ライフスタイル

人生をよりよくするための習慣や、趣味を楽しむアイディア、ひとり時間の過ごし方、人間関係を楽にする方法など、日々の暮らしをアップデートしたい女性に向けたコンテンツをお届けします。また、マネー術やインテリア、整理術といった、今すぐ使える実用的な記事も豊富にご紹介します。

ライフスタイルに関連するキーワード

対談・インタビュー 断捨離 法律 インテリア 社会問題 人間関係 ひとり時間 バレンタイン 生き方 お悩み
>>ライフスタイルに関連するキーワード一覧

「感情に支配されないで」 日々の暮らしの中に“隙間”をつくるべき理由

「感情に支配されないで」 日々の暮らしの中に“隙間”をつくるべき理由

「洗濯機のようにグルグルと回り続ける暮らしの中にこそ、隙間を作り出し、体と呼吸を整える時間をつくってほしい」そう話す女性僧侶・大澤香有さんの想いとは。


クロスフィットが「今」に集中する私をつくってくれた【新世界を嗜む】

クロスフィットが「今」に集中する私をつくってくれた【新世界を嗜む】

『DRESS』1月特集は「新世界を嗜む」。2018年は新世界=「未体験の趣味」と出会ってみませんか。趣味は自分の生きる世界を広げてくれて、日々を今よりもっと素敵にしてくれるもの。本記事で紹介するのは「相撲観戦」。週2回クロスフィットを楽しむ会社員、Yoshimiさんに寄稿いただきました。


eteのピンキーリング【わたしのラッキーアイテム】

eteのピンキーリング【わたしのラッキーアイテム】

『DRESS』1月特集は「強運をまとう」。強運な人はしなやかで、強く、美しい。強運を味方につけて、2018年をより良く過ごしませんか。身につけるモノ、持ち歩くモノからも、強運を導くことができます。ここでは、DRESSコラムニストの河瀬璃菜さんが、自身のラッキーアイテムをご紹介します。


夫に腹が立ちすぎて困る! その理由と対策とは【大人の上手な怒り術#3】

夫に腹が立ちすぎて困る! その理由と対策とは【大人の上手な怒り術#3】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第3回ではイラッとしたときの、怒りとの付き合い方をご紹介します。


ロレックスの「レディ デイトジャスト 28」【わたしのラッキーアイテム】

ロレックスの「レディ デイトジャスト 28」【わたしのラッキーアイテム】

『DRESS』1月特集は「強運をまとう」。強運な人はしなやかで、強く、美しい。強運を味方につけて、2018年をより良く過ごしませんか。身につけるモノ、持ち歩くモノからも、強運を導くことができます。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身のラッキーアイテムをご紹介します。


カメラ、旅行……相撲好き「スー女」になって増えた楽しみ【新世界を嗜む】

カメラ、旅行……相撲好き「スー女」になって増えた楽しみ【新世界を嗜む】

『DRESS』1月特集は「新世界を嗜む」。2018年は新世界=「未体験の趣味」と出会ってみませんか。趣味は自分の生きる世界を広げてくれて、日々を今よりもっと素敵にしてくれるもの。本記事で紹介するのは「相撲観戦」。今やひとりで「巡業」を観にいくこともあるという、O子さんに寄稿いただきました。


おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

「独身だと老後が孤独」とは本当でしょうか。診察を通じて多くの高齢おひとりさま女性と接している内科医の私。その考えは違うのでは、と思うようになりました。配偶者がいようといまいと、最後はひとりになる女性が多いです。生涯おひとりさまでいる女性のなかにも、人に囲まれ、大切にされる方も少なくないからです。彼女たちの共通項とは。


J&M DAVIDSONの財布【わたしのラッキーアイテム】

J&M DAVIDSONの財布【わたしのラッキーアイテム】

『DRESS』1月特集は「強運をまとう」。強運な人はしなやかで、強く、美しい。強運を味方につけて、2018年をより良く過ごしませんか。身につけるモノ、持ち歩くモノからも、強運を導くことができます。ここでは、DRESSコラムニストのKUMICOさんが、自身のラッキーアイテムをご紹介します。


まだ間に合う。『神さま手帖』で学ぶお参りの基本【積読を崩す夜 #15】

まだ間に合う。『神さま手帖』で学ぶお参りの基本【積読を崩す夜 #15】

【積読を崩す夜】15回目は、『神さま手帖』をご紹介します。年始は神社にお参りに行く機会が多いのでは。三が日を過ぎて初めてお参りに行く方もいるでしょう。日本人なら心得ておくべき、知っているようで知らない、神社やお参りのあれこれについてご紹介します。


