恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

異性が愛おしいと思う、LINE(ライン)のやりとりとは一体どんなものか? 今回は、LINEを使った大人の恋愛テクニックについて、コミュニケーションコンサルティング会社を経営する西澤 史子さんにお話を聞いてみました。男性と恋愛に発展する上でかかせないポイントは「素直な気持ち」です。


恋愛初期から終わりまで、コミュニケーションツールとしてのLINEが果たす役割は重大です。

だからこそ、使い方ひとつで男性の恋心を加速させることもあれば、減速させてしまうことも。

特にアラフォーからアラフィフ世代の女性は、会えない時間が多い「大人の恋愛」をすることが多いもの。その会えない間に、LINEのやりとりで男性の恋心を加速させたいところですよね。

では、大人の男性は女性のどんなLINEメッセージに"ドキドキ"するのでしょうか。

■素直さは年齢と共に失われていきがち

色々な経験を経て利口になればなるほど、素直さは失われていくものです。

だからこそLINEで女性の素直さが伝わるメッセージを貰うと、大人の男性はストレートに「可愛い」や「大切にしたい」と相手を愛おしく思う感情が生まれます。

「ハートの絵文字や"とっても楽しかった""会っているといつもあっという間"とちょっとテンションが高いメッセージを貰うと嬉しいですね。」

照れたように語る澤口さん(仮名)は、40代の大手企業勤務の部長職。

現在お付き合いしているのは30代後半美紀子さん(仮名)。美紀子さんを結婚相談所から紹介された時は正直気乗りしなかったそう。その理由は、澤口さんは20代後半から30代前半の女性を希望していたからです。

「30代後半以上の女性は、基本的にお断りしようと思っていたんです。 40才になったばかりの頃に付き合った女性が30代後半だったんですが、感情を素直に出さないタイプでLINEも業務連絡の様な短いメッセージが多く盛り上がらなかったんですね。

"楽しかったです。ありがとうございました。"位のメッセージだと正直自分の事をどう思っているんだろう? と疑問を感じてしまい、気持ちが冷めていってしまってダメになりました」

美紀子さんの積極的なアプローチによって、交際がスタートしてから澤口さんはどんどん彼女に惹かれていったそうです。

■"折れる"ことで縁を逃さない

「ちょっとした喧嘩の後でも直ぐにLINEで"さっきはごめんなさい"と自分から謝るメッセージをくれるところが素直でかわいいなと思いました」

付き合いが深まる程に、喧嘩や言い合いになってしまう事もあります。そんな時、"絶対に自分は悪くない"と自分の非を認めなかったり、"向こうが謝るべき"と謝れない女性は縁を逃しがち。

自分から「ごめんなさい」と言うことで、男性から「自分も悪かった」という言葉を引き出せる女性の方が縁を逃しません。

■気持ちを伝えるメッセージに要求の抱き合わせはNG

「彼女はLINEで"会いたい""好き" "寂しい"という気持ちを素直に伝えるメッセージを結構くれるんです。でも"最近会えてないけど、今度いつ会える?"や"私のこと好き?"とか"寂しいから時間を作って"という様な要求めいたことは言わない。自分への素直な気持ちだけを言葉にしてもらうと愛おしく感じるなって」

普段から、責任や役割を果たさなくてはならない大人の男性。

忙しいのは勿論のこと、精神的にもプレッシャーを感じる毎日を送っている事が多いのです。

気持ちを素直に伝えるメッセージは嬉しいものの、そこに要求やクレームめいた文句が入ると一気に興ざめします。わがままに感じるかもしれませんが、それが大人の男性の本音。

だからこそ、気持ちを伝える時は素直に気持ちだけ伝えましょう。

■LINEを送るおすすめの時間帯は「夜」

そして気持ちを伝えるメッセージはなるべく「夜」に送りましょう。

情緒的な感情が活性化しやすいのはなんといっても「夜」。朝や昼の時間は、恋愛モードになりにくい時間です。

夜は、リラックスする副交感神経がよくはたらく時間。この状態は理性よりも感性が勝っている状態です。

仕事をしている日中は交換神経が活発にはたらく時間ですが、夜は日中酷使した頭や身体を休ませる時間です。

頭で考えるのではなく心で感じる、そんなリラックスしている時間にラブレターを書くと、ポエムやラブソングの様な内容になってしまう傾向が強くなります。

これは"真夜中のラブレター現象"と言われ、真夜中にラブレターを書いたラブレターを朝読み返すと、自己陶酔した様な恥ずかしい文言が踊っていたなんて経験をしたことがある人は少なくないのでは?

けれど、大人女性は自分の感情を理性で抑制しがち。

だからこそ敢えて理性が弱くなる夜に気持ちを伝えるメッセージを書くことをお勧めします。普段しっかりしているイメージが強い女性であればある程、可愛いギャップが生まれ、男性の恋心が加速すること間違いなしです。

この記事のライター

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード


恋愛 大人のLINE術

関連する投稿


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


「失恋しました」【経沢香保子】

「失恋しました」【経沢香保子】

失恋はつらくて苦しくてしんどい。でも、失恋を乗り越えたあなたが身につけるものはたくさんある。人の心を無理にコントロールしようとしない品格、愛する人に通じるすべてのもの受け入れる「愛の作法」、現実を受け入れる忍耐力など。そんな大きな愛を持つあなたを周囲は放っておかない。失恋を通じてあなたの人としての器は大きくなるのだ。


男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

別れたあとも元カノのことを忘れられずに苦しむ男性は大勢います。別れ際に本音を言えなかったり、愛情が残ったままであったり、別れたことに納得していない場合、男性側のほうが未練を引きずることが多く見られます。未練がましい男性にはどんな特徴があるのか、またどう対応すれば良いのか、お話します。


LINEで彼の本気スイッチをいれるテクニック

LINEで彼の本気スイッチをいれるテクニック

気になる彼とのLINEのやりとり。恋愛初期のLINEのやりとりは楽しくて、仕事中もLINEが気になって仕方ないもの。大人同士の恋愛はスマホの中で育まれるものなのかもしれません。今回はそんなやりとりで彼の本気スイッチをONにするLINEについて。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。


最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい