マジシャンが教える「好意を持たれる魔法の口ぐせ」- まわりを笑顔にしてますか?

マジシャンが教える「好意を持たれる魔法の口ぐせ」- まわりを笑顔にしてますか?

どうすれば、相手に好意を持たれるんだろう? みんなに嫌われずに済むんだろう? ビジネスでも、プライベートでも、人間関係の悩みは尽きませんよね。まず、コミュニケーションの基本は会話にあります。そこで今回は、人前で演じるマジシャンに「好意を持たれる魔法の口ぐせ」を伝授していただきました。


■コミュニケーションは学ぶことができる

マジシャンは人間を相手にする職業、みなさんに喜んでもらうのが仕事です。

そのために、ずっと昔から「いかに好意を持ってもらえるか?」を重要課題にしてきました。


僕は生まれながら、器用に他人と喋ったり、相手を笑わせられるような人間ではありませんでした。そのため、理屈を学んで「どうすれば周りと仲良くできるんだろう?」と、ひとつずつ考えてきたのです。

だから、僕がいま人前で拍手をもらうような仕事をしているとしても、それは天性のコミュニケーション能力があったからではなく、理論を学んだから。

それを身につけるのに、少しだけ努力をしたからです。

そして、そうした理屈はプライベートにも応用することができます。

コミュニケーションに舞台の上も下もありません。学校、サークル、飲み会、職場、家庭、友人との会話、パーティ、婚活、恋愛……いくらでもイメージは浮かぶでしょう。

今回は、そのなかでも「ささやかだけれど大切なこと」をご紹介します。

もしかすると「そんなのあたりまえだよ」と言われるかもしれません。けれど、ろくに他人の顔も見られなかった少年にとっては、それすら、一から学ぶ必要があったのだとお考えください。

■好意を抱かれる魔法の口ぐせ

基本的に、コミュニケーションは「会話」で成立しています。

私たちは、数年前にかけられた、ささいな褒め言葉をいつまでも覚えていたりします。ちょっとしたキツい一言で、ああだこうだと何時間も眠れなくなります。

そんなふうに、他人から受ける言葉の一つひとつが、あなたに影響を与えるように、あなたの言葉も、そのまま相手に影響を与えます。

だからこそ言葉には気をつけないといけません。ある意味では、コミュニケーションを考えるとは「使う言葉について考える」ということです。

なかでも、まず気をつけるべきは「口ぐせ」です。

ひとつめの理由としては、最もあなたの口から出る頻度の多い言葉だからです。言ってしまえば「あなたが何度も他人に浴びせることになる言葉」。これを気にすることで、あなたの会話をグッと矯正することができます。

ふたつめの理由としては、自分でも意識せず口をつくものだからです。思いもよらないところで、相手を不愉快な気持にさせているかもしれません……。

少なくとも、一度くらいチェックしてみる価値はあるでしょう。

考える方向性としてはふたつあります。

(1)使ってはいけない口ぐせをやめる
(2)使うべき口ぐせを使う


一生の問題にもなりますから、じっくり考えてみましょう。

1.使ってはいけない口ぐせをやめる

これは「相手を否定する言葉」になります。「言い訳めいた言葉」ともいえます。

具体的には「いや〜」「でも〜」「だって〜」などです。

誰かが頭に浮かぶかもしれません。あるいは、もしかすると、あなたの口ぐせになっていませんか? 相手の人格をないがしろにするような、相手を寂しい気持にさせる言葉です。

なかには反論するわけでもないのに、言葉のあやで「でも〜」と話し始めるのが、くせになっている人すらいます。

僕もつい口からでそうになるのを止めることがあります。
何か言う度に「いや〜」なんて否定されたら、そんな人と話をしたくなくなりますよね。

コツとしては「相手に賛成できなくとも、わざわざ否定しない」ことです。

発言したいときは「そっか。あなたは、そんなふうに考えているんですね……私はこう考えているんですよ」と返事をすれば、なんの波風も立ちません。

どんな意見であれ「相手がそのように考えたということ」はひとつの事実です。その人なりの真実があります。ばっさり切ってしまうのでなく、まずは、それを理解しようと心を傾けてみるのはどうでしょう。

2.使うべき口ぐせを使う

これは「相手を肯定する言葉」になります。

具体的には「そっか」「そうですね」「なるほど」「いいですね」「わかります」などです。

もちろん文脈にそって、気持ちを込めて、いやらしくないように使う必要があります。ただ連呼すればいいというわけでありません。あざとくなってはいけません。

まわりの「仕事のできる人」や「コミュニケーションの達人」に耳を傾けると、自然と、こうした言葉を使っていることに気づくでしょう。その人といると、すべてを受け入れられた気がして、もっともっと話をしたくなるのです。

基本的には、これらの言葉を口ぐせにして損はありません。相手を認めて、うれしい気持にさせる魔法の言葉です。

これは「自分に嘘をついてイエスというべし」というわけでありません。「私の意見とは別に、あなたの意見も尊重します」という節度を持った態度のことなのです。あなたも、自分の意見を、やさしく受け入れてほしいと思いませんか?

