起業に関する記事

新規に事業を始めること。(=創業)サラリーマンのように”雇用される”立場ではなく会社を運営する側として利益を追求し、経済活動を行うことである。近年では「今まで存在していなかった新種の事業を立ち上げる」という意味でも用いられるようになった。

起業に関連するキーワード

起業に至る道 フリーランス 海外起業 独立するまで 独立してから
>>起業に関連するキーワード一覧

女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

内科医として働きながら、セミナーやコンサル、執筆など、個人でいくつもの事業を展開する岡本彩さん。なぜ医師という高収入な職業に就きながらも、収入を得るルートをいくつも構築しているのでしょうか。起業するまでに直面した大変な現実、起業後のリアルについて綴っていただきました。


美しく、ふわっと稼いで、貢献する。Salon de LUXEの1DAYセミナーレポート

美しく、ふわっと稼いで、貢献する。Salon de LUXEの1DAYセミナーレポート

起業したい――そう夢見たことのある女性は多いと思います。しかし、ライフステージの変化が多い女性にとって、その一歩を踏み出せない現状があるのもまた事実。今回は、女性起業家5人が主宰した「LUXE STYLE 1day セミナー」で自立と起業について伺ってきました。


21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

先日オープンした、21世紀を生きる女性のための会員制コワーキングスペース「SHEworks」。「お互いを高め合える仲間との出会い」と「ライフスタイルサポート」のふたつの特徴を持つ新感覚のワーキングスペースです。スペースのレポートと創業者インタビューをDRESS編集部がお届けします。


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


女性のための「学び直し」と「社交」コミュニティー「SHElikes」がスタート

女性のための「学び直し」と「社交」コミュニティー「SHElikes」がスタート

21世紀を生きるミレニアルミューズのためのソーシャルクラブ「SHElikes」がスタートしました。SHElikesは「学び」と「コミュニティー」との出会いを通じ、自分にしかない価値を見つけ発揮して生きられるようなアクションができる場所です。


40歳を超えても再スタートできる【元OLの起業ストーリー #3】

40歳を超えても再スタートできる【元OLの起業ストーリー #3】

40代のシングル女性をターゲットに「捨てることは人生を豊かにする!」をコンセプトに不要な感情・時間・人間関係を捨てることで物事に執着や依存をしない精神的に自立した女性へと導くナビゲーター・ソロライフニスト杤金真奈美の起業ストーリです。


40歳を超えても再スタートできる【元OLの起業ストーリー #2】

40歳を超えても再スタートできる【元OLの起業ストーリー #2】

40代のシングル女性をターゲットに「捨てることは人生を豊かにする!」をコンセプトに不要な感情・時間・人間関係を捨てることで物事に執着や依存をしない精神的に自立した女性へと導くナビゲーター・ソロライフニスト杤金真奈美の起業ストーリです。


夢の叶え方。「目標型」と「展開型」あなたはどっち?

夢の叶え方。「目標型」と「展開型」あなたはどっち?

夢を叶える人は「目標型」と「展開型」の2つのタイプに分かれます。安藤 美冬(あんどう みふゆ)さんの連載、第21弾は「夢の叶え方」について。これを機会に、あなたの夢の叶え方がどちらのタイプに当てはまるのか、是非一度考えてみてください。


夢を忘れない「工夫」

夢を忘れない「工夫」

夢を叶えるためにどうすればよいのか。そもそも夢を持つことは最低限必要なことですが、それと同じくらいに大切なことがその「夢を忘れない工夫」。安藤 美冬(あんどう みふゆ)さんの連載第10弾は、どのようにすれば夢を忘れずに現実にすることができるのか。


「3年計画」で人生を考える

「3年計画」で人生を考える

3ヵ年計画をたてると、自分の現在の立ち位置が明確になります。安藤 美冬(あんどう みふゆ)さんの連載第7弾は「人生計画」の作り方。今自分がどの位置にいて、どこの目標に向かってすすんでいるのか? 今回は、3年サイクルで人生設計を考えるコツと、その方法についてお話しいただきました。


