1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 結婚したいと思ったら、まずは自分を知ろう【魔女たちの結婚相談所】

結婚したいと思ったら、まずは自分を知ろう【魔女たちの結婚相談所】

これまで累計2万人以上の女性をサポートしてきた“結婚のプロ”が運営する婚活結社『魔女のサバト』。この春『やっぱり結婚しなきゃ! と思ったら読む本:35歳からのナチュ婚のすすめ』を出版しました。自分らしくいられるパートナーの探し方は? 私に合う婚活方法は? 実際に婚活に悩む女性を通じて、3人の魔法を体験してみませんか?

結婚したいと思ったら、まずは自分を知ろう【魔女たちの結婚相談所】

「積極的に動いているのに運命の相手と出会えない」
「興味のない人からはアプローチを受けるのに、気になった人には相手にされない」

婚活の仕方が悪いのか、そもそも結婚に向いていないのか……。

ここは、結婚はしたいけど婚活に少し疲れてしまった女性が集まる「魔女たちの結婚相談所」。結婚のプロである3人の魔女が、悩める女性の相談に乗っています。

さて、本日も恋愛に疲れた女性がやってきたようで……。

3人の魔女プロフィール

川崎貴子
キャリアコンサルティング会社「リントス株式会社」の代表取締役。働く女性のための婚活サイト「キャリ婚」、婚活結社「魔女のサバト」を主宰。これまでに2万人以上の女性の悩み相談を受けてきた。別名黒魔女。

金沢悦子

金沢悦子
株式会社「はぴきゃり」代表取締役。女性限定キャリアの学校「はぴきゃりアカデミー」を主宰。「ワーキングウーマンタイプ(現ウーマンタイプ)」の初代編集長を務める。別名白魔女。

トイアンナ

トイアンナ
P&Gジャパン、LVMHグループを経て独立。キャリアや恋愛について執筆する。書籍『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』『やっぱり結婚しなきゃ! と思ったら読む本』など。別名妖精。

■片思いに捧げた20代。気付けば周りは既婚者ばかり

写真

本日の相談者は、婚活歴約10年のくみさん。

都内のメーカー企業で経理として働くくみさんは、仕事の合間をぬって合コンや街コンに参加しています。これまで婚活からお付き合いに至った男性も何人かいたのだそうですが、どれも続かずに現在もフリーなんだとか。

「出会いはあるけどなぜか長続きしない……」そんなくみさんの悩みに、3人の魔女が切り込んでいきます!

写真

■7年間の片思いの末に……

写真

トイアンナさん(以下、トイアンナ):まずは、くみさんのこれまでの恋愛について教えてくれますか?

くみ:はい。最初に彼氏ができたのは、大学生の頃でした。相手はバイト先の人。私が彼のことを好きで好きでしょうがなくて、共通の友人に協力してもらいながらアプローチしたんです。その結果、彼とお付き合いすることになりました。でも、彼の態度が変わったとか、思っていたような人と違ったとか、そういうはっきりした理由はないのに、付き合えた途端に私の気持ちが冷めてしまって。結局、付き合うと言っても手をつなぐくらいしかできず、すぐに別れてしまいました。

川崎貴子さん(以下、川崎):次にお付き合いしたのは、35歳になってからだよね。初めての彼氏からだいぶ間が空いているけど、その間は恋愛はまったくしていなかったの?

くみ:いえ、仕事を通じて出会った人に約7年片思いしていました。

金沢悦子さん(以下、金沢):7年もすごいね! だからひとり目とふたり目の間がこんなに空いているんだね。

くみ:実は、婚活を始めようと思ったきっかけのひとつは、彼に振られたことなんです。長らく片思いをしていたから、振られたときには30歳を過ぎていて。彼を振り向かせることにずいぶん時間を使っていたけど、結婚をしたいなら現実を見なきゃ、と思い婚活を始めました。

金沢:なるほど。その、ずっと片思いしていた彼との話を聞いてもいいかな?

