1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 人との出会いは奇跡。二度と会えないかもしれない、と思って接するくらいでちょうどいい

人との出会いは奇跡。二度と会えないかもしれない、と思って接するくらいでちょうどいい

Share

人との出会いは奇跡であり、過去の出会いを大事に育む人が、新たな縁をつないでいける。今年「いい出会いがない」「いい出会いがなかった」という人は、既存の人間関係を大事にすることから始めてみて。

人との出会いは奇跡。二度と会えないかもしれない、と思って接するくらいでちょうどいい

今年一年、皆さんには、どんな出会いがありましたか?
イベントやパーティーに行くとたくさんの人と出会うけれど、その場限りの人がほとんどのはず。

人との出会いって、実はとっても奇跡なことだって知っていますか?

宝くじに当選することなんて夢のまた夢で、現実的にはありえない! と思っているけど、「出会い」ってその宝くじに当選するより、もっと奇跡に近い確率なのです。

そう考えると、人との出会いって大事にしないといけない……って思うでしょう?

■過去の出会いを大事にする人には、自然とご縁がもたらされる

たくさんの出会いの中で、この人! と、どこかでお互いのセンサーが反応し、惹かれ合って、ご縁がつながっていく。

不思議なのだけれど、お互いのセンサーが反応した人とは、近いうちに絶対会えるようになっている。

「また近いうちにお会いしましょうね」っていうのが、社交辞令なのか本気なのかの違いかな?

「また今度」は本当にまた今度なわけ。一生会わないまた今度(笑)。
だから、会いたい人にはすぐに会う日を決めるのが大事。
会いたくない人には「また今度……」でいいのかも(笑)

よく「たくさんの人と知り合いたいです」と言っている人を見かけるけれど、その人は単純に知り合いの人数を増やしたいのだろうか?
単純に人数を増やすだけなら、いろいろなところに出向き、名刺を配れば簡単に知り合いは増えていく。

でも、出会いは数ではなく、どんな人に出会ったかという質が大切だし、すでに今まで出会った人を大切にしているかどうかも大切なんじゃないかな。

今まで会った人たちを大切にしている人は、自然に人から人へのご縁がつながり、たくさんの方に囲まれている。

だから、新しい出会いを求める前に、まずは今まで出会った人たちを大切にしているかを考えてみるべきだと思う。

■出会いはあたりまえじゃない。すべてが奇跡だと思って

ただ、出会いがすべて良いものかというと、そんなことはあり得ない。
良い出会いもあれば悪い出会いもある。

大前提として、すべての出会いは自分で引き寄せているもの。
悪い出会いに当たったときは、自分のどこか弱い部分が引き寄せてしまったもの。
だから、人生のお勉強だと思って諦めて、同じような相手を引き寄せないようにしないとね。

「一期一会」という言葉には、以下のような意味がある。
一生に一度だけの機会、生涯に一度限りである。
本来は茶道の心得から出た言葉であり、その日の茶会での出会いは一生に一度しかないのだから、それを大切にして誠実な心で人と接するべきだ、と教えてくれる言葉だ。

人との出会いは奇跡!
もうこの人とは二度と会えないかもしれないと思って、大切にしましょう。
そして、大切に育んだご縁を人から人へつないでいきましょうね。

出会う人により、自分の人生は大きく変わっていくのですから。



貴田 加野さんの記事一覧

Share

貴田 加野

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article