人との出会いは奇跡。二度と会えないかもしれない、と思って接するくらいでちょうどいい

人との出会いは奇跡。二度と会えないかもしれない、と思って接するくらいでちょうどいい

人との出会いは奇跡であり、過去の出会いを大事に育む人が、新たな縁をつないでいける。今年「いい出会いがない」「いい出会いがなかった」という人は、既存の人間関係を大事にすることから始めてみて。


今年一年、皆さんには、どんな出会いがありましたか?
イベントやパーティーに行くとたくさんの人と出会うけれど、その場限りの人がほとんどのはず。

人との出会いって、実はとっても奇跡なことだって知っていますか?

宝くじに当選することなんて夢のまた夢で、現実的にはありえない! と思っているけど、「出会い」ってその宝くじに当選するより、もっと奇跡に近い確率なのです。

そう考えると、人との出会いって大事にしないといけない……って思うでしょう?

■過去の出会いを大事にする人には、自然とご縁がもたらされる

たくさんの出会いの中で、この人! と、どこかでお互いのセンサーが反応し、惹かれ合って、ご縁がつながっていく。

不思議なのだけれど、お互いのセンサーが反応した人とは、近いうちに絶対会えるようになっている。

「また近いうちにお会いしましょうね」っていうのが、社交辞令なのか本気なのかの違いかな?

「また今度」は本当にまた今度なわけ。一生会わないまた今度(笑)。
だから、会いたい人にはすぐに会う日を決めるのが大事。
会いたくない人には「また今度……」でいいのかも(笑)

よく「たくさんの人と知り合いたいです」と言っている人を見かけるけれど、その人は単純に知り合いの人数を増やしたいのだろうか?
単純に人数を増やすだけなら、いろいろなところに出向き、名刺を配れば簡単に知り合いは増えていく。

でも、出会いは数ではなく、どんな人に出会ったかという質が大切だし、すでに今まで出会った人を大切にしているかどうかも大切なんじゃないかな。

今まで会った人たちを大切にしている人は、自然に人から人へのご縁がつながり、たくさんの方に囲まれている。

だから、新しい出会いを求める前に、まずは今まで出会った人たちを大切にしているかを考えてみるべきだと思う。

■出会いはあたりまえじゃない。すべてが奇跡だと思って

ただ、出会いがすべて良いものかというと、そんなことはあり得ない。
良い出会いもあれば悪い出会いもある。

大前提として、すべての出会いは自分で引き寄せているもの。
悪い出会いに当たったときは、自分のどこか弱い部分が引き寄せてしまったもの。
だから、人生のお勉強だと思って諦めて、同じような相手を引き寄せないようにしないとね。

「一期一会」という言葉には、以下のような意味がある。
一生に一度だけの機会、生涯に一度限りである。
本来は茶道の心得から出た言葉であり、その日の茶会での出会いは一生に一度しかないのだから、それを大切にして誠実な心で人と接するべきだ、と教えてくれる言葉だ。

人との出会いは奇跡!
もうこの人とは二度と会えないかもしれないと思って、大切にしましょう。
そして、大切に育んだご縁を人から人へつないでいきましょうね。

出会う人により、自分の人生は大きく変わっていくのですから。



この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


出会い コミュニケーション

関連する投稿


女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達とは、何かを共有していれば、共感していれば、ずっと仲良くやっていけると思っていた。でも、年齢を重ねるにつれ「それは違うんじゃない?」と思う部分が出てくる。慣れたはずのやりとりを忘れてしまう瞬間とは。


「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

LINEで彼女から詰められる男性の心理を想像してみよう。しかも、年末年始という繁忙期に。ちょっと距離をおきたい、と思われるのも無理はない。恋愛が壊れるのを防ぐ「金曜夜のLINEテク」をご紹介します。


家庭円満、夫婦円満の秘訣は、管理職時代に学んだ「信頼して任せること」

家庭円満、夫婦円満の秘訣は、管理職時代に学んだ「信頼して任せること」

家庭円満や夫婦円満でいるコツって何だろう。パートナーや子供が思い通りにいかないからと、イライラしていては円満でいられるわけがない。でも「他人は自分の思い通りには動かない」が大前提だと理解してコミュニケーションを図れば、案外うまくいくもの。小田桐あさぎさんが自身の管理職時代に学んだことから振り返る。


妊婦さんへ伝えたい。「周りから気遣われるのが苦手」だと感じたら

妊婦さんへ伝えたい。「周りから気遣われるのが苦手」だと感じたら

妊娠後、体型が明らかに「妊婦」になってから、見知らぬ人からも気遣われる機会が増えた大泉りかさん。甘えてもいいんだと思う一方で、でもできるだけ普通に扱ってほしい。そんなモヤモヤを解消するには「自分ではなく、お腹の子が気遣ってもらっている」と考えること。周囲の優しさに戸惑うこともある妊婦さんは参考にしてみよう。


「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる

「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる

ブログ記事「私の離婚の理由」が爆発的にヒットし、その後出版したKindle本『私の離婚の理由』でも注目を集めた起業家・植村絵里さんの連載がスタート。自らが経営者となり、上司がいなくなった植村さんが、自分で自分を育てるために「戦略的にやっていること」は?


最新の投稿


いい恋は「男捨離」が運んでくる

いい恋は「男捨離」が運んでくる

男捨離という言葉をご存じでしょうか。連作短編マンガ『男捨離のすすめ』(2013年刊)で描かれているのは「断捨離」を恋愛に応用した「男捨離」。男を断捨離する男捨離について、女性の書き手が考えるシリーズ、始まります。


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。