くみ:はい。私は会社の経理部で働いているんですけど、彼とは仕事のときにたまに会うくらいで。普通に過ごしているとほとんど接点がないんです。だから、彼に少しでも近づくために、飲み会をセッティングしたり、ふたりきりになれる時間を作ろうとしたりとアプローチをしていました。でも、私が行動すればするほど彼は私に冷たい態度を取るような気がしていて。

あるとき彼も参加していた飲み会があったのですが、まだ会は終わっていないにもかかわらずこっそり彼が帰宅しようとしているのを目にしたんです。飲み会が始まる前は晴れていたのに、外は雨が降り始めていて。私はそのとき偶然傘を持っていたので、これはチャンスだと思い「私、傘持っているので駅まで送ります!」と声をかけました。そうしたら、「ひとりで帰るのでいいです」って断られてしまって……。

■失恋をきっかけに婚活を意識するように

写真

金沢:そのときのくみさんの気持ちを聞いてもいい?

くみ:まさかそんなことを言われると思っていなかったから、びっくりしてしまって。思わず「私そんなに嫌われるようなことしましたか?」と聞いたのですが……。「僕はもう、みんなに優しくすることを辞めたので。だからあなたも僕に構わないでください」と言われました。

最初は言っている意味がわからなかったのですが、後から振り返ると私の好意が迷惑だってことを伝えたかったのかな、と……。

この出来事をきっかけに、次の恋を探さなきゃと婚活を意識するようになったんです。あとは、結婚していないことで周りからいろいろ言われるようになり、「結婚したらこんなこと言われなくなるのかな」と思い始めたのもこの頃ですね。

川崎:周りからいろいろ言われるって、どんなことを言われていたの?

くみ:たとえば「最近取引先のあの子が結婚したらしいよ。そういえば、くみさんってまだ独身だっけ?」と言われることが増えました。30歳を過ぎた頃から、誰かの結婚を引き合いにだして、私が結婚していない理由を興味本位で聞いてくる質問を受けることが多くなったんですよね。それで、「結婚していないっておかしいのかな?」と思い悩むようになって……。

長年片思いしていた彼に振られたことと、「結婚していない」ことで周りからの風当たりが強くなるタイミングが重なったことが婚活の後押しになったのだと思います。

■婚活も就活と同じ。まずは自己分析をしよう

写真

トイアンナ:くみさんは「結果を出すこと」にゴール設定をしているなって思ったんですよね。だから、大学生の頃の彼は付き合った途端に興味を失って、社会人になって片思いしていた彼はなかなか振り向いてくれないからずっと引きずっているってことはありますか?

くみ:ああ、確かにそうかもしれないです。なかなかこっちを振り向いてくれないと、「もうちょっとがんばれるんじゃないか」「どうアプローチしたら振り向いてくれるんだろう」ってことばかり考えてしまうんですよね。

これ、最近出会った人に対してもそうで……。お付き合いまでは至っていないのですが、少しいい感じになっている方がいるんです。でも、彼は中国の方で、コミュニケーションが難しいんですよ。私は日本語しか喋れないので。今は、「彼が好き」って気持ちよりも、
「彼と付き合うと中国語が喋れるようになるかも」って気持ちがあるんです。

金沢:結婚から「中国語の勉強」に目的がすり替わっているかな? 彼と関わっていくうえで何かしら結果を出したいから、難しそうな「結婚」からハードルの低い「中国語の勉強」にゴールが移ったんだね。くみさんって婚活前に自己分析はした?

くみ:自己分析はしたことないですね……。婚活でも自己分析って必要なんですか?

金沢:就活では、自分にあう企業や職種を見つけるために自己分析をするでしょ? 婚活も同じ。人生のパートナーを見つけるためには、まずは自分のことを知らなきゃ。婚活結社の魔女のサバトでは、“i-color”っていうツールを使って自己分析をしているの。統計心理学を用いた自己分析のツールなんだけどね、ざっくり12色の性質で分けることができて。そのなかでも、くみさんは“オレンジ”の性質を持っている人なんだよね。

くみ:オレンジってどんな性質の持ち主なんですか?

