不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

相場の倍近く費用がかかる結婚式プロデュース会社と契約したものの、その対応に疑問を感じる私。なんとか無事に進めたいと祈るものの、担当者とのやりとりにモヤモヤが膨らんでいくばかりで……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#8をお届けします。


女がプロポーズされるには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#1】
結婚式までにダイエットで10kg落とすには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#2】
言わなくてもわかってほしい男に女は……【NEO花嫁の結婚式奮闘記#3】
式場見学&イメトレで明確になった「好き」がベースの理想の挙式【NEO花嫁の結婚式奮闘記#4】
自分に合うウエディングプランナーを見極める方法とは?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#5】
最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】
結婚式準備中、プロデュース会社に不安を感じた瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#7】

■頼れる結婚式プロデュース会社だと期待していたのに……

にこやかな女性ふたりを前に、私はひっかかりを感じていた。人差し指にできたささくれのような――小さいながらも不快な感覚だ。

その日は、結婚式プロデュース会社と二度目の面談をしていた。隣には彼が座っている。

私たちの式を担当する女性ふたりと初対面し、そのまま質問されて続けて早5分。質問される内容は、前回の面談で伝えたことばかりだった。初回の面談を担当した女性は引き継ぎをしていないのか? そう訝しく思っていたら、さらに追い打ちをかけられる。

「ガーデンウエディングをご希望ですよね。前回ご紹介した2つの会場はいかがですか?」
「……」

初回の面談でガーデンウエディングに適した会場2カ所の見積もりをもらっていた。ただ、千葉県と埼玉県の奥地にあり、アクセスが良くない会場だった。都心から向かう場合はバスで1時間移動することになる。

彼と相談して「高齢の方の負担になるからバス移動はなし」という結論になり、初回の面談を担当した女性に「やっぱりご提案いただいた会場だと難しいので、都内の会場で提案をお願いします」と電話で伝えていた。

「引き継ぎはしていないんですか?」という言葉が喉元まで出かかったが、堪えた。担当者と最初から揉めたくない。

「……高齢の方がいるのでバス移動は難しいですね。東京都でなくてもいいんですが、新宿か八王子からアクセスしやすい場所が良いです」
「そうなんですね! わかりました」

こうなると、やたら明るい応対も不快になってくる。「その明るさはいらないから、引き継ぎをちゃんとしてくれ」と心の中で呟き、私はだんだん毒っぽくなってきた。

■これで600万? 担当者の対応に不安が募る

モヤモヤする原因はほかにもあった。

多くの結婚式相談所がそうであるように、このプロデュース会社は契約者とインターネット上で情報共有できるシステムを導入しており、そこで担当者とのメッセージ交換やゲストのリストアップ、スケジュールの確認などができるようになっている。

そのシステム上で、初回面談までのタスクに「アンケート回答」と表示されていたため、私たちは結婚式のイメージや人数、日取りや希望会場などかなり細かく回答していた。

すでに面談をスタートしてから10分以上経っているが、答えたことはすべてアンケートに記入済みだった。なんのためにわざわざアンケートに回答したのかわからない。

「あの、いただいたマイページのアンケートにイメージに合う挙式会場を複数リストアップしてあるんですけど、それってご覧になりました?」
「あ! そうだったんですね! ありがとうございます!」

担当者がふたり揃ってチェックしていないことにも、謝らないことにも驚いた。

ここで気になるのは、このプロデュース会社に支払う金額である。結婚式費用は、相場の倍近い600万。普通以下の対応に倍の金額を払うなんて御免だ。

彼は結婚式関連の決定権をすべて私に託してくれているが、費用は折半。高い費用を許容してくれたのにうまくいかなかったら、彼に申し訳ない。そんなことを考えていたら、くらくらしてきた。

■式場下見3日前。待てど暮らせど届かぬ連絡

とはいえ、すでに契約金20万円は入金済みだ。「まだ2回目の面談だし」と思い直し、もう少し様子を見ることにした。

その日は式場候補を新しく2カ所出してもらい、下見の日程が決まったら改めて連絡をもらうことになった。下見希望日は翌週の日曜日。

とにかく式場は早く決めたい。善は急げだ。正直なところ、早く次のステップに進んで不安を払しょくしたかった。

帰り道、彼に「どうだった?」とおそるおそる訊くと、「担当者の人、キャパオーバーって感じだね」と言った。

――しょっぱなから印象が良くないじゃないか。私は「そうだよねぇ……」と頷いて、眉根を寄せた。

そして下見日時決定の連絡を待ったが、一向にこない。下見予定日は日曜日。3日前の木曜日を過ぎても、連絡はこなかった。

(第9話につづく)

この記事のライター

三度の飯より執筆が好きなライター兼心理カウンセラー。大学にて心理学を専攻後、求人・化粧品・社史の制作を経てフリーランスに。美容・心理・恋愛を中心に幅広く執筆中。婚活パーティーで200人以上インタビューした経験を持つ。エステホ...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

アメリカ新大統領トランプ氏と奥様のメラニアさんの年の差は25歳。フランス新大統領マクロン氏と奥様のブリジットさんの年の差も25歳。この男女が逆転した歳の差婚を、あなたはどう感じましたか……?


母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母親の結婚観に影響を受けて、結婚に前向きになれず、「結婚が怖い」と、回避志向になる女性も少なくない。「母も一人の身勝手な女なんだな」と冷静に気づいたとき、母から受けた“結婚観”を、「自分の幸せ・人生に対して、結婚って必要? どんな結婚ならいいの?」と、ゼロから再構築することから、始めよう。


もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

結婚式プロデュース会社への不信感は募るばかり。度重なるモヤモヤに堪忍袋の緒が切れ、ついに信頼貯金がゼロに……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#9をお届けします。


「結婚が怖い」と言ってもいいですか

「結婚が怖い」と言ってもいいですか

相手が誰であれ、いわゆる「結婚」が怖い。幽霊よりも怖い――そう語るユキ・クリヤマさん。自らを「結婚回避思考」になっていると分析し、結婚回避思考になる要因を5つ挙げる。うち2つを細かく見ていきたい。


人はなぜ他人を結婚させたがるのか

人はなぜ他人を結婚させたがるのか

どうして赤の他人から結婚する・しないについて、ああだこうだと言われ続けなければならないのだろうか。もっと他人の人生について無責任であってもいいのでは、と思う。誰かの「しなくてはならない」が私たちを息苦しくさせる。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。