安藤 美冬 さんが 2013/08/23 に更新
人生計画は、「3年サイクル」で

人生計画は、「3年サイクル」で

先日、何かの雑誌だったか、ふと目についた言葉がありました。 「悩む人とは、計画性に欠けている人だ」 計画を立てていないから、目の前のことに悩んでしまう。とてもシンプルな言葉ながら、強く印象に残ったことなので、今日は自分自身が実践している「人生計画」についてシェアしてみようと思います。

人生計画 独立 チャレンジ 起業 フリーランス 働き方 安藤美冬

先日、何かの雑誌だったか、ふと目についた言葉がありました。
 
「悩む人とは、計画性に欠けている人だ」
 
計画を立てていないから、目の前のことに悩んでしまう。とてもシンプルな言葉ながら、強く印象に残ったことなので、今日は自分自身が実践している「人生計画」についてシェアしてみようと思います。
 
かくいう私も、本来は計画性に乏しく、色々なことにくよくよと悩みがちな性格です。今、自分が何のために努力をして、何に向かっているのかが見えないために、不安がいっぱいだった20代を過ごしてきました。だからこそ、意識的に「人生計画」を立てて、その計画に沿って行動することによって、元々の弱点をカバーするようにしています。
9月から、多摩大学で非常勤講師の仕事が始まるのですが、この仕事は私の「人生計画」において最もウェイトの高い目標のひとつでした。父親も妹も教師であることもあって、かねてから未来ある若い人たちに学びの場を提供することに強い関心があったからです。
大学から非常勤講師としてのオファーを正式に頂いたのは、今年の春のことです。既に2011年には、両親や親しい友達に対して「2013年内には大学で講義を持ちたい」と話していましたので、実現するまでに足掛け3年かかった計算になります。
 
2013年、と実現させる期日を設定したのには理由があります。
1年毎に「種まき期」「水やり期」「収穫期」と区分けして、3年間をひとつのサイクルとして設定し、行動計画を立てて実行する。これが私が実践している「人生計画」であり、名付けて「3年サイクル」です。この「3年サイクル」を意識して実行するようになってから、あまりブレることなく仕事に向かえるようになったと思います。
 
3年間かけて実現したいことをまず決めます。そして1年目には、人に会ったり、情報を集めたり、勉強したりしながら、「種」を撒いていきます。
2年目になると、これらの「種」に変化が出てきます。発芽するものもあれば、種のまま土の中で死んでしまうものもある。そうした「個々の種の様子」を見極めながら、発芽したものに対してはひたすら水をやっていく−—つまり、時間やお金を投下したり、小さな挑戦を仕掛けてみたり
−——これが、「水やり期」です。そして「3年サイクル」の仕上げとなる3年目の「収穫期」では、継続して水をやったことで実らせた果実を、いよいよ収穫する時期。実った果実を存分に味わう時期でもありますが、同時に計画に対する結果を精査し、次の新しい3年サイクルに向けて再始動するための準備期間でもあります。
繰り返しになりますが、この「種まき期→水やり期→収穫期」という流れが、「3年サイクル」という人生計画なのです。
 
これを、「大学で講義をする」という目標で当てはめてみますと、以下のような感じです。
「3年サイクル」の目標:非常勤講師として、大学生に講義をする
 
2011年「種まき期」:
非常勤講師を勤める知人に話を聞く、非常勤講師になるためのルートを調べる、専門領域を決める(その後分野を「ソーシャルメディア発信」に決める)など
 
2012年「水やり期」:
『自分をつくる学校』を設立し社会人向けのソーシャルメディア発信講義を始める、各地の大学にて単発の講義をしながらコネクションをつくる(立教大学、神奈川大学、慶應義塾大学など)、(論文代わりとしても有効な)著書を出版する、大学生と交流を深める など
 
2013年「収穫期」:
『自分をつくる学校』で得た経験をブログなどで発信する、「大学の非常勤講師をやりたい」と大学関係者に伝える など
 
 
冒頭に紹介した言葉の通り、人やその場の状況に流されてばかりいると、自分が果たしてどこに向かっているのかを見失い、悩みは深くなる一方です。でも「計画性」があれば、自分が何のために、どこに向かうために現在の一歩を踏み出しているのかが明確であるため、足下がおぼつくことはありません。1年毎に「種をまく1年」「収穫する1年」などと区分をすれば、1年毎にステージが変わっていきます。けれども、こうした計画を持たなければ、どうしても日々の些事に忙殺され、毎年同じ1年の繰り返しになりがちではないでしょうか。
 
