高齢出産

高齢出産に関する記事

近頃は社会で女性の活躍する場が増えたことにより、晩婚化が進んでいます。
その影響により以前は30歳以上が高齢出産でしたが、今では35歳以上の方が初めて出産する事を高齢出産といいます。
高齢出産はリスクが多いと言われてますが、出産する時のリスクはみんな同じなので、高齢出産だからと怖がらず挑んで欲しいです。


知っておきたい、体外受精の基礎知識#1

知っておきたい、体外受精の基礎知識#1

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が数回に渡って詳しく解説します。


リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

35歳以上で初めて出産することを高齢出産といいます。今では高齢出産は珍しくなくなりましたが、リスクがあることには変わりありません。二児の母で内科医の筆者からみた高齢出産のメリットと、心にとどめておきたいリスク(デメリット)を解説します。


30代後半で妊娠。高齢出産が私の新しい人生を開いてくれた

30代後半で妊娠。高齢出産が私の新しい人生を開いてくれた

39歳で妊娠が発覚した作家の大泉りかさん。30代・40代での高齢出産はリスクが大きいと言われている世の中で、彼女は「アラフォーでの出産には、この年だからこそ良かった、と思えることもある」と考えています。壮絶な痛みや不安の先に見えた高齢出産のメリットとはなんだったのでしょうか。


39歳での妊娠が教えてくれた、仕事人生を立ち止まる勇気

39歳での妊娠が教えてくれた、仕事人生を立ち止まる勇気

18年間、出版業界でハードに働いてきたフリーライターの大泉りかさん。したいことをして、このまま仕事に駆け抜ける人生か、と思っていた39歳での妊娠発覚。妊娠できない可能性すら感じていた状況での出来事。この先、仕事をどう続けていこう? さまざまなリスクや現状について悩んだ結果、見えてきた光とは――。


妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは……?これから妊娠を考える女性にぜひ手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


妊活しているのに……ストレスが妊娠に影響している?

妊活しているのに……ストレスが妊娠に影響している?

「妊娠したい女性にとってストレスはよくない」ということは、一般的にもよく知られていますし、感覚的にも「そうなんだろうな」ということはわかるかと思います。ストレスそのものや、ストレスを感じる仕組みなどを理解して、過剰なストレスを感じないよう、自分なりの工夫をしたいものです。


卵子凍結とは夢のような技術?妊娠の可能性と課題を知っておこう

卵子凍結とは夢のような技術?妊娠の可能性と課題を知っておこう

卵子凍結には医学的卵子凍結と社会的卵子凍結の2種類があります。後者はとくに医学的あるいは倫理的な観点から、まだまだ議論されるべきではないでしょうか。たとえば卵子凍結できる年齢制限や決して安くない費用、凍結されたままの卵子……卵子凍結における課題を考えます。


卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていきます。卵子の数が最も多い時期は、胎内にいるとき。月経が始まる頃には最多時の1/3ほどに減っていて、すべての卵子が失われる閉経へと向かっていきます。つまり、妊娠を考えるなら「卵巣の機能や残されている卵子の数」を、しっかり意識する必要があるともいえるのです。


不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩み、不妊治療を受ける夫婦の割合が増えている昨今。6組に1組の夫婦が不妊治療をおこなっている、ともいわれています。なぜ不妊に悩む人が増えているのか、産婦人科専門医の山中智哉さんが解説します。


40代で母になる。二度の妊娠・出産で気づいた命の尊さ(42歳)

40代で母になる。二度の妊娠・出産で気づいた命の尊さ(42歳)

40代の妊娠・出産にはリスクも多い。流産の確率は40%を超えるとも。だが、数々の経験や思慮を経て、それを受け止める人生経験や知恵があるのも40代。40代で母になるということ、二度の高年齢妊娠で経験した悲しみや喜びから得たものとは。


