映画に関する記事

映画とは、映像と音声によって、報道と記録を主とするドキュメンタリー映画と、表現を主とする劇映画に大別できます。スクリーンの中で俳優がいろんな役を演じて楽しませてくれたり、不思議な次元世界を作り出してくれたりします。


見る者の心を激しく揺さぶる愛の物語 -『光をくれた人』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#12

見る者の心を激しく揺さぶる愛の物語 -『光をくれた人』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#12

デレク・シアンフランス監督による最新作は、ベストセラー小説『海を照らす光』を、監督自らが熱望して映画化した『光をくれた人』。英ガーディアン紙にて「ティッシュ会社の株価があがるほど、観るものは涙するに違いない」と絶賛された、静かな愛の物語です。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


努力家と天才肌の、激しく鮮やかな対比に目を奪われる - 映画『ザ・ダンサー』が見逃せない理由

努力家と天才肌の、激しく鮮やかな対比に目を奪われる - 映画『ザ・ダンサー』が見逃せない理由

“モダンダンスの祖”と言われる伝説のダンサー、ロイ・フラー。〈シルクと光のダンス〉で世界を熱狂させた激しくも美しいその生涯が、彼女の伝記をもとに映画化されました。ロイ役には、マドンナも絶賛したミュージシャンのソーコ。ロイの最大のライバル、イサドラ・ダンカンをジョニー・デップの愛娘リリー=ローズ・デップが演じます。


映画『ありがとう、トニ・エルドマン』の感想。泣いて笑って愛すべき父と娘の物語!

映画『ありがとう、トニ・エルドマン』の感想。泣いて笑って愛すべき父と娘の物語!

映画『ありがとう、トニ・エルドマン』が6月24日(土)より全国で順次公開されます。父と娘の交流をユーモラスに描き、ドイツ・フランスで大ヒットしたヒューマンドラマ。シネマの時間第7回は、『ありがとう、トニ・エルドマン』の魅力をあらすじと動画を含めながらアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


【新作映画】世界の子育て現場に迫るドキュメンタリー『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』

【新作映画】世界の子育て現場に迫るドキュメンタリー『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』

すべての子供に、素晴らしい人生のスタートを。世界各国のいろいろな育児を見つめたドキュメンタリー『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』が、日本ユニセフ協会主催の上映会の大反響を経て劇場公開決定!


人生に傷を持つすべての人へ。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が見逃せないワケ - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#10

人生に傷を持つすべての人へ。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が見逃せないワケ - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#10

「ジェイソン・ボーン」シリーズなど多数のヒット作に主演するマット・デイモンによるプロデュース作品『マンチェスター・バイ・ザ・シー』。マット・デイモンの幼い頃からの親友であるベン・アフレックの実弟ケイシー・アフレックが主演をつとめ、アカデミー賞の主演男優賞・脚本賞を受賞した本作は、決して観逃せない傑作に仕上がっている。


オトナの恋愛映画、ここに極まれり!ー『カフェ・ソサエティ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#9

オトナの恋愛映画、ここに極まれり!ー『カフェ・ソサエティ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#9

ウディ・アレンが監督&脚本をつとめる最新作『カフェ・ソサエティ』。2016年カンヌ国際映画祭のオープニング作品にも選ばれた本作。世間知らずの主人公ボビーと、彼が出会う二人の美女・ヴェロニカとの恋を描きながら、人生の「選ばなかった道」を、ゴージャスな映像と共に浮かび上がらせる、粋なロマンティック・コメディです。


映画『美女と野獣』感想。時を越え愛されるエンターテイメント!

映画『美女と野獣』感想。時を越え愛されるエンターテイメント!

『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンを主演のベルに迎え、ディズニー・アニメ不朽の名作『美女と野獣』待望の実写映画化!【シネマの時間】第6弾は、映画『美女と野獣』の魅力と感想を、あらすじと動画を含めながらアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


『スウィート17モンスター』のイタい青春に、泣いて笑って、また泣いて - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#7

『スウィート17モンスター』のイタい青春に、泣いて笑って、また泣いて - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#7

青春映画の傑作『スウィート17モンスター』が万を持しての日本上陸。イケメンで人気者の兄にコンプレックスを抱く主人公のイタい青春が描かれた本作に、DRESS世代のオトナ女子も大共感間違いなし!きっとスクリーンから目が離せなくなることでしょう。


映画『ムーンライト』感想。心揺さぶられる最も切なく、最も純粋な愛の物語!

