人生計画は、「3年サイクル」で

人生計画は、「3年サイクル」で

先日、何かの雑誌だったか、ふと目についた言葉がありました。 「悩む人とは、計画性に欠けている人だ」 計画を立てていないから、目の前のことに悩んでしまう。とてもシンプルな言葉ながら、強く印象に残ったことなので、今日は自分自身が実践している「人生計画」についてシェアしてみようと思います。


先日、何かの雑誌だったか、ふと目についた言葉がありました。
 
「悩む人とは、計画性に欠けている人だ」
 
計画を立てていないから、目の前のことに悩んでしまう。とてもシンプルな言葉ながら、強く印象に残ったことなので、今日は自分自身が実践している「人生計画」についてシェアしてみようと思います。
 
かくいう私も、本来は計画性に乏しく、色々なことにくよくよと悩みがちな性格です。今、自分が何のために努力をして、何に向かっているのかが見えないために、不安がいっぱいだった20代を過ごしてきました。だからこそ、意識的に「人生計画」を立てて、その計画に沿って行動することによって、元々の弱点をカバーするようにしています。
9月から、多摩大学で非常勤講師の仕事が始まるのですが、この仕事は私の「人生計画」において最もウェイトの高い目標のひとつでした。父親も妹も教師であることもあって、かねてから未来ある若い人たちに学びの場を提供することに強い関心があったからです。
大学から非常勤講師としてのオファーを正式に頂いたのは、今年の春のことです。既に2011年には、両親や親しい友達に対して「2013年内には大学で講義を持ちたい」と話していましたので、実現するまでに足掛け3年かかった計算になります。
 
2013年、と実現させる期日を設定したのには理由があります。
1年毎に「種まき期」「水やり期」「収穫期」と区分けして、3年間をひとつのサイクルとして設定し、行動計画を立てて実行する。これが私が実践している「人生計画」であり、名付けて「3年サイクル」です。この「3年サイクル」を意識して実行するようになってから、あまりブレることなく仕事に向かえるようになったと思います。
 
3年間かけて実現したいことをまず決めます。そして1年目には、人に会ったり、情報を集めたり、勉強したりしながら、「種」を撒いていきます。
2年目になると、これらの「種」に変化が出てきます。発芽するものもあれば、種のまま土の中で死んでしまうものもある。そうした「個々の種の様子」を見極めながら、発芽したものに対してはひたすら水をやっていく−—つまり、時間やお金を投下したり、小さな挑戦を仕掛けてみたり
−——これが、「水やり期」です。そして「3年サイクル」の仕上げとなる3年目の「収穫期」では、継続して水をやったことで実らせた果実を、いよいよ収穫する時期。実った果実を存分に味わう時期でもありますが、同時に計画に対する結果を精査し、次の新しい3年サイクルに向けて再始動するための準備期間でもあります。
繰り返しになりますが、この「種まき期→水やり期→収穫期」という流れが、「3年サイクル」という人生計画なのです。
 
これを、「大学で講義をする」という目標で当てはめてみますと、以下のような感じです。
「3年サイクル」の目標:非常勤講師として、大学生に講義をする
 
2011年「種まき期」:
非常勤講師を勤める知人に話を聞く、非常勤講師になるためのルートを調べる、専門領域を決める(その後分野を「ソーシャルメディア発信」に決める)など
 
2012年「水やり期」:
『自分をつくる学校』を設立し社会人向けのソーシャルメディア発信講義を始める、各地の大学にて単発の講義をしながらコネクションをつくる(立教大学、神奈川大学、慶應義塾大学など)、(論文代わりとしても有効な)著書を出版する、大学生と交流を深める など
 
2013年「収穫期」:
『自分をつくる学校』で得た経験をブログなどで発信する、「大学の非常勤講師をやりたい」と大学関係者に伝える など
 
 
冒頭に紹介した言葉の通り、人やその場の状況に流されてばかりいると、自分が果たしてどこに向かっているのかを見失い、悩みは深くなる一方です。でも「計画性」があれば、自分が何のために、どこに向かうために現在の一歩を踏み出しているのかが明確であるため、足下がおぼつくことはありません。1年毎に「種をまく1年」「収穫する1年」などと区分をすれば、1年毎にステージが変わっていきます。けれども、こうした計画を持たなければ、どうしても日々の些事に忙殺され、毎年同じ1年の繰り返しになりがちではないでしょうか。
 
2011年1月からフリーランスとして活動をはじめ、年内でまる3年になります。「収穫期」の今年には、以前から暖めていたアイデアが商品として世にでる機会にも恵まれました。例えば、DRESS CLOSETより販売中の「Project BAG for DRESS スクエアトート」。これは、編集長、副編集長、そして読者代表の皆さんと一緒に、創刊号から5ヶ月間に渡って意見を出し合いながら完成した理想のお仕事カバンです。また、“脱・クリアファイル”がコンセプトの「ワークフォリオ」は、初回分・追加分が完売して、大きな反響をいただきました。
 
独立してからというもの、多種多様な仕事にチャレンジしてきました。そして「3年サイクル」の終わりが近づいてきた今、次の新しいサイクルを前に、今後の人生計画を考えているところです。思いきって現状あるものを壊し、新しいワーク&ライフスタイルに挑戦したいものです。
このように、「3年毎」に新しい人生を生きられるようになるのも、「3年サイクル」という人生計画がもたらしてくれる果実なのかもしれません。
 

この記事のライター

フリーランサー、コラムニスト。1980年生まれ、東京育ち。(株)集英社で広告と書籍の宣伝業務を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した肩書や専門領域にとらわ れない独自のワーク&ライフ...

関連する投稿


「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」。がんばって働いていても、ふと不安になるときがある。そんなときに心の中で「疲れた、仕事辞めたい」とつぶやくわたしがいる。わたしの仕事は、わたしの代わりに誰でもできるのでは。今のままでいいのかな。この仕事、辞めたいかも……そんなあなたへ届けたいショートストーリーです。


自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自信を持てるようになり、積極的に動けるようになります。つまり、自分らしく働きたい(生きたい)なら、自己肯定感を高めることが先決! そのためにまずは「自分を褒める」ことから始めてみませんか。


好きな仕事で独立するということ【独立するまで 独立してから #6】

好きな仕事で独立するということ【独立するまで 独立してから #6】

会社を辞めて独立して仕事をしたい、自分らしく働きたい、と考える方もいるのでは。できるなら、好きな仕事で独立したい。そんな夢を実現した諸戸佑美さんが、独立して仕事をすること、について綴ります。


チェコに移住した三児の母が考える、海外で仕事をするということ

チェコに移住した三児の母が考える、海外で仕事をするということ

チェコに移住して5年。育児休暇や子供手当ても終わり、仕事を見つけるべく、ハローワークに通う私。のんびりとした国で、どう自分らしく生きていこうか、模索する日々を綴ります。


成果を出す人が投資しているたった2つのこと

成果を出す人が投資しているたった2つのこと

成果とは、あることをして得られた良い結果のこと。でも、成果を上げようと思っても、成果は出せるものではない。では、何が必要なのか。石田ごうきさんが解説します。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。