恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

異性が愛おしいと思う、LINE(ライン)のやりとりとは一体どんなものか? 今回は、LINEを使った大人の恋愛テクニックについて、コミュニケーションコンサルティング会社を経営する西澤 史子さんにお話を聞いてみました。男性と恋愛に発展する上でかかせないポイントは「素直な気持ち」です。


恋愛初期から終わりまで、コミュニケーションツールとしてのLINEが果たす役割は重大です。

だからこそ、使い方ひとつで男性の恋心を加速させることもあれば、減速させてしまうことも。

特にアラフォーからアラフィフ世代の女性は、会えない時間が多い「大人の恋愛」をすることが多いもの。その会えない間に、LINEのやりとりで男性の恋心を加速させたいところですよね。

では、大人の男性は女性のどんなLINEメッセージに"ドキドキ"するのでしょうか。

■素直さは年齢と共に失われていきがち

色々な経験を経て利口になればなるほど、素直さは失われていくものです。

だからこそLINEで女性の素直さが伝わるメッセージを貰うと、大人の男性はストレートに「可愛い」や「大切にしたい」と相手を愛おしく思う感情が生まれます。

「ハートの絵文字や"とっても楽しかった""会っているといつもあっという間"とちょっとテンションが高いメッセージを貰うと嬉しいですね。」

照れたように語る澤口さん(仮名)は、40代の大手企業勤務の部長職。

現在お付き合いしているのは30代後半美紀子さん(仮名)。美紀子さんを結婚相談所から紹介された時は正直気乗りしなかったそう。その理由は、澤口さんは20代後半から30代前半の女性を希望していたからです。

「30代後半以上の女性は、基本的にお断りしようと思っていたんです。 40才になったばかりの頃に付き合った女性が30代後半だったんですが、感情を素直に出さないタイプでLINEも業務連絡の様な短いメッセージが多く盛り上がらなかったんですね。

"楽しかったです。ありがとうございました。"位のメッセージだと正直自分の事をどう思っているんだろう? と疑問を感じてしまい、気持ちが冷めていってしまってダメになりました」

美紀子さんの積極的なアプローチによって、交際がスタートしてから澤口さんはどんどん彼女に惹かれていったそうです。

■"折れる"ことで縁を逃さない

「ちょっとした喧嘩の後でも直ぐにLINEで"さっきはごめんなさい"と自分から謝るメッセージをくれるところが素直でかわいいなと思いました」

付き合いが深まる程に、喧嘩や言い合いになってしまう事もあります。そんな時、"絶対に自分は悪くない"と自分の非を認めなかったり、"向こうが謝るべき"と謝れない女性は縁を逃しがち。

自分から「ごめんなさい」と言うことで、男性から「自分も悪かった」という言葉を引き出せる女性の方が縁を逃しません。

■気持ちを伝えるメッセージに要求の抱き合わせはNG

「彼女はLINEで"会いたい""好き" "寂しい"という気持ちを素直に伝えるメッセージを結構くれるんです。でも"最近会えてないけど、今度いつ会える?"や"私のこと好き?"とか"寂しいから時間を作って"という様な要求めいたことは言わない。自分への素直な気持ちだけを言葉にしてもらうと愛おしく感じるなって」

普段から、責任や役割を果たさなくてはならない大人の男性。

忙しいのは勿論のこと、精神的にもプレッシャーを感じる毎日を送っている事が多いのです。

気持ちを素直に伝えるメッセージは嬉しいものの、そこに要求やクレームめいた文句が入ると一気に興ざめします。わがままに感じるかもしれませんが、それが大人の男性の本音。

だからこそ、気持ちを伝える時は素直に気持ちだけ伝えましょう。

■LINEを送るおすすめの時間帯は「夜」

そして気持ちを伝えるメッセージはなるべく「夜」に送りましょう。

情緒的な感情が活性化しやすいのはなんといっても「夜」。朝や昼の時間は、恋愛モードになりにくい時間です。

夜は、リラックスする副交感神経がよくはたらく時間。この状態は理性よりも感性が勝っている状態です。

仕事をしている日中は交換神経が活発にはたらく時間ですが、夜は日中酷使した頭や身体を休ませる時間です。

頭で考えるのではなく心で感じる、そんなリラックスしている時間にラブレターを書くと、ポエムやラブソングの様な内容になってしまう傾向が強くなります。

これは"真夜中のラブレター現象"と言われ、真夜中にラブレターを書いたラブレターを朝読み返すと、自己陶酔した様な恥ずかしい文言が踊っていたなんて経験をしたことがある人は少なくないのでは?

けれど、大人女性は自分の感情を理性で抑制しがち。

だからこそ敢えて理性が弱くなる夜に気持ちを伝えるメッセージを書くことをお勧めします。普段しっかりしているイメージが強い女性であればある程、可愛いギャップが生まれ、男性の恋心が加速すること間違いなしです。

この記事のライター

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード


恋愛 大人のLINE術

関連する投稿


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

“つながり”を断つことが難しい時代だからこそ、気をつけたいのは“つながってはいけない人たち”とつながること。LINEのやりとりに現れる、サイコパスやモラハラ、ストーカー男性の傾向とは?


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい