不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

相場の倍近く費用がかかる結婚式プロデュース会社と契約したものの、その対応に疑問を感じる私。なんとか無事に進めたいと祈るものの、担当者とのやりとりにモヤモヤが膨らんでいくばかりで……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#8をお届けします。


女がプロポーズされるには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#1】
結婚式までにダイエットで10kg落とすには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#2】
言わなくてもわかってほしい男に女は……【NEO花嫁の結婚式奮闘記#3】
式場見学&イメトレで明確になった「好き」がベースの理想の挙式【NEO花嫁の結婚式奮闘記#4】
自分に合うウエディングプランナーを見極める方法とは?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#5】
最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】
結婚式準備中、プロデュース会社に不安を感じた瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#7】

■頼れる結婚式プロデュース会社だと期待していたのに……

にこやかな女性ふたりを前に、私はひっかかりを感じていた。人差し指にできたささくれのような――小さいながらも不快な感覚だ。

その日は、結婚式プロデュース会社と二度目の面談をしていた。隣には彼が座っている。

私たちの式を担当する女性ふたりと初対面し、そのまま質問されて続けて早5分。質問される内容は、前回の面談で伝えたことばかりだった。初回の面談を担当した女性は引き継ぎをしていないのか? そう訝しく思っていたら、さらに追い打ちをかけられる。

「ガーデンウエディングをご希望ですよね。前回ご紹介した2つの会場はいかがですか?」
「……」

初回の面談でガーデンウエディングに適した会場2カ所の見積もりをもらっていた。ただ、千葉県と埼玉県の奥地にあり、アクセスが良くない会場だった。都心から向かう場合はバスで1時間移動することになる。

彼と相談して「高齢の方の負担になるからバス移動はなし」という結論になり、初回の面談を担当した女性に「やっぱりご提案いただいた会場だと難しいので、都内の会場で提案をお願いします」と電話で伝えていた。

「引き継ぎはしていないんですか?」という言葉が喉元まで出かかったが、堪えた。担当者と最初から揉めたくない。

「……高齢の方がいるのでバス移動は難しいですね。東京都でなくてもいいんですが、新宿か八王子からアクセスしやすい場所が良いです」
「そうなんですね! わかりました」

こうなると、やたら明るい応対も不快になってくる。「その明るさはいらないから、引き継ぎをちゃんとしてくれ」と心の中で呟き、私はだんだん毒っぽくなってきた。

■これで600万? 担当者の対応に不安が募る

モヤモヤする原因はほかにもあった。

多くの結婚式相談所がそうであるように、このプロデュース会社は契約者とインターネット上で情報共有できるシステムを導入しており、そこで担当者とのメッセージ交換やゲストのリストアップ、スケジュールの確認などができるようになっている。

そのシステム上で、初回面談までのタスクに「アンケート回答」と表示されていたため、私たちは結婚式のイメージや人数、日取りや希望会場などかなり細かく回答していた。

すでに面談をスタートしてから10分以上経っているが、答えたことはすべてアンケートに記入済みだった。なんのためにわざわざアンケートに回答したのかわからない。

「あの、いただいたマイページのアンケートにイメージに合う挙式会場を複数リストアップしてあるんですけど、それってご覧になりました?」
「あ! そうだったんですね! ありがとうございます!」

担当者がふたり揃ってチェックしていないことにも、謝らないことにも驚いた。

ここで気になるのは、このプロデュース会社に支払う金額である。結婚式費用は、相場の倍近い600万。普通以下の対応に倍の金額を払うなんて御免だ。

彼は結婚式関連の決定権をすべて私に託してくれているが、費用は折半。高い費用を許容してくれたのにうまくいかなかったら、彼に申し訳ない。そんなことを考えていたら、くらくらしてきた。

■式場下見3日前。待てど暮らせど届かぬ連絡

とはいえ、すでに契約金20万円は入金済みだ。「まだ2回目の面談だし」と思い直し、もう少し様子を見ることにした。

その日は式場候補を新しく2カ所出してもらい、下見の日程が決まったら改めて連絡をもらうことになった。下見希望日は翌週の日曜日。

とにかく式場は早く決めたい。善は急げだ。正直なところ、早く次のステップに進んで不安を払しょくしたかった。

帰り道、彼に「どうだった?」とおそるおそる訊くと、「担当者の人、キャパオーバーって感じだね」と言った。

――しょっぱなから印象が良くないじゃないか。私は「そうだよねぇ……」と頷いて、眉根を寄せた。

そして下見日時決定の連絡を待ったが、一向にこない。下見予定日は日曜日。3日前の木曜日を過ぎても、連絡はこなかった。

(第9話につづく)

この記事のライター

三度の飯より執筆が好きなライター兼心理カウンセラー。大学にて心理学を専攻後、求人・化粧品・社史の制作を経てフリーランスに。美容・心理・恋愛を中心に幅広く執筆中。婚活パーティーで200人以上インタビューした経験を持つ。エステホ...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思っているなら、まずすべきは結婚したい本当の理由を導き出すことではないでしょうか。やみくもに動いて時間をムダにする前に、「なぜ自分が結婚したいと思っているのか? 結婚してどうなりたいのか?」を、最初に考えて、本当に結婚すべきなのかどうなのか、決めるのが良いと思うのです。


夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

結婚して一緒に住むということは、生活のあらゆる面を共有するということでもあります。「金銭感覚の違い」は放置しておくと結婚生活に大きなストレスをもたらすことも。プレマリッジ・セミナーでは、まずお金についての話をするときにまず知っておきたい「マネー・パーソナリティ」を紹介しています。


“輝く女性”は幸せになれたのか

“輝く女性”は幸せになれたのか

“女性が輝く社会に”安部政権が掲げたマニフェスト。 確かに稲田朋美防衛大臣や小池百合子東京都知事、蓮舫民進党代表など、政治の世界で要職に就き活躍する女性や、企業の管理職や経営者になる女性も増えました。そんな”輝く女性“のロールモデルのような存在になれた女性たちは幸せを感じているのでしょうか。3人の女性を取材しました。


パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

のろける人があまりいない。それはのろけると相手の気分を害してしまうと思っているからではないだろうか。ならば謙遜して、自分が本当は思ってもいないようなことを言うのが正義なのだろうか。


「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

結婚しなくちゃいけない、と思ってしまっている。結婚するために出会って、恋をして。でも、その恋は、10代や20代のときの恋よりも楽しいものだろうか。結婚するまで続く、生活のパートナー探し。


最新の投稿


旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬を迎えたトマト。安くて買いすぎたけど、使いきれない。というときにおすすめの夏のひんやりトマトレシピを紹介します。


スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーのように心地よく、ラクに歩けて美しい。働く女性のための新しいシューズブランド「SUGATA(スガタ)」が8月下旬にデビュー。女性の足にやさしく、正しい歩行と姿勢をサポートするおしゃれな靴が揃います。


台湾おすすめグルメの旅! 台北でいちばん美味しい朝食を

台湾おすすめグルメの旅! 台北でいちばん美味しい朝食を

今回ご紹介するのは、台湾のおすすめグルメ情報! 旅の醍醐味といえば、現地の美味しい食事を楽しむこと。今観光スポットとして大人気の台湾にも、魅力的なグルメがたくさん溢れています。定番の小龍包やビール、朝食におすすめのお店を取り上げます。


フランス女性に学ぶ「目的別」のオイル美容

フランス女性に学ぶ「目的別」のオイル美容

ここ数年、日本でホットなオイル美容。フランスでも日々のケアに取り入れることは一般的。数滴のオイルの力で肌も体もきれいになれると、重宝されているスキンケアアイテムです。しかし、何より大切なのは目的に合わせて効果的に使用すること。今回はおすすめのオイルと期待できる効能、オイル美容に対する疑問についてご紹介します。


『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第3話では、司はコンペに企画を出すことになり、ステップアップを期待するが……。