不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

相場の倍近く費用がかかる結婚式プロデュース会社と契約したものの、その対応に疑問を感じる私。なんとか無事に進めたいと祈るものの、担当者とのやりとりにモヤモヤが膨らんでいくばかりで……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#8をお届けします。


女がプロポーズされるには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#1】
結婚式までにダイエットで10kg落とすには?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#2】
言わなくてもわかってほしい男に女は……【NEO花嫁の結婚式奮闘記#3】
式場見学&イメトレで明確になった「好き」がベースの理想の挙式【NEO花嫁の結婚式奮闘記#4】
自分に合うウエディングプランナーを見極める方法とは?【NEO花嫁の結婚式奮闘記#5】
最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】
結婚式準備中、プロデュース会社に不安を感じた瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#7】

■頼れる結婚式プロデュース会社だと期待していたのに……

にこやかな女性ふたりを前に、私はひっかかりを感じていた。人差し指にできたささくれのような――小さいながらも不快な感覚だ。

その日は、結婚式プロデュース会社と二度目の面談をしていた。隣には彼が座っている。

私たちの式を担当する女性ふたりと初対面し、そのまま質問されて続けて早5分。質問される内容は、前回の面談で伝えたことばかりだった。初回の面談を担当した女性は引き継ぎをしていないのか? そう訝しく思っていたら、さらに追い打ちをかけられる。

「ガーデンウエディングをご希望ですよね。前回ご紹介した2つの会場はいかがですか?」
「……」

初回の面談でガーデンウエディングに適した会場2カ所の見積もりをもらっていた。ただ、千葉県と埼玉県の奥地にあり、アクセスが良くない会場だった。都心から向かう場合はバスで1時間移動することになる。

彼と相談して「高齢の方の負担になるからバス移動はなし」という結論になり、初回の面談を担当した女性に「やっぱりご提案いただいた会場だと難しいので、都内の会場で提案をお願いします」と電話で伝えていた。

「引き継ぎはしていないんですか?」という言葉が喉元まで出かかったが、堪えた。担当者と最初から揉めたくない。

「……高齢の方がいるのでバス移動は難しいですね。東京都でなくてもいいんですが、新宿か八王子からアクセスしやすい場所が良いです」
「そうなんですね! わかりました」

こうなると、やたら明るい応対も不快になってくる。「その明るさはいらないから、引き継ぎをちゃんとしてくれ」と心の中で呟き、私はだんだん毒っぽくなってきた。

■これで600万? 担当者の対応に不安が募る

モヤモヤする原因はほかにもあった。

多くの結婚式相談所がそうであるように、このプロデュース会社は契約者とインターネット上で情報共有できるシステムを導入しており、そこで担当者とのメッセージ交換やゲストのリストアップ、スケジュールの確認などができるようになっている。

そのシステム上で、初回面談までのタスクに「アンケート回答」と表示されていたため、私たちは結婚式のイメージや人数、日取りや希望会場などかなり細かく回答していた。

すでに面談をスタートしてから10分以上経っているが、答えたことはすべてアンケートに記入済みだった。なんのためにわざわざアンケートに回答したのかわからない。

「あの、いただいたマイページのアンケートにイメージに合う挙式会場を複数リストアップしてあるんですけど、それってご覧になりました?」
「あ! そうだったんですね! ありがとうございます!」

担当者がふたり揃ってチェックしていないことにも、謝らないことにも驚いた。

ここで気になるのは、このプロデュース会社に支払う金額である。結婚式費用は、相場の倍近い600万。普通以下の対応に倍の金額を払うなんて御免だ。

彼は結婚式関連の決定権をすべて私に託してくれているが、費用は折半。高い費用を許容してくれたのにうまくいかなかったら、彼に申し訳ない。そんなことを考えていたら、くらくらしてきた。

■式場下見3日前。待てど暮らせど届かぬ連絡

とはいえ、すでに契約金20万円は入金済みだ。「まだ2回目の面談だし」と思い直し、もう少し様子を見ることにした。

その日は式場候補を新しく2カ所出してもらい、下見の日程が決まったら改めて連絡をもらうことになった。下見希望日は翌週の日曜日。

とにかく式場は早く決めたい。善は急げだ。正直なところ、早く次のステップに進んで不安を払しょくしたかった。

帰り道、彼に「どうだった?」とおそるおそる訊くと、「担当者の人、キャパオーバーって感じだね」と言った。

――しょっぱなから印象が良くないじゃないか。私は「そうだよねぇ……」と頷いて、眉根を寄せた。

そして下見日時決定の連絡を待ったが、一向にこない。下見予定日は日曜日。3日前の木曜日を過ぎても、連絡はこなかった。

(第9話につづく)

この記事のライター

三度の飯より執筆が好きなライター兼心理カウンセラー。大学にて心理学を専攻後、求人・化粧品・社史の制作を経てフリーランスに。美容・心理・恋愛を中心に幅広く執筆中。婚活パーティーで200人以上インタビューした経験を持つ。エステホ...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を発売した恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之さんに、大人の恋愛にまつわるインタビューを実施。後編では大人女性が抱えやすい悩みとその解決策を伺いました。


結婚は生存戦略のひとつ。だから決断を下せなくて悩んでしまう【桃山商事】

結婚は生存戦略のひとつ。だから決断を下せなくて悩んでしまう【桃山商事】

これまで恋愛相談を受けた人数は1000人以上。9月、『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を発売した恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之さんに、大人の恋愛にまつわるインタビューを実施。前後編でお届けします。


夫婦喧嘩でイライラすることが増えたら、脳の違いを意識してみる

夫婦喧嘩でイライラすることが増えたら、脳の違いを意識してみる

「パパがお休みの日は、育児から開放される」と、お休みを楽しみに待っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。でも、いざお休みの日になると、パパはスマホを片手にずっとゲーム。その姿に、ママはイライラ。ふとした瞬間に我慢していたイライラが爆発し、せっかくのお休みに夫婦喧嘩……なんてことはありませんか?


最新の投稿


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

GINZA PLACE 3F common ginza内にある、美と健康をテーマに旬のフルーツを楽しめるカフェ「RAMO FRUTAS CAFE」が2017年9月24日にオープン1周年を迎えます。これを記念したスペシャルイベント「1st Anniversary Weekend Party」が開催されます。


「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

組織やチームの二番手として活躍する人の仕事術に迫る【ナンバー2の仕事術】。第1回目は、月間3000万人以上の読者が訪れるウェブメディア『東洋経済オンライン』の副編集長・吉川明日香さんに話を伺った。


美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには背中を整える必要があります。バストケアをした直後は、ふわふわの柔らかいバストを手に入れることができても、しばらくするとバストが背中や脇に流れるのは、背面の「癖」が原因です。姿勢や筋肉の癖がバストアップの妨げになっている可能性が高いのです。


おっぱい