人との出会いは奇跡。二度と会えないかもしれない、と思って接するくらいでちょうどいい

人との出会いは奇跡。二度と会えないかもしれない、と思って接するくらいでちょうどいい

人との出会いは奇跡であり、過去の出会いを大事に育む人が、新たな縁をつないでいける。今年「いい出会いがない」「いい出会いがなかった」という人は、既存の人間関係を大事にすることから始めてみて。


今年一年、皆さんには、どんな出会いがありましたか?
イベントやパーティーに行くとたくさんの人と出会うけれど、その場限りの人がほとんどのはず。

人との出会いって、実はとっても奇跡なことだって知っていますか?

宝くじに当選することなんて夢のまた夢で、現実的にはありえない! と思っているけど、「出会い」ってその宝くじに当選するより、もっと奇跡に近い確率なのです。

そう考えると、人との出会いって大事にしないといけない……って思うでしょう?

■過去の出会いを大事にする人には、自然とご縁がもたらされる

たくさんの出会いの中で、この人! と、どこかでお互いのセンサーが反応し、惹かれ合って、ご縁がつながっていく。

不思議なのだけれど、お互いのセンサーが反応した人とは、近いうちに絶対会えるようになっている。

「また近いうちにお会いしましょうね」っていうのが、社交辞令なのか本気なのかの違いかな?

「また今度」は本当にまた今度なわけ。一生会わないまた今度(笑)。
だから、会いたい人にはすぐに会う日を決めるのが大事。
会いたくない人には「また今度……」でいいのかも(笑)

よく「たくさんの人と知り合いたいです」と言っている人を見かけるけれど、その人は単純に知り合いの人数を増やしたいのだろうか?
単純に人数を増やすだけなら、いろいろなところに出向き、名刺を配れば簡単に知り合いは増えていく。

でも、出会いは数ではなく、どんな人に出会ったかという質が大切だし、すでに今まで出会った人を大切にしているかどうかも大切なんじゃないかな。

今まで会った人たちを大切にしている人は、自然に人から人へのご縁がつながり、たくさんの方に囲まれている。

だから、新しい出会いを求める前に、まずは今まで出会った人たちを大切にしているかを考えてみるべきだと思う。

■出会いはあたりまえじゃない。すべてが奇跡だと思って

ただ、出会いがすべて良いものかというと、そんなことはあり得ない。
良い出会いもあれば悪い出会いもある。

大前提として、すべての出会いは自分で引き寄せているもの。
悪い出会いに当たったときは、自分のどこか弱い部分が引き寄せてしまったもの。
だから、人生のお勉強だと思って諦めて、同じような相手を引き寄せないようにしないとね。

「一期一会」という言葉には、以下のような意味がある。
一生に一度だけの機会、生涯に一度限りである。
本来は茶道の心得から出た言葉であり、その日の茶会での出会いは一生に一度しかないのだから、それを大切にして誠実な心で人と接するべきだ、と教えてくれる言葉だ。

人との出会いは奇跡!
もうこの人とは二度と会えないかもしれないと思って、大切にしましょう。
そして、大切に育んだご縁を人から人へつないでいきましょうね。

出会う人により、自分の人生は大きく変わっていくのですから。



貴田 加野さんの記事一覧

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


出会い コミュニケーション

関連する投稿


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第2回のテーマは「銀座ママから盗んだモテるためのテクニック」です。


モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんに、「男女間のコミュニケーションを心地よくするには?」というテーマで対談していただきました。


後輩との会話は「コツをおすそわけ」スタンスで――「教育」するでは通用しない理由

後輩との会話は「コツをおすそわけ」スタンスで――「教育」するでは通用しない理由

企業によって、何年目から後輩指導をするのかはまちまちですが、いずれにせよいつかは直面する、後輩指導・育成。すでに管理職の方もそうでない方も、一緒に考えてみませんか?


居心地の悪い空間を演出する人の特徴

居心地の悪い空間を演出する人の特徴

友人と話をするとき、何も考えずに話せたら楽だ。でも、互いに別の生き物であり、違った考えを持っている。嫌な気分にならず、心地よい会話をするためには、少しだけ気をつけなければいけない。


最新の投稿


ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ ジャパンは、ほうじ茶の香り高い味わいを楽しめるハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」を期間限定で、10月31日より全国で発売します。


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


おっぱい

DRESS部活