恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

異性が愛おしいと思う、LINE(ライン)のやりとりとは一体どんなものか? 今回は、LINEを使った大人の恋愛テクニックについて、コミュニケーションコンサルティング会社を経営する西澤 史子さんにお話を聞いてみました。男性と恋愛に発展する上でかかせないポイントは「素直な気持ち」です。


恋愛初期から終わりまで、コミュニケーションツールとしてのLINEが果たす役割は重大です。

だからこそ、使い方ひとつで男性の恋心を加速させることもあれば、減速させてしまうことも。

特にアラフォーからアラフィフ世代の女性は、会えない時間が多い「大人の恋愛」をすることが多いもの。その会えない間に、LINEのやりとりで男性の恋心を加速させたいところですよね。

では、大人の男性は女性のどんなLINEメッセージに"ドキドキ"するのでしょうか。

■素直さは年齢と共に失われていきがち

色々な経験を経て利口になればなるほど、素直さは失われていくものです。

だからこそLINEで女性の素直さが伝わるメッセージを貰うと、大人の男性はストレートに「可愛い」や「大切にしたい」と相手を愛おしく思う感情が生まれます。

「ハートの絵文字や"とっても楽しかった""会っているといつもあっという間"とちょっとテンションが高いメッセージを貰うと嬉しいですね。」

照れたように語る澤口さん(仮名)は、40代の大手企業勤務の部長職。

現在お付き合いしているのは30代後半美紀子さん(仮名)。美紀子さんを結婚相談所から紹介された時は正直気乗りしなかったそう。その理由は、澤口さんは20代後半から30代前半の女性を希望していたからです。

「30代後半以上の女性は、基本的にお断りしようと思っていたんです。 40才になったばかりの頃に付き合った女性が30代後半だったんですが、感情を素直に出さないタイプでLINEも業務連絡の様な短いメッセージが多く盛り上がらなかったんですね。

"楽しかったです。ありがとうございました。"位のメッセージだと正直自分の事をどう思っているんだろう? と疑問を感じてしまい、気持ちが冷めていってしまってダメになりました」

美紀子さんの積極的なアプローチによって、交際がスタートしてから澤口さんはどんどん彼女に惹かれていったそうです。

■"折れる"ことで縁を逃さない

「ちょっとした喧嘩の後でも直ぐにLINEで"さっきはごめんなさい"と自分から謝るメッセージをくれるところが素直でかわいいなと思いました」

付き合いが深まる程に、喧嘩や言い合いになってしまう事もあります。そんな時、"絶対に自分は悪くない"と自分の非を認めなかったり、"向こうが謝るべき"と謝れない女性は縁を逃しがち。

自分から「ごめんなさい」と言うことで、男性から「自分も悪かった」という言葉を引き出せる女性の方が縁を逃しません。

■気持ちを伝えるメッセージに要求の抱き合わせはNG

「彼女はLINEで"会いたい""好き" "寂しい"という気持ちを素直に伝えるメッセージを結構くれるんです。でも"最近会えてないけど、今度いつ会える?"や"私のこと好き?"とか"寂しいから時間を作って"という様な要求めいたことは言わない。自分への素直な気持ちだけを言葉にしてもらうと愛おしく感じるなって」

普段から、責任や役割を果たさなくてはならない大人の男性。

忙しいのは勿論のこと、精神的にもプレッシャーを感じる毎日を送っている事が多いのです。

気持ちを素直に伝えるメッセージは嬉しいものの、そこに要求やクレームめいた文句が入ると一気に興ざめします。わがままに感じるかもしれませんが、それが大人の男性の本音。

だからこそ、気持ちを伝える時は素直に気持ちだけ伝えましょう。

■LINEを送るおすすめの時間帯は「夜」

そして気持ちを伝えるメッセージはなるべく「夜」に送りましょう。

情緒的な感情が活性化しやすいのはなんといっても「夜」。朝や昼の時間は、恋愛モードになりにくい時間です。

夜は、リラックスする副交感神経がよくはたらく時間。この状態は理性よりも感性が勝っている状態です。

仕事をしている日中は交換神経が活発にはたらく時間ですが、夜は日中酷使した頭や身体を休ませる時間です。

頭で考えるのではなく心で感じる、そんなリラックスしている時間にラブレターを書くと、ポエムやラブソングの様な内容になってしまう傾向が強くなります。

これは"真夜中のラブレター現象"と言われ、真夜中にラブレターを書いたラブレターを朝読み返すと、自己陶酔した様な恥ずかしい文言が踊っていたなんて経験をしたことがある人は少なくないのでは?

けれど、大人女性は自分の感情を理性で抑制しがち。

だからこそ敢えて理性が弱くなる夜に気持ちを伝えるメッセージを書くことをお勧めします。普段しっかりしているイメージが強い女性であればある程、可愛いギャップが生まれ、男性の恋心が加速すること間違いなしです。

この記事のライター

1968年生まれ横浜市出身。株式会社ループ 代表取締役社長。 短大卒業後モデル、MC、テレビレポーターとして活動後、大手電器 メーカーの法人営業部門で13年間勤務。 その後、年間四十万人以上を動...

関連するキーワード


恋愛 LINE

関連する投稿


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


年下男性に不評な、年上女性からのLINEメッセージ

年下男性に不評な、年上女性からのLINEメッセージ

今回は、年下男性に不評なLINEメッセージはどんなものなのかを知って、知らぬ間にマイナスな印象を与えていないか振り返ってみましょう。年下男性好きな大人女性だけでなく、年下男性とのLINEのやりとりが多い大人女性は必見です!


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。