映画『ムーンライト』感想。心揺さぶられる最も切なく、最も純粋な愛の物語!

本年度第89回アカデミー賞で作品賞ほか脚色賞・助演男優賞3部門受賞に輝いた映画『ムーンライト』。【シネマの時間】第5弾は、映画『ムーンライト』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

この春、新しい自分を見つけてみませんか? ベン・スティーラ監督・主演が描く感動のヒューマン・ドラマ『LIFE!』シネマの時間第4弾は、映画『LIFE!』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


【プレゼント】映画「パーソナル・ショッパー」女性限定試写会にご招待!

【プレゼント】映画「パーソナル・ショッパー」女性限定試写会にご招待!

2016年カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した、映画『パーソナル・ショッパー』が5月12日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国ロードショー。こちらの女性限定試写会に、DRESS映画部員の方5組10名さまをご招待します。


フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

まもなく日本で公開されるフランスの恋愛映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』。対照的な男女がふとしたきっかけで恋に落ちる。男女の10年間の軌跡と葛藤を描き、カンヌ映画祭では、主演のエマニュエル・ベルコに女優賞をもたらしたフランスの有名女性監督・マイウェンにインタビュー。(プロフィールは文末)


映画『素晴らしきかな、人生』感想。豪華キャストで贈る感動のヒューマンストーリー

映画『素晴らしきかな、人生』感想。豪華キャストで贈る感動のヒューマンストーリー

『プラダを着た悪魔』を手掛けたデヴィット・フランケル監督の最新作『素晴らしきかな、人生』。すべての大人たちに贈る”人生のドン底の乗り越え方”【シネマの時間】第3回目は、『素晴らしきかな、人生』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


大人のエロネタ満載『エイミー、エイミー、エイミー!』はDRESS世代必見 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#6

大人のエロネタ満載『エイミー、エイミー、エイミー!』はDRESS世代必見 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#6

『エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方』は、幼い頃から「一夫一妻制は悪だ!」と教育された恋愛恐怖症の主人公が、本気の恋に目覚める爆笑ラブコメディ。『ブリジット・ジョーンズの日記』から16年。DRESS世代が絶対に観逃せない、笑って元気をもらえる1本です!


映画『ラ・ラ・ランド』がデートムービーとして最悪な理由、あるいはなぜ世界に音楽が必要なのか。

映画『ラ・ラ・ランド』がデートムービーとして最悪な理由、あるいはなぜ世界に音楽が必要なのか。

映画『ラ・ラ・ランド』が第74回ゴールデングローブ賞で7部門、第89回アカデミー賞で6部門を受賞する快挙を成し遂げた。PR/クリエイティブディレクターの三浦崇宏さんは「デートムービーとしては最悪」と語る。その理由はこの映画が、観る者全員に、胸の中に封印している「特別なあの人」を思い出させるからだ。


映画『エゴン・シーレ 死と乙女』感想。美とエロスを描いた夭折の天才画家の生涯

映画『エゴン・シーレ 死と乙女』感想。美とエロスを描いた夭折の天才画家の生涯

ディーター・ベルナー監督の映画『エゴン・シーレ 死と乙女』。エゴン・シーレは、魂を揺さぶる鮮烈な作風で、独自の美とエロスを描き、20世紀初頭ウィーンで活躍した夭折の天才画家! 【シネマの時間】第2回、今回もアートディレクターの諸戸佑美さんに『エゴン・シーレ死と乙女』の魅力と感想について語っていただきました。


17年上半期の最高傑作!?『ラ・ラ・ランド』を観るべき理由 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#5

17年上半期の最高傑作!?『ラ・ラ・ランド』を観るべき理由 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#5

映画『ラ・ラ・ランド』がスゴいことになっています。第89回アカデミー賞に、今年〈史上最多タイ〉となる14部門でノミネートされ、大本命と言われているのが『ラ・ラ・ランド』。『セッション』デイミアン・チャゼル監督による最新作となる、極上のミュージカル・エンターテイメントです。


映画『バレンタインデー』の感想。全ての愛が主人公

映画『バレンタインデー』の感想。全ての愛が主人公

映画『バレンタインデー』のあらすじと感想をご紹介。「恋愛なんて……」と落ち込んでいる人にこそ観て欲しい"Bitter&Sweet"な恋愛映画です。アートディレクターの諸戸佑美さんに「シネマの時間」という連載で、映画『バレンタインデー』の魅力について語っていただきました。