マネーに関する記事

money(マネー)は英語の名詞で、お金、貨幣、通貨、資産などといった意味である。物を買ったり、家を借りたり、様々な事柄の支払いに必要とされ、生活していくうえで不可欠なものになっている。使い方によっては人生を不幸にも幸福にもするもので、適正な管理を行うことが大切だとされている。

マネーに関連するキーワード

保険 ふるさと納税 貯金 人生計画 投資
>>マネーに関連するキーワード一覧

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

お金が増える仕組みを作っている人は、自然と貯金がうまくいき、お金が貯まっていきます。貯金ができない、お金がなかなか増えていかない。そんなことにお悩みの人は、お金が貯まる仕組みを知らないだけかもしれません。今回はお金を増やすさまざまな仕掛けと要素を上手に使って、お金が増える仕組みを作る方法をご紹介します。


自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高めるための学び、していますか? 時代は移り変わり、求められる能力やスキルは刻々と変わっています。気づくと自分がアップデートされず、古くなっていた……となると、お金に困ることも。お金が貯まらない、お金がないという悩みを解消すべく、「自分の価値を高める学び」に賢く投資しましょう。


夫婦二人の老後を想像し始めた

夫婦二人の老後を想像し始めた

夫婦二人きりで暮らしていると「老後はどうするの?」とよく聞かれる。「子供がいないと大変だよ」と言う人もいる。もちろん、夫婦二人の老後のことは、考えていないわけではない。じゃあ具体的には……? 少しずつ、小さなことから、夫婦二人の未来を決め始めた。


貯金できる人に共通する、賢いお金の使い方5つ

貯金できる人に共通する、賢いお金の使い方5つ

貯金できる人のお金の使い方には共通点があります。彼らの「賢いお金の使い方」を知って、今年こそは貯金できる人になりませんか? 今現在の自分のお金の使い方を見直して、やり方を変えて、貯金できる人のお金の使い方を身に着けましょう。


他人事ではない? 身近になった相続税とは

他人事ではない? 身近になった相続税とは

平成27年1月1日より増税された「相続税」。これまで申告の必要がなかった人でも、増税の影響で申告する必要がでてきました。今回は、より身近になった「相続税」に関して、相続財産再鑑定士で税理士の佐藤和基先生に聞いてみました。


資産運用の種類はいろいろ。どう選ぶと失敗しない?

資産運用の種類はいろいろ。どう選ぶと失敗しない?

資産運用と一口に言っても種類はいろいろ。「資産運用を始めてみたいけれど、何に投資していいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。多くの種類がある投資先の中から自分に合った投資先の選び方と資産運用の種類を解説します。


お金が貯まる人は銀行口座を何個持っている?

お金が貯まる人は銀行口座を何個持っている?

銀行口座は何個くらいあるといいの? 疑問に思う人もいるのでは。『お金が貯まる「体質」のつくり方』著者の西山美紀さんは「お金が貯まる人は銀行口座を3つ持っている」と話します。その理由や使い分け方を解説します。


資産運用とは何か?知ってほしいから簡単に説明します

資産運用とは何か?知ってほしいから簡単に説明します

「資産運用」という言葉は耳にしても、難しそうで手を出せない……そんな方向けに、資産運用とは何か簡単に説明するとともに、資産運用の基本についてもレクチャーします。


独身女性が知っておきたい、老後資金の必要額は?

独身女性が知っておきたい、老後資金の必要額は?

私が出会った高齢の独身女性は、老人ホームでゆったりと暮らしていたり、親から譲り受けた家をリフォームして自分の理想の“城”に整えたり、海外に長期滞在したりと、人生を楽しむのが上手な人たちでした。そんな素敵な老後を過ごせるように、独身として生きる場合の老後資金について確認していきましょう。


カレンダーを徹底活用してお金を貯める!

カレンダーを徹底活用してお金を貯める!

お金を貯められる人の共通点は収支をきちんと管理していること。そこで活用したいのがカレンダー。スケジュール管理に使うカレンダーは、お金を貯めるのにも使えるのです。今回はお金を貯めるためのカレンダー活用術をご紹介します。


子なし夫婦の老後は寂しくて不安?備えさえあればシニアライフは絶対楽しい

子なし夫婦の老後は寂しくて不安?備えさえあればシニアライフは絶対楽しい

子なし夫婦の私たち。早くも(?)老後の暮らしを想像することもある。子なしゆえ「誰に面倒を見てもらうの?」と聞かれることもあるけれど、子供がいてもいなくても、自分たちの老後資金は自分たちで賄い、老後の暮らしは自分たちでデザインする時代になっていると思う。


夫婦の老後資金、必要な額はどう考えればいい?

