習慣に関する記事

いつも素敵なあの人は、どんな習慣を持ち、かつどうやってそれを実践しているのでしょうか。今すぐ真似したい、生活のコツや習慣づける方法に迫りました。

習慣に関連するキーワード

フランス女性
>>習慣に関連するキーワード一覧

素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

「夜活」という言葉をご存知でしょうか。「朝活」はよく話題になりますが、この「夜活」は耳慣れないという方も多いかもしれません。「終わりよければすべてよし」という言葉と同じように、1日をどう終わるかということが、毎日の充実度に大きく影響してきます。今回は夜活の心得とおすすめの夜活をご紹介します。


自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

昨年から手帳のプロデュースを始めた長谷川朋美さん。人生の優先順位を順に叶え、自分らしい人生を手に入れるための手帳術をご紹介します。どれも長谷川さんご自身が実践していることばかり。具体的なので今日からでも取り入れて、進みたい未来に近づいて。


「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「怒りっぽくて困っている」、反対に「うまく怒れないのが悩み」……怒りについての悩みは人それぞれ。ですが、よく考えたら怒りって何? 何で怒りの感情ってわくのだろう? 連載3回目は、「怒りのもとになる“べき”」について、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいました。


あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

怒りに任せて、つい嫌なことを言ってしまい、後で「あれは本心じゃないのに」「あんなこと言わなきゃ良かった」と思っても後の祭り……。そんな事態を防ぐために取り組みたいのが「アンガーマネジメント」です。連載2回目は、「カッとなったときに有効な対処術」を日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいます。


怒りっぽい、怒れない自分を変えたいなら「アンガーログ」を始めよう

怒りっぽい、怒れない自分を変えたいなら「アンガーログ」を始めよう

「今日もカッとなってキレちゃった……」「また言いたいことをガマンしちゃった……」そんなふうに後悔することはありませんか? そんな「怒りっぽい人」や、反対に「うまく怒れない人」が“怒り”の感情とうまくつき合うための方法を、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいました。


女の人生が潤う「笑い上手」に! 沈む心は”芸”で明るく

女の人生が潤う「笑い上手」に! 沈む心は”芸”で明るく

最近、笑ってる? 退屈な毎日が続いている女性こそ、笑いが大切だと常々思う。あたりまえだが、笑うだけで楽しい気分になってくるし、生活に充実感さえ感じることができる。


マジシャンが教える「好意を持たれる魔法の口ぐせ」- まわりを笑顔にしてますか?

マジシャンが教える「好意を持たれる魔法の口ぐせ」- まわりを笑顔にしてますか?

どうすれば、相手に好意を持たれるんだろう? みんなに嫌われずに済むんだろう? ビジネスでも、プライベートでも、人間関係の悩みは尽きませんよね。まず、コミュニケーションの基本は会話にあります。そこで今回は、人前で演じるマジシャンに「好意を持たれる魔法の口ぐせ」を伝授していただきました。


「幸せになりたい」って言いながら、他人に自分を預けてない?

「幸せになりたい」って言いながら、他人に自分を預けてない?

「幸せになりたい」――誰もが一度は声に出したり、胸の中で思ったりしたことがあるかもしれない。でもこの”幸せ”、どうすれば手に入るのでしょう。美味しいものを食べたとき? 好きな人と一緒にいるとき? そのときあなたは「幸せです!」と胸を張って言い切れますか? 今回のコラムでは、そんな幸せの見つけ方をお届けします。


ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

大人になった今「ラジオ体操」を朝の習慣にしています。子供の頃はその効果に疑問を感じていたラジオ体操ですが、運動不足の大人に成り下がった今、これが案外すごい体操だったということを身をもって知りました。あえてラジオ体操をチョイスするメリット、それには3つの理由があるんです。


木村瞳さんがきれいのために夜していること

木村瞳さんがきれいのために夜していること

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師の木村瞳さん。きれいのために夜していることは何ですか?


