小説に関する記事

作者の構想のもとに、作中の人物・事件などを通して、現代の、または理想の人間や社会の姿などを、興味ある虚構の物語として散文体で表現した作品のこと。


ドラマのセックス描写より、芸術家の脳みそに発情する

ドラマのセックス描写より、芸術家の脳みそに発情する

恋愛モノの作品で描写される濃厚なキスシーンやセックスシーンが気持ち悪くなった。一方、優れた作品を遺した芸術家の脳みその動きに欲情する、と話す小島慶子さん。これならリスクゼロ!?


【南綾子 離婚小説】35歳――希望の在処 #5

【南綾子 離婚小説】35歳――希望の在処 #5

「希望は未来にしかない」のだと気づいた葉子は……。作家・南綾子さんが描く「35歳×離婚」をテーマにした全5回の短編小説、最終回です。


【南綾子 離婚小説】35歳――希望の在処 #4

【南綾子 離婚小説】35歳――希望の在処 #4

ひょんなことから元夫と思いがけない再会を果たした葉子は……。作家・南綾子さんが描く「35歳×離婚」をテーマにした短編小説を全5回でお届けします。


【南綾子 離婚小説】35歳――希望の在処 #3

【南綾子 離婚小説】35歳――希望の在処 #3

元夫が共通の女友達に「自分の意志とは無関係に話が進んで、どうしようもなくなった」ため結婚するしかなかった、と話していたのを知った葉子は……。作家・南綾子さんが描く「35歳×離婚」をテーマにした短編小説を全5回でお届けします。


35歳――希望の在処 #2

35歳――希望の在処 #2

別居中だった結婚5年目。夫からの「他に好きな人ができた。離婚したい」メールを見た葉子がとった行動は――。作家・南綾子さんが描く「35歳×離婚」をテーマにした短編小説を全5回でお届けします。


【南綾子 短編小説】35歳――希望の在処 #1

【南綾子 短編小説】35歳――希望の在処 #1

30歳になる直前、結婚の「け」の字も言わない恋人に「30歳で独身は絶対に嫌だから、結婚相談所に登録する」と宣言し、結婚にこぎつけた葉子。しかし、新婚生活半年で夫が家を出て、早5年。作家・南綾子さんが描く「35歳×離婚」をテーマにした短編小説を全5回でお届けします。