人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は、自分と他人との間に境界線を引いて、そこから立ち入らないよう、ほどよい距離感を保っています。そしてベストな線引きは、自分が持っている「コミュニケーションの前提」で決まってきます。ゆっくり過ごせる時間があるときに、自分の前提を見直してみませんか?


ちょうどいい距離感がある。

1.「コミュニケーションの前提」を知ろう

人と人とのコミュニケーションには、双方それぞれが自覚している、あるいは無自覚の「前提」があり、その前提を通したやりとりで成立しています。

たとえば、「おはよう」と挨拶をしたら「おはよう」と返すとか、外国人に英語で道を聞かれたら、こちらも英語で教えてあげるとか。

「おはよう」に「おはよう」で返すなんてあたりまえだと思うかもしれませんが、でも、これは「挨拶されたら返すもの」という前提をお互いに持っていないと成立しないコミュニケーションです。

こういった前提を無自覚なままでも、日常生活は多くの人が共通認識として持っている前提だけでほとんど成り立っています。それもあって、前提ということ自体を自覚することも考えることもないんですね。

2.コミュニケーションのつまづきは前提の違いが原因

しかし、ふとした場面やふとした相手と、「あれ?」と思うようなすれ違いが生じることもあります。

よかれと思ってしてあげたことに何の反応もないとか、気軽に声をかけたつもりが、すごくこじれる問題になってしまったりとか、自分はいつもと変わらず接したつもりなんだけど、思っていたのと違う方向へ進んでしまい、対応に悩んだり、追われたり。

この場合、きっかけとなった場面をよくよく思い返してみると、そこに必ず原因となる前提を見つけることができます。

そして原因となる前提はふだんは気づいていないことが多く、だからこそ思わぬときにつまづきの原因になってしまうのです。

3.よかれと思ってしたことを、相手は望んでいたの?

ここからは具体例で考えてみましょう。

最近、会社の先輩が悩んでいる様子。とてもお世話になっているし、自分も力になりたいなと思っていた場合。

SNSでも一応つながっているので、2〜3回、ちょっとした応援の気持ちを伝えるメッセージを送ってみた。

でも、数日経っても、先輩からは返事もないし、声もかけてこない。どうしたのかな、私なにか変なこと書いちゃったのかな、気を悪くしちゃったのかな、どうしよう……。

皆さんも、SNSのメッセージでこんな経験、ありませんか?

もしかして既読スルー?

4.コメントやメッセージは必ず返すべき?

この場合、隠れている前提は「コメントは必ず返すべき」「すぐにじゃなくても、日が経たないうちに返すべき」の2つです。

コメントやメッセージは確かに返ってくることがほとんどですが、でも実際は、相手の状況やタイミングによりますよね。

もっと言えば、コメントやメッセージは、そもそも絶対返すべきものでもありません。経営者の方が、重要と判断したときのみに最小限の文字数でメール返信をするというのもよく聞く話です。

それでもなお、「いや、それはそうかもしれないけど、先輩はそういう経営者じゃないし」と思うなら、それこそ要注意です。

ちょっと深呼吸して気持ちを落ち着けて、心穏やかにしてから別の視点で考えてみましょう。

5.間違った前提で自分が苦しむことはない

コメントやメッセージが返ってこないことをどう思うのも自由ですが、それよりも、そのことで自分の気持ちや心がネガティブになってしまうことのほうが問題です。

コメントやメッセージは送信した瞬間に、自分の手から離れます。その後、そのコメントやメッセージにどう対応するかは完全に相手の自由で、すべては相手の裁量次第、相手にすべての決定権が移ります。

それを、心配だとしてもこちらが気を揉んだり不安になったりすることは、まさしく覆水盆に返らず、です。

また、相手の対応を心配するということは、相手をきちんと信頼できていないとも言えます。

だって、本当に相手を信頼していれば、コメントやメッセージが返ってこなくても、相手の気持ちを疑うのではなく、相手の気持ちを思いやれるものです。

「いまいろいろ考えることがあるのかな」「いろいろ忙しいのかな」「まあ、返ってこなくても、結果的に元気になってもらえたらいいな」というように、心配するよりも思いやれるほうが、気持ちもいいと思いませんか?

心配するより、思いやろう。

6.前提を見直せば、ちょうどいい境界線がわかる

このように、コミュニケーションでちょっとしたつまづきが起こったら、それは自分の前提を確かめるチャンスでもあります。

そして、相手を信頼して思いやることができるようになれば、「自分が考えるのはここまで」「あとは相手が相手の都合で返してくること」「返ってきたら、それに合わせてそのときにまた考えればいい」というように、どこまで考えればいいのか、どこまで心配すればいいのか、相手と自分の間に明確な境界線を引くことができます。

そうすると、不要な心配で心を悩ませることもなくなるし、他の人との境界線もなんとなく掴めてくるようになると、次第に面倒な過干渉に巻き込まれることも減ってきます。

いままで確かめたことのなかったコミュニケーションの前提、気づいたときには見直して、あなたが楽になれる人付き合いの境界線を掴んでみてくださいね。

この記事のライター

ことばデザイナー/映像作家/ひとり広告代理店。ブランドストーリーのライティング、Podcastナビゲーター、WebCM制作やプロモーション企画・プロデュースなどのほか、Ameblo「最高の人生の見つけかた」で、日常生活をより...

関連する投稿


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第2回のテーマは「銀座ママから盗んだモテるためのテクニック」です。


モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんに、「男女間のコミュニケーションを心地よくするには?」というテーマで対談していただきました。


後輩との会話は「コツをおすそわけ」スタンスで――「教育」するでは通用しない理由

後輩との会話は「コツをおすそわけ」スタンスで――「教育」するでは通用しない理由

企業によって、何年目から後輩指導をするのかはまちまちですが、いずれにせよいつかは直面する、後輩指導・育成。すでに管理職の方もそうでない方も、一緒に考えてみませんか?


居心地の悪い空間を演出する人の特徴

居心地の悪い空間を演出する人の特徴

友人と話をするとき、何も考えずに話せたら楽だ。でも、互いに別の生き物であり、違った考えを持っている。嫌な気分にならず、心地よい会話をするためには、少しだけ気をつけなければいけない。


最新の投稿


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

GINZA PLACE 3F common ginza内にある、美と健康をテーマに旬のフルーツを楽しめるカフェ「RAMO FRUTAS CAFE」が2017年9月24日にオープン1周年を迎えます。これを記念したスペシャルイベント「1st Anniversary Weekend Party」が開催されます。


「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

組織やチームの二番手として活躍する人の仕事術に迫る【ナンバー2の仕事術】。第1回目は、月間3000万人以上の読者が訪れるウェブメディア『東洋経済オンライン』の副編集長・吉川明日香さんに話を伺った。


美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには背中を整える必要があります。バストケアをした直後は、ふわふわの柔らかいバストを手に入れることができても、しばらくするとバストが背中や脇に流れるのは、背面の「癖」が原因です。姿勢や筋肉の癖がバストアップの妨げになっている可能性が高いのです。


おっぱい

MENU

DRESS部活