ライフスタイル

人生をよりよくするための習慣や、趣味を楽しむアイディア、ひとり時間の過ごし方、人間関係を楽にする方法など、日々の暮らしをアップデートしたい女性に向けたコンテンツをお届けします。また、マネー術やインテリア、整理術といった、今すぐ使える実用的な記事も豊富にご紹介します。

ライフスタイルに関連するキーワード

対談・インタビュー 断捨離 法律 インテリア 社会問題 人間関係 ひとり時間 バレンタイン 生き方 お悩み
>>ライフスタイルに関連するキーワード一覧

くびれもできる? ボルダリングでストレス解消!【アンチストレスSPOT】

くびれもできる? ボルダリングでストレス解消!【アンチストレスSPOT】

日々の仕事に恋愛に……、一生懸命頑張っているからこそ、蓄積していくストレス。そんな、平日に溜まりきったストレスを発散できると話題のスポットに潜入! 記念すべき第一回は、「ボルダリング」を体験してきまし…


お・も・て・な・しが怖い

お・も・て・な・しが怖い

飛行機の中は寒い。私は月に一度は日本とオーストラリアを往復するので、ひと月あたり24時間以上、機内の寒さと格闘していることになる。


New Shop 行かなきゃ始まらない!? 今月のMUST GO(2014年10月)

New Shop 行かなきゃ始まらない!? 今月のMUST GO(2014年10月)

FENDI 松屋銀座店 新コンセプトに一新! 日本最大級のラインナップ松屋銀座店がリニューアルオープン。フランス人建築家グエナエル・ニコラ氏による最新のグローバルストアコンセプトを導入した日本第1号店。アイ…


「私たち」という幻想

「私たち」という幻想

「私たちってさ」って言いあう友達、どれぐらいいます? 高校生の頃、同じ制服を着て同じ教室に毎日集まる女の子たちは「私たち」だと思っていた。私たち、恵まれているよね。私たち、ちょっと特別な女の子だよね。私たち、何にだってなれるんだ。みんな同じ。だから、スカート丈一つで「私たち」の中の棲み分けが出来た。


作家・甘糟りり子さん主催読書会「ヨモウカフェ」のお知らせ

作家・甘糟りり子さん主催読書会「ヨモウカフェ」のお知らせ

連載「生涯嫁入り前」や10月号でのジェーン・スーさんとの対談も読者に好評の作家・甘糟りり子さん。主催する読書会「ヨモウカフェ」が10月16日に開催されます。第12回目となる今回の課題図書は、甘糟さんの新刊『産…


2030(にーまるさんまる)に乗っかろう!

2030(にーまるさんまる)に乗っかろう!

読書の秋。最近のお気に入りは、ジェーン・スーさん。 「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」(幻冬舎)のほか、「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」(ポプラ社)も面白かった。まさにDRESS世代がメインターゲットなので、既に読まれた人も多いのではないでしょうか。 ところで最近、安倍政権が躍起になって進めている「女性活躍」について、それが進みにくい本質的な理由をスーさんの本にみつけたので、ちょこっと触れてみたいと思います。


行かなきゃ始まらない!?今月のMUST GO(2014年9月)

行かなきゃ始まらない!?今月のMUST GO(2014年9月)

CASA LOEWE 表参道新生ロエベ世界初店舗が表参道にオープンストアコンセプトは、建築家ハビエル・カルバハルが手掛けた1959年のロエベショップにインスパイアされている。新クリエイティブ ディレクター、ジョナサン…


「こじゃれた巨木の会」発足

「こじゃれた巨木の会」発足

先日、時間調整のため一人でフラッと入った、 初めて訪れたカフェに DRESSでお世話になっている美人編集者のKさんに偶然遭遇。 なぜか旅の話になり、 なぜか私は“巨木フェチ”で巨木に会いによく旅をする話になり そしたら 実はKさんも巨木好きだとわかり、 なぜか“メタセコイアの巨木”の話になり


自然災害に備えるためのマネーマネジメント

自然災害に備えるためのマネーマネジメント

最近、自然災害が本当に頻繁で、他人事ではすまされない感じです。日本は亜熱帯の気候になってしまったのかも。これからは激しい気象状況を覚悟して暮らしたほうが良さそうです。折しも、9月1日は「災害の日」なので、この機会に自然災害とお金のことを紹介しておきますね。


