1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 9月の新月メッセージ「濃厚なパートナーシップを築く」

9月の新月メッセージ「濃厚なパートナーシップを築く」

Share

9月の新月は29日(日)朝3時27分に起こります。天秤座の新月となり、愛のコミュニケーションが濃くなっていくタイミング。自分だけの思いだけではなく、相手に寄り添う気持ちも自然に芽生えやすくなり、パートナーや新たに出会った相手ともバランスのとれた関係性が築けそう。密度の濃いパートナーシップを一緒に育んでみませんか。

9月の新月メッセージ「濃厚なパートナーシップを築く」

現実的で厳しめな乙女座のシーズンも終わり、軽やかな天秤座がやってきて、少しホッとするのではないでしょうか。10月からは来年の準備期間に入るという流れもありますから、これまで乗り越えてきたことを振り返りつつ、心から望む愛の世界をイメージしていきましょう。

■露巌先生の9月の新月作品

新月メッセージ

9月の露巌先生の新月作品は、まさしく濃密な深い信頼関係を象徴するような、安定感のある月。いきなりできあがったものでもなければ、適当にしていたらたどり着けるような濃さではなく、「確かにちゃんと育んできた道」というものが見えるようです。

寄り添い合うというよりも、それぞれがちゃんと存在し合っているからこそのバランス感。本当に大切にしたいものを尊重し合える関係性は、こんな風にどっしりと他を寄せ付けないほど、愛のエネルギーが溢れているのではないでしょうか。

海老原 露巌さん

海老原 露巌のプロフィール

https://p-dress.jp/users/3595

書道家、墨アーティスト、文化庁文化交流使。1961年栃木県下野市生まれ。4歳より書を学ぶ。近年はパリ日動画廊、新宿伊勢丹にて展覧会を開催する。

■自分の当たり前は、相手の当たり前ではない?

大抵パートナー間のトラブルは、相手への過剰な期待や自分の思い通りにならないことへの不満だったりします。男女の違いに限らず、バックグラウンドや経験値によっても、それらは変わってきます。

職種や生活リズム、食生活や趣味など全ての要素が絡み合って、自分も相手もできあがっているのを忘れないでいたいもの。「◯◯だから」ではなく、勝手に思い込んでいる「当たり前」をまずは棚卸ししてみましょう。

自分が相手に抱いている不満について、フォーカスしてみるのがポイントです。相手が自分に不満を抱かせようとして、行動しているとは限らないからです。

■伝える努力をする

もうひとつ、大抵のトラブルの原因は、コミュニケーション不足。伝えたとか伝えてないとか、聞いてるとか聞いていないとか。ともかく一人ひとり違うのですから、それらも考慮しながら、相手にとってはどうなのか? を確認すること。

確認さえできたら、同じことでイライラすることもなく、「そういうもの」と思えるようになります。また、意外と自分が思っていたこととは違うことを感じていたりするものです。でも、それも改めて聞いたり、確認したりしないことには、気づけないのも本当です。

面倒臭がらずに、長年知っている相手だろうが、新しい相手であろうが「聞いてみること」が大切。

■「今の選択」を変えていこう

2000年以上続く男性社会の歴史から、ここ最近やっと女性社会の流れがやってきました。長年の習慣がいきなり変わるのは難しく、ここ10年は変化を感じにくいかもしれません。それらの歴史が作り上げてきた、私たちの意識に根付く潜在的な傷跡。

例えば、今の時代だからできることも、ひと昔の世代では、発信することさえも許されなかったように、私たちは先代の影響を少なからず受けています。我慢するのが当たり前だったり、どこか諦めてしまったり。

過去の結果に過ぎませんが、過去のせいにしていても何も変わりません。大事なのは「今、私たちにあるチャンス」を大切にしていけるかどうか、です。ですから、これまでの考え方や自分が縛られてきたものなど、意識的にも無意識的にも存在すると思いますが、ここから創り上げていく未来のために、「今の選択」を変えていきましょう。

軽やかな天秤座新月のパワーを活用して、まずは、相手に聞いてみる意識を持つこと。そして自分の希望を伝える勇気を出すこと。ここから始めてみてはいかがでしょうか? そしてふたりだけの濃くて素敵なパートナーシップをスタートさせていきましょう。

Text/CHIKA

Share

Chika

女性の美しく生きる力を解き放つ Executive Beauty Director エグゼクティブ・ビューティディレクター CHIKA 愛知県生まれ。ニューヨーク州Manhattan Community ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article