1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 妊娠/出産/家族
  3. 38歳、それぞれの選択

38歳、それぞれの選択

Share

年齢とともに妊娠する力は下がっていき、38歳になると、「もう産まなくていいの?」という命題をあまり先延ばしにできなくなってきます。世間からの見られ方や、自分の囚われている既存の価値観などを整理して、選択肢を増やすことはできます。今回は未婚未妊の女性がしたそれぞれ選択についてお話しします。

38歳、それぞれの選択

あけましておめでとうございます。
今年もDRESSとこのコラムをご愛読いただきますようよろしくお願い申し上げます。
 
からだ問題担当大臣として、アラフォー女性の「生殖」についていろいろ書いて来ましたが、私も今月で38歳になります。個人差はあれど37と38の間で妊娠する力がぐっと下がりますから、「もう産まなくていいの?」という命題をあまり先延ばしにできなくなってきました。
 
そんな大事なお年頃である38歳。世の中ではとっくに結婚して子どもも産み終わっている人も多い年齢ですが、結婚も子どももまだという女性も多いですよね。私の友人知人で未婚未妊の女性がしたそれぞれ選択についてお話します。(個人のプライバシーに関わるので細部は変えてあります)
 
A子さんは子どもを持ちたいと思いましたが、上手くパートナーが見つからないまま38歳を迎えようとしていました。このまま婚活を頑張っても、妊娠可能年齢のうちにその機会は得られるだろうか……。そう考えたA子さんの選択は、「子どもだけ産む」でした。協力してくれる男性(どんな人なのか、未婚か既婚かも聞いていません)を得て、排卵日を狙ってセックスをしたところ、めでたく授かったとのこと。道のりはまだありますが、シングルマザーとして頑張って欲しいです。
 
B子さんは長い間交際している彼がいますが、彼には事実上破綻している戸籍上の妻がいます。なかなか離婚は成立しないようですが、そうこうするうちにB子さんは38歳に。もう待っていられない、と子づくりをすることにしたそうです。倫理的に問題がある、順番が違うのではという正論もあるでしょうが、38歳という年齢が見切り発車をさせたというのは、それもまた一つの選択かもしれません。
 
C子さんはこちらでも何度も紹介している卵子の凍結保存をしました。年齢的にはタイミング遅めだったにも関わらず、質のいい卵が沢山取れたそうです。
 
自分の子どもを抱くためには、あれもこれもと言っていられなくなるのが38歳という年齢です。いつまでも夢を見続けるのか、本当に欲しいもの以外を削ぎ落として行くのか。世間からの見られ方や、自分の囚われている既存の価値観、そんなものを一度整理して、新しい年をすごしてみるのも良いかもしれませんね。

 

関連記事↓

不妊治療の助成が39歳までに!?

https://p-dress.jp/articles/168

不妊治療が有効な年齢は何歳までなのか。近年不妊治療を受ける人の平均年齢は上がっているけれど、治療で妊娠する人の平均年齢は変わっていません。治療の有効性を考えると、近い将来に不妊治療の助成を受けれる年齢が制限されるかもしれません。 女医の宋先生にお話しを伺いました。

プレ更年期の年齢と、妊娠の関係

https://p-dress.jp/articles/24

さまざまなライフステージの女性がいるアラフォー世代。「望まない妊娠」は、年齢の若いティーンエイジャーだけではなくアラフォー世代でも起こります。今回は、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生に「プレ更年期」と「妊娠」の関係についてお話をお伺いしました。

子供はほしいけれど。早く産むか、相手を吟味すべきか?

https://p-dress.jp/articles/26

子供はほしいけれど、しっかりと相手を見定めるべきか? それともできるときに出産すべきか。今回は、患者さんからよく受ける質問について、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしました。子供を産んだら後戻りはできません。

Share

宋 美玄

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

関連記事

Latest Article