p-dress.jp/articles/2454
第15話(https://p-dress.jp/articles/2487
第16話(https://p-dress.jp/articles/2521
第17話(https://p-dress.jp/articles/2545
第18話(https://p-dress.jp/articles/2576

バックナンバーはこちらから
第1話(https://p-dress.jp/articles/2082
第2話(https://p-dress.jp/articles/2083
第3話(https://p-dress.jp/articles/2087
第4話(https://p-dress.jp/articles/2149
第6話(https://p-dress.jp/articles/2197
第7話(https://p-dress.jp/articles/2226
第8話(https://p-dress.jp/articles/2252
第9話(https://p-dress.jp/articles/2277
第10話(https://p-dress.jp/articles/2343
第11話(https://p-dress.jp/articles/2382
第12話(https://p-dress.jp/articles/2405
第13話(https://p-dress.jp/articles/2425
第14話(https://p-dress.jp/articles/2454
第15話(https://p-dress.jp/articles/2487
第16話(https://p-dress.jp/articles/2521
第17話(https://p-dress.jp/articles/2545
第18話(https://p-dress.jp/articles/2576

Share

伊藤 有紀

フリーライター。 39歳のとき、夫が急逝して、わたしは突然ミボージンになりました。以来、ひとり息子をなんとか一人前に育てあげなくてはと、仕事と子育てに多忙な日々を過ごしてきたのです。あっという間に月日は流れ、息子がようやく...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article