1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 人付き合いが上手い人の特徴。最適な距離感をつくる6つのポイント

人付き合いが上手い人の特徴。最適な距離感をつくる6つのポイント

Share

人付き合いが上手な人は、自分と他人との間に境界線を引いて、そこから立ち入らないよう、ほどよい距離感を保っています。そしてベストな線引きは、自分が持っている「コミュニケーションの前提」で決まってきます。ゆっくり過ごせる時間があるときに、自分の前提を見直してみませんか?

人付き合いが上手い人の特徴。最適な距離感をつくる6つのポイント

1. 「コミュニケーションの前提」を知ろう

人と人とのコミュニケーションには、双方それぞれが自覚している、あるいは無自覚の「前提」があり、その前提を通したやりとりで成立しています。

たとえば、「おはよう」と挨拶をしたら「おはよう」と返すとか、外国人に英語で道を聞かれたら、こちらも英語で教えてあげるとか。

「おはよう」に「おはよう」で返すなんてあたりまえだと思うかもしれませんが、でも、これは「挨拶されたら返すもの」という前提をお互いに持っていないと成立しないコミュニケーションです。

こういった前提を無自覚なままでも、日常生活は多くの人が共通認識として持っている前提だけでほとんど成り立っています。それもあって、前提ということ自体を自覚することも考えることもないんですね。

2. コミュニケーションのつまづきは前提の違いが原因

しかし、ふとした場面やふとした相手と、「あれ?」と思うようなすれ違いが生じることもあります。

よかれと思ってしてあげたことになんの反応もないとか、気軽に声をかけたつもりが、すごくこじれる問題になってしまったりとか、自分はいつもと変わらず接したつもりなんだけど、思っていたのと違う方向へ進んでしまい、対応に悩んだり、追われたり。

この場合、きっかけとなった場面をよくよく思い返してみると、そこに必ず原因となる前提を見つけることができます。

そして原因となる前提に、普段は気づいていないことが多く、だからこそ思わぬときにつまづきの原因になってしまうのです。

3. 人付き合いが上手い人はメッセージを送る or 送らないで悩まない

ここからは具体例で考えてみましょう。

最近、会社の先輩が悩んでいる様子。とてもお世話になっているし、自分も力になりたいなと思っていた場合。SNSでも一応つながっているので2〜3回、ちょっとした応援の気持ちを伝えるメッセージを送ってみた。

でも、数日経っても、先輩からは返事もないし、声もかけてこない。どうしたのかな、私なにか変なこと書いちゃったのかな、気を悪くしちゃったのかな、どうしよう……。

皆さんも、SNSのメッセージでこんな経験、ありませんか?

Share

安 憲二郎

20年で22回の転職、40の職種を経験。現在は【ことばライフデザイナー】として「人生誰でも右肩上がり」になるアドバイスをAmebloをメインに提供している。また、クリエイティブな才能を活かし、ボーカリスト、映像作家、コミュニ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article