スキンシップがもたらす3つの幸せ効果【百木ゆう子 連載#7】

スキンシップがもたらす3つの幸せ効果【百木ゆう子 連載#7】

心地よさを感じるスキンシップは親から子どもに対してだけでなく、大人においても大事なこと。心を込めたスキンシップをする側・される側共に感じる3つの幸せな効果をご紹介します。


本当の幸せを呼ぶ習慣づくり。自分だけの小さな幸せを見つける

本当の幸せを呼ぶ習慣づくり。自分だけの小さな幸せを見つける

淡々と過ぎていく日々の中に隠れてしまう「小さな幸せ」。今回は、そんな小さな幸せを見つけるための習慣づくりについてお話します。日常の中にちょっとした花を咲かせるだけで、いつもとは違った景色が見えるかもしれません。


美しい人に聞く、植村絵里さんの6のきれい習慣 #6 起業家

美しい人に聞く、植村絵里さんの6のきれい習慣 #6 起業家

植村絵里さんはクイックエステ「BeautiQ(ビュティック)」の創業者。美容業に従事している植村さんが実践するきれい習慣は、体と心を常にきれいで心地よい状態に保つものばかり。むくみを明日に持ち越さないために毎日行っているボディから、すべての健康と美につながる最も大事なことについて、余すことなく綴っていただきました。


最初の一言を「ごめんね」から「ありがとう」に! 夫や子どもとの会話を楽しくするために

最初の一言を「ごめんね」から「ありがとう」に! 夫や子どもとの会話を楽しくするために

「ありがとう」という言葉は、人を幸せにしてくれるという話はよく聞きますよね。最初の一言を「ごめんね」から始めてしまう人も多いのですが、ほんの少し意識するだけで変えられます。夫婦の会話・子どもとの会話など「ありがとう」を使える場面って、意外とたくさん転がっているのです。


「おばさんくさい」と思わせない人になる

「おばさんくさい」と思わせない人になる

できることなら「おばさんくさい」と思われたくないですよね。若作りをしたいわけではないけれど、若々しくきれいな自分でありたいもの。「おばさんくさい」とは無縁になるための心がけを5つご紹介します。


褒め上手な女性になる

褒め上手な女性になる

褒め上手な女性は、人間関係もうまくいきます。褒められて嫌な人はいません。褒めるのはタダ、記事に登場する「褒め方」の具体例を参考に、褒め上手な人になりましょう!


お金が貯まる人は銀行口座を何個持っている?

お金が貯まる人は銀行口座を何個持っている?

銀行口座は何個くらいあるといいの? 疑問に思う人もいるのでは。『お金が貯まる「体質」のつくり方』著者の西山美紀さんは「お金が貯まる人は銀行口座を3つ持っている」と話します。その理由や使い分け方を解説します。


おばさんくさい靴に逃げたくないが終日ヒールはつらい。そんな女性に試してほしい3つのこと

おばさんくさい靴に逃げたくないが終日ヒールはつらい。そんな女性に試してほしい3つのこと

おばさんくさい靴の世話にはなりたくないけれど、ヒールがしんどく感じるときもある……そんなアラフォー女性もいるのでは? おしゃれは我慢が基本、女たるものいくつになってもヒールを颯爽と履きこなそう、なんて意見も聞くけれど、やっぱり健康が第一。ヒールも楽しみながら、ときどきラクするアイデアをご紹介します。


良いコミュニケーションをたくさんとるのが美の秘訣?篠田弁護士流10の美習慣【篠田恵里香】

良いコミュニケーションをたくさんとるのが美の秘訣?篠田弁護士流10の美習慣【篠田恵里香】

篠田恵里香 弁護士の連載、第4回目では篠田先生流、生き生き過ごす習慣を全10項目に渡ってご紹介。「美に悪いことをたくさんしている(笑)」と言う篠田先生ですが、常に心地よく過ごそうとする日々が、先生を素敵に見せているのかもしれません。


ヨガの考え方を日常に取り入れると生きやすくなる

ヨガの考え方を日常に取り入れると生きやすくなる

ヨガにポーズは必須ではない!? ヨガの考え方を知って理解するだけで、仕事や生活の質がぐんと上がります。ポーズをとることなく、生活に「ヨガの智慧」を取り入れ、ヨガの考え方を実践するための具体的な方法を伝える『デキる人は、ヨガしてる。』をご紹介します。