CHANELの赤リップ【わたしのラッキーアイテム】

CHANELの赤リップ【わたしのラッキーアイテム】

『DRESS』1月特集は「強運をまとう」。強運な人はしなやかで、強く、美しい。強運を味方につけて、2018年をより良く過ごしませんか。身につけるモノ、持ち歩くモノからも、強運を導くことができます。ここでは、DRESSコラムニストの木村えりなさんが、自身のラッキーアイテムをご紹介します。


プロレスには人生のエッセンスが詰まってる。だから私は観戦にいく【新世界を嗜む】

プロレスには人生のエッセンスが詰まってる。だから私は観戦にいく【新世界を嗜む】

『DRESS』1月特集は「新世界を嗜む」。2018年は新世界=「未体験の趣味」と出会ってみませんか。趣味は自分の生きる世界を広げてくれて、日々を今よりもっと素敵にしてくれるもの。本記事で紹介するのは「プロレス観戦」。プ女子としてブログを発信するOL、あやぱんさんに寄稿いただきました。


運気アップに期待! 宮内庁秘伝の参拝マナーとは?【百木ゆう子】

運気アップに期待! 宮内庁秘伝の参拝マナーとは?【百木ゆう子】

新年になると多くの人で賑わう初詣。毎年、何となく神社やお寺に行っているという人も多いのではないでしょうか。でも、大人になった今、正しいお作法も知っておきたいですよね。そこで今回は初詣について、私が教わった宮内庁秘伝の参拝マナーをもとに時期や参拝の作法、お賽銭の意味などをお伝えします。


トイレへの意識を変え、2018年も良い風水を保つ

トイレへの意識を変え、2018年も良い風水を保つ

2018年、風水でトイレをどのように扱うとよいのかを、風水コンサルタントの田中道明さんに紹介してもらいます。日常的に便器のフタを閉じるなど、具体的なアドバイスをいただきました。


LAMY safariの万年筆【わたしのラッキーアイテム】

LAMY safariの万年筆【わたしのラッキーアイテム】

『DRESS』1月特集は「強運をまとう」。強運な人はしなやかで、強く、美しい。強運を味方につけて、2018年をより良く過ごしませんか。身につけるモノ、持ち歩くモノからも、強運を導くことができます。ここでは、DRESSコラムニストの兎村彩野さんが、自身のラッキーアイテムをご紹介します。


ポールダンスは女性であることを楽しめる時間【新世界を嗜む】

ポールダンスは女性であることを楽しめる時間【新世界を嗜む】

『DRESS』1月特集は「新世界を嗜む」。2018年は新世界=「未体験の趣味」と出会ってみませんか。趣味は自分の生きる世界を広げてくれて、日々を今よりもっと素敵にしてくれるもの。本記事で紹介するのは「ポールダンス」。3年半ポールダンスを続けている、整体師の大沼祥子さんに寄稿いただきました。


1月特集「新世界を嗜む」

1月特集「新世界を嗜む」

『DRESS』1月特集は「新世界を嗜む」。2018年は新世界へ足を踏み入れてみませんか。自分にとっての新世界=「未体験の趣味」の世界は、自分の生きる範囲を広げてくれることでしょう。さらに、その世界で手にするさまざまな感情や経験は、私たちの人生をカラフルにしてくれるはずです。さぁ、新しい趣味の世界へ。


BOUCHERONのキャトル リング【わたしのラッキーアイテム】

BOUCHERONのキャトル リング【わたしのラッキーアイテム】

『DRESS』1月特集は「強運をまとう」。強運な人はしなやかで、強く、美しい。強運を味方につけて、2018年をより良く過ごしませんか。身につけるモノ、持ち歩くモノからも、強運を導くことができます。ここでは、DRESS編集長の池田園子が、自身のラッキーアイテムをご紹介します。


2018年に訪れるべき東京の開運スポット

2018年に訪れるべき東京の開運スポット

2018年(平成30年)、戌年がはじまりました。今回は、今まで『DRESS』でご紹介した中から、運気別の開運スポットをご紹介します。初詣もそうですが、戌年である平成30年のうちに参拝されると運気の向上につながります。


1月大特集「強運をまとう」

1月大特集「強運をまとう」

『DRESS』1月特集は「強運をまとう」。運を味方につけて2018年を最高な1年にしていくための習慣や方法、アイデアをご紹介します。美容やファッション、コスメから食習慣、風水、算命学など幅広いラインナップ。強い運気を持つ女性にはパワーがあります。年明けから強運をまとい、しなやかに、強く、凛と過ごしていきませんか。


改正される税制度。損するばかりでなく、逆手にとってお得に対応しよう!

改正される税制度。損するばかりでなく、逆手にとってお得に対応しよう!

みなさんは“税金”についてどのようなイメージを持っていますか? 税金のことを勉強しても女子力が上がるわけではないし、誰かに褒められるわけでもありません。「だから知らなくてもいい?」と聞かれると、そうではないと言い切れます。貯金できる人は税金のことにも敏感です。