New Shop 行かなきゃ始まらない!? 今月のMUST GO

New Shop 行かなきゃ始まらない!? 今月のMUST GO

COLE HAAN GINZA STORE世界初のコンセプトショップを銀座にオープンネイビーを基調としたファサードに、自然光がたっぷり入る開放的なエントランス。高級感を感じさせながらどこか親しみを感じられるようなコール ハ…


カミングアウト続出!セレブのLGBTカップル

カミングアウト続出!セレブのLGBTカップル

過去に5つの五輪金メダルを獲得した、オーストラリアの元競泳選手、イアン・ソープが自身が同性愛者であることを告白。近頃、セクシャル・マイノリティを公言して自分の生き方を貫くセレブが急増中。そこで気になるL…


理解者

理解者

僕は子どもは欲しいんですけど、嫁さんはいらないんですよね と語る中年ディレクターがいた。 でも結婚には興味があるらしく、 「小島さん、結婚てどうですか」 「子育てってやっぱり楽しいですか」 と質問が多い。


ともだち

ともだち

結婚して子どもが出来てから、友達が減った。それで何も困らなかった。夜はあまり出かけられないし、出かけたいとも思わない。子どもたちを寝かせたら家事、それから夫といろんな話をして寝る。それが何よりの寛ぎだったし、楽しかったから。


Vol.6:DRESSな女は「ひとり旅」上手

Vol.6:DRESSな女は「ひとり旅」上手

皆さん、お休みはきちんと取れていますか? 私は、節目節目で細かく打ち上げていかないと前に進めないタイプなので、大きなプロジェクトが完了したり、報告書の納品やプレゼンが終わったりするたびに、何かと息抜きをしてしまいます。仕事に邁進するのも大切ですが、たまには旅に出て新たな価値観と出会い、新しい自分を発見するのは素敵ですよね。


サッカー見ながら、経済もウォッチ!

サッカー見ながら、経済もウォッチ!

いよいよ、FIFAワールドカップ2014、ブラジル大会がスタートしました! 私の知人にもブラジルまで応援に行った人がいますが、国内でもブルーのユニフォームに身を包み、熱く応援する姿があちこちで見られるのでしょうね。 そこで今回は、ワールドカップと経済の関係を見ていきましょう。


7つのこだわりのお店 - 行かなきゃ始まらない!

7つのこだわりのお店 - 行かなきゃ始まらない!

7つのこだわりのお店をご紹介しいます。個性派アイテムが見つかるセレクトショップから、ハワイのパンケーキ専門店、コールドプレスジュースのお店まで、こだわりを感じるお店をご紹介します。


ひとりごはん

ひとりごはん

私は料理をつくらなかった。いや、夫と二人のときは作っていたのだが、子どもが生まれ、子どもが二人になり、仕事と育児と家事でパンクして、料理は夫に投げた。遠足のお弁当も、夫が作った。


「人を招いて、部屋をセンスアップ!」【藤原美智子 連載】

「人を招いて、部屋をセンスアップ!」【藤原美智子 連載】

5月の連休の前後に、海の近くにある週末の別邸で、そして1週間後に東京の自宅でも取材を受けました。今回はたまたま3つの企画が重なってしまったんですが、実は、私は20代の頃から定期的に自宅の取材を受けるようにしているんです。


住宅は消費税が上がった今が、意外と買い時。

住宅は消費税が上がった今が、意外と買い時。

ゴールデン・ウイークが終わり、また夏休みまでがんばって働かないといけない時期になりましたね。 アラフォーともなれば、けっこう長い間人生やってるから、この繰り返しにちょっぴり飽きている人もいるのでは? ファミリー世帯であれば、進学・進級など、子どもに絡んだライフイベントがあるので気が紛れるけれど、シングルやDINKSの場合、イベントといえばせいぜい旅行くらい。人生に刺激がなくなって、退屈を感じることも多いのではないでしょうか。


ひとりでいる力

ひとりでいる力

というわけで(前回と前々回をご参照あれ)、オーストラリア・パースと東京との行ったり来たりの暮らしをしている私なのだが、東京にいるときは、夫と同棲を始めた26歳の時以来の一人暮らしである。