2011年1月からフリーランスとして活動をはじめ、年内でまる3年になります。「収穫期」の今年には、以前から暖めていたアイデアが商品として世にでる機会にも恵まれました。例えば、DRESS CLOSETより販売中の「Project BAG for DRESS スクエアトート」。これは、編集長、副編集長、そして読者代表の皆さんと一緒に、創刊号から5ヶ月間に渡って意見を出し合いながら完成した理想のお仕事カバンです。また、“脱・クリアファイル”がコンセプトの「ワークフォリオ」は、初回分・追加分が完売して、大きな反響をいただきました。
 
独立してからというもの、多種多様な仕事にチャレンジしてきました。そして「3年サイクル」の終わりが近づいてきた今、次の新しいサイクルを前に、今後の人生計画を考えているところです。思いきって現状あるものを壊し、新しいワーク&ライフスタイルに挑戦したいものです。
このように、「3年毎」に新しい人生を生きられるようになるのも、「3年サイクル」という人生計画がもたらしてくれる果実なのかもしれません。
 

関連する投稿


【起業女性インタビュー #1】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

【起業女性インタビュー #1】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

大学病院で助産師として活躍した後、40歳でアロマトリートメントのサロンを起ち上げた西宮直美さん。病院内で産前産後の患者さんのケアを行ううち、限られた時間内でのサービスには限界があり、さらに満足のいくサポートを提供したいと感じたのだといいます。今回、西宮さんが安定した環境を飛び出し、起業した経緯についてお話を伺いました。


独立するまで 独立してから #5 平野宏枝

独立するまで 独立してから #5 平野宏枝

ビューティープロデューサーとして美容関連事業を行う平野宏枝さん。キャリアのスタートはコールセンターや百貨店勤務などでした。雇われていた時代は「他人軸で行動していた」と振り返る平野さんは、独立後、自分軸で生きようと気持ちを切り替え、活躍の幅を増やしていきます。彼女が飛躍した背景を探ります。


働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

自分が働いているから子どもと過ごす時間が少なく、「寂しい思いをさせているかもしれない」と思い悩む母は少なくないはず。でも、一緒にいる時間の長さと愛情の量は無関係。短時間でも全力で子どもと向き合えばいい。がんばる母の背中を子どもはしっかり見ていて、愛情を感じているはずだから。


思い出せないと困る……ビジネスシーンで名前を忘れない方法

思い出せないと困る……ビジネスシーンで名前を忘れない方法

この人、なんて名前だっけ……。ビジネスシーンで相手の名前を思い出せなくて、焦ったことのある方は少なくないのでは。そんな方向けに、『「名前が出ない」がピタッとなくなる覚え方』著者の宇都出雅巳さんが、名前を確実に覚える方法をご提案します。


オンオフが曖昧な暮らし方が作る、夫婦の幸せ時間。

オンオフが曖昧な暮らし方が作る、夫婦の幸せ時間。

オンとオフを分けたい人もいれば、兎村彩野さんのようにオンとオフをゆるやかにつなげた「半オン半オフ」状態で過ごしたい人もいます。オンオフが溶け合った曖昧な暮らしから見えてきたこと、気づいたことを綴ります。


最新の投稿


アラフォー転職、成功の秘訣は「自分の売りを正確に把握すること」【覆面姉さんのワサビトーク@DRESSING ROOM #10】

アラフォー転職、成功の秘訣は「自分の売りを正確に把握すること」【覆面姉さんのワサビトーク@DRESSING ROOM #10】

女性の転職、アラサーでするのとアラフォーでするのとでは、見られるポイントが大きく異なります。アラフォーの転職では「即戦力」かどうかがしっかりチェックされます。そのために、自分の売りを「客観的に」「正しく知る」ことから始めましょう。


「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第8話

「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第8話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。


読む美人サプリ #1 読むだけで、美人になれるコラム

読む美人サプリ #1 読むだけで、美人になれるコラム

胸に沁みいるあたたかな言葉、気づきを与えてくれる示唆に富んだ言葉。こころに響き、あなたを美しく輝かせてくれる、著名人の言葉をお届けします。読むだけで今より美人になれるコラムを、あなたへ。


川崎貴子さんに聞く。後悔しない、アラフォーからの転職

川崎貴子さんに聞く。後悔しない、アラフォーからの転職

DRESSの対談コンテンツでおなじみの川崎貴子さん。人材コンサルティング会社・ジョヤンテ代表として、長年働く女性のサポートを行ってきた実績から、転職を考えるアラフォー女性へアドバイスをいただきました。


「あたりまえ」を疑う勇気【紫原明子 連載 #8】

「あたりまえ」を疑う勇気【紫原明子 連載 #8】

私たちの「そうするのが当然」という思い込みは、幼少期に親から課せられ、染み付いたものなのかもしれない。自分の中の「あたりまえ」に縛られるせいで、生きづらさを感じているなら、それを疑ってみることから始めよう。