1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 上司に対してキレてしまった……後悔しない怒りの伝え方とは【大人の上手な怒り術#10】

上司に対してキレてしまった……後悔しない怒りの伝え方とは【大人の上手な怒り術#10】

Share

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第10回では、上司に対して怒りを感じたときの上手な伝え方について解説してもらいます。

上司に対してキレてしまった……後悔しない怒りの伝え方とは【大人の上手な怒り術#10】

■溜め込んだ怒りを爆発させてしまった

職場では冷静さが求められることもあり、怒りを感じる場面でも、さすがにそのまま怒ったり怒鳴ったりするというわけにいきません。

部下に対してどう叱ればいいのかも悩ましいところですが、上司に対しての怒りはどう伝えたらいいのだろう……と悩む人も多いようです。

「溜め込まずに、適切なタイミングでちゃんと言っておけばよかったんですよね。溜め込んだ怒りが積み重なって大きな怒りになり、とうとう上司との面談でブチ切れてしまいました……」

先日、Aさんからこんな相談を受けました。

Aさん(30代後半)は、事務職として勤務して十数年というベテラン。仕事もできて頼りにされているからなのか、どう考えても同じ部署の女性事務職の人たちと比べても仕事量が多いし、何かと部長(50代男性)から無茶ぶりされることもあったというのです。

「あ、Aさん、これも頼むね」と新人でもできそうな雑務まで頼むことがしばしばあり、「他にも手が空いている人はいるのに、なんで私ばっかりこんなに負担が多いの?」と、不公平感が募っていたといいます。

ですが、その気持ちを部長に言うのも憚られ、「私が言う前に部長が気づくべきだ」という意地のようなものもあって、怒りを溜め続けていたある日、部長との面談でとうとうブチ切れてしまったのです。

きっかけは、「〇〇さん、後輩のBさんより余裕がないように見えるけど」という一言。「誰のせいだと思っているの⁉」と、我慢して抑えていた怒りが抑えきれなくなり、本音があふれ出しました。

「部長はどこ見てるんですか⁉ 私ばかりが無茶ぶりの仕事を引き受けていますよね? Bさんより私の方がより多く仕事を引き受けていること、わかってないんですか⁉ ちゃんとマネジメントしてください。あのときも……」と、言い出したら止まらなくなり、部長はただ呆然とするばかり。

後味が悪い面談となり、冷静になったときに自己嫌悪に陥ったとのことでした。

■「言う」「言わない」の線引きを明確にしておく

こんな風にあるとき突然、怒りを爆発させ、「あんな怒り方しなければよかった……」と後で大いに後悔する……。いわゆる“キレる”と呼ばれる状態ですが、そんな経験がある人も少なくないと思います。

そんな突然の爆発を防ぐためには、下手に怒りを溜め込んで理不尽な思いを募らせることなく、最適な場面できちんと気持ちを伝えること。

この“最適な場面”というのは、自分自身で決めることができます。「言う」「言わない」を見極め、線引きをしておくのです。
「この怒りは相手に伝えたほうがいいのか、伝えないほうがいいのか。どうする?」と自分自身に問いかけ、「ここまでは許容できる。でもこれ以上の仕事の依頼、無茶ぶりは嫌だと伝える」というように、自分の中の基準をはっきりと決めておくといいでしょう。

そうすれば、次に怒りを感じた場面で、相手に伝えるべきか伝えないべきか、都度悩むことがなくなると思います。

■嫌だという気持ちの上手な伝え方

さて、「伝える」と決めた場合には、どのような言い方が良いでしょうか。まず、相手を責めたり、感情的になるのはもちろんNGです。「現状はこういう状態であり、そして今後はどうしてほしいのか」という要望を、穏やかに伝えると伝わりやすいでしょう。

以下のような例が望ましい言い方です。

「今の私の現状をお伝えしたいのですが、現在、私は〇〇の仕事を抱えています。Bさんと比べると、負担がかなり多いと思います。申し訳ありませんが、仕事の割り振りも検討してはいただけないでしょうか。〇〇の仕事は、今後Bさんにお願いしていただきたいのです」

また、上司から頭ごなしに、「君はやる気がない!」「使いものにならない!」など、こんなふうに言われて頭にくる! という相談を受けることもありますが、この場合も同じ。

この言葉は聞き流せない、と判断するならば、「やる気がない、とまで言われるとショックです。私なりに一所懸命取り組んできました。どのようなところがそう感じられたのか、教えていただけないでしょうか」というように自分の気持ちや、どうしてほしいのかを伝えてみませんか。

以前の記事「部下や後輩の上手な叱り方#4」で効果的な叱り方をお伝えしましたが、そちらで紹介したポイントと、怒りを表現するときのポイントは同じですので、そちらもぜひご覧ください。

「なぜ?」で詰めるのはアウト。部下や後輩の上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#4】

https://p-dress.jp/articles/6020

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第4回では、職場でパワハラにならない上手な叱り方について解説してもらいます。

■「伝える」「伝えない」を決めるのは自分自身

もちろん、感じた怒りを「伝えない」という選択もあります。このとき重要なのは、その判断は自分の責任において下すということ。

「上司は誰に対してもが高圧的だから言っても無駄! だから言えない」「どうせ私のいうことなんて聞いてもらえないから言えない」などと理由を相手のせいにするのではいけません。

相手がどうあれ、「伝えられない」のではなく「伝えない」と自分自身が決めたのだという納得感が必要です。

「伝えない」と決めたのであれば、怒りは溜めることなく、その都度、流してしまいましょう。「なんであんな言い方をするんだろう」「納得できない」と思い返してイライラするのではなく、「こういう言い方する人がいるのね」と客観的に受け止め、流してしまうのです。「聞き流す」というスキルです。

すべての物事にいちいち反応していたら体がもちません。相手が怒りをぶつけてきたり、こちらが不快に思うことを言ってきたとき、過剰に反応せず、ときには聞き流すことも必要です。これができると、余計なことでイライラしなくなるでしょう。

■最後に

アンガーマネジメントは、決して怒ってはいけないということではありません。怒りの感情を抑圧するのではなく、上手にコントロールし、怒りで後悔しないことを目指すものです。

「あんな怒り方しなければよかった」「あんなことで怒らなければよかった」「あのとき、怒っておけばよかった」と後悔しないよう、怒らなくていいことには怒らなくてすむように、怒る必要があることは適切な怒り方ができるようになれれば最高ですよね。

心の平穏と健康のために、アンガーマネジメントに取り組んでみてください。

大人の上手な怒り術に関する記事|DRESS [ドレス]

https://p-dress.jp/keyword/key_4256

日本アンガーマネジメント協会理事、戸田久美さんによる、怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」を事例を交えて解説する連載。家族や夫婦、恋人、会社、友人など、対人関係において発生する怒りとの付き合い方を学べます。

Share

戸田 久実

日本アンガーマネジメント協会理事。「伝わるコミュニケーション」をテーマに大手民間企業・官公庁等で講師として研修、講演を実施。講師歴は26年、登壇数は3,000を超え、指導人数は10万人に及ぶ。著書は「アンガーマネジメント怒ら...

関連記事

Latest Article