夫婦の老後資金、必要な額はどう考えればいい?

夫婦の場合、老後資金の必要額はいくら? 重要なのは常に「2人分」のお金がかかることや、家族とのコミュニケーションにお金が必要になりやすいこと。仕事を引退したら、夫婦で世界一周船の旅、家をリフォームしたい……そんな夢を持っている方はとくに知っておきたい、夫婦でかかる老後資金の必要額の考え方や特徴をお伝えします。


自分磨きも兼ねる!?お金を貯める4つの方法とは

自分磨きも兼ねる!?お金を貯める4つの方法とは

お金を貯める方法は、と聞かれることがあります。お金を貯めたくてもなかなか貯まらない、どうしたら貯まるのかわからない、と思っている人は、一度自分の生活習慣から見直してみませんか。きちんとした生活をしていれば、お金は必ず貯まります。今回は、自分磨きをしながらお金を貯める方法をご紹介します。


給料を上げるなら“交渉”から。まずはリスクの少ない方法で

給料を上げるなら“交渉”から。まずはリスクの少ない方法で

給料を上げるには、やっぱり転職や起業しかない? そう思っている方へ、まずやってみてほしいのが、会社へ給料を上げる交渉をしてみること。もちろん給料を上げてもいい、と思われるだけの実績があり、それなりの提案をする必要はありますが、やってみる価値はあります。ほか、給料を上げるためにできることをご紹介します。


老後資金は3000万円も必要?いくらあれば困らないか、自分の状況に応じて計算を

老後資金は3000万円も必要?いくらあれば困らないか、自分の状況に応じて計算を

老後資金はいくら必要か? 一般的には3000万円(1人あたり)といわれますが、老後資金の必要額は人によって違う、と考えるのが正しいです。カギになるのは働き方別にもらえる額が異なる年金。ねんきん定期便を見ながら、老後資金がいくら必要か確認する方法をご説明します。


「お金を貯める理由」別に貯め方も変わる。貯金方法4パターン

「お金を貯める理由」別に貯め方も変わる。貯金方法4パターン

「お金を貯める理由は何?」と聞かれたらどう答えますか。結婚資金のため、老後資金のため、不安だからなんとなく……理由はさまざまだと思いますが、お金を貯める理由や貯めたお金の用途によって、適切な貯金方法があります。今回は「貯める理由」別におすすめの貯金方法をご紹介します。


お金を確実に貯める4つのコツ

お金を確実に貯める4つのコツ

お金を貯めるコツを知りたい……そんな人は社会人になって、そこそこ収入はあるはずなのにお金が手元に残らない、家計簿が続かない、自分が普段どれくらいお金を使っているかわからない、なんて悩みを抱えているのでは。お金を貯めるコツを知り、それを実行に移せば、確実にお金は貯まります。誰でも実践できる4つのコツをご紹介します。


貯金できる人に共通する4つの特徴

貯金できる人に共通する4つの特徴

貯金できる人になりたい――そう願っているだけで、なぜか思うようにお金が貯まっていかない。悩んでいる方も少なくないのでは。貯金できる人には「何のためにお金を貯めるのか」といった目的意識があります。今回は貯金できる人のお金にまつわる行動を「4つの特徴」としてご紹介します。


お金を貯めるには「記憶に残る買い物」をする

お金を貯めるには「記憶に残る買い物」をする

お金を貯めるには、倹約して貯金をひたすらがんばる……でも、切り詰めてばかりでは、疲れてしまいますよね。賢く買い物してほしいものも手に入れるのが理想です。お金を貯めているのに、ほしいものを手に入れている人の特徴は「記憶に残る買い物」だけをしていること。そんな状態を目指しましょう。


将来のお金について真剣に考えてみた-解決編

将来のお金について真剣に考えてみた-解決編

将来への不安、それに打ち勝つには多くの安心を作っておくこと。貯金や不動産、株などお金に対する備え方はいろいろありますが、重要なのはその人の働き方やライフスタイルに合ったものであること。働く女性が無理なくはじめられる資産形成の方法について、20代、50代のDRESSアンバサダーと資産形成のプロが語り合いました。