仕事って楽しい。「責任がある」と自覚すると仕事は面白くなる~起業に至る道

仕事って楽しい。「責任がある」と自覚すると仕事は面白くなる~起業に至る道

出産後に働き始めた会社で「仕事って楽しい!」と初めて実感した端羽英子さん。責任のある仕事を任せてもらえたからこそ、そう感じられるようになったと振り返ります。そんな中、夫の海外留学が決まり……。


新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職~起業に至る道

新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職~起業に至る道

新卒でゴールドマン・サックスに入社、1年目で妊娠。同社が激務なこともあり、子育てとの両立は無理だと感じ退職。その後、知識をマッチングするサービス「visasQ(ビザスク)」で起業するまで経験を背景に、女性のキャリアについて端羽英子さんに語っていただきました。


【起業女性インタビュー #3】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

【起業女性インタビュー #3】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

大学病院で助産師として活躍した後、40歳でアロマトリートメントのサロンを起ち上げた西宮直美さん。病院内で産前産後の患者さんのケアを行ううち、限られた時間内でのサービスには限界があり、さらに満足のいくサポートを提供したいと感じたのだといいます。今回、西宮さんが安定した環境を飛び出し、起業した経緯についてお話を伺いました。


【起業女性インタビュー #2】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

【起業女性インタビュー #2】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

大学病院で助産師として活躍した後、40歳でアロマトリートメントのサロンを起ち上げた西宮直美さん。病院内で産前産後の患者さんのケアを行ううち、限られた時間内でのサービスには限界があり、さらに満足のいくサポートを提供したいと感じたのだといいます。今回、西宮さんが安定した環境を飛び出し、起業した経緯についてお話を伺いました。


【起業女性インタビュー #1】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

【起業女性インタビュー #1】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

大学病院で助産師として活躍した後、40歳でアロマトリートメントのサロンを起ち上げた西宮直美さん。病院内で産前産後の患者さんのケアを行ううち、限られた時間内でのサービスには限界があり、さらに満足のいくサポートを提供したいと感じたのだといいます。今回、西宮さんが安定した環境を飛び出し、起業した経緯についてお話を伺いました。


独立するまで 独立してから #5 平野宏枝

独立するまで 独立してから #5 平野宏枝

ビューティープロデューサーとして美容関連事業を行う平野宏枝さん。キャリアのスタートはコールセンターや百貨店勤務などでした。雇われていた時代は「他人軸で行動していた」と振り返る平野さんは、独立後、自分軸で生きようと気持ちを切り替え、活躍の幅を増やしていきます。彼女が飛躍した背景を探ります。


「結婚できないんじゃないんです、しないんです」と言える人生を生きよう

「結婚できないんじゃないんです、しないんです」と言える人生を生きよう

「普通のOL」って何? 寿退社しか将来の道がないなんて、ホントにそう? わたしには才能がない、だから結婚するしかないと、息苦しい気持ちで生きているあなたに贈るコラムです。


40歳を超えても再スタートできる【元OLの起業ストーリー #1】

40歳を超えても再スタートできる【元OLの起業ストーリー #1】

特技も専門性も何もない、40歳を過ぎた元OLが起業という新しい道を選び、幸せな人生を手に入れるために奮闘する起業ストーリーをお届けします。


許容できるリスクは、リスクではない。私が会社をつくるまで~起業に至る道

許容できるリスクは、リスクではない。私が会社をつくるまで~起業に至る道

ビザスク・端羽英子さんの全5回に渡る短期連載も最終回。「やらない後悔よりは、やる後悔」をモットーに過ごしている端羽英子さんが、起業当時の思いや未来について綴ります。


独立するまで 独立してから #4 坂下由貴子(31歳) 東京での仕事と地方都市に住む彼との結婚。両立のジレンマを克服するために。

独立するまで 独立してから #4 坂下由貴子(31歳) 東京での仕事と地方都市に住む彼との結婚。両立のジレンマを克服するために。

仕事に結婚、出産、子育て……女性の人生は選択肢であふれている。どれも犠牲にしたくない。すべて手に入れたい。そう願ったとき、雇われない働き方(=独立)は、女性の強い味方になってくれると思う、と坂下さんは語ります。