人間関係に関する記事

仕事での付き合い、女友達、夫婦の間、SNSの知り合い。人間関係って、維持するのがとても大変で、めんどくさいと思う時も。そして時にはストレスになりうるものです。またその一方で元気をもらえることも確か。上手に付き合っていく方法や心構えなどをコラムでお届けします。

人間関係に関連するキーワード

コミュニケーション パートナーシップ SNS
>>人間関係に関連するキーワード一覧

人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は、自分と他人との間に境界線を引いて、そこから立ち入らないよう、ほどよい距離感を保っています。そしてベストな線引きは、自分が持っている「コミュニケーションの前提」で決まってきます。ゆっくり過ごせる時間があるときに、自分の前提を見直してみませんか?


パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだと分かりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、現代の結婚観にこそ問題があるのかもしれない。今回は複数人と同時交際を行う「ポリアモリー」とともに、“婚外”で性関係を持ってもいいとして、注目を集める「オープン・マリッジ」という結婚の形について掘り下げていく。


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立つか、成り立たないか」人それぞれ考え方はあるかもしれないけれど、そもそも「友達」や「友情」とはなんなのだろうか? 肩書きや言葉に惑わされて見えなくなっている「男女の関係性」について、掘り下げていく。


「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

嫌いな人間ができるたびに、いけない気がして封じ込めてきた。しかし、好きも嫌いも、人間だからこそわき出る自然な感情だ。嫌いという感情と向き合い、とことん考え尽くすことで、見えてくるものがあると知ってほしい。


ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

無理に作る必要も、嫌な人と付き合う必要もない。それが友達。皆さんにとって「女友達」とはどんな存在ですか? ほどよい距離感のを保てる女友達とは、関係が長続きします。


女友達と疎遠にならないことの難しさ

女友達と疎遠にならないことの難しさ

女友達と疎遠になる時期がこれまで何度かあった。そして今、私に女友達はいない。世の大人の女性たちは、一体何人くらい女友達がいるのだろうか。既存の女友達との関係を継続するのは、新たに女友達を作る以上に難しいと思う。女性同士はそれぞれの環境の変化が原因で、疎遠になってしまうことをつくづく実感する今日この頃である。


過敏性腸症候群の治し方

過敏性腸症候群の治し方

「働くオンナのストレス相談室 #2」職場の人間関係がきつい時に、我慢し続けるべきかどうかと悩む女性のお悩み。お腹がなったり、ガスが溜まったりする「過敏性腸症候群」とどう付き合うべきか、治し方とは。今回は、ゲイの精神科医のTomyさんに答えいただきました。過敏性腸症候群の治し方は、ストレスとうまく付き合うこと。


女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達とは、何かを共有していれば、共感していれば、ずっと仲良くやっていけると思っていた。でも、年齢を重ねるにつれ「それは違うんじゃない?」と思う部分が出てくる。慣れたはずのやりとりを忘れてしまう瞬間とは。


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん夫婦対談・前編「“この人は異星人”だと思えば夫婦の会話は減らない」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん夫婦対談・前編「“この人は異星人”だと思えば夫婦の会話は減らない」

年齢差8歳の夫のマサヒロさんと川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に記載)との対談。元夫と離婚してから1年後に現夫と出会い、今では幸せな結婚生活を送る彼女。「異星人と思って接せよ」「会話せよ」など、今までの夫婦生活を振り返りつつ「幸せな結婚生活を送る方法」についての彼女のアドバイスをみていく。


「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載 #1】

「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載 #1】

素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうこともある。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイをお届けします。


世渡り上手な女、下手な女

世渡り上手な女、下手な女

知人とも言い難い希薄なつながりでも、人前で「私たち、仲良しなんです!」と言いきり、楽しそうにふるまう女性はいる。大人の世渡りとしては上手いのだろうけれど、モヤッとする気持ちも……。


軽やかに生きたいなら、人間関係も“断捨離”対象。

軽やかに生きたいなら、人間関係も“断捨離”対象。

断捨離で捨てるモノは目に見えるモノだけではありません。人間関係の整理整頓も断捨離のひとつ。煩わしい、ストレスがたまるマイナスな関係は見直して、すっきりしてみませんか?


自分と毎日が輝き出す習慣【長谷川朋美 連載 #5】

自分と毎日が輝き出す習慣【長谷川朋美 連載 #5】

<後編>新刊『自分と毎日が輝き出す50の習慣』出版記念トークライブで長谷川朋美さんが語った、本には書かれていない習慣を6つご紹介します。できないことは、できるまでひたすら繰り返す・わからないことをそのままにしない。徹底的に調べるなど、人生を輝かせる上で必要なポイントが語られています。


褒め言葉は偏見の裏返し?

褒め言葉は偏見の裏返し?

「お子さんがいるように見えませんね!」は褒め言葉のつもりなのか? いくつかの「褒め言葉」っぽく聞こえる言葉からにじみ出るものについて、小島慶子さんが考えます。


勇者から転職! 夫婦で戦士と白魔道士のパーティーを組んでみた

勇者から転職! 夫婦で戦士と白魔道士のパーティーを組んでみた

ずっと「勇者」として生きていた私。夫と出会い「戦士」と「白魔道士」を交互にするようになってから変わったこととは――?


人の言葉よりも行動を見よう。全ては自分から始まる。

人の言葉よりも行動を見よう。全ては自分から始まる。

「裏切られた……」「話が違う!」彼氏が浮気した。離婚したいと突然言われた。貸したお金が返ってこない。仕事内容が聞いたものと違う。世の中のトラブルはなくならない。そして、そのほとんどは人間関係のこじれからくるのではないか。


夫に洗ってもらったパンツしか履かない

夫に洗ってもらったパンツしか履かない

昔、私は「良い仕事人」で「良い妻」で「良い友だち」になりたいと思っていました。 <良い人にならなければいけない>という思い込みの穴に、いつ落ちたのでしょうか? 学校の授業だったのか、親の子育てだったのか、読んだ本や漫画なのか、メディアの影響なのか。


“ともだち”は、線ではなくて点

“ともだち”は、線ではなくて点

子供の頃、とても人見知りだった私は、未だにその気質が抜けていない。仕事をしているときは「小島慶子」といういわばショウケースにおいてある売り物なので、初対面の人でもこちらをある程度は知ってくれている。こ…


遊井亮子さんの場合 【キレイのために捨てていること #7】

遊井亮子さんの場合 【キレイのために捨てていること #7】

想像力を働かせれば、人間関係のストレスはなくなると思います。経験していないことを想像して演じる、という仕事をしているうちに、「この人はどんな気持ちでこの言葉を言ったのだろう?」と考えるクセがついて。お…