39歳妊婦のわたしが「39歳」「不妊治療」のキーワードから考えたこと

39歳妊婦のわたしが「39歳」「不妊治療」のキーワードから考えたこと

39歳で妊娠。「いつか、子どもができたらいいな」くらいの熱量だったから、自分は「不妊治療」とは関係がないと思っていた。しかし、『ひなこの39歳から始める不妊治療日記』を読んで浮かんできたのは、もしかすると不妊治療をしていたかもしれない自分の姿だった。


子どもに幸せになってほしいなら、まずは母自身が幸せになろう【未婚の母という生き方 #3】

子どもに幸せになってほしいなら、まずは母自身が幸せになろう【未婚の母という生き方 #3】

40歳で未婚の母となった小檜山知萌子さん。産むという決意は固かったものの、ひとりで育てられるか不安に苛まれた時期も。そんな不安を乗り越えたのは、複数の収入源を作る仕組みを整えたときのことでした。


35歳、高齢出産。不安を乗り越えて見えてきた、仕事と私と子どものゆるやかな関係性

35歳、高齢出産。不安を乗り越えて見えてきた、仕事と私と子どものゆるやかな関係性

“好き”を仕事にした料理研究家のオガワチエコさん。著書や連載も数多く、華やかに活躍しているように見えるが、自身はこの働き方でいいのか……と悩みを抱えていた。そんなタイミングでの妊娠発覚。出産時は35歳となる。8ヶ月目を迎え、オガワさんが導き出した仕事との関わり方は――。


やっぱり産みたいですか?【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

やっぱり産みたいですか?【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

こと人生において、「計画通り」は難しい。


40代で母になる。18回もの人工授精、あきらめたら授かった(41歳)

40代で母になる。18回もの人工授精、あきらめたら授かった(41歳)

定義上、35歳以上で出産することを高齢出産といいますが、40代で妊娠・出産する人も少なくない昨今。とはいえ、20〜30代のときと比べると、妊娠しづらい現実もある。それでも子どもを諦めたくない。40代で妊娠・出産した女性の声を届けるシリーズ、始めます。


「社内で量より質の仕事を作っておこう」 41歳で出産した女性役員に聞く、産む前にしておきたいこと

「社内で量より質の仕事を作っておこう」 41歳で出産した女性役員に聞く、産む前にしておきたいこと

仕事が楽しすぎて、アラフォーにさしかかるまで、全力疾走——。でも、ふとした瞬間、「何かが足りない気がする」「このままでいいのかな」と迷い、立ち止まる女性もいるのでは。


女医が教える 妊娠するためのセックス

女医が教える 妊娠するためのセックス

年齢を重ねるにつれて、妊娠する確率は下がっていきます。そんななか、計画的に活動する「妊活」が一般的に知られるようになりました。妊活に取り組む方から「妊娠するには?」「妊娠する方法は?」と聞かれることも少なくありません。今回は「妊娠しやすいセックス」についてご紹介します。


男性も早く子どもを作った方がいいですよ

男性も早く子どもを作った方がいいですよ

女性は年齢とともに妊娠しづらい体になっていくことはよくご紹介していますが、男性も女性ほどではないですが、年齢とともに条件は悪くなっていきます。今回は具体的なデータやグラフを見ながら不妊について取り上げます。


衝撃のグラフ

衝撃のグラフ

「まだ38歳」ではなく「もう38歳」。女性ホルモン分泌量が下がり、妊娠力がガクッと衰えるのは37歳と38歳の間です。今回は具体的なデータを元に、高齢出産について見ていきます。ある年齢を境に、急激にグラフに変化が表れています。


38歳、それぞれの選択

38歳、それぞれの選択

年齢とともに妊娠する力は下がっていき、38歳になると、「もう産まなくていいの?」という命題をあまり先延ばしにできなくなってきます。世間からの見られ方や、自分の囚われている既存の価値観などを整理して、選択肢を増やすことはできます。今回は未婚未妊の女性がしたそれぞれ選択についてお話しします。