人との出会いは奇跡。二度と会えないかもしれない、と思って接するくらいでちょうどいい

人との出会いは奇跡。二度と会えないかもしれない、と思って接するくらいでちょうどいい

人との出会いは奇跡であり、過去の出会いを大事に育む人が、新たな縁をつないでいける。今年「いい出会いがない」「いい出会いがなかった」という人は、既存の人間関係を大事にすることから始めてみて。


今年一年、皆さんには、どんな出会いがありましたか?
イベントやパーティーに行くとたくさんの人と出会うけれど、その場限りの人がほとんどのはず。

人との出会いって、実はとっても奇跡なことだって知っていますか?

宝くじに当選することなんて夢のまた夢で、現実的にはありえない! と思っているけど、「出会い」ってその宝くじに当選するより、もっと奇跡に近い確率なのです。

そう考えると、人との出会いって大事にしないといけない……って思うでしょう?

■過去の出会いを大事にする人には、自然とご縁がもたらされる

たくさんの出会いの中で、この人! と、どこかでお互いのセンサーが反応し、惹かれ合って、ご縁がつながっていく。

不思議なのだけれど、お互いのセンサーが反応した人とは、近いうちに絶対会えるようになっている。

「また近いうちにお会いしましょうね」っていうのが、社交辞令なのか本気なのかの違いかな?

「また今度」は本当にまた今度なわけ。一生会わないまた今度(笑)。
だから、会いたい人にはすぐに会う日を決めるのが大事。
会いたくない人には「また今度……」でいいのかも(笑)

よく「たくさんの人と知り合いたいです」と言っている人を見かけるけれど、その人は単純に知り合いの人数を増やしたいのだろうか?
単純に人数を増やすだけなら、いろいろなところに出向き、名刺を配れば簡単に知り合いは増えていく。

でも、出会いは数ではなく、どんな人に出会ったかという質が大切だし、すでに今まで出会った人を大切にしているかどうかも大切なんじゃないかな。

今まで会った人たちを大切にしている人は、自然に人から人へのご縁がつながり、たくさんの方に囲まれている。

だから、新しい出会いを求める前に、まずは今まで出会った人たちを大切にしているかを考えてみるべきだと思う。

■出会いはあたりまえじゃない。すべてが奇跡だと思って

ただ、出会いがすべて良いものかというと、そんなことはあり得ない。
良い出会いもあれば悪い出会いもある。

大前提として、すべての出会いは自分で引き寄せているもの。
悪い出会いに当たったときは、自分のどこか弱い部分が引き寄せてしまったもの。
だから、人生のお勉強だと思って諦めて、同じような相手を引き寄せないようにしないとね。

「一期一会」という言葉には、以下のような意味がある。
一生に一度だけの機会、生涯に一度限りである。
本来は茶道の心得から出た言葉であり、その日の茶会での出会いは一生に一度しかないのだから、それを大切にして誠実な心で人と接するべきだ、と教えてくれる言葉だ。

人との出会いは奇跡!
もうこの人とは二度と会えないかもしれないと思って、大切にしましょう。
そして、大切に育んだご縁を人から人へつないでいきましょうね。

出会う人により、自分の人生は大きく変わっていくのですから。



この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


出会い コミュニケーション

関連する投稿


褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒められると誰だって嬉しい……はずだった。でも、微妙に違和感を覚えるときはないだろうか。褒められ上手、褒め上手になるための、日常の些細な心がけを提案したい。


O40とU40。LINEと電話のやりとり、そのボーダーライン

O40とU40。LINEと電話のやりとり、そのボーダーライン

今や主たる連絡手段はLINEの時代。高校生以下になるとメールアドレスも電話番号も聞かず、LINEやツイッターでのやりとりが友達との連絡手段です。けれどO40(OVER40)の大人女性や大人男性はまだ昭和のアナログな通信手段にノスタルジーを感じる世代。


人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は、自分と他人との間に境界線を引いて、そこから立ち入らないよう、ほどよい距離感を保っています。そしてベストな線引きは、自分が持っている「コミュニケーションの前提」で決まってきます。ゆっくり過ごせる時間があるときに、自分の前提を見直してみませんか?


今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

SNSによって「伝える」ことは簡単にできるようになりました。”いいね!”のボタンの種類は増えて、LINEのスタンプだって日々新しくなる。楽だけれど、本当にそれだけで充分伝えられているでしょうか。せっかくならもう少し相手と近くなれるような、今日はそんな伝え方をしてみませんか。


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


最新の投稿


新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断(NIPT)を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスク、他の診断方法(羊水染色体検査や絨毛染色体検査など)との違いなどを山中智哉医師が解説します。


普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

ミキモトのパールネックレスといえば「一生モノ」の代名詞。そのジュエリーは、長い歴史に裏打ちされた技術と志があるからこそ、色褪せることなく未来に向かって輝き続けるのかもしれません。愛おしさすら感じる素敵な雑貨をセレクトして紹介する連載「愛しい雑貨」2回目では、そんなミキモトのパールネックレスを取り上げます。


【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

約650年の歴史を誇る日本の伝統芸能、能楽。最近、能楽が女性の間でブームになっています。とはいえ「能は観たことがないし……」と敷居が高いと感じている人も多いのでは? そんな方には、7月29日(土)に行われるイベント「能楽カフェ×体感する能『黒塚』」がおすすめ。DRESS限定、終演後の能舞台ツアーも開催!


結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

私は「結婚が怖い」と回避して回避して30代になった。そんな私が、内田樹先生の『困難な結婚』と出会い……ちょっと結婚に対する意識が前向きに変わったので、紹介させてください。


狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

初めて能楽堂へ訪れる方へおすすめなのが、横浜能楽堂で定期開催している「横浜狂言堂」。狂言の世界へはじめの一歩を踏み出してみませんか? 通常、狂言は能とあわせて演じられますが、横浜狂言堂では狂言だけをピックアップし、1回の公演で2曲楽しめるのが魅力。直近では6月11日に開催されます。