もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

結婚式プロデュース会社への不信感は募るばかり。度重なるモヤモヤに堪忍袋の緒が切れ、ついに信頼貯金がゼロに……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#9をお届けします。


女がプロポーズされるには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#1】
結婚式までにダイエットで10kg落とすには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#2】
言わなくてもわかってほしい男に女は……【NEO花嫁の結婚式奮闘記#3】
式場見学&イメトレで明確になった「好き」がベースの理想の挙式【NEO花嫁の結婚式奮闘記#4】
自分に合うウエディングプランナーを見極める方法とは?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#5】
最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】
結婚式準備中、プロデュース会社に不安を感じた瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#7】
不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

■堪忍袋の尾が切れた瞬間

結婚式場下見予定日の2日前。
一向にプランナーから詳細連絡が来なくて、痺れを切らした私は、
「明後日の式場の下見の件、進捗いかがでしょうか?」
とメッセージを送った。

なぜ私がプランナーのリマインドをしないといけないのだろう、と疑問がむくむくと膨らんでいくばかりだ。

しばらくして以下の返信が来た。
「ちょうど今ご連絡しようと思っていたところでした! 12時から下見できることになりましたので、どうぞよろしくお願いします」

なんということだろう。連絡が遅くなったのに謝罪がないうえに、「ちょうど今~しようと思っていた」という子供じみた一言までついている。私の心の導火線がジリジリと燃えて短くなっていく。

しかも、メッセージには下見する結婚式会場の最寄駅しか記載されておらず、どこに集合するのかといった詳細はもちろん、URLも住所も書いていない。

しかも、しかも、しかもだ。この最寄り駅が間違っている! あろうことか、本来の駅から電車で30分はかかるだろう駅が記載されている。

私は震えながら「A駅と書いてありますが、B駅の間違いではないでしょうか? そして当日はどちらに集合すればいいのでしょうか? プランナーの方は同席されますか?」と送った。

すると「すみません、B駅でしたね……。当日はおふたりで下見していただきます。ぜひ会場の雰囲気を楽しんでください!」と返ってきた。

私の導火線はあえなく燃え尽き、爆発した。もちろん叫んだり暴れたりはしないが、たちまち心臓がバクバク鳴りだし、指先からはみるみる血の気が引いていった。おそらく体中の血液が頭に上っていったのだと思う。

冷たくなった指先でタイピングし、メッセージを送った。要約すると以下のような内容だ。

・スタッフ間の情報共有ができていない(他スタッフに伝えたことを担当者が把握していない)
・情報共有システムを導入しているのに、面談前に顧客の情報を確認していない
・連絡が雑、対応も雑、なのにフレンドリーで距離感だけが近い
・高価格なのに総じてサービスの質が低い

もちろんもっと言葉を選んで書いたが、それなりにはっきりと伝えた。

一生に一度の結婚式で後悔したり泣き寝入りしたりしたくなかった。私だけではなく、私と彼の門出でもあるのだ。みすみす悔やまれるスタートにしたくない。

■私がこれだけ怒るワケ

人によっては「怒りすぎだろう」と思うかもしれない。しかし、これには理由がある。

私は学生時代に化粧品ブランドで美容部員のアルバイトをし、新卒時代に営業職に就き、化粧品メーカーでカスタマーサポート業務を担当した経験を持つ。そのため、あらゆる職場で「顧客対応」を叩き込まれてきた。

特に化粧品ブランドではホスピタリティとは何かを徹底的に教わり、店舗を訪れたお客様に頭を下げて挨拶し、立ち去るお客様にも頭を下げて見送っていた。カスタマーサポートでは悩み相談やクレームを何度も受け、真摯な受け答えを学んだ。

だからこそ、もう、こんな適当な対応は許せないのである。
「社会で一体何を教えられてきたのか? 適当な対応をするのであれば研修からやり直してほしい」
という言葉が喉元まで出かかっていた。さすがに言えなかったが。

メッセージは夜遅くに送ったが、すぐ返信がきた。
謝罪の言葉が並んでいたがテンプレートっぽく感じてしまい、どうにも心が柔らかくならなかった。先方に対して、私の心が固く閉ざされてしまったことを実感した。自分のことながら「信頼って一度壊れるとなかなか回復しないものだな」と思った。

とはいえ、もう契約金は入金済み。本当はこの会社に素敵な結婚式をプロデュースしてほしい。でも、どうしても信頼できない。相反する気持ちが私の中でぐるぐるしていた。

そこで「担当者を変えてもらう」という妥協策を考えた。もう、これで折り合いをつけるしかない。ああ気が重い、とため息をつきながら問い合わせ番号に電話をかけた。

電話には女性が出た。まず私は自分の主張に説得力を持たせるために、今までの問題点を述べた。

「実は~~といったことがあり、担当者の方を変えていただきたいのですが……」
「わかりました。担当者に確認しますので、折り返しさせていただく形でよろしいでしょうか」
「………」

また指先が急激に冷えていった。
いわば私の電話はクレームである。クレーム電話に対して開口一番出てきたのは「わかりました」という言葉。もしかして電話口に出ているのはロボット? むしろそうであってほしい……が、そんなわけはない。

このとき、担当者のみならず、この会社に対する信頼がゼロになった。
「こんなに結婚式への熱意があるのに、最初からここまで準備に苦戦するとは」と、黙って遠くを見つめた。

(第10話につづく)

この記事のライター

三度の飯より執筆が好きなライター兼心理カウンセラー。大学にて心理学を専攻後、求人・化粧品・社史の制作を経てフリーランスに。美容・心理・恋愛を中心に幅広く執筆中。婚活パーティーで200人以上インタビューした経験を持つ。エステホ...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思っているなら、まずすべきは結婚したい本当の理由を導き出すことではないでしょうか。やみくもに動いて時間をムダにする前に、「なぜ自分が結婚したいと思っているのか? 結婚してどうなりたいのか?」を、最初に考えて、本当に結婚すべきなのかどうなのか、決めるのが良いと思うのです。


夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

結婚して一緒に住むということは、生活のあらゆる面を共有するということでもあります。「金銭感覚の違い」は放置しておくと結婚生活に大きなストレスをもたらすことも。プレマリッジ・セミナーでは、まずお金についての話をするときにまず知っておきたい「マネー・パーソナリティ」を紹介しています。


“輝く女性”は幸せになれたのか

“輝く女性”は幸せになれたのか

“女性が輝く社会に”安部政権が掲げたマニフェスト。 確かに稲田朋美防衛大臣や小池百合子東京都知事、蓮舫民進党代表など、政治の世界で要職に就き活躍する女性や、企業の管理職や経営者になる女性も増えました。そんな”輝く女性“のロールモデルのような存在になれた女性たちは幸せを感じているのでしょうか。3人の女性を取材しました。


パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

のろける人があまりいない。それはのろけると相手の気分を害してしまうと思っているからではないだろうか。ならば謙遜して、自分が本当は思ってもいないようなことを言うのが正義なのだろうか。


「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

結婚しなくちゃいけない、と思ってしまっている。結婚するために出会って、恋をして。でも、その恋は、10代や20代のときの恋よりも楽しいものだろうか。結婚するまで続く、生活のパートナー探し。


最新の投稿


上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

ニールズヤードから、質の良い睡眠をサポートするためのグッドナイト ピローミストが8月1日に新登場。マンダリンの甘いシトラスの香りが穏やかな気持ちにさせ、ラベンダーやカモミールのハーバルな香りが心身にリラックス感を与える製品です。


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


DRESS部活