金沢:まさしく、くみさんのように「結果を出すこと」に価値を見出すタイプなんだよね。著名人でいうと、フィギュアスケートの羽生結弦くんがこのタイプ。羽生くんが2位になったときに受けたインタビューで、「これは1位を取るための経験でしかない」って話していたのね。この映像を見たときに、まさしくオレンジの性質を地でいっている人だって感動したよ(笑)。羽生くんのように、スポーツの世界でなら活躍しやすいんだけど、婚活ではちょっと気をつけたい性質の持ち主でもあって……。結果が出るまでがんばることを辞めないから、「叶わぬ恋」に時間を費やす傾向が強いんだよね。くみさんはどうかな?

くみ:思い当たる節がありまくります……。直近で付き合った人もそうでした。婚活で知り合って、彼からアプローチを受けたのですが、10歳以上も年下の方だったので最初は私が遠慮してしまって。でも、何度も会ううちに少しずつ彼に惹かれていったんです。一方で、彼はだんだん私に興味がなくなってしまったようで……。一緒にいても元カノの話ばかりしてきたり、付き合うまでに私にかけたお金を返して欲しいと言われたりして、短期間で別れてしまいました。それでもしばらくは「私がもっと頑張っていればいいお付き合いができたんじゃないか」と後悔していましたね。

金沢:そんな男別れて正解! 仮に、彼と結婚できたとしてもくみさんが幸せになるイメージができないよね。結果が出なかったからって、後悔している時間がもったいない。

オレンジの性質の人が結婚したいと思ったら、婚活におけるゴール設定を見直すのが大事。今のくみさんは「結婚」をゴールにしているでしょ? どんなにひどい相手でも結婚という結果がでなかったら負けだって思ってしまう。だから、うまくいかないといつまでも引きずってしまうんじゃないかな。

自分のことがわからない状態で婚活に挑んでも、うまくいかないのは当然。しっかり自己分析して自分を知ることができたら、戦略も立てやすくなるよ。

写真

■自分だけの“理想の結婚”を定義しよう

写真

金沢:i-colorで自分の性質を知れたら、“理想の結婚”を叶えるためにさらに自己分析を進めよう。そもそも、くみさんにとっての“理想の結婚”ってどんなものを思い描いている? たとえば、土日はずっとイチャイチャしていたいとか、トキメキよりも親友みたいなラフな関係がいいとか……。

くみ:一緒にいる時間を大事にしてくれる人と結婚できると、幸せだろうなって思います。

川崎:パートナーとは毎日一緒にいたい?

くみ:うーん、相手の都合とかもあるだろうから、絶対毎日私といて欲しいってわけではないかも。それに、毎日だと私も疲れるかな……。平日はそれぞれ自由に過ごして、休みの日は一緒にいるのが理想ですかね。

川崎:休みの日はどんなことして一緒に過ごしたい?

くみ:できれば、自宅デートよりも外に出て一緒に何かできると嬉しいです。

川崎:なるほど。ちなみに、“一緒に”ってどのくらいの頻度や距離感をイメージしている? たとえば、テニスを一緒にするとしたらふたりでテニス教室に通うのか、それともを試合をするのか、とかね。

くみ:あぁ……それでいうと、試合をする方が理想ですね。私、自分ががんばっている姿を人に見せるのに抵抗があって。だから、泥臭く練習している姿ってあまり見られたくないんです。趣味でお琴をやっているんですけど、まだ弾けない曲を練習中で先生に注意されたり、失敗して落ち込んでいる姿は見られたくない。でも、上達して演奏会に出るときは目の前で応援してほしいです(笑)。

金沢:うんうん。この話、まさしくオレンジの性質が出ているよね。とっても結果重視。くみさんにとっての“一緒に”は、過程じゃなくて結果だけ共有したいってことなんじゃないかな。

くみ:これまで考えたことがなかったけど、確かにそうかもしれないですね……。だから休日パートナーと一緒に過ごしていても、なんだかしっくりこなかったのかも。

トイアンナ:たとえば、私もパートナーと一緒の時間を大切にしたいとは思っているけど、会話はなくていいんです。日中はそれぞれ好きに活動して、夜寝るときだけ隣にいればいい。このくらい、人によって“一緒”の定義が違う。生涯を共にする相手だと、そこの考えがずれるとしんどいよね。自分の理想をしっかり言語化しておくと、ピタッとはまる価値観の人、つまり理想の結婚生活を共に過ごせそうな相手を見つけやすくなると思うんです。

■見た目はいちご、中身はグレープフルーツ。婚活市場ではギャップが仇となる

写真

川崎:これまでお話をしていて、気になったことがあるんだけど……。くみさんって、これまで付き合った人や仲いい友人から「見た目と中身にギャップがある」って言われたことはない?

