1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第3話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第3話

Share

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。<第3話>

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第3話


●第3話の登場人物
伊藤有紀(いとうゆき/49歳・フリーライター・50歳目前にして婚活を開始!?) 
矢野瑛子(やのえいこ/48歳・婚活マナー教室講師・有紀の親友)





●ここまでのあらすじ

わたしは伊藤有紀、仕事はフリーライター。10年前に夫を交通事故で亡くしてから、ひとりで息子を育ててきました。1浪の末、息子・陽向(ひなた)が大学に合格し、子育てもほぼ完了。そろそろ自分の人生のことも考えなくてはと親友の瑛子に相談をもちかけたところ、喝を入れられます。婚活マナー教室で講師を務める瑛子曰く、女性が再婚しやすいのは49歳まで。50歳になったら検索対象にされることすら稀であるため、Web主体のいまどきの婚活では圧倒的に不利なのだとか。苦戦必至の状況下で、瑛子から提示した緊急TO DOリスト。その詳細は!?



■教えて、瑛子先生 Pairsって何?

「いい? 次のメモ。緊急ダイエット法、いくよ!」
すっかり鬼コーチモードのスイッチが入った瑛子が、2杯目の中ジョッキに手を伸ばしながら、わたしに檄を飛ばしてくる。
「あの、ちょっと待って。ダイエットはする、するけど、その前にこのリスト、よくわかんないのよ。ヘアサロンにまつエクの予約とかはいいとして、1番の「Pairs(ペアーズ)」から説明してくれない? これってどういうの?」



 ほんの小1時間前まで、「わたし、本当に再婚したいのだろうか」なんて呑気なことを考えていたはずなのに、状況は風雲急を告げていた。婚活という名の大海へ、わたしは急遽、漕ぎ出すことになったらしい。50歳を目前に控えての婚活開始。正直まだ腰が引けているんだけど……。



「ん。じゃあまず1番のPairsからね。初めに言っておくけど、これはハイリスクハイリターンな緊急措置よ。Facebook連携のマッチングサイトだから他よりは安心感がある。ただし、登録情報が自己申告制だから、男性がプロフィールに書いている情報、すべてが真実とは限らないわけ。独身だって書いてあるのに、実は既婚者だとかね。有紀が40代半ばくらいまでなら、使わなくていい気がする。どちらかというと、婚活より恋人探しに向いてるサイトだから。でも、49.9歳っていう非常事態だからこそ、ここも使ってみたらどうかなって思ったんだよね。結婚相談所経由では出会えないタイプの男性につながれる可能性はあるからさ……。じゃ、Pairsの使い方ね」
 瑛子先生、やはり頼りになるなぁ。

■伊藤有紀、49.9歳 Pairsに登録する

「・まずは自分の情報を登録して、プロフィールページを用意する。
・名前は匿名やイニシャルでいいし、イヤなら顔写真も載せなくてよい。
・「いいね!」をもらって自分からも「いいね!」を返すか、またはその逆によってマッチングが成立する。
・マッチングが成立したら、メッセージのやりとりを開始できる。
・ただし、要年齢確認書類提出。スマホで写メを撮ってそのままメールで送ればいいから、手続きとしては簡単。
・連携してはいるが、Pairsでの活動はFacebookに反映されない。また、Facebook上の「友達」がPairs上で表示されることはなく、気まずい思いをすることはない。

どう? 大体の感じ、わかった?」

「わかったような、わからないような……」
「ああもういい。有紀に任せてたら話が進まないね。いま登録しちゃおう。手伝うからさ」


 瑛子が取り出したiPad miniで、ものの10分、15分の間にわたしはPairsにプロフィールを公開する身となった。名前は適当なイニシャルにしたし、顏写真も載せていないから、気楽なものといえばそうなのだけど、それでもなんだかちょっと緊張する。べんがら格子の中で殿方からのお声掛かりを待つ、遊女にでもなった気分というか。

「でもね、顏写真を載せないと『いいね!』をもらえる確率がうんと下がるから、いろんな意味で不利ではあると思うよ。男性が『いいね!』を送る女性を選ぶ規準って、1に顏、2に年齢って決まってるから」
「そうなんだ。でもやっぱり、まだ踏ん切りがつかないな。顏出ししちゃったら、もう後戻りできない気がして」とチキンなわたしの気持ちを、瑛子も察してくれた。
「うん。なんとなくわかる。マッチングサイトじゃなくてもね、婚活は無理なくすることが大事。有紀がしたいようにするのが一番だよ」


 瑛子の言葉に、なんだかとってもほっとした。そうだよね。ここから先、まだ長い人生を一緒に生きていくひとを探すんだもの。そんな簡単に出会えないよね? 無理をしたら、きっと続かないから。わたしらしいペースで進めていこう。緊急事態ではあっても、あせらずに。うん。

(第4話につづく)

バックナンバーはこちらから
第1話(https://p-dress.jp/articles/2082
第2話(https://p-dress.jp/articles/2083
第4話(https://p-dress.jp/articles/2149
第5話(https://p-dress.jp/articles/2162
第6話(https://p-dress.jp/articles/2197
第7話(https://p-dress.jp/articles/2226
第8話(https://p-dress.jp/articles/2252
第9話(https://p-dress.jp/articles/2277
第10話(https://p-dress.jp/articles/2343
第11話(https://p-dress.jp/articles/2382
第12話(https://p-dress.jp/articles/2405
第13話(https://p-dress.jp/articles/2425
第14話(https://p-dress.jp/articles/2454
第15話(https://p-dress.jp/articles/2487
第16話(https://p-dress.jp/articles/2521
第17話(https://p-dress.jp/articles/2545
第18話(https://p-dress.jp/articles/2576

Share

伊藤 有紀

フリーライター。 39歳のとき、夫が急逝して、わたしは突然ミボージンになりました。以来、ひとり息子をなんとか一人前に育てあげなくてはと、仕事と子育てに多忙な日々を過ごしてきたのです。あっという間に月日は流れ、息子がようやく...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article