同じことの繰り返しになりますが、どんな意見であっても「なぜ、それを口にしたのか?」を理解しようとすると、自然と、こうした言葉が出てくるものです。そのためには自分の口もとばかりに気をとられるのでなく、相手の姿を目に入れることも必要かもしれません。

■銀座のホステス直伝「オトコを虜にする魔法のさしすせそ」

参考までに、銀座のホステスから聞いた「オトコを虜にする魔法のさしすせそ」という言葉もご紹介します。初めて知ったときは大人の知恵にうなりました。ややダイレクトですが、いわんとすることは同じです。

・「さ」さすが
・「し」知らなかった
・「す」すごい
・「せ」センスありますね
・「そ」そうなんだ


これは「相手を肯定する言葉」と同時に「相手のプライドをくすぐる言葉」でもあります。

よく言われるように、男はプライドの生物です。さすが水商売の場で使われるだけあって「女性が男性に使う場合」に、すさまじい威力を発揮することでしょう。

■最後に

今回は「好意を抱かれる魔法の口ぐせ」をご紹介しました。

最後にひとつだけ注意点があります。

それは「この口ぐせを使えば、すぐさま、どんどん好意を抱かれるようになる」わけでないということです。ただ単に言葉を発するだけではいけません。それが表面的なものだと、誰にでも見抜かれてしまいます。薄っぺらいコミュニケーションにしかなりません。

もちろん、はじめは手さぐりで言葉に気をつけるだけで構いません。まわりの型を守ることから始めて、内側の心を形づくっていく、ということもありますから。

とはいえ、上にも書いたように、この技術は、心の底から相手のことを理解しようとする気持があって初めて、意味を持つようになるのだと思います。

あなたの目の前にいるのは、木の枝でも、マネキンでもありません。あなたと同じように、ささいな言葉で傷ついて、ちょっとした言葉でうれしくなる、心を持ったひとりの人間です。

たまには、そんなことに想いをはせて「口ぐせ」を考えてみるのはどうでしょう。

そのとき初めて、本質のところから「魔法の口ぐせ」をものにできた、といえるのかもしれません。もはや言葉どうこうより、その姿勢こそが、相手の心に響くものだからです。

この記事のライター

マジシャン。1990年生まれ。O型。 トランプやコイン等の、クロースアップマジックを得意とする。 日本クロースアップマジシャンズ協会「Johnny Wong Future Award(審査員特別賞)」受賞。 企業の...

関連するキーワード


習慣

関連する投稿


女の人生が潤う「笑い上手」に! 沈む心は”芸”で明るく

女の人生が潤う「笑い上手」に! 沈む心は”芸”で明るく

最近、笑ってる? 退屈な毎日が続いている女性こそ、笑いが大切だと常々思う。あたりまえだが、笑うだけで楽しい気分になってくるし、生活に充実感さえ感じることができる。


ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

大人になった今「ラジオ体操」を朝の習慣にしています。子供の頃はその効果に疑問を感じていたラジオ体操ですが、運動不足の大人に成り下がった今、これが案外すごい体操だったということを身をもって知りました。あえてラジオ体操をチョイスするメリット、それには3つの理由があるんです。


「幸せになりたい」って言いながら、他人に自分を預けてない?

「幸せになりたい」って言いながら、他人に自分を預けてない?

「幸せになりたい」――誰もが一度は声に出したり、胸の中で思ったりしたことがあるかもしれない。でもこの”幸せ”、どうすれば手に入るのでしょう。美味しいものを食べたとき? 好きな人と一緒にいるとき? そのときあなたは「幸せです!」と胸を張って言い切れますか? 今回のコラムでは、そんな幸せの見つけ方をお届けします。


木村瞳さんがきれいのために夜していること

木村瞳さんがきれいのために夜していること

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師の木村瞳さん。きれいのために夜していることは何ですか?


スキンシップがもたらす3つの幸せ効果【百木ゆう子 連載#7】

スキンシップがもたらす3つの幸せ効果【百木ゆう子 連載#7】

心地よさを感じるスキンシップは親から子どもに対してだけでなく、大人においても大事なこと。心を込めたスキンシップをする側・される側共に感じる3つの幸せな効果をご紹介します。


最新の投稿


映画『民生ボーイと狂わせガール』劇中登場のランジェリーがラヴィジュールより販売に

映画『民生ボーイと狂わせガール』劇中登場のランジェリーがラヴィジュールより販売に

ランジェリーブランド「Ravijour(ラヴィジュール)」は9月21日より、映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』劇中で登場するランジェリーVol.2を全国直営店やオフィシャルWebストアにて販売開始。


復縁が失敗するのは「元を取りたい」気持ちがあるとき

復縁が失敗するのは「元を取りたい」気持ちがあるとき

別れた元カレと復縁を願うとき、無意識に「元を取りたい」と思っている女性は意外と多いものです。ですが、傷ついた分を相手に償ってもらうのが目的の復縁は、失敗に終わる可能性が高くなります。過去の痛みは忘れて、新しい絆をふたりで築きたい心を持つこと。これが、復縁で失敗しないポイントです。


旬の栗! 剥くのが面倒なズボラさん必見の「剥き甘栗」を使った絶品レシピ3選

旬の栗! 剥くのが面倒なズボラさん必見の「剥き甘栗」を使った絶品レシピ3選

旬の「栗」。「剥くのは少し面倒だな」という方におすすめしたい、剥き甘栗を使ったレシピを3つご紹介します。


おやつの新たなトレンド、ギルトフリーとは?

おやつの新たなトレンド、ギルトフリーとは?

ギルトフリーとは、直訳すると「罪悪感なしのおやつ」のこと。でも、いったいどういうこと? お菓子メーカーに勤める筆者の全10回連載の3回目は、おやつ・スイーツ・お菓子の最新トレンドであるギルトフリーについて、詳しくお伝えします。


「中医学」を取り入れる暮らしで美しく健康に

「中医学」を取り入れる暮らしで美しく健康に

「中医学」という言葉は聞き慣れないかもしれません。東洋医学とはよく聞くけれど……。中医学とは中国の伝統医学で、実は私たちの生活でもとても実践しやすいセルフケアのひとつ。今回は国際中医師の千葉敬子さんに、中医学から学べる女性の健康の知恵を教えていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活