くみ:よく言われます! 付き合いが浅いうちは「ふんわりした雰囲気で怒ったりしなさそう」って言われるんですけど、仲良くなると意外と頑固で譲らない性格だよね、と……。

川崎:結果にこだわる、つまり負けず嫌いな性格だもんね。見た目と中身にギャップがあるって、通常は魅力のひとつになるんだよ。なんとも思ってなかった人の意外な一面を見て、ドキッとした経験がある人も多いんじゃないかな。でも、婚活市場では必ずしもプラスには働かなくて。

くみ:え! なぜなんですか?

川崎:婚活って、まったく知らないところから関係性を築いていくじゃない?だから、どうしても最初は相手のことを見た目で判断してしまうんだよね。見た目って言っても美人とかイケメンとかじゃなくて、「この人は自分と合うかどうか」を目に見える情報から判断するの。

だから、柔らかい見た目のくみさんは、「優しそう」「癒やし系」と判断されて、そういう女性が好みの人が集まってくるんだよね。でも、実はくみさんって内面は勝ち気で負けず嫌いな性格じゃない。だから、話せば話すほど「想像していたのと違った」と思われてしまいやすい。一方で、芯の強い女性が好きな人は、くみさんの見た目から「この人は僕のタイプじゃなさそう」と判断して最初から避けてしまう。見た目と中身にギャップがあると、こういうもったいない状態に陥りやすいんだよね。


くみ:確かに、婚活で出会った人と全然長く続かないんです。相手からアプローチを受けて付き合い始めたのに、途中からなぜか相手の気持ちが冷めていったり、マウントを取られるようになったりして……。このギャップを解消するにはどうしたらいいんでしょうか?

川崎:コミュニケーションの初めに、「私はこういうギャップのある人間なんです!」って明言しちゃえばいいと思うよ。そうすると、一気に婚活しやすくなるはず。

自分を商品だと仮定してみてほしいんだけど……。自分と相性の良い人にアピールするためには、商品をどこに置くか、どんなラベルを貼るといいのか。今のくみさんは、いちごの皮を被っているのに、中身はグレープフルーツなんだよね。甘いものが食べたくて購入したのに、すっぱいとがっかりしちゃうでしょ。でも、世の中には甘いものよりもすっぱいものが好きな人もたくさんいる。だから、「私甘そうな見た目ですけど、実はすっぱい味をしているんですよ」ってしっかりアピールすることが大事。


くみ:なるほど。今度からはちゃんと「私中身はすっぱいんです!」ってお伝えしていきます!

川崎:うん、ぜひやってみて。せっかく自分の価値観を定義付けできても、その価値観にあうはずの相手から見た目を理由に避けられたらもったいないからね。

***

魔女たちの結婚相談所の連載第1回目となる今回。相談者のくみさんは、魔女たちから「理想の結婚のための自己分析方法」を教えてもらいました。次回は「どんな相手と結婚したら幸せになれるか」を学んでいくようです。

ココロもおサイフも満たされている人生を生きているとき、私はどんな生活をしているのか? それを叶えるパートナーの条件である、3つのイエスとは?

自己分析についてもっと詳しく知りたい方、いますぐ3つのイエスについて知りたい方はぜひ3人の魔女が記した『結婚しなきゃ! と思ったら読む本』をご覧ください。「ときめく人」ではないかもしれない。でも、「一緒にいて楽な人」を探す魔法が載っています。

統計心理学でわかる「ナチュ婚」診断はサバトHPで!

魔女たちによる婚活ワークショップ開催!

①マッチングアプリで成婚しよう!マッチ率3倍のプロフィールづくり
開催日時:10月30日(土)13:00~15:00

お申込みはこちらから

②結婚のプロが教える 結婚への最短ルート
開催日時:11月13日(土)13:00~15:00

